まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:neppi

リアルタイムに商品の最安値を調べるサービス「ねっぴ」を開発・運営しています:
ねっぴ(http://neppi.co/) 


サービス内のカテゴリを展開したり、検索窓から製品を検索して商品を絞込むと、その商品の販売を取り扱っていそうなウェブサービスを探し、取り扱っていた場合はそのサービス内での最安値を探し、最終的には価格順にソートして「どこで買うと安いか」を表示してくれる(クリックすればそのまま購入ページにいける)、というサービスです:
2015030500


有名な価格比較サイトと同様のサービスと理解いただくのが分かりやすいと思います。ただ上記のようにそのサイトもねっぴでは比較対象の1つと考えていて、必ずしもそのサイトが最安値を提供しているわけではないことがわかります。ねっぴは「その場で」&「リアルタイムに」価格を検索して比較する点が異なります。


サービスの使い方はこちらに簡単なオンラインヘルプを用意しています。ユーザートラッキングなどを目的とはしていないため、面倒なサインアップなど不要で、誰でも利用できます:
「ねっぴ」の使い方


本ブログエントリでは、「ねっぴ」の環境や技術的な内容について紹介します。
参考までに、こちらは以前に某LTでねっぴと試作段階の TweetsMapper について紹介した資料です:
ねっぴ on IDCF


上記資料内でも触れていますが、元々ねっぴは自宅サーバー環境で開発・動作確認等を行い、テスト運用を経て何度かの引越を経験し、現在は IDC フロンティア 様の IDCF クラウドを利用して運用しています。


基本構成としては一般的(?)な Linux + Tomcat + MySQL で、高速化のために一部 memcached を併用しています。 データベースの日次バックアップには Amazon S3 互換の Object Storage を使っています(参考)。 IDCF クラウドのサーバーインスタンスにはスワップメモリ領域が用意されていなくて不安(というか不安定)だったので、Linux の起動時にスワップファイルを作成して利用するようにしました(参考)。 更に IDCF を通じて利用できる Mackerel 監視サーバーを有効化するため、エージェントを導入しています:
2015030502


ここまでの環境を IDCF クラウドの light.S1 サーバー1台(!)でまかなえています。ディスクは ROOT の 15GB のみで追加なし、Mackerel は IDCF を通じて使う場合の特別プランが用意されていて、追加料金なしでもそれなりに使えます。Object Storage とネットワーク I/O は無料枠の範囲内で収まっています。

・・・というわけで、この「ねっぴ」の環境はバックアップや監視まで含めて light.S1 サーバーの月額最低料金である 500 円で実現している(!)、ということになります:
2015030501


うーん、我ながら俺って優秀やりくり上手でいい主夫になれるかもw まあやりくり上手というよりは「無茶」なだけかもしれませんけど。。。

ただこの環境を IDCF の light.S1 サーバー1台で提供している背景についても触れておく必要があります。
もともと IDCF クラウドに移る前は別業者の同価格帯のクラウド(というか VPS)を使っていました。サービスとして公開できていましたが、開発環境をそっくりそのまま公開した感じで、パフォーマンスレベルなどは二の次、という感じでした。開発者視点で考えると、そもそもどのレベルを求めるのか?という話にもなってしまい、現在もそこまでしっかり考えて公開しているわけではないのですが、当時は単に「動いたものをそのまま公開した」というレベルでした。その時点ではバックアップはしていません。監視もシェルスクリプトレベルでした。

このサービスは「リアルタイム価格検索」を行うことと、商品マスターをクローリングするという特性上、ネットワークのバックボーン性能がサービス性能に影響する度合いが大きいという特徴があります。実はここだけで見ると、自宅ネットワーク内のサーバーで運用する、という選択肢もありました。

その頃、当時仕事上で携わっていた業務で IDCF クラウドを使うことになり、light.S1 インスタンスが500円/月で提供されていること、ネットワークバックボーンに関しては非常に高いコストパフォーマンスを発揮してくれることが魅力でした。 


