まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:node.js

LINE の新しい開発フレームワークである LIFF(LIne Front-end Framework)の存在を教えていただいたので、試しに使ってみました。

この LIFF 最大の特徴はスマホの LINE アプリ内で HTML5 の Web アプリケーションを動かすことができる、という点です。この Web アプリケーション内で LIFF の SDK を併用すると、アプリケーションからLINE にメッセージや画像(やスタンプ)を送ることも可能です。

この LIFF を使って指で画面にお絵かきをするような HTML5 アプリを作り、その絵を LINE アプリに送信する、というアプリケーションを作ってみました。LINE はスタンプを送信する文化がメジャーですが、その延長で自分でその場でお絵かきした画像を送る、という使い方を想定したアプリケーションです。ソースコードは github で公開したので、興味ある方は実際に試してみてください:
2018112200



なお、今回提供しているソースコードでは IBM Cloud の NoSQL マネージド・データベースである Cloudant を使っているので、IBM Cloud のアカウントも必要です。無料のライトアカウントもあるので IBM Cloud のアカウントをお持ちでない場合はあわせて取得してください。


【IBM Cloudant の準備】
今回紹介するアプリケーションでは IBM Cloundant のインスタンスが必要です。IBM Cloud にログインし、インスタンスを1つ作成して、あらかじめ画像格納用のデータベースを用意しておきます。なお無料のライトプランの場合、Cloudant には 1GB までのデータしか格納することができないという点をご了承ください。

まず IBM Cloud にログインし、「リソースの作成」から IBM Cloudant を追加します。IBM Cloudant は「データベース」カテゴリ内に存在しています:
2018112201


作成時のロケーションはどこでも構いません(下図では「シドニー」を使っています)。ただ認証方法は従来の方式が利用できる方("Use both legacy credentials and IAM")を選択しておく必要があります:
2018112202


また価格プランも任意で構いませんが、Lite プランの場合は無料です。ただし 1GB までしかデータを格納することはできません。最後に「作成」をクリックしてインスタンスを作成します:
2018112203


Cloudant インスタンス作成直後の画面です。まずここから目的の(画像格納用の)データベースを作成するため、Cloudant のダッシュボードに移動します。下図の緑のボタンをクリック:
2018112204


Cloudant のダッシュボード画面に移動しました。データベース一覧が表示されていますが、作成直後の場合は何も存在してません。ここで「Create Database」をクリックして、データベースを作成します:
2018112205


作成するデータベースの名前を指定します。デフォルトでは "doodledb" を使います(後述の settings.js 内で指定されている名称と一致している必要があります)ので、とりあえず doodledb と入力して「Create」します:
2018112206


doodledb データベースが作成され、doodledb データベース内の文書一覧画面に移動しました(当然中身はありません)。左上の "<" 印をクリックしてデータベース一覧に戻ります:
2018112207


データベース一覧に戻りました。先程とは変わって、"doodledb" が一覧に含まれているはずです。これでデータベースの準備ができました:
2018112208


次にこのデータベースへ接続するための情報を確認します。IBM Cloud の画面に戻り、「サービス資格情報」タブを選択します。サービス資格情報は(この時点では)存在していないはずなので、「新規資格情報」ボタンをクリックして作成します:
2018112201


設定項目は変更せずに「追加」します:
2018112202


資格情報が追加されると先程の画面内に「資格情報の表示」メニューが追加されているはずです。ここをクリックして内容を確認します:
2018112203


資格情報の内容が JSON テキストで表示されます。今回必要なのは "username" と "password" の値です。これらの情報を後で利用するので、メモしておくか、コピペできるようにしておきます:
2018112204


これで IBM Cloudant の準備はできました。


【ランタイム(Web アプリケーション・サーバー)の準備】
次に LIFF が参照する Web アプリケーションサーバーを作成します。このサンプルは Node.js 上で動作するサンプルですが、今回は IBM Cloud 上にアプリケーション・サーバーを作成することにします(これもライトプランの無料枠内で作成することができます)。

Cloudant の時と同様に IBM Cloud にログイン後にリソース作成で「コンピュート」カテゴリの「SDK for Node.js」を選択します:
2018112201


ロケーションは「ダラス」を選択します(するとドメインは "mybluemix.net" となります)。そして「アプリ名」にアプリケーション名称を指定します。下図の例では "linedoodle" というアプリケーション名称としており、この場合のエンドポイント URL は https://linedoodle.mybluemix.net/ となります。なおアプリ名は他で使われていないものを指定する必要があります。自分の名前や日付を指定するなどして、ユニークなアプリケーション名称を指定してください。最後に「作成」をクリックします:
2018112202


