まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:raspberrypi

小型コンピュータである Raspberry Pi(以下「ラズパイ」)のデスクトップ環境をラズパイ以外にも提供するプロジェクト "PIXEL" 、その x86(i386) 版が公開されました:
PIXEL for PC and Mac

まだ実験的な段階であり、バージョン番号にも日付が使われている状態です。僕がダウンロードしたものは 2016-12-13 時点のものでした。デフォルトで LibreOfficeChromium ブラウザ、Scratch を含む各種プログラミングによる統合開発環境が搭載されており、最低限以上のデスクトップ環境になっていました:
2016122501


ラズパイはもともと教育用途に開発された経緯があり、低スペックなマシンでもある程度動作することを目標にしていました。その考え方は PIXEL にも受け継がれているようで、古い PC や Mac 環境を蘇らせることができるかもしれません。

現時点では PIXEL のトップページからブート可能な iso がダウンロードできるような形で公開されています。こいつを DVD や USB メモリに保存してそこから起動するか、あるいは仮想環境下でこの iso を指定してブートするだけです。ハードディスクへのインストールして簡単に起動できるような環境はまだ提供されていない模様ですが、今手元で使っている環境に影響を与えずに試せるようなものが提供されている、と考えられます。

日本語環境についてはカスタマイズで可能なように見えますが、その方法はまた別の機会に。


スウェーデン発祥の世界最大の家具量販店 "IKEA(イケア)"。ここは毎年ジンジャーブレッドハウスコンテストを開催しています:
https://www.smartcontest.jp/system/ikeafoodcontest/pc/

2016122301


イケア店内でも売られているジンジャーブレッドハウスキットを使ったデコレーションコンテストです:
2016122302


板状のジンジャーブレッドを組み立てて家を作って、デコレートして、写真に撮って、その出来栄えを競い合う、というものです。昨年の応募作品を見ると信じられないくらいにレベルが高い・・・
2016122303


もともとこのコンテストを知っていたわけではないのですが、たまたま近所の TOKYO BAY 店(旧船橋店)で実物を見かけた時、ふと
  「この家、ラズベリーパイがちょうど入るくらいのサイズなんじゃね?」
とアレなアイデアが浮かんでしまったのでした。。

いやでもクッキーだし、粉とかラズパイみたいな精密機械にいい影響があるわけないし、何より食べ物を粗末にするのはよくないし・・・うーん、、、


行けばわかるさ!
IMG_0082


ジンジャーブレッドハウスを作るのは初体験です。軽く「組み立てるだけだよね?」と考えて購入しましたが、その「組み立てるだけ」が難しいのなんのって。。 自分は一応は大工の息子ですが、そのDNAはもう残ってないと実感しました(苦笑)。屋根が自分の重みで落ちてきちゃって、、、みんなどうやって固定させるんだろ・・・

苦労しながらもなんとか家が家の形になってきました。外から見たお家の中の様子。一瞬「業務用キッチン?」と見間違えそうですが、USB ポート x 4です:
IMG_0083


煙突立てて、サンタ人形を載せて、外観は完成。なんかケーブルが見えてますが気のせいです:
IMG_0085


気のせいなケーブルをコンセントに挿すと、家の中にほのかな明かりが灯ります。意外と悪くないかも!(慣れない創作作業で結構苦労したせいか、この辺りから判断基準がおかしくなってるかもしれません):
IMG_0086


ラズパイはもちろん無線 LAN で Linux サーバーとしても稼働中なので、GPD WIN 機から ssh で接続してみました。このゲーム機みたいな PC から家の中の様子を覗いてるイメージです:
IMG_0091


最後にシュガーとグミでデコレーションを追加。本当は砂糖の粉雪を降らせたかったのですが、さすがにラズパイの動作への影響と、何より危険だと思ったので断念しました。GPD WIN から IBM Bluemix の Node-RED スターター環境にアクセスして、この家(ラズパイ)からのセンサーデータを取得できるようにしました。わかりにくいのですが、家の中の状態をこの PC から監視しています。一応これが完成品です(コンテストにはこの写真で応募する予定w):
IMG_0097


微妙なタイミングを測って、ラズパイの LED が2つ(赤と緑)点灯した瞬間を撮影してみました。僕の脳内では少女とその両親が、キャンドルの周りで神様にお祈りをしている姿まで見えています:
2016122300


お約束ですが、この後美味しくいただきます!

