まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:yum

マルチプラットフォーム対応の Python IDE である Rodeo を CentOS/RHEL にインストールする手順を紹介します:
https://www.yhat.com/products/rodeo

2017021300


といっても手順として特別なことはなく、リポジトリを追加して yum でインストールするだけです:
$ sudo wget http://rodeo-rpm.yhat.com/rodeo-rpm.repo -P /etc/yum.repos.d/
$ sudo yum install rodeo

インストール後、アプリケーションメニューの「その他」から起動できます:
2017021301


はい起動しました。簡単ですね~(※CentOS/RHEL 7 の場合)
rodeo_centos6


機械学習や数値解析に便利なライブラリが充実している Python をより便利に使うための Python IDE も充実してきてるんですね。。


なお、上でわざと(※CentOS/RHEL 7 の場合)と強調しているのには意味があります。ご覧のように上記のスクリーンショットは CentOS 6 上で動いている Rodeo の画像なのですが、この環境を作るのは一筋縄ではいかなかった、という背景があります(このスクリーンショットを撮るまでの作業が、まあ大変でした・・・)。別の機会に詳しく書くかもしれませんが、とりあえず Rodeo は CentOS/RHEL 7.x 上で動かすのが無難、と付け加えておきます。


CentOS や RHEL で便利に利用されているパッケージ管理コマンドの "yum" 。このコマンドの便利な使い方の1つが groupinstall と呼ばれる機能です。ある環境を用意しようとした際に複数のパッケージを導入しないといけない場合、その複数のパッケージを1つの「グループパッケージ」のまとまりとみなし、グループパッケージ1つを指定して導入することで環境構築が可能になります。

個人的によく使う例で紹介すると、GUI のデスクトップ環境であれば "Desktop"、日本語サポート環境であれば "Japanese Support" などです。それぞれ以下のコマンドで導入できます:
(デスクトップ環境)
# yum groupinstall "Desktop"
(日本語サポート環境) # yum groupinstall "Japanese Support"

上記のようにグループパッケージを指定するだけでまとまったパッケージを導入できるのは便利なのですが、ではこれらのコマンドで実際にどのようなパッケージが導入されるのかを調べる方法はあるでしょうか? その答が yum の groupinfo コマンドです。例えば "Desktop" で何が導入されるのかを確認するには以下のようなコマンドを実行します(黒字が入力、青字が出力結果です):
# yum groupinfo "Desktop"
  :
  :
グループ: デスクトップ
 説明: シンクライアントとして使用できる最低限のデスクトップ
 強制的なパッケージ:
   NetworkManager
   NetworkManager-gnome
   alsa-plugins-pulseaudio
   at-spi
   control-center
   dbus
   gdm
   gdm-user-switch-applet
   gnome-panel
   gnome-power-manager
   gnome-screensaver
   gnome-session
   gnome-terminal
   gvfs-archive
   gvfs-fuse
   gvfs-smb
   metacity
   nautilus
   notification-daemon
   polkit-gnome
   xdg-user-dirs-gtk
   yelp
 標準パッケージ:
   control-center-extra
   eog
   gdm-plugin-fingerprint
   gnome-applets
   gnome-media
   gnome-packagekit
   gnome-vfs2-smb
   gok
   openssh-askpass
   orca
   pulseaudio-module-gconf
   pulseaudio-module-x11
   vino
 オプション パッケージ:
   sabayon-apply
   tigervnc-server
   xguest


同様に "Japanese Support" の場合は以下のようになりました:
# yum groupinfo "Japanese Support"
  :
  :
グループ: 日本語のサポート
 Language: ja
 標準パッケージ:
   ipa-gothic-fonts
   ipa-mincho-fonts
   ipa-pgothic-fonts
   ipa-pmincho-fonts
   vlgothic-fonts
   vlgothic-p-fonts
 条件付パッケージ:
   autocorr-ja
   eclipse-nls-ja
   ibus-anthy
   kde-i18n-Japanese
   kde-l10n-Japanese
   libreoffice-langpack-ja
   man-pages-ja
   poppler-data


これらの結果の中の「強制的パッケージ」と「標準パッケージ」が groupinstall コマンドによって導入されます。また「オプションパッケージ」や「条件付きパッケージ」が導入可能になります。

滅多にはないのですが、CentOS/RHEL の環境によっては "yum groupinstall" コマンドが使えないこともあります。その場合はここに記載した情報を使って "yum install" で同様の環境構築が可能になります。

※ここに記載されていないグループパッケージを導入する場合は、"yum groupinfo" の使える環境でパッケージを確認し、そこにリストされたパッケージを "yum install" する、という形になります。


マルチスレッド&マルチコア&オンメモリで超ハイパフォーマンス NoSQL 型データベース、と言われている Aerospike をインストールしてみました:
2016081000


Aerospike は Docker や Vagrant のイメージが配布されていたり、AWS や GCE の仮想イメージが配布されていたりするので、これらを使うと「インストール」という作業を行わなくてもそのまま使えちゃいます(現にそのイメージを使う解説サイトも目立ちます)。が、今回はオンプレミスや普通の(?)仮想マシンでも使えるように、サーバーソフトの導入手順を紹介します。例によって CentOS 6.x が対象です。

まず Aerospike の動作には Python (2.6+)、Python ライブラリ、そして gcc が必要になります。これらの前提ライブラリをまとめてインストールしておきます:
# yum install gcc python python-devel