しばらく待つとアプリケーションサーバーが起動します。これで LIFF アプリからアクセスできるパブリッククラウド上にアプリケーションサーバーが用意できました:
2018112203


【LINE Developers の準備】
LINE の LIFF アプリを作成するには LINE Developers でのチャネル登録が必要です。LINE Developer において新規にチャネルを作成します:
2018112204


チャネルの種類は「Messaging API」を選択します:
2018112205


アプリ名とプラン(Developer Trial)を選択し、作成します:
2018112206


作成すると、このチャネルにアクセストークンが割り当てられます。「アクセストークン(ロングターム)」と書かれた項目の値をこの後で使うことになるのでメモするか、コピペできるようにしておきます:
2018112207


また、ここで LIFF アプリとしてのアプリ URL を作成しておきましょう。LIFF タブを選んで「追加」ボタンをクリックします:
2018112209


名称、サイズ(Full または Tall のいずれかを選択)、そしてエンドポイント URL(上述の Node.js アプリケーションのエンドポイント URL)を入力して「保存する」をクリックします:
2018112210


すると LIFF アプリが登録され、LIFF URL が確認できるようになります。この LIFF URL は実際に LINE からアプリケーションを起動する際に利用します:
2018112208


これで LIFF アプリの登録も完了しました。あと少し。


【アプリケーションの準備】
上記で作成したアプリケーション・サーバーに HTML5 アプリケーションをデプロイします。まずはソースコードを入手します。github のリポジトリからソースコードをダウンロードまたは git clone して入手します:
https://github.com/dotnsf/line_liff_doodle

ソースコードがダウンロードできたら settings.js ファイルを環境にあわせて編集して保存します:
exports.db_username = '(Cloudant の username)';
exports.db_password = '(Cloudant の password)';
exports.db_name = 'doodledb';
exports.app_port = 0;

exports.base_url = 'https://(アプリケーション名).(ドメイン)/';

exports.line_access_token = '(LINE Developer で取得したロングタームアクセストークン)';

  :
  :

最後にこのアプリを上記で作成したアプリケーションサーバーにデプロイします。IBM Cloud では cf コマンドを使ってデプロイするので、未導入の場合は cf コマンドをダウンロード&インストールしてください:
https://github.com/cloudfoundry/cli/releases


そして cf コマンドを使って IBM Cloud へ IBM ID でログインし、アプリケーションをプッシュ(デプロイ)します:
$ cd (ソースコードのあるフォルダ)
$ cf login -a https://api.ng.bluemix.net/ -u (IBM ID)
$ cf push (アプリケーション名)

ここまでの作業が全て成功すると LIFF アプリが IBM Cloud 上にデプロイされ、LINE のチャット上で LIFF URL をクリックすると、LINE 上で同アプリケーションを呼び出すことができるようになります。


【LINE で動作確認】
では実際に LINE を使って動作確認してみます。上述で取得した LIFF URL ("line://app/" で始める文字列)をコピー&ペーストするなどして LINE のメッセージとして表示させます:
2018112201


この LIFF URL 部分をタップすると画面下部から LIFF アプリである HTML5 の Web アプリケーションの画面が表れます。今回の Web アプリはお絵かきアプリとなっていて、指でキャンバス上をドラッグして絵を描くアプリとなっています。色やフォントの太さを変えたり、失敗したら "reset" ではじめからやり直すこともできます:
2018112202


たとえばこんな絵を描いてみました。書き終わったら "post" をタップします:
2018112203


描いた絵が LINE の会話内に画像として表れます。その場でステッカーを作って送るような感覚です:
2018112204


・・・というアプリを作ってみたのでした。いかがでしょう? ちなみに iPhone 版の LINE でのみ動作確認しています。Android 版 LINE でうまく動かなかったらごめんなさい。


以前から似たようなアプリを Twitter 向けに作ってみたりしていて、同じようなのを LINE 向けにも作れたらいいなあ、と思っていました。が、LINE にはクライアント側を操作できる API が提供されておらず作ることができずに諦めていました。 が、今回 LIFF の存在を教えていただいて、「これならできるかも・・」と期待してがんばってみたら、なんとか実現できた、という経緯です。アプリ実装の詳細についてはまた別の機会にでも。

ある意味で LINE のステッカービジネスを根底から否定(苦笑)するアプリなので、あまり LINE 受けはよくないかもしれません。(^^; でも教えていただいたおかげで実現することができました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


