まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:usb

日本での正式な発売直後に品切れになり、しばらく入手できなかったラズベリーパイ 400 (以下「ラズパイ 400」)の販売が再開されたようです:
品切れだったラズパイ内蔵キーボード「Raspberry Pi 400」日本語版、販売を再開 9790円



幸いなことに自分はこれ(日本語キーボード版)を入手することができていました。そして罰当たりなことに、このラズパイ 400 を「起動したまま SSH で使う」という使い方をしていました。SSH 接続ならなにもラズパイ 400 じゃなくて普通のラズパイでも・・・という声が聞こえてきそうです。ごめんなさい、その通りだと思いつつ使ってました。

言い訳をするつもりはないのですが、ラズパイ 400 はキーボード本体内にラズパイ4(4GBモデル)が内蔵されているもので、ここに電源とモニター(と現実的にはマウス)をつないで使うことになります。マウスは Bluetooth でもよいので物理的な接続は必須ではなく、(内蔵バッテリーがないため)電源をつながないといけないのは仕方ないとして、モニターもつながないと実質的に使えないというのが普段使いにはちょっとしたハンディキャップになっていました。本体とキーボードのセットと考えるとかなり小型化されていて持ち運びに便利な一方で、モニターも HDMI ケーブルごと持ち歩かないといけないのだとするとラズパイ 400 の機動性はかなり落ちてしまいます。モニターのある部屋からモニターのある部屋へ移動して使うにはいいんだけど、それだと利用シーンはかなり限られてしまうような気もしてしまいます。。

で、今回のブログのテーマとなります。そんなラズパイ 400 ですが、普段から持ち歩いているスマートフォン(スマホ)をモニター代わりに使うことができるのであれば、実質的にモニターを持ち歩いているようなものなので、上述の課題を解決できるのではないかと考えました。これは実現性を無視した都合のよい話ではなく、HDMI input をサポートした Android 11 以降であれば理論上はできるはず、、ということで試してみたのでした。ちなみに iOS だとまだこの機能はサポートされていない模様です。


【システム構成】
今回試したシステム構成はこのような形です:
2021091901


通常、ラズパイとディスプレイとを HDMI ケーブルで接続するのですが、そのディスプレイの代わりにスマートフォンを使うことになります。その際に HDMI ケーブルをスマートフォンの端子(USB Type-C)にアダプタで直接変換すればよいわけではなく、間にキャプチャーカードと呼ばれる機器を挟む必要があります。今回は以下の「BANANAJOY ビデオキャプチャカード」を使いました:



また、このキャプチャー結果の信号を USB Type-C 端子を持つスマホに送るための変換ケーブルとしては以下の「MacLab. USB Type-C OTG 変換 ケーブル」を使いました:



加えて、スマホ側にも単に信号を送っただけではディスプレイとして表示されないので、「スマホを外部ディスプレイ化するアプリ」が必要です。今回はこの「USB Camera」アプリをダウンロードして使いました。なおこのアプリは無料ですが、有料版(USB Camera Pro)だと広告が表示されないだけでなく、画面サイズを変更できるなどの追加機能が使えるようです:
USB Camera - Connect EasyCap or USB WebCam


ちなみに今回の実験で使ったスマホはこの Unihertz Titan Pocket です。この機種である必要はありませんが、Android 11 が搭載されている必要があると思っています:
QWERTYキー付き小型スマホ、Unihertz「Titan Pocket」が到着!

※あと今回のレビューでは使っていませんが、この機種だと標準アプリとして「USBカメラ」というものが含まれていて、これで外部ディスプレイ化できることも確認できました。


で、上述のシステム構成のようにラズパイ 400 、HDMI ケーブル、キャプチャーカード、OTG 変換ケーブル、そしてスマホを接続し、スマホにインストールした USB Camera アプリを起動した状態でラズパイ 400 に電源を入れると・・・
IMG_3924


↑ラズパイ 400 が起動し、その画面がスマホ内に表示されました!期待通り!!

↓ブラウザとターミナルを開いて使っている時の画面の様子がこちらです:
IMG_3925


あっけなく実現できてしまいました。今回スマホとして使った Unihertz Titan Pocket は決して広い画面を持っているわけではないので、実用性という観点ではあまりよくないかも(苦笑)しれません。まあ、でも普通の画面(?)の Android 11 を所有していて、有料版の USB カメラアプリで画面をポートレートモード(横)固定で使えばもう少し見やすくなりそうだと思ってます。

※ここでスマホに表示される画面はあくまで「外部ディスプレイ化されたスマホに単に表示されている画面」です。タッチ操作に対応はしていません。タッチしても何の反応もありません。


さて、ということはラズパイ 400 を持ち歩いて使う上で、かなり進展があったと思っています。何しろ「普段から外部ディスプレイ(=スマホ)を持ち歩いていた」ことになるので、接続用のケーブル類だけ持ち歩いていればどこでもラズパイを使える、ということになります!!

