JavaScript(HTML5) の機能だけで、PC に付属したマイクから音声を入力(つまり PC の前で喋った音声データを取り込む)してみました。なお、この機能を使うには UserMedia に対応したブラウザが必要です。以下のコードは Windows 版の FireFox で動作確認をしています。

サンプルのコードはこんな感じになります:
<html>
<head>
<title>HTML5 Audio</title>
<script type="text/javascript"> 
//. ブラウザによる差異を吸収
navigator.getUserMedia = navigator.getUserMedia || navigator.webkitGetUserMedia || navigator.mozGetUserMedia || navigator.msGetUserMedia;
window.AudioContext = window.AudioContext || window.webkitAudioContext || window.mozAudioContext || window.msAudioContext;
 
//. バッファサイズ等
var audioContext = new AudioContext();
var bufferSize = 4096;
var cnt = 0;
 
//. 音声処理
function onAudioProcess( e ){
  //. 取得した音声データ
  var input = e.inputBuffer.getChannelData(0);

//. ↑この input に音声データが入っているので、これをストリーミングなどで処理すればよい。
//. 以下は実際にデータが入っていることを確認するためのサンプル処理
//. 音声データの最大・最小値を求める var mx = 0, mn = 0; for( var i = 0; i < bufferSize; i ++ ){ if( mx < input[i] ){ mx = input[i]; } if( mn > input[i] ){ mn = input[i]; } } //. 一度に取得した音声データの最大・最小値を求める(特に意味は無いが、データが取得できている確認) cnt ++; console.log( "[" + cnt + "] min = " + mn + ", max = " + mx ); } //. 音声処理開始 function initialize(){ navigator.getUserMedia( { audio: true }, function( stream ){ //. 音声処理 var javascriptnode = audioContext.createScriptProcessor( bufferSize, 1, 1 ); var mediastreamsource = audioContext.createMediaStreamSource( stream ); window.dotnsf_hack_for_mozzila = mediastreamsource; //. https://support.mozilla.org/en-US/questions/984179 mediastreamsource.connect( javascriptnode ); javascriptnode.onaudioprocess = onAudioProcess; javascriptnode.connect( audioContext.destination ); },function( e ){ console.log( e ); } ); } </script> </head> <body onload="initialize()"> </body> </html>

余談ですが、上記コードの赤字部分は今回一番迷った所。どうも FireFox のバグらしく、取得したメディアストリームがいつの間にか消えて(音声入力処理が止まって)しまう、という現象に遭遇しました。そのバグを回避するため、無理やり取得した値をグローバル変数化して消えないようにしています。バグの詳細についてはこちら:
https://support.mozilla.org/en-US/questions/984179


この HTML をマイク入力を ON にした状態で対象ブラウザで開くと、「PC のマイクをこのアプリと共有しますか?」という確認メッセージが表示されます。ここで「共有」を選択してください:
2016030301

共有すると画面に FireFox がマイクを利用中であること(知らないうちに音声を取得しているわけではないこと)を知らせるマークが表示されます。このマークが出ている間は PC のマイクで拾った音声をこのウェブページで共有していることを表しています:
2016030302


ここで F12 キーを押すとデバッグ画面が表示され、コンソールタブを見ると取得した音声データ1まとまり(4Kbyte)単位での最大値と最小値(簡単にいうと音の大きさ)を表示し続ける、というアプリになっています。
2016030303


実際には取得した音声データを保存(録音)して再生できるようにするとか、ストリーミングで処理してテキスト化するとか、・・・ という使い方になると思いますが、その入力を HTML で行う方法の紹介でした。