そうそう。繰り返しになりますが、IBM Cloud の(無料の)ライトアカウントを使って作成した場合、データベースには 1GB ぶんの画像しか格納できません。定期的にデータを削除するとか、データベースを消して作り直すとかして対応してください。



(参考)
LIFF API リファレンス


以前にこのブログで「Node.js からエクセルシートを操作する」というタイトル&内容の記事を書いて紹介しました:
Node.js からエクセルシートを操作する


この記事の中では XLSX という npm のライブラリを用いてエクセルファイルからセルの中身を読みとったり、セルに値を代入して保存する、という手法を紹介しました。 XLSX は対応フォーマットも多く、使う機会も多いのではないかと思っていました。

が、その後いろいろ使っていく中で XLSX が苦手とするケースも出てきました。典型的な例としてはセルのフォーマットを保持したままエクセルファイルを更新したい場合です。

具体的にはこんなケースが考えられます。以下のようなシート一枚のエクセルファイル(template.xlsx)が存在していたと仮定します:
2018111301


同シート内の A1 セルと B1 セルは結合しています。加えて背景色が緑色で、フォントは太字、中央揃えに設定されています。

これらの条件を残しながら A1 セルの内容を別の文字列に更新したい、というのが今回の用件であるとします。もちろん人間がマニュアル操作で更新することはたやすいのですが、これを人手を介さずにプログラマティックに行いたい、というものです。


では、この処理を XLSX ライブラリを使って行ってみます。コード(test01.js)としてはこのような内容になります:
// test01.js

var XLSX = require( 'xlsx' );

var ts = ( new Date() ).getTime();
var str = "かきくけこ " + ts;


//. テンプレート
var templatefile = './template.xlsx';

//. 出力先
var xlsfile1 = './xlsx_' + ts + '.xlsx';

//. テンプレートから読み込み
var book1 = XLSX.readFile( templatefile );

//. 「Sheet1」シート
var sheet1 = book1.Sheets["Sheet1"];
sheet1["A1"] = { v: str, t:'s', w: str };
book1.Sheets["Sheet1"] = sheet1;

XLSX.writeFile( book1, xlsfile1, { type: 'xlsx' } );
console.log( 'saved into ' + xlsfile1 );

この例では template.xlsx を読み込んだあと、実行時のタイムスタンプ値を取得し、Sheet1 シートの A1 セルの内容を「あいうえお」から「かきくけこ(タイムスタンプ値)」に書き換えた上で xlsx_(タイムスタンプ値).xlsx というファイルで保存するようにしています。

このコードを Node.js で実行してみます:
$ node test01

実行した結果、xlsx_(タイムスタンプ値).xlsx というファイルができあがります。このファイルをエクセルで開いてみると、このような見た目になりました:

2018111302


A1 セルと B1 セルの結合の情報は保持していたのですが、背景色やフォントの太字の情報は消えていました。また中央揃えは無効になっていました。

このようにセルに定義されたフォーマットを保持したままエクセルファイルを更新しようとすると、XLSX ライブラリでは限界があるようでした。


で、これをどうすればよいか、というのが今ブログエントリのメインテーマです。結論としては XLSX ライブラリではなく、XLSX-populate という npm ライブラリを使うことで解決できそうでした:
2018111500


XLSX-populate ライブラリを使って上記のコードを書き換えたものがこちら(test02.js)です:
// test02.js

var fs = require( 'fs' );
var XlsxPopulate = require( 'xlsx-populate' );

var ts = ( new Date() ).getTime();
var str = "さしすせそ " + ts;

//. テンプレート
var templatefile = './template.xlsx';

//. 出力先
var xlsfile2 = './xlsx_populate_' + ts + '.xlsx';

//. テンプレートから読み込み
XlsxPopulate.fromFileAsync( templatefile ).then( book2 => {
  //. 「Sheet1」シート
  var sheet2 = book2.sheet(0);
  sheet2.cell( "A1" ).value( str );

  book2.toFileAsync( xlsfile2 ).then( result => {} );
  console.log( 'saved into ' + xlsfile2 );
});

先程の test01.js とほぼ同様の処理を行っています。違いは A1 セルに上書きする内容を「さしすせそ(タイムスタンプ値)」として、出力ファイル名は xlsx_populate_(タイムスタンプ値).xlsx としています。

そしてこのファイルを実行します:
$ node test02

結果はこちら:

