まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:mysql

前回、LAMP 環境を構築した IBM LinuxONE サーバーを使って、PHP のメジャーな MVC フレームワークの1つであるCakePHP の環境を整えてみます:
IBM LinuxONE コミュニティクラウド上で LAMP 環境を作る


まず CakePHP を動かす場合の PHP 設定を行います。/etc/php.ini を適宜変更するのですが、最低限やっておかないといけないのが、タイムゾーンの設定です。/etc/php.ini を編集して、以下の設定を加えます([Date] カテゴリ内でコメントアウトされている Date.timezone の設定からコメントを外し、"Asia/Tokyo" に設定して保存します:
$ sudo vi /etc/php.ini

  :
  :
[Date]
Date.timezone = "Asia/Tokyo"
  :
  :

また CakePHP では PHPUnit というモジュールを使うことになるので、これもインストールしておきます。前回の LAMP 環境構築時に pear もインストールしているので、pear を使って PHPUnit を導入します:
$ sudo pear install pear/PHPUnit

次に MySQL の設定を行います。まずは文字コードの設定を変更して、デフォルトで UTF-8 を使えるようにします:
$ sudo vi /etc/my.ini

[mysqld]
character-set-server=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8



今回は CakePHP 専用のデータベース(cakedb)を新たに作成し、その中に商品情報を格納するマスターテーブル(items)と、商品カテゴリを格納するマスターテーブル(categories)を定義することにします:
$ mysql -u root -p

mysql> create database cakedb default character set utf8;
mysql> use cakedb
mysql> create table items( id int primary key auto_increment, name varchar(50), category_id int, created datetime default null, modified datetime default null );
mysql> create table categories( id int primary key auto_increment, name varchar(50), created datetime default null, modified datetime default null );
mysql> quit

1つのデータベースと、2つのテーブルを作りました。必要に応じてこれらにアクセスできるユーザーなどを追加しましょう。

これら2つのマスターテーブルを操作できるような環境を CakePHP で作ることにしましょう。ここは必須ではありませんが、データベースを操作する上では phpMyAdmin があると便利です。IBM LinuxONE コミュニティクラウドのサーバーに phpMyAdmin 環境を導入する場合の手順はこちらの記事を参考にしてください:
IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に phpMyAdmin を導入する


ではいよいよメインディッシュの CakePHP 環境を構築します。PHP 5.3 でも動くよう、CakePHP のバージョンは 2.x を使うことにします。またこれも Apache HTTPD のドキュメントルートがデフォルトのままの /var/www/html であるとして作業を紹介します:
$ https://github.com/cakephp/cakephp/archive/2.9.4.zip
$ sudo /bin/bash
# cd /var/www/html
# unzip ~linux1/2.9.4.zip
# mv cakephp-2.9.4 cakephp
# chmod 777 -R cakephp/app/tmp
# chmod 755 cakephp/lib/Cake/Console/cake
# cd cakephp/app/Config
# vi core.php

  :
  :
/**
 * A random string used in security hashing methods.
 */
        Configure::write('Security.salt', 'ABCDabcd1234');

/**
 * A random numeric string (digits only) used to encrypt/decrypt strings.
 */
        Configure::write('Security.cipherSeed', '1234567890');
  :
  :

最後の cakephp/app/Config/core.php の編集作業では 'Security.salt' の値と、'Security.cipherSeed' の値はデフォルトの(既知の)値のままだと危ないのでランダムな値に書き換えました。

続けて(カレントディレクトリが cake/app/Config/ の状態で)、更にデータベースの設定ファイルを用意して、自分の環境に合わせた設定を行います:
# cp database.php.default database.php
# vi database.php

  :
  :
class DATABASE_CONFIG {

        public $default = array(
                'datasource' => 'Database/Mysql',
                'persistent' => false,
                'host' => 'localhost',
                'login' => 'root',
                'password' => 'P@ssw0rd',
                'database' => 'cakedb',
                'prefix' => '',
                //'encoding' => 'utf8',
        );
  :
  :