なお、ジンジャーブレッドハウスコンテストへの投票はこちらから。よろしくお願いします(笑):
ジンジャーブレッドハウスコンテスト | IKEA FOOD


Happy Merry Christmas!

IBM Bluemix のイベント駆動型ランタイムである OpenWhisk 環境をコマンドラインから利用する際に必要な wsk をラズベリーパイに導入してみました。なお最初に SSL でログインするか、ターミナルを開くなどして、ラズベリーパイのコマンドライン操作ができる状態にしておく必要があります。


まずは Python のパッケージ管理ツールである pip を導入します:
$ sudo curl -kL https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py | python

そして pip を使って wsk コマンドを導入します:
$ sudo pip install --upgrade https://new-console.ng.bluemix.net/openwhisk/cli/download

wsk コマンドの設定を行います。ここで実行するコマンドは OpenWhisk 画面の②で表示されているコマンドをコピー&ペーストする形で実行してください:

2016080401

$ wsk property set --apihost openwhisk.ng.bluemix.net --auth ********* --namespace "dotnsf@jp.ibm.com_dev"

導入した wsk コマンドが正しく動くことを確認します。以下のコマンドを入力して、青字のような結果が返ってくることを確認してください:
$ wsk action invoke /whisk.system/samples/echo -p message hello --blocking --result
{
    "message": "hello"
}

導入できました!これでまたラズパイ環境が捗ります。

IBM では大学生の皆さんを対象に、メインフレームを使ったプログラミングコンテストを開催中です:
IBM メインフレームコンテスト 2016

2016073101


このコンテストは「メインフレーム」や「汎用機」と呼ばれている IBM zSystems の最新版である z13 環境にリモートログインしてプログラミングを行う、という内容のコンテストです。コンテストといっても最初は与えられた課題をクリアしながらメインフレームの使い方を学び、最終的にはメインフレーム用のアプリケーションを開発して世界中の大学生とその出来を競う、というものです。ちなみにリモートログインする先のシステムはメインフレームのネイティブOSである z/OS に加え、メインフレーム版の Linux(zLinux)も含まれています。旧来型から最新環境までメインフレームを学ぶ面白い機会であると思っています。


で、これだけだとただのコンテスト宣伝になってしまうので、1つ自分なりに挑戦してみました。同コンテストに参加する上で、参加者の個人 PC は Windows/Mac OS/Ubuntu のいずれかであることを前提として解説されています:
2016073102


現実的にほとんどの学生参加者の皆さんが所有している PC はこのいずれかの環境であると思いますが、僕は人気の教育向けシングルボードコンピュータで、比較的最近は IoT デバイスとしても注目されているラズペリーパイ(以下「ラズパイ」)で挑戦してみました。結論から言うと「ラズパイでもできそうです(少なくとも課題のパート1はできます)!」。

準備段階として、z/OS システムにログインして操作するための 3270 エミュレータアプリケーションの導入が必要です:
2016073100
 ↑オッサン感涙のこんなアプリ


ラズベリーパイ向けの 3270 エミュレータの導入はこちらのページの「IBM 3270 環境」を準備している箇所の説明を参考に導入してください:
PiTop で日本語デスクトップ環境構築


ここで紹介している方法では X11 版(x3270)ではなくコマンドライン版(c3270)の導入を紹介しているので、X Window 環境からだけでなくターミナル環境からでも利用できる方法です:
pi_zos_zlinux
 ↑ラズパイのデスクトップ上で z/OS と zLinux に同時にログインしている様子


ただし、この方法で z/OS 環境を用意した場合には2つ注意点があります。1点目は起動方法です。ウィンドウのメニューから実行するのではなく、ターミナルを開いてコマンドラインから以下のように指定して z/OS に接続する必要があります(IPアドレスとポート番号に関しては参加者向けのガイドを参照してください):
$ c3270 (接続先IPアドレス):(接続先ポート番号)

もう1点。IBM からのガイドでは上記3つの GUI 環境から利用することを想定していますが、このラズベリーパイからコマンドライン版 3270 アプリを使う場合はウィンドウ環境を前提としていないため、一部のキーバインドが正しく動きません。例えば z/OS の画面において「1つ前に戻る」という場合は F3 キーを押すようガイドされていますが、c3270 では F3 が正しくバインドされていないので期待通りの結果になりません:
2016073103


c3270 で1つ前の画面に戻るには、F3 ではなく "Exit" と明示的にコマンド入力する必要があります:
2016073104


この辺りはちょっと不便ではありますが、操作そのものには影響はなさそうでした。なお zLinux 環境に関しては普通の Linux と同じ(実体は RedHat Linux Enterprise 7)なので、普段から Linux を使っている方であれば違和感なく使えると思っています。