2018111303


ちょっとわかりにくいのですが、A1 セルと B1 セルの結合はもちろん、背景色や太字フォント、中央揃えの情報は全て保持されたまま更新ができています:
2018111304


もちろん、XLSX populate が万能、というわけではないのですが、Node.js でファイルの更新処理を行う場合には向いているライブラリだと思います。


「エクセルファイルを扱えるライブラリ」といえば、Java であれば Apache POI などがありますが、Node.js ではどうだろう?? と思って調べてみました。その名もズバリの xlsx という npm ライブラリを見つけたので使ってみました:

npm - xlsx
https://www.npmjs.com/package/xlsx

2018080100


ライブラリ名は xlsx ですが、対応フォーマットは xls や XML に加えて ODS まで含まれていて、かなり柔軟に使えそうです。


【扱うサンプル】
こんな感じのエクセルファイルを用意して使うことにします:
2018080101


データとしては "A1:C14" の範囲にまとまっていて、その右に2軸の折れ線グラフが1つあります。この表の B14 セルは B2:B13 の合計(SUM)、C14 セルは C2:C13 の平均値(AVERAGE)がマクロで定義されています。まあ「よくあるシート」だと思っていますが、このエクセルファイルを xlsx で扱ってみます。ちなみに同じファイルがこちらからダウンロードできます:


【読み込み例】
まず npm で xlsx ライブラリをインストールします:
$ npm install xlsx

そして xlsx ライブラリを使ってエクセルファイルを読み込む Node.js コードを作成します。この例ではファイル名を指定して読み込み、"Sheet1" シートを取得して console.log() で出力しています:
var XLSX = require( 'xlsx' );

// ファイル読み込み
var book = XLSX.readFile( './SalesSample.xls' );

// シート
var sheet1 = book.Sheets["Sheet1"];
console.log( sheet1 );


実行結果はこんな感じになります。ダンプされたような感じです:
{ '!margins':
   { left: 0.7,
     right: 0.7,
     top: 0.75,
     bottom: 0.75,
     header: 0.3,
     footer: 0.3 },
  B1: { v: '売上', t: 's', w: '売上' },
  C1: { v: '前年比', t: 's', w: '前年比' },
  A2: { v: 1, t: 'n', w: '1' },
  B2: { v: 7370, t: 'n', w: '7370' },
  C2: { v: 0.87, t: 'n', w: '0.87' },
  A3: { v: 2, t: 'n', w: '2' },
   :
   :
  A12: { v: 11, t: 'n', w: '11' },
  B12: { v: 24380, t: 'n', w: '24380' },
  C12: { v: 0.812, t: 'n', w: '0.812' },
  A13: { v: 12, t: 'n', w: '12' },
  B13: { v: 28283, t: 'n', w: '28283' },
  C13: { v: 0.814, t: 'n', w: '0.814' },
  B14: { v: 156518, t: 'n', f: 'SUM(B2:B13)', w: '156518' },
  C14:
   { v: 0.8603333333333333,
     t: 'n',
     f: 'AVERAGE(C2:C13)',
     w: '0.860333333' },
  '!protect': false,
  '!ref': 'A1:C14',
  '!objects': [ , , , , { cmo: [Object], ft: [Object] } ] }

この結果の見方を少し説明します。例えば sheet1["!ref"] の値は 'A1:C14' となっていて、このシートの中で有効なセルとして認識されている範囲は A1:C14 とされています。つまりグラフ部分は完全に無視されていて、このライブラリでは現在は扱えない情報ということになります。xlsx はあくまで表部分の読み書きを対象としています。

次に sheet1["C2"] の値は { v: 0.87, t: 'n', w: '0.87' } となっています。この意味は以下のようになります:
 v: 0.87(数値としての値は 0.87)
 t: 'n'(数値のセルとして認識されている)
 w: '0.87'(表示されているテキストは '0.87')

なお、t の値は以下のいずれかになります:
 b: Boolean
 n: 数値
 d: 日付時刻
 s: 文字列
 z: スタブ
 e: エラー

したがって sheet1["C2"] の { v: 0.87, t: 'n', w: '0.87' } の意味は「値が 0.87 の数値セルで、画面上では '0.87' と表示されている」ということになります。

また sheet1["B14"] の値は { v: 156518, t: 'n', f: 'SUM(B2:B13)', w: '156518' } となっています。この中の f: 'SUM(B2:B13)' は値が数式で定義されていて、その式が SUM(B2:B13) であることを意味しています(sheet1["C14"] も同様です)。表としてはこのレベルで各セルの値を取得できている、ということがわかります。

