まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:manhole

マンホーラーのコレクションアイテムの1つがマンホールカードです:
http://www.gk-p.jp/mhcard/

マンホールマップもお世話になっている GKP (下水道広報プラットフォーム)様が無料で発行しており、対象となる自治体の市役所や駅近くの観光案内などで配布されています。マンホールの模様だけでなく、その模様の成り立ちなどの情報が(裏面に)記載されています:
IMG_7752
 

このマンホールカードには、カードに写っているマンホール蓋がどの位置で撮影されたものか(要するに「どこにあるマンホールか」)が記載されています。カード表の左下部分です:
20190715


つまりこの位置が示す場所にいけばこのマンホールが撮影できる、、ことになっているのですが、上記の表記で場所はわかるでしょうか? 分かる人は分かると思いますが、例えば緯度や経度って「北緯○○度」とか「東経△△度」という表現が一般的だと思っていて、上記のような表現でそれがわかるか? という問題があります。

例えば上記のデータをそのまま読み取って「北緯(N)35.43420 度、東経(E)139.54265 度」と理解していいかというと、どうも違いそうです。試しに緯度経度地図でこれらの値を入力してみました:
https://fukuno.jig.jp/app/printmap/latlngmap.html

2019071601


神奈川県横浜市戸塚区の地図が表示されました。少なくとも市川市ではない、と。 では改めてマンホールカードに記載された位置情報を緯度経度に読み変えるにはどうすればよいのでしょうか?


答はこちらです。実はこの表記は 60 進法で記述されていたのでした。例えばカードに「○○°△△'□□''」と書かれていた場合、これを数値変換するには
  ○○ + △△/60 + □□/3600
の値を計算します。例えば上記市川市のカードにかかれていた情報であれば以下のようになります:
  北緯: 35 + 43/60 + 42.0/3600 = 35.72833333
  東経: 139 + 54/60 + 26.5/3600 = 139.90736111

試しにこれらの値を上記の緯度経度地図サービスに入力してみると、無事JR市川駅近くの地図になりました:
2019071601



2018年にマンホールマップでもっとも人気のあったマンホール蓋をベスト10形式で紹介します。また今年新たに投稿された蓋の中で最も人気があった「新人賞」と、今年最も多くの蓋画像を投稿いただいた方「最多投稿賞」を紹介します。


集計のルールとしては 2018/01/01 から 2018/12/20 までの集計期間における、PC およびスマホのブラウザから単独ページとしてのアクセス数を集計しています。ページビューとしての集計なので、例えば同じページの画面をリロードした場合は1回とだけカウントされます。

なお、過去4回の結果はこちらを参照ください:


2018 最多投稿賞

今年マンホールマップに最も多くの画像を投稿いただいたユーザーに与えられる賞です。実は今年の