↑具体的にはユーザー名(login)、パスワード(password)、データベース(database)の値を書き換えます。


CakePHP 自体はここまでの設定で動くはずです。必要に応じて DebugKit などの便利なプラグインを cakephp/app/Plugin/ 以下に追加で導入してください。DebugKit の導入に関してはこちらを参照ください:
https://github.com/cakephp/debug_kit/tree/2.2


ブラウザで http://(IPアドレス)/cakephp/ にアクセスすると、CakePHP のホーム画面が表示されます。緑と黄色のバーが並んでいる状態であれば、少なくとも設定は間違っていないことになります。下図では DebugKit まで導入して、全て緑になっている状態です:
2017010603

 

IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に LAMP 環境のサーバーを作り、そのデータベースを管理するための phpMyAdmin を導入します。LAMP 環境を作るまでの手順は以下を参照してください:


LAMP 環境が出来てしまえば phpMyAdmin は普通に導入できるのでは・・・ と考える人がいるかもしれません。ほぼ正解ですが一点だけ注意点があります。

2017/Jan/06 時点では、IBM LinuxONE コミュニティクラウドの RHEL 6.x で提供されている PHP のバージョンは 5.3.3 です。一方で phpMyAdmin の最新バージョンは 4.6.5.2 ですが、こちらは PHP 5.5 以上を動作環境としています。つまり現時点の LinuxONE 環境では phpMyAdmin 最新バージョンの動作条件を満たすことができないのでした。

というわけで、PHP 5.3.3 でも動作できるバージョンの phpMyAdmin 4.0.x を用意する必要があります。この一点だけが注意点なのでした。


では改めて、こちらの手順を参考に IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に作った仮想サーバーに SSH でログインします:
2017010403


では phpMyAdmin 4.0.x(2017/Jan/06 時点の最新版は 4.0.10.18)を導入します。Apache HTTP サーバーのドキュメントルートはデフォルトの /var/www/html であると仮定して、以下を実行します:
$ wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.0.10.18/phpMyAdmin-4.0.10.18-all-languages.zip
$ sudo /bin/bash
# cd /var/www/html
# unzip ~linux1/phpMyAdmin-4.0.10.18-all-languages.zip
# mv phpMyAdmin-4.0.10.18-all-languages phpMyAdmin
# exit

これで http://(IPアドレス)/phpMyAdmin/ にアクセスすれば phpMyAdmin にアクセスできます。必要に応じて認証をつけた上で運用してください:
2017010602



この記事の続きです:


IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に作った仮想サーバーにいわゆる "LAMP"(=Linux + Apache HTTPD + MySQL + PHP) 環境を構築してみます。まずは上記記事を参考に仮想サーバーを作り、SSH でリモートログインします:
2017010403


ミドルウェアの導入作業を伴うため、ルート権限を持ったユーザーにスイッチしておきます:
$ sudo /bin/bash
#


LAMP 環境に必要なミドルウェアや言語環境をまとめて導入します(赤字はコメント):
# yum install httpd -y (Apache HTTP サーバー)
# yum install mysql-server mysql -y (MySQL)
# yum install php php-mbstring php-mysql php-gd php-pear php-xml php-devel -y (PHP)

また以下は LAMP 環境構築においては必須ではありませんが、使うことも多いというか、あると便利だと思うので必要に応じて導入しておいてください:
# yum install screen -y (screen)
# yum install git -y (git)
# yum install java-1.8.0-ibm-devel -y (JDK 1.8)

ミドルウェアを起動する前にファイアウォールの設定を行います。デフォルトの LinuxONE では iptables によるファイアウォールが有効になっており、このままでは http(s) によるアクセスができません。今回の環境では iptables を無効にしておきましょう:
# /etc/init.d/iptables stop
# chkconfig iptables off

あらためて各ミドルウェアを起動し、また自動起動設定をしておきます:
# /etc/init.d/httpd start
# /etc/init.d/httpd mysqld
# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on
# exit
$