この読み込み例のサンプル(app1.js)はこちらからダウンロードできます。こちらのファイルは(後述の書き込み機能の結果を確認できるように)上記のコードに少し機能を追加していて、コマンドラインパラメータで読み込むエクセルファイルを指定可能にしています(無指定の場合は SalesSample.xls を読み込みます):
$ node app1.js (xxx.xls)


【書き込み例】
xlsx ライブラリを使ってファイルの書き込みを行うサンプルです。この例では SalesSample.xls を読み込んだあとに "C13" セルの値を上書きして、SalesSample2.xlsx というファイル名で保存しています:
var XLSX = require( 'xlsx' );


// ファイル読み込み
var book = XLSX.readFile( './SalesSample.xls' );

// シート
var sheet1 = book.Sheets["Sheet1"];
console.log( sheet1 );

// セル更新
sheet1["C13"] = { v: 1.01, t: 'n', w: '1.01' };

// シート更新
book.Sheets["Sheet1"] = sheet1;

// ファイル書き込み
XLSX.writeFile( book, './SalesSample2.xlsx', { type: 'xlsx' } );


(注1 最後の XLSX.writeFile() 実行時の最後のオプション { type: 'xlsx' } を指定しないとマクロ関数が無効な状態で保存されてしまいます)

この書き込みのサンプル(app2.js)はこちらからダウンロードできます。実行はそのまま node コマンドで実行します:
$ node app2.js

実行すると SalesSample2.xlsx というファイルが出来ているはずです。試しにこのファイルをエクセルで開いてみるとこのようになります:
2018080201



"C13" セルの値は { v: 1.01, t: 'n', w: '1.01' } に上書きしましたが、たしかに 0.814 から 1.01 に更新されています。同時に "C14" セルの値も(AVERAGE関数が再計算されて)変わっています。一方でグラフが完全に消えてしまいました。まあ読み込みを実行した時点でグラフの情報は消えていたので、その内容で保存するとこのようになってしまうのだと思います。xlsx ライブラリの制限事項になると思いますが、実際に使う際にはご注意ください。

(注2 厳密には SalesSample2.xlsx ファイルが生成された時点では C14 セルの値は変わっていませんが、このファイルをエクセルで開くと AVERAGE 関数が再計算されて開くので、そこで値が正しく変わったように見えます)


以上、詳細は本家のドキュメントを参照いただきたいのですが、少なくともグラフを操作せずにシートの中身を取り出す用途であれば充分につかえて、対応フォーマットも多そうだな、、という印象を持っています。自然言語処理機械学習の学習データとしてエクセル資産を活用する、なんて話になった時に活躍できそうなライブラリですね。



以前に express-ipfilter ライブラリを使って、Node.js アプリの IP アドレスフィルタリングを行うサンプルを紹介しました:
http://dotnsf.blog.jp/archives/1066182158.html

↑ここで紹介したサンプルは一応動くものですが、アプリケーションを IBM Cloud の Cloud Foundry アプリとしてデプロイすると( IP アドレスフィルタリングが)正しく動かないことがわかりました。原因は Cloud Foundry 内のルーティングで x-forwarded-for ヘッダの情報が変わってしまい、正しい IP アドレスを取得できなくなってしまうようでした。

IBM Cloud の Cloud Foundry 環境でもこの IP アドレスフィルタリングを有効にするには、フィルタリングを行う前に Express() の use メソッドを使って、
app.use( 'trust proxy', true );

を呼び出してからフィルタリングを行う必要があります。

(解説)
http://expressjs.com/ja/api.html



 

IBM ワトソン対応の CMS である BlueCMS を公開しました。IBM Cloud を使ったセットアップ手順はこちらをご覧ください:
ワトソン対応の IBM Cloud 向き CMS "BlueCMS" を公開しました(セットアップ手順)


今回は初期セットアップ後の、実際の使い方を紹介します。


コンテンツタイトル等

初期セットアップの中で管理者権限を持った最初のユーザーを作っているので、このユーザーの ID とパスワードでログインします:
2018071001


管理コンソール画面が表示されます。管理コンソールにはコンテンツタイトルなどコンテンツ全体に関係する設定項目に続き、現在までに登録されている文書の一覧テーブルと、添付ファイルの一覧テーブルが表示されますが、ログインユーザーが管理者権限を持っている場合はコンテンツの設定項目の下にユーザー一覧テーブルも表示されます:
2018071101
(↑上からコンテンツ設定、ユーザー一覧)