とはいえ移行を考えると、上記のように IDCF クラウドにはスワップメモリがないという問題があったり、当時使っていたクラウドの方がディスク容量を多く提供してくれたり、という比較要素もありました。一方で IDCF クラウド側にも無料枠で提供されている Object Storage や Mackerel といったプラス要素があり、結局は何をどう比較するか、という判断になりました。まあスワップメモリに関してはディスク上にファイルとして用意するという回避手段があること、ディスクは多いほど嬉しいけどサービスを展開する上で困るほど少なかったわけではないことが分かり、そして何よりもサービスの肝になるネットワーク性能が自宅ネットワークをも上回っていた、という違いが決め手でした。 これがディスク容量が問題になるようなケースだと結局月額料金の差になってしまうため違う判断になる可能性もありましたが、このねっぴに関してはほぼ同額の比較になりました。

結局、現時点でこのサービスを運営する先としてコストパフォーマンスでのベストは何か、という最終判断として IDCF クラウドを選んだ、という結論です。


おまけですが FAQ の1つをここに書いておきます。サービス名の「ねっぴ」は「較」の「値比」を無理やり発音した結果です。



 

リアルタイム価格比較サイト「ねっぴ」の使い方を紹介します:
http://neppi.co/


「ねっぴ」とは?

ネットで購入できる様々な商品の価格をリアムタイムに比較するサービスです。PCのブラウザでも見れますが、画面はスマートフォン向けに最適化されています。
2014062501


こう書くと「カカクコムみたいな感じ?」と思われる人もいると思います。理解として間違ってはいませんが、「ねっぴ」ではカカクコムも比較対象です(カカクコムよりも安く買える所はけっこう見つかります)。

現在、「ねっぴ」は以下の9サイトを対象に検索・比較します。楽天やアマゾンのようにサイト内の複数ショップで同じ商品を扱っている場合は、その中の最安値を対象に比較します:
楽天
アマゾン
Yahoo!ショッピング
カカクコム
ケンコーコム
ヤマダウェブコム(ヤマダ電気)
セブンネットショッピング
ブックオフオンライン
グーグルショッピング


「ねっぴ」の使い方

グーグルで『(商品名、あるいは検索ワード) neppi』と、検索ワードの後にスペースに続けて "neppi" と付けて検索するか、
2014062502


或いは「ねっぴ」のトップページから右上の虫眼鏡アイコンをクリックして検索フィールドに検索文字を入れて検索します。
2014062503


「ねっぴ」の検索結果は一覧として表示されます:
2014062504


または「ねっぴ」のトップページから商品カテゴリを辿って絞り込みながら商品を選ぶこともできます。
2014062505


画面上部には選択カテゴリ内(カテゴリ選択前は全カテゴリ内)での人気商品をスライドさせながら確認することも可能です。
2014062506


1つの商品を選択すると、上記9サイトでその商品を扱っているかどうかを調べ、扱いがあった場合はその値段情報も含めて取り出し、画面に表示します。この商品の場合はヤフーで購入した場合が一番安く買えそうです(リアルタイム検索なので、常に同じ結果になるとは限りません):
2014062507


この画面のサービス名(「ヤフー」や「楽天」)部分をクリックすると、実際にそのサイトで購入するページにジャンプします。現実問題としては送料の差があったり、プレミアム会員の有無、付与ポイントの差などがあるため、必ずしも「一番安い=一番得」とは限りませんが、参考にはなると思います。

この画面の価格の右にある ">>" 部分をクリックすると、本当にそのサイトでその価格で売られているのか、を確認できる画面がポップアップで表示されます。ポップアップ後に ESC キーを押すか、画面内のポップアップ外の部分をタップするとポップアップが消えます:
2014062508


なお、「ねっぴ」内の検索で見つからない(「ねっぴ」内データベースにない)商品でも、その商品の JAN コードと呼ばれるバーコード番号が分かれば、その番号を使って、
 http://neppi.co/item.jsp?code=(JANコード)
のように直接URLにアクセスすれば「ねっぴ」内データベースにない商品のリアルタイム価格比較情報をその場で表示することもできます。


欲しいものの評判などはネットの情報などを使って調べていただいた上で、最後に「ねっぴ」を使って、一番お得に買えるサイトを調べて購入するとお得です!


プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

個人情報の管理
当サービスは、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
 
個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当サービスからのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
 
個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当サービスは、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
 
お客さまの同意がある場合
お客さまが希望されるサービスを行なうために当サービスが業務を委託する業者に対して開示する場合
法令に基づき開示することが必要である場合
 
個人情報の安全対策
当サービスは、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
 
法令、規範の遵守と見直し
当サービスは、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。


このページのトップヘ