まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:raspbian

2017年6月の Raspbian のアップデートに合わせて PIXEL for PC(PC / Mac 用の Raspbian、わかりやすく言うと「パソコン版のラズベリーパイ」)も新しくなりました。以前のものは専用の Live CD だけが提供されていたのですが、現在のバージョンではハードディスク(仮想ディスク)へのインストールができるようになりました。「デスクトップ Linux 環境推進派」として見逃せないこの環境を早速ためしてみました:
2017073001


まず、今回導入したマシンは以下のようなスペックの仮想マシンです。おそらく実機でも問題ない、はず:
 ハイパーバイザー: KVM on CentOS 6
 仮想CPU: 1
 仮想メモリ: 1GB
 仮想ディスク: 10GB

まず最新の PIXEL for PC をダウンロードします。僕が今回使ったのはこの 2017/06/22 版の iso イメージです(2GB ほどあります):
http://downloads.raspberrypi.org/rpd_x86/images/rpd_x86-2017-06-23/2017-06-22-rpd-x86-jessie.iso


このイメージを使って仮想マシンを作成して起動します。実機の場合は iso を DVD に焼いて、その DVD をドライブに入れて起動することだと読み替えてください。なお(後でわかることですが)PIXEL for PC は Debian 8 ベースなので、仮想マシン作成時の OS の種類とバージョンは Debian 8 に相当するものを指定しています:
2017073002


なお作成時のオプションとして、(今回は)アーキテクチャに 64bit 版を選択しました。このあたりは実際に導入する環境に合わせてください:
2017073003


そんなこんなで ISO から起動します。最初に表示されるブートメニューでは "Graphical install" を選択しました:
2017073004


GUI インストーラーが起動します(この右上に "Debian 8" って表示されてますね)。最初にキーボードの種類を選択します。ここでは日本簿キーボードである "Japanese" を選択しました。選択後、 "Continue" で次の画面へ:
2017073001


ここで ISO をイメージを探して、そこから色々ロードして、・・・と少し待ちます:
2017073002


ここからが本格的なインストールオプションの指定になります。まずはインストール先ディスクとボリュームを指定します。僕はデフォルトの "use entire disk" を選択しましたが、LVM(論理ボリュームマネージャー)や暗号化 LVM を使う場合は適宜指定します。終わったら "Continue" :
2017073003


次にインストール先ディスクの選択を行います。この例ではディスクは1台しかないので、その1台のディスクを選択して "Continue" :
2017073004


選択したディスクのパーティショニングを指定します。ここでは(ディスクが大きくもないので)デフォルトの "All files in one partition"(全ファイルを1つのパーティションにコピー)を選択しています。そして "Continue":
2017073005


スワップ領域と合わせたパーティショニングの情報が表示されます。この内容で問題がなければ "Finish partitioning and write changes to disk" を選択して "Continue":
2017073006


ディスクに変更の書込みを行う直前の確認画面です。変更を行う場合は "Yes" を選択して "Continue":
2017073007


この後はパーティションのフォーマットが行われ・・・:
2017073008


インストール(ファイルコピー)が開始されます。環境にもよりますが、しばらく(数十分程度)待ちます:
2017073009


このような(GRUB がなんたら・・)画面になればファイルコピー完了はもうすぐです:
2017073001


ファイルコピーが済んだら最後に GRUB のインストールを行います。この画面では "Yes" を選択して "Continue" :
2017073002


GRUB のインストール先ディスクを指定します。今回は1つしかないので、その1つを選択して "Continue":
2017073003


最後のインストール作業が行われ・・・:
2017073004


この画面になったら再起動前にドライブに挿入している DVD(iso)を取り外します。iso の場合は仮想ドライブから iso ファイルを切断します。そして最後の "Continue" :
2017073005


最後に後処理が行われ、自動的に再起動がかかります:
2017073006


PIXEL の再起動がかかった直後はこんな画面になります:
2017073001


その後、おなじみのラズベリーアイコンが表示され・・・:
2017073002


PIXEL のデスクトップ画面が起動します! あのラズベリーパイではなく、(仮想)PC 上で Raspbian OS が起動しました。もちろん Raspbian OS 同様に利用できます:
2017073003


PIXEL でも標準で Scatch などは導入済みですぐに使い始めることができます。一方で Node-RED などは別途導入が必要なので、全く同じ構成というわけではなさそうです:
2017073004


