まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:manhotalk

大阪府吹田市が市内の観光名所をテーマにしたデザインマンホール3種を作成し、先日公開されました:
吹田市がデザインマンホール蓋3種類 楽しみながら探して

この3種は「三色彩道の紅葉」、「ガンバ大阪」、そして「大阪モノレール」をテーマにしたもので、設置場所についてはヒントだけが公開されていました。ちょうど万博公園の「太陽の塔」の内部公開を見に行くタイミングと重なったので、この3つを探してきました。そしてそれぞれマンホールマップに投稿したので、以下は結果的に場所のネタバレを含む内容になっています(苦笑)。

















まず1つ目、「三色彩道の紅葉」


これは阪急千里線「北千里」駅からテーマになっている「三色彩道」に向かって歩いた途中の保育園の近くで見つけました。
http://manholemap.juge.me/page.jsp?id=5607739796554497828



2つ目、「ガンバ大阪」、ガンバのマスコットであるガンバボーイと、吹田市のイメージキャラクター「すいたん」がサッカーで共演しているマンホールです:



これは当然パナソニック吹田スタジアム・・・かと思いきや、結構難問でした。結論として最寄り駅は大阪モノレール公園東口駅で、ここから吹田スタジアムに向かって南下し、中国自動車道をくぐった直後の植え込みの中に設置されていました。↑の写真を見ると周囲が植え込みっぽくなっていることがわかると思います。

http://manholemap.juge.me/page.jsp?id=6283324744500361540



そして3つ目、「大阪モノレール」



こちらは大阪モノレール万博記念公園駅から東のららぽーとに向かって歩きます。そしてららぽーとに入るのではなく、万博記念公園に向かう橋も渡らず、ららぽーとの北側にある、モノレールと並行して伸びる側道(自転車の駐輪場? ちょっとわかりにくい)に入ります。そして入ってすぐの所に設置されていました。発見難易度はこれが一番難しかったと思います。

http://manholemap.juge.me/page.jsp?id=1433437503660013763


ちなみに、2番目のガンバマンホールに万博記念公園駅から向かう場合、この3番目のマンホールが設置されている側道をそのまま東に向かって歩き続けることで最短距離で移動できます(ららぽーとに入ったり、ぐるっと廻って吹田スタジアム経由で向かおうとすると手間取ることになります)。



なお、これら3種すべてのマンホールに suitable city という文字が表記されています。この "suitable city" を直訳すると「適度な市」とか「ちょうどいい市」みたいな感じだと思いますが、同時に suita(吹田)という部分が強調されていて、ダジャレマンホールになっています。こんなオチを隠し含めるあたりは大阪の意地なんでしょうかね。。。


吹田を訪ねる予定があり、これらのマンホールを探したいけど、滞在時間の関係などでどうしても効率よく周りたい、という方は参考にしてください。 (^^;


今年も11月2日(イイフタの日)が近づいてきました。「マンホールの蓋好きが集まってキャッキャッする魅惑のイベントマンホールナイトの季節です!


マンホールナイトは今回で6回目を迎えました。今回も「聖地」東京都北区JR王子駅前の「北とぴあ」で、11月2日午後6時半開場です。

第1回目の頃のマンホールナイトは「普通に引く」マニアイベントだったのですが、ここ数年は異文化交流的な内容も加わり、また女性発表者も増えたことで、老若男女誰でも楽しめる集まりになりつつあります、たぶん。


このマンホールナイト、実は第1回目からずっと発表者として参加させていただいております(正確には第1回目は飛び入り)。しかも第2回から第4回まではずっと最終発表者というか、時間調整係というか・・・で参加させていただいてます。ちなみに昨年の5回目はオープニング発表者でした。

第6回目の今回もトリを任され、全力で時間を調整下水道展への出展報告とマンホールマップの便利な使い方の紹介をさせていただく予定です。


なお、今年も同イベント内で写真コンテストが開催されます:
http://manholenight.info/?p=1099

「これぞ!」というマンホール(に関係ありそうな)写真を応募ください。当日の投票でレア中のレアな賞品が当たるかもしれません。なお締切は10月31日です。


当日のプログラムは公式サイトを参照ください(最終発表者が僕です)。まだ若干の空きがあるようなので、11月2日ヒマで、たまには濃い話を聞いてみたいという方がいらっしゃいましたら是非どうぞ:
マンホールナイト6 今年もイイフタの日に開催決定!




 

このページのトップヘ