この時点で Apache HTTP サーバーが動いています。iptables の解除が成功していれば http://(IPアドレス)/ にアクセスすることができるようになっているはずです:
2017010601


さて、MySQL に関しては root のパスワードを設定しておきましょう。この例では P@ssw0rd というパスワードにしていますが、ここは必要に応じて変えてください:
$ mysql -u root

mysql> set password for root@localhost=PASSWORD('P@ssw0rd');
mysql> exit

これで LinuxONE 上でも LAMP の環境が作れました! ちなみに PHP のバージョンは 5.3.3 が導入できます:
$ php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Dec 15 2015 04:50:47)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

IBM Bluemix に待望の IBM 製 MySQL サービス(この表現、誤解招くかな・・・IBM がサポートを含めて提供する MySQL サービスという意味です、詳しくは後述)が追加されました。それが Compose for MySQL です:
2016122601


IBM Bluemix 環境で MySQL データベースを使おうとした場合、以前は2つの選択肢がありました。1つは試験提供的な扱いで、ごく小さな容量のデータベースが提供されていたコミュニティ版の mysql サービス、もう1つはビジネスパートナーである ClearDB 社から提供されていた ClearDB MySQL Database サービスでした。後者は段階に応じて容量やサービス内容が選択できるものでしたが、いずれも IBM から提供されていた扱いのものではなく、サブスクリプション契約時の割引対象とはなりませんでした:


今回、新たに追加された Compose for MySQL サービスは、現時点(2016/Dec/26)での扱いはベータ版ですが、IBM サービスとして提供されます。Compose は多くの DBaaS を提供している企業で、2015年7月に IBM が買収し、IBM Bluemix サービスのコンポーネントとしても提供されるようになりました。MySQL は ElasticSearch などと同様に Compose サービスの1つとして Bluemix からも提供され、IBM がサポートします。サービスインスタンスを作成すると 1GB のデータ容量を持ったデータベースが使えるようになります。この容量は実質的には 1GB 単位でスケールし、従量課金となります:
2016122602


サービスインスタンスを作成して、資格情報を参照すると、このインスタンスに接続するための情報を確認することができます:
2016122603


この情報に従ってコマンドラインクライアントや JDBC などのプログラムによって、Compose for MySQL データベースに接続することができます:
2016122604


試しに提供されたデータベースの設定を確認してみました。どうやらデフォルトの文字コードは latin1 になっているようでした。日本語データを扱う場合はテーブル作成時に utf8 を指定するなど、日本語を扱う前提でテーブル定義をする必要がありそうです:
2016122605


私はプライベートではずっと MySQL や MySQL 互換データベースサーバーを使っていたので、個人的にも待望の MySQL サービスが追加されたことになります。


以前にこんなブログエントリを書きました:
StrongLoop のデモ用 MySQL サーバー


残念なことに 2016/Dec/02 現在、ここで紹介した Strongloop からのサンプル MySQL データベースの情報は消えてしまいました。。。

というわけで、改めて公開されている MySQL データベースを探していたのですが、その経緯でこんなサイトを見つけました:
http://db4free.net/
2016120200


db4free.net はその名の通り、無料でテスト用の MySQL データベースを作成できるサービスのようです。最新バージョンである MySQL 8 にも対応している模様です。本番環境としての利用は推奨されていませんし、パフォーマンスの担保もありませんが、200 MB までの MySQL データベースを1つ作れるようです。また作成後は phpMyAdmin による管理にも対応しています:
2016120201


私も実際に1つ作ってみました。はっきり言ってウェブインターフェースの(phpMyAdmin の)パフォーマンスはかなり遅いのですが、コマンドラインから直接 MySQL DB に接続して使っている分には、まあまあ使えると思っています。ちなみに作成したデータベースのデフォルト文字コードは UTF-8 でした:
2016120202


これでサンプルテーブルを作り、サンプルデータをロードすれば OK 。データの削除権限を持ったユーザーなので、ユーザー情報を公開するわけにはいきませんが、当初の目的(汎用的に使えるサンプル MySQL データベースの公開)を達成することはできそうです。

このページのトップヘ