その接続用に持ち歩くケーブル類ですが、具体的には・・・
・電源ケーブル(USB-C ケーブルと、コンセントにつなぐ電源アウトレット)
・Micro HDMI -> HDMI 変換アダプタ
・HDMI ケーブル
・HDMI キャプチャーカード
・USB Type-C OTG 変換ケーブル
・外付けマウス(有線か、または Bluetooth)


・・・んー、意外と多いな(汗) (^^; それと結局バッテリーがないからコンセントかモバイルバッテリーに繋いで使う必要があるんですよね。これが次のネックになりそうな気がしてきました。。

※なお、HDMI キャプチャーカードが利用する電源は出力側(スマホ側)から使われる模様です。つまりこの仕組を使っている間、スマホ側のバッテリーは想定以上に消費されることになる点に注意してください。


ともあれ、Android 11 が使えるユーザーにとってはフルキーボード付きの Debian Linux 環境を持ち歩いて使える手段の目途が立つ実験結果でした。


マウスコンピュータのスティック型PC "MS-NH1" を購入しました:
http://www.mouse-jp.co.jp/abest/m-stick_nh1/ 

超小型の本体に 32GB のストレージが内蔵されていて、Windows 8.1 がインストールされています。
外部インターフェースとして、無線LANを内蔵しており、それ以外には Bluetooth と標準 USB ポート1つ、そしてマイクロSDカードによるストレージ拡張が可能です。サウンドの入出力は持っていません。これらとは別に mini-B USB ポートが1つ用意されていますが、これは電源供給用であって、外部機器の接続には使えません。

大きな特徴として HDMI ポート、というか、挿す部分(苦笑)があります。ここをテレビなどの HDMI 入力ポートに差し込むと、そのテレビがこの Windows マシンのディスプレイに早変わりする、というものです。

最初のセットアップを終え、無事に使えるようになりました。テレビを見ながら、入力切り替えをすればテレビがそのままインターネットの使えるパソコンに早変わりする(そして YouTube やニコ動、Hulu といった動画をテレビ画面で見ることもできますし、普通にパソコンとしてメールやワープロ用途で使うこともできます)、というなかなか面白い商品です。 最近流行りのラズベリーパイなどと異なり、ちゃんと Windows 8.1 が動く、という点も単なる小型端末として完成度が高いと思っています。


で、このセットアップを通じて少しだけ気になったというか、今から買おうと思っている人向けの気が付きにくい注意点を2つほど書いておきます:

1 セットアップ時の制約がかなり大きい

この機種に限りませんが、初回起動時に Windows のセットアップを行います。そこではマシン名を指定したり、Outlook.com のアカウントを指定したり、無線LANの設定でパスワードを入力したり、・・・とキーボードでないとできないことがいくつかあります。

その一方で、「次へ」ボタンを押したり、いくつかの選択肢から選んだり、とマウスの方がオペレーション的に楽な項目も少なくありません(Windows 8.1 なのでタッチパネルを想定しているのかもしれませんが、今回は普通のテレビを使うのでタッチインターフェースは使えません)。つまりセットアップ時にマウスもキーボードも使いたいのです。

ところが、これらの外部機器接続用に使える標準 USB ポートは1つだけです。Bluetooth も用意されていますが、初期セットアップの時点では(未ペアリング状態なので)まだ使えないはずです。

つまり初期セットアップ時にキーボードもマウスも使いたいけど USB ポートは1つしかない、というジレンマが発生します。USB を分岐する USB ハブ的なものもありますが、これはこれで電源供給への影響もあり、かならず2つ使える保証はありません。

USB ハブで試してみた上で判断するのもいいですが、個人的には「トラックボール一体型 USB キーボード」の利用をおすすめします。僕自身はテレビの前にキーボードケーブルを出したくなかったので、無線タイプのトラックボール一体型キーボードを使っています:
ELECOM TK-FDP021

2 サウンド出力の問題

セットアップも終わり、YouTube を見ようとして「音が出ない」ことに気付きました。テレビの画面には映像が出力されているのに、その音は何も聞こえません。

それもそのはず。このスティック PC 自体にはスピーカーもマイクも、その接続ポートもないので、音の出しようがないのです。Windows 的には問題なく処理しているけど、音として出てくる機材が繋がってない、という感じ。

ではスティック PC では音は出せないのかというと、そんなことはありません。HDMI の接続先(つまりテレビ)が音声入力機能もサポートしている機器であれば、Windows の設定によってサウンドをテレビから出すこともできます。

「んー、でも、まあ最近のテレビならそのくらいの機能はサポートしてるんじゃないの?」と都合よく考え、自分はよく調べずに購入したのですが、調べてみるとうちのテレビはなんと HDMI 音声入力未対応!がーん・・・

というわけで、「テレビでウェブの動画も見たい!」ためにこれの購入を考えている人は、そのテレビが HDMI の音声入力機能を持っているかどうかを調べておくことを強くオススメします。










このページのトップヘ