まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:vps

唐突ですが、無料が好きです(笑)。

個人でいくつかのウェブサービスを運用しています。今は3つのサーバーを公開していますが、1つは自宅サーバー、1つは AWS の無料枠、そしてもう1つは月額500円程度の安い VPS を使っていました。

月額500円でサーバーが使える国内のサーバー業者、というのは自分がここと契約した頃には1箇所しかなかったと思っています。ただ最近は同価格帯のサーバーを提供する業者は珍しくなくなってきています。価格競争からサービスの質で競う時代になりつつあると思っています。

で、上記3サーバーのうち、最後の月額500円で運用していた VPS を最近 IDCF クラウドに乗り換えました。乗り換え元となった業者のサービスに不満があったわけではなく、色々比較して、迷った末での決断でした。 何故自分が乗り換えを決意したのか、についてまとめてみました。


まずは「月額500円」の内訳です。この500円で何が(どこまでのサービスが)提供されるのか、という内容を紹介します。

IDCF クラウドの「月額500円から」と言われているクラウドサーバーインスタンスですが、これは S1.light と呼ばれているクラスのインスタンス1台目にかかる料金です。「1台目」という表現をした理由は、「最初の1台目は月額500円だが、2台目以降は条件が異なる」という背景があるからです。

IDCF クラウドの料金についてはこちらを参照いただきたいのですが、S1.light インスタンスの料金(月額500円)の内訳をスペックと併せて紹介しておきます:
リソーススペック1ヶ月の値段
CPU0.8GHz x 1200円
RAM(メモリ)1GB
OSCentOS 6.5 64bit0円
HDD15GB300円
グローバルIPアドレス1つ500円(ただし最初の1つは0円)
ネットワーク I/O-(月3,240GB以内であれば)0円

こんな感じです。注意していただきたいのはグローバルIPアドレスで、1つ発行につき500円かかります。ただし最初の1つだけは無料です。その結果、最初の1台については500円で、2台目以降についてはグローバルIPアドレスが必要であれば1000円、不要であれば500円、ということになります。 またネットワークは転送量が月に3,240GB以内であれば追加料金はかかりません(自分の場合はまず超えません)。なお OS は CentOS や Ubuntu を使い場合には無料ですが、RHEL や Windows の場合はライセンスが必要なため有料です。

数字に現れにくい所として、IDCF クラウドのサーバーインスタンスの CentOS 上にはキャッシュメモリが用意されていません。つまり物理メモリである 1GB が全てということになります。不安を感じる人がいるかもしれませんが、その分が多いとは言えないディスクに回されている、と解釈することもできます。

またネットワークは非常に強力です。インフラとしては 2Gbps が用意されており、またそのデータセンターも日本国内にあるため、ネットワークパフォーマンスは非常に良好です。詳しくはこちらのブログエントリも参照ください:
http://dotnsf.blog.jp/archives/1015492815.html


もう1点、実は IDCF クラウドには「オブジェクトストレージ」と呼ばれる S3 互換のストレージサービスがあります:
オブジェクトストレージ

このストレージはストレージ利用量と、ネットワークI/Oの両方に課金されますが、ストレージ利用は 50GB までは無料。そしてネットワーク I/O は IN が 0 円、OUT が1GBにつき 10 円(ただし IDCF サービス内での I/O は無料)とされています。

つまりオブジェクトストレージに格納する際の転送料は無料で、オブジェクトストレージから取り出す際の転送料は、取り出し先が IDCF クラウドインスタンスであれば無料、それ以外の自分のPCやIDCF ではないクラウドインスタンスなどに転送した場合は1GB毎に10円かかる、ということです。

したがって、保存データが 50GB 以内であれば、ですが、IDCF クラウドインスタンスのデータベースをバックアップして格納するような使い方や、そのバックアップを IDCF クラウドインスタンス内に取り出してリストアする、といった利用用途であれば、一切追加料金がかからないということになります。無料でストレージまで付いてくるとは太っ腹・・・

と、以上に紹介してきたようなサービスや高性能まで付いた上で月500円、ということなります。これは本当にお得だと思いました。加えて、2台目以降は1台につき(グローバル IP アドレスが必要な場合だと) 500 円ではなくなるのですが、1台運用の前提で考えると、この IDCF は非常にコストパフォーマンスの高いクラウドサーバーインスタンスである、といえると思っています。

以上の内容を総合的に比較/判断して、乗り換えを決意したのでした。












 