もともと Debian っぽく使えていた Raspbian ですが、マシンの基本スペックが高いぶんだけ PIXEL の方が快適に感じるかもしれません。日本語化も含めたインストール作業後の諸設定はまた別途。


先日、日本向け PiTop を購入して取り寄せた、というところまでを紹介しました:
DSC_0032


そして一応組み立てに成功して、OS が起動するところまでは確認できる状態になりました:
DSC_0043


それからかる~く使ってみた範囲での、いわゆる第一印象をレポートしたいと思います。

まず PiTop というハードウェアの印象。一言で言えば「デカい&分厚い」!以下でも紹介しますが、キーボードの「横」にタッチパッドが装着されているわけで、横幅からして通常レベルではないことが想像できると思います。

そのキーボードはこんな感じ。見た目だけでなく打鍵感も、良くも悪くも「おもちゃ」的な感じ、ちなみに US 配列です:
DSC_0045


この右側にタッチパッドが:
DSC_0046


厚さはこんな感じ、って伝わるでしょうか? 画像に見えているのは電源プラグです:
DSC_0047


反対側からだとこんな感じ。ラズパイ本体の USB インターフェースがほぼむき出しになっています。なお4つの USB インターフェースのうち、1つは PiTop キーボードが使うので3つ余っている状態です。下の写真では更に1つ外付けマウス(黒いケーブル)を接続しています:
DSC_0048


ちなみにキーボード&タッチパネルの使いづらさは最強レベルです(苦笑)。キーボードはまだいいのですが、タッチパネルはちょっと我慢ならないレベルでした。 (^^; そんなわけで外付けマウスを使っています。

この PiTop 本体の重量は約 1.5kg。ノートパソコンとしてもかなり重い部類だと思います。これをスタバに持って行ってドヤるのは、なかなか勇気が必要そう(笑)。

ただ、このサイズの点に限っては「想定内」ではありました。ラズパイのキットなのでラズパイを内蔵するための物理空間が必要になることはわかっていたし、USB インターフェースが2段になっているラズパイを内蔵するにはそれなりの厚みが必要になるだろうなあ、と。どちらかというとサイズよりも、タッチパネルの使いにくさが想像以上でしたw


次にハードウェアではなくソフトウェア的な視点で調べてみました。PiTop OS という特殊なカスタマイズが施された OS を使っているとはいえ、元はラズパイなわけで、あまり変わらないだろうなあ、と思いつつ使ってみました。

いきなりリモートログイン(笑)。SSH が有効になっているので、あらかじめ IP アドレスを調べておけば SSH クライアントからログインできます。なお ID は pi ですが、パスワードは Raspbian OS デフォルトのものとは異なっていました(マニュアルに記載されています)。uname で調べてもちょっと違う OS が使われていることがわかります:
2016072400


ハードウェアに同梱しているマイクロ SD カードは 8GB。ここに PiTop OS が導入された状態で提供されていて、空きは約 2GB でした。

個人的な印象ですが、この PiTop OS にそれほどの大きなアドバンテージがあるとは思いません。別の SD カードに別の(素の Raspbian などの)OS を入れて使った方が使いやすいだろうなあ、と感じています。

ただし一点だけ、PiTop らしい機能がこの PiTop OS に導入されていました。ラズパイは通電状態でないと使えない(電源ケーブルを抜くと切れ、挿すとスイッチオン)のですが、PiTop はノート PC キットだけのことはあり、充電した状態からであればケーブルが接続されていなくても使えます。この充電の残り残量などを表示する簡易アプリが PiTop には含まれています。

したがって今後、PiTop を PiTop OS 以外で運用する場合、充電池を使って動かすことも可能ですが、電池の残量を確認する便利な方法がない、ということを理解しておく必要があります。

もちろん PiTop OS 以外のものに入れ替えて利用することもできます。こちらはマイクロ SD カードごとラズパイ標準の Raspbian Jessie に入れ替えて使ってみた様子です。個人的にはこちらの方に慣れているので、今後はこっちがメインになりそうな感じ・・・:
DSC_0049


改めてラップトップのラズパイを使ってみると、今までは使ったことがなかった機能が色々気になるようになってきました。「そういえばデスクトップのスクリーンショットってどう取るんだろ?」とか「その画像を加工するには GIMP 以外にあるのかな?」とか。今まではラズパイのスクリーンショットを取る必要性がなかったのですが、ラップトップだと使ったり、加工したくなったりなりますね。

次回はこれ持ってスタバでドヤってきますw
 


 

このページのトップヘ