 

先日、日本向け PiTop を購入して取り寄せた、というところまでを紹介しました:
DSC_0032


そして一応組み立てに成功して、OS が起動するところまでは確認できる状態になりました:
DSC_0043


それからかる~く使ってみた範囲での、いわゆる第一印象をレポートしたいと思います。

まず PiTop というハードウェアの印象。一言で言えば「デカい&分厚い」!以下でも紹介しますが、キーボードの「横」にタッチパッドが装着されているわけで、横幅からして通常レベルではないことが想像できると思います。

そのキーボードはこんな感じ。見た目だけでなく打鍵感も、良くも悪くも「おもちゃ」的な感じ、ちなみに US 配列です:
DSC_0045


この右側にタッチパッドが:
DSC_0046


厚さはこんな感じ、って伝わるでしょうか? 画像に見えているのは電源プラグです:
DSC_0047


反対側からだとこんな感じ。ラズパイ本体の USB インターフェースがほぼむき出しになっています。なお4つの USB インターフェースのうち、1つは PiTop キーボードが使うので3つ余っている状態です。下の写真では更に1つ外付けマウス(黒いケーブル)を接続しています:
DSC_0048


ちなみにキーボード&タッチパネルの使いづらさは最強レベルです(苦笑)。キーボードはまだいいのですが、タッチパネルはちょっと我慢ならないレベルでした。 (^^; そんなわけで外付けマウスを使っています。

この PiTop 本体の重量は約 1.5kg。ノートパソコンとしてもかなり重い部類だと思います。これをスタバに持って行ってドヤるのは、なかなか勇気が必要そう(笑)。

ただ、このサイズの点に限っては「想定内」ではありました。ラズパイのキットなのでラズパイを内蔵するための物理空間が必要になることはわかっていたし、USB インターフェースが2段になっているラズパイを内蔵するにはそれなりの厚みが必要になるだろうなあ、と。どちらかというとサイズよりも、タッチパネルの使いにくさが想像以上でしたw


次にハードウェアではなくソフトウェア的な視点で調べてみました。PiTop OS という特殊なカスタマイズが施された OS を使っているとはいえ、元はラズパイなわけで、あまり変わらないだろうなあ、と思いつつ使ってみました。

いきなりリモートログイン(笑)。SSH が有効になっているので、あらかじめ IP アドレスを調べておけば SSH クライアントからログインできます。なお ID は pi ですが、パスワードは Raspbian OS デフォルトのものとは異なっていました(マニュアルに記載されています)。uname で調べてもちょっと違う OS が使われていることがわかります:
2016072400


ハードウェアに同梱しているマイクロ SD カードは 8GB。ここに PiTop OS が導入された状態で提供されていて、空きは約 2GB でした。

個人的な印象ですが、この PiTop OS にそれほどの大きなアドバンテージがあるとは思いません。別の SD カードに別の(素の Raspbian などの)OS を入れて使った方が使いやすいだろうなあ、と感じています。

ただし一点だけ、PiTop らしい機能がこの PiTop OS に導入されていました。ラズパイは通電状態でないと使えない(電源ケーブルを抜くと切れ、挿すとスイッチオン)のですが、PiTop はノート PC キットだけのことはあり、充電した状態からであればケーブルが接続されていなくても使えます。この充電の残り残量などを表示する簡易アプリが PiTop には含まれています。

したがって今後、PiTop を PiTop OS 以外で運用する場合、充電池を使って動かすことも可能ですが、電池の残量を確認する便利な方法がない、ということを理解しておく必要があります。

もちろん PiTop OS 以外のものに入れ替えて利用することもできます。こちらはマイクロ SD カードごとラズパイ標準の Raspbian Jessie に入れ替えて使ってみた様子です。個人的にはこちらの方に慣れているので、今後はこっちがメインになりそうな感じ・・・:
DSC_0049


改めてラップトップのラズパイを使ってみると、今までは使ったことがなかった機能が色々気になるようになってきました。「そういえばデスクトップのスクリーンショットってどう取るんだろ?」とか「その画像を加工するには GIMP 以外にあるのかな?」とか。今まではラズパイのスクリーンショットを取る必要性がなかったのですが、ラップトップだと使ったり、加工したくなったりなりますね。

次回はこれ持ってスタバでドヤってきますw
 


 

このページのトップヘ