この週末に猛威を振るった(振るう?)ランサムウェア "WannaCry" 。影響範囲が大きく、公式なサポートが終了した Windows XP/Vista 向けにも対策パッチが提供される事態になりました。サポートが終了しているとはいえ、使われていることは事実だし、その状態で使われた結果(被害者ではなく)加害者側になってしまう可能性があることで例外的に対策パッチが提供される判断に至ったのだと思います:
http://thehackernews.com/2017/05/wannacry-ransomware-windows.html


私自身は Windows XP/Vista を普段使っているわけではないのですが、仮想デスクトップ環境として「冷凍保存」しています。まあ懐古趣味みたいなものです(ちなみに Windows 2000 や OS/2、 PC-DOS 環境も冷凍保存してますw)。この環境を一時的に解凍してパッチを適用してみたので、その手順を紹介します。

まず Windows XP を起動し、Windows Update を実行・・・してもサポートが終了しているので何もできません。そりゃそうだ。 今回のパッチを XP や Vista で適用するには Microsoft Update カタログから OS 毎のパッチを直接ダウンロードして実行する、という手順を取る必要があります。

というわけで、XP で InternetExplorer を起動し、Microsoft Update カタログ(catalog.update.microsoft.com)にアクセスし、今回の対策対象である "MS17-010" を検索します:
2017051401


すると OS 毎の検索結果が見つかってリスト表示されます:
2017051402


今回は Windows XP 用のパッチが目的なので、"Windows XP" と書かれたものを探して「追加」します(僕が確認した時の日付は 2017/05/13 でした):
2017051403


で、これをダウンロードして実行してパッチを適用します:
2017051404


最後に再起動して適用完了、です。



(参考)
世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について(IPA プレスリリース)
マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-010
ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス(Microsoft TechNet)