ネットワークパフォーマンス(端的に言えば回線速度)の計測方法は多々有りますが、クラウドのネットワークパフォーマンスを計測しようとすると、1つ問題が生じます。

多くのクラウドでは、サーバーインスタンス契約後に使えるインターフェースが SSH に限られています。つまりテキストのコンソール画面だけが使える状況です。その制約の中で「どこまでわかりやすくネットワークパフォーマンスを 計測できるか?」という課題があるのでした。

 自分が使っているのは speedtest と呼ばれるツールです。この導入から利用、そして実際の出力結果までを紹介します。

まず導入方法ですが、おそらく最も簡単で多くのケースで利用できるのが、この wget を使ったやり方です:
# cd /usr/local/bin
# wget -O speedtest-cli https://raw.github.com/sivel/speedtest-cli/master/speedtest_cli.py
# chmod +x speedtest-cli
上記例では /usr/local/bin という Path の通ったディレクトリにあらかじめ移動してから、そこにダウンロードしてくる、という方法を取っています。これで speedtest-cli という実行ファイル(実体は Python スクリプト)が用意できました。

そのまま(パラメータなしで)実行するだけでもアップロード速度とダウンロード速度を計測してくれます:
# speedtest-cli
Retrieving speedtest.net configuration...
Retrieving speedtest.net server list...
Testing from Kddi Corporation (XXX.XXX.XXX.XXX)...
Selecting best server based on latency...
Hosted by Too late (Ishikari) [847.06 km]: 38.316 ms
Testing download speed........................................
Download: 47.94 Mbits/s
Testing upload speed..................................................
Upload: 23.04 Mbits/s
# 

ダウンロードが 47.94 Mbps、アップロードが 23.04 Mbps という結果でした。まあこれは実行タイミングにも影響されると思いますが、1つの目安にはなると思います。

そして、このツールの特徴の1つでもある "--share" オプションがあります。これを付けて実行すると、実行結果を png 画像にして提供してくれます:
# speedtest-cli --share
Retrieving speedtest.net configuration...
Retrieving speedtest.net server list...
Testing from Kddi Corporation (XXX.XXX.XXX.XXX)...
Selecting best server based on latency...
Hosted by Too late (Ishikari) [847.06 km]: 38.316 ms
Testing download speed........................................
Download: 47.94 Mbits/s
Testing upload speed..................................................
Upload: 47.94 Mbits/s
Share results: http://www.speedtest.net/result/3980766722.png
# 

"Share results:" に書かれた URL にアクセスすると、このような画像が表示されます:


上記例は僕の自宅内のサーバーから行ったもので、契約している au ひかり(KDDI)から実行されたことも判別してくれています。また総合判断としての "GRADE: B" という記載もされています。

面白そうだったので、いくつかの環境から実行してみました:

(AWS EC2)


(DTI ServerMan/VPS)


(IDCF)



AWS の EC2 が "GRADE: A+" で速いことになってる!(悪意なし) ネットワークそのものは速いんでしょうかね、でも体感に直結しないのはやはり海外リージョンのせいなのか。。

そして IDCF クラウド、うちの au ひかりよりも速いってこと!? こうなると自宅サーバーで運用中のサービスの移行も検討しないといけないかな・・・


ServersMan@VPS を使い始めて3ヶ月とちょっと。安さが魅力のこの VPS サービスを実際に使ってみた上で気付いた勘所というか、感想をまとめてみます。


【ServersMan@VPSとは】
DTI(Dream Train Internet) が運営する VPS(Virtual Private Server) のサービス。1サーバーあたり月額467円から提供されている。最安のエントリーサービスの場合はメモリ1GB+ディスク50GB。この2倍と4倍のサービスも用意されていて、価格もほぼ2倍と4倍。

クラウドの開発環境や小規模ウェブサービスなど、スケールメリットの必要性が少ないケースではクラウドよりも VPS のコストパフォーマンスが上回る。そんな VPS の中でも特に安い部類のサービスだと思います。root での SSH や、ウェブインターフェースからのサーバー管理も可能です。また初めからスワップ領域(エントリーサービスの場合は1GB)が提供されている点も Good です。


【3ヶ月使った印象】
「普通に使える」という印象です。ちなみに OS は CentOS 6.4 64bit を使ってます。

エントリーサービスで契約しているため、メモリは1GBで運用していて、それがもう少しあればいいなあ、と思うことはありますが、絶対的に足りないわけでもありません。ディスク50GBは全然余裕。パフォーマンスも特別に遅いとは思いません。

むしろインターネットでどこからでも SSH アクセスできるホストが月500円足らずで使えてしまう、というコストパフォーマンスに驚いてます。いい時代です。


【契約したらやっておいた方がいいこと】
会員情報の「メンテナンス情報」と「障害アナウンス」はメールで受け取れるように設定しておくべきです。
2014081301

ServersMan@VPS はそれなりの頻度でメンテナンスがあり、その期間中はサーバーが停止します(アクセスできません)。このメンテナンスのタイミングを事前に知るには、会員サービスで「メンテナンス情報をメールで受け取る」ように設定しておく必要があるのです(単に契約しただけだとこの設定はされていないので、サーバーがメンテナンスに入るタイミングを知ることができません)。