2018071102
(↑上から文書一覧、添付ファイル一覧)

コンテンツ設定は以下のようになっています:
2018071103


これらは OGP(Open Graph Protocol) と言われる設定項目になっており、有名どころでは facebook で BlueCMS のトップページや各記事を共有した場合に表示される内容を定義します。

また title と desc は BlueCMS トップ画面の jumbotron の中で表示される内容でもあります。自分のブログのタイトルとその説明を記述するようにしてください。url はブログの URL、image_url は OGP イメージ画像の URL を指定します(指定していない場合は無視します)。

なお、現時点(2018/Jul/12)では個別ページの OGP を設定する機能がなく、個別ページをシェアするとトップページと同じ OGP が表示されます(リンク先の URL だけは個別ページになります)。この辺りは今後の機能拡張で対応したいと思っています。


ユーザー追加/管理

管理者権限を持ったユーザーはユーザー一覧テーブルで登録済みユーザーの一覧を確認したり、編集したり、削除したり、新規にユーザーを追加することができます:
2018071104


新規作成は一番下の編集行の各フィールドに入力して "update"、既存ユーザーの変更は右にある "edit" をクリックすると編集行に値がコピーされるので、ここで変更して "update"、ユーザーの削除は右にある "delete" をクリックします。

なおユーザー編集時には role の値に注意してください。この値が 0 のユーザーは管理者、1 のユーザーは編集者として扱われます。name は画面表示用の名称で、email はメールアドレスですが、これらは現時点では特に利用していません。


文書追加/管理

管理コンソールには現在までに登録されている文書の一覧も表示されます:
2018071105


新規作成は一番下の編集行の各フィールドに入力して "update"、既存文書の変更は右にある "edit" をクリックすると編集行に値がコピーされるので、ここで変更して "update"、文書の削除は右にある "delete" をクリックします。

なお文書の status は 1 のものが公開、0 のものは非公開(ドラフト)となります。body は nicEdit を使ったリッチテキスト編集が可能です。category はカテゴリー文字列を直接指定して入力します(category と body の値は IBM ワトソン連携時に利用する値となります)。

body の入力が狭い nicEdit を使っている点が不便であると理解しています。この辺りも今後も機能拡張の対象と考えています。


添付ファイル追加/管理

管理コンソールには現在までに登録されている添付の一覧も表示されます:
2018071106


添付ファイルの新規作成はファイルを選択後、一番下の編集行の name フィールドに入力して "update"、添付ファイルの削除は右にある "delete" をクリックします。添付ファイルには編集機能はありません。


ワトソン連携

セットアップ時に IBM ワトソンの NLC(Natural Language Classifier) 連携も含めて行っている場合は、BlueCMS 内のコンテンツを NLC に学習させたり、学習結果を使って問い合わせを行うことができます:
2018071107


文書一覧の下に NLC 関連のボタンが3つあります。それぞれ以下のように使います:

- "update NLC" : 現在までに BlueCMS に格納された全文書を NLC のトレーニングデータとして学習を初期化&再学習します。学習時には各文書の body 値と category 値だけを取り出して、body 値の内容を category 値として学習します。これを全ての文書に対して行います。

- "NLC status" : 上記学習命令を発生した後の、ワトソンのトレーニングステータスを確認します。この実行結果が "Available" となれば学習準備は完了していて、後述の "classify" で問い合わせが可能になります。一方、実行結果が "Training" であればまだ学習中なので、いましばらくお待ち下さい。

- "classify" : 学習が済んだ後に問い合わせを実行します。具体的には編集行の body に何か文章を入力した後にこのボタンをクリックすると、上述で学習させたコーパスに対してこの body 内容を問い合わせ、「今までの学習データから、どのカテゴリーがふさわしいか」の結果を取得し、category フィールドを更新します。いわば「ワトソンがその内容に相応しいカテゴリーを自動的に決めてくれる」機能です。


現時点での制限事項等

このブログエントリを編集している 2018/Jul/12 時点での BlueCMS の機能と使い方を紹介しました。上述のように CMS として足りない機能や使いにくい部分も多くあり、ワードプレスなどと比較するとまだまだだと思っています。

一方で新しくスクラッチで開発したからこそできた挑戦的な機能もあります。特に標準で IBM ワトソンと連動する機能については BlueCMS の特徴の1つだと思っています。

自分でも少しずつ使っていきながら感じた機能を拡張させていく予定ですが、もしお試し程度でも使ってみていただける場合は、感想や希望を伝えていただければと思っています。


このページのトップヘ