改めて、ここから Aerospike の環境を揃えていきます。今回は無料版であるコミュニティエディションのサーバーノード1つと、AMC(Aerospike Management Console 管理コンソール)1つを1台のマシンに導入する手順を紹介します。

まずサーバーノードを導入します。以下のサイトから対象の環境(今回は CentOS 6 なので、互換性のある RedHat 6)を選んで最新版をダウンロードします:
http://www.aerospike.com/download/server/

2016081003


2016/Aug/10 時点では最新バージョンは 3.9.0.3 でした。ダウンロードできるのは tgz ファイルなので、このアーカイブを展開し、インストーラー(asinstall)を実行してインストールします:
# cd /tmp
# tar xzvf ~/aerospike-server-community-3.9.0.3-el6.tgz
# cd aerospike-server-community-3.9.0.3-el6
# ./asinstall

インストールが成功したら以下のコマンドでサーバーとして起動し、またシステム再起動時に自動起動するよう設定しておきます:
# /etc/init.d/aerospike start
# chkconfig aerospike on

これでサーバーノードがこの環境にインストールできました。次にこのサーバーノードを管理するコンソール機能を導入します。

同様にして、以下のサイトから対象の環境を選んで AMC の最新版をダウンロードします。ちなみに AMC は RedHat 6(CentOS 6) 用のものしか用意されておらず、7.x のものは配布されていませんでした:

http://www.aerospike.com/download/amc/

2016081001


こちらの場合は rpm パッケージファイルがダウンロードできるので、RPM コマンドでそのまま導入します:
# rpm -ivh aerospike-amc-community-3.6.10.1-el6.x86_64.rpm

やはり同様に AMC を起動して、次回再起動時に自動起動するよう設定しておきます:
# /etc/init.d/amc start
# chkconfig amc on

これで導入作業は完了です。試しに一度管理コンソールを見てみましょう。ウェブブラウザを起動して、
 http://(導入先のマシン名):8081/
にアクセスしてみましょう:

2016081002


すると最初の1回は上記のような画面になり、AMC で管理するサーバーノードを指定するよう指示されます。今回は AMC と同じマシンにサーバーノードを導入しているので、同じアドレスか localhost を指定します。ポート番号は特に変更していない限り 3000 のままで大丈夫です:

成功すると AMC の管理画面が現れます:
2016081004


とりあえず1ノード環境ですがこれで動いちゃいました。Aerospike はノードを追加すればリニアにスケールするよう設計されているので、足りなくなったらサーバーノードを追加準備して、この AMC に追加すれば使えちゃいます。データの増減が大きいシステムに非常に向いていると言えます。




このエントリの続きです:
レッドハットの開発者向けサブスクリプション(無料)を使ってみた


上記エントリで、レッドハット社が開発者向けに無料で提供を開始した RHEL 7.2 の導入方法を紹介しました。普通に導入して使うまでであれば、この方法で問題なくできるはずです。

が、この状態から新しいツールを yum でインストールしようとして躓きました。ライセンスを購入して利用しているわけではないので、標準のレポジトリを使うことができず、結局 yum の利用ができないのです:
2016042701


というわけで、インストール時に使ったメディア DVD(iso)を使って yum のリポジトリを作り、そこから yum でツールを導入できるようにしてみます。


まずはインストールメディアを RHEL システム内にマウントします。DVD で所有している場合はトレイに入れるだけで自動的にマウントしてくれるはずです。iso ファイルで所有している場合は、以下のコマンドを使ってマウントします(この例では /root/rhel-server-7.2-x86_64-dvd.iso ファイルを /mnt/iso にマウントします):
# mount -t iso9660 -o loop /root/rhel-server-7.2-x86_64-dvd.iso /mnt/iso

次に /etc/yum.repos.d/localdvd.repo ファイルを以下の内容で新規に作成します。マウントした iso(または DVD)をリポジトリとするための記述になってます:
[localdvd]
name=RHEL 7.2 x86_64 DVD
baseurl=file:///mnt/iso/
enabled=1
gpgcheck=0
gpgkey=file:///mnt/iso/RPM-GPG-KEY-redhat-release

そしてリポジトリリストを更新します:
# yum repolist all

これで DVD(iso) の中にあるパッケージファイルが yum で導入できるようになりました。普通に yum install コマンドなどが使えるようになっている、はず:
# yum install screen


CentOS にデフォルトで導入される PHP は 5.3 系です:
# php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Oct 30 2014 20:12:53)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

場合によってはこのバージョンでは不都合が生じ、もっと新しい 5.4 や 5.5 が必要になることがあります。その場合の導入方法を紹介します。

まずは必要な yum レポジトリを追加します(CentOS6 64bit の例)。これによって標準状態では探せなかった PHP5.4 や PHP5.5 を探すことができるようになります:
# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -Uvh http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/6/x86_64/ius-release-1.0-11.ius.el6.noarch.rpm
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
次にインストール済みの PHP 5.3 パッケージを削除します:
# yum erase php*

そして新しい PHP のモジュールをインストールします。PHP 5.4 であればこんな感じ(この例では PHP 本体に加えて、他バイト言語用拡張と MySQL 用拡張を追加しています。必要なものを適宜同様に加えてください):
# yum install php54 php54-mbstring php54-mysql

PHP 5.5 ではこのようになります:
# yum install php55 php55-mbstring php55-mysql

最初にリポジトリを追加してしまえば簡単ですね。

 

このページのトップヘ