同様に、「障害のアナウンス」もメールで知ることができますが、これも会員サービスで「障害アナウンスをメールで受け取る」ように設定する必要があります。

これをやっておかないと、知らない間にメンテナンスが行われ、その間は「なぜかサーバーにアクセスできない。調べてみたら止まってる」ように見えてしまいます。一方、メンテナンスのタイミングが事前に分かっていれば、アプリケーションサービス内でユーザーに告知することもできるようになるし、運用側としても事前に準備できます。

というわけで、ServersMan@VPS を使うならメンテナンス情報はメールで受け取るように設定することが必須だと思われます。むしろ標準でここまでやってくれてもいいと思うくらい必須。



 

クラウドが普通に使われるようになりましたが、個人でアプリやサービスを開発しているとスケールのメリットを考慮するケースが少なく、何よりコスト的なメリットもあって自分はまだ VPS(Virtual Private Server) を利用することが多いです。業務でも「適材適所」と考えれば、開発環境については VPS で充分だと思ってます。

そんな VPS で、安さにこだわる(苦笑)自分が最近注目している3つのサービスを紹介します:


ServersMan@VPS

今回紹介する中では唯一、日本のサービスです。もちろん日本にデータセンターがあり、日本語でサービスを受けることができます。また現時点で自分が実際に使っている唯一のサービスでもあります。

VPS のエントリーサービスの場合、vCPU x 2, メモリ1GB, HDD 50GB というスペックで月額467円(税抜)です。おそらく国内最安。ディスクサイズやメモリサイズの個別カスタマイズはできません(エントリーサービスの1つ上にはメモリ2GB、HDD100GBのスタンダードサービス(同934円)が用意されています)。ssh で root アクセスすることもできます。契約後、最初の1ヶ月間は無料になるキャンペーンも実施中です。

なんといっても日本語でサポートを受けることができる、という安心感があります(逆を言えば下の2つは多少なりとも英語でのオペレーションが必要です)。そして税込でも月額504円という価格メリット。単純にハードウェアスペックだけで比較しても、AWS の t2.micro 単体以上です。1GB のスワップ領域も確保されています。


ちなみに、AWS t2.micro は vCPU x 1, メモリ1GB で月額約 $10 です。新規契約から1年間だけ無料になる t1.micro インスタンスもありますが、有料になると t2.micro の方が安いのでこちらと比較します。


VULTR

注目というか、乗り換えを検討している海外 VPS の1つです。ここの最大の特徴は「SSD が使えて安い」ということです。具体的には最安プランだと vCPU x 1, メモリ 768MB, SSD 15GB で月額$5!なおデータ転送は1TBまで追加料金がかかりません。またデータセンターに日本を選ぶことができる、というメリットもあります。

CPU やメモリ、そしてディスクサイズはほぼ同額の ServersMan の方が上ですが、なんといっても SSD のパフォーマンスメリットを享受できます。マシンの性能の限界を引き出すことも難しいんですが、その中でもディスク性能はすぐに上限になってしまうので、その場合の対策最有力候補です。 自分が運用しようとしているサービスが比較的ディスク負荷の高いものだとすると、こういったサービスを検討することでパフォーマンスの改善を図ることになると思います。

なお、今日現在で VULTR では $100 を上限にデポジットを倍にする(つまり $10 前払いすると $20 ぶん使える)キャンペーンを行っています。なので事実上、上記額が更に半額となるキャンペーン中、とも言えます。


OVH.COM

ここも乗り換えを検討している海外 VPS の1つです。ここの VPS Class1 というサービスの場合、vCPU x 1, メモリ1GB, HDD 10GB というスペックながら、なんと月額 $2.99 です。僕が知る限り、月額料金が最も安い VPS だと思っています。

ただし、ここの場合は契約時に身分証明を送付する必要があるようです。ちょっと面倒かも。。スペック的にもかなり貧弱ではありますが、月300円でどこからでも root でアクセスできるサーバーを1台調達できる、という素晴らしい時代になったということです。



以上、いわゆる「ワンコイン」で使える VPS を3つ紹介しました。最後の OVH に関してはワンコインどころか 300 円程度という破格です。まあ 200 円の違いでディスクが SSD になったり、ディスク容量が5倍になったりするならそっちを検討する、というのも現実的だろうけど。。



 

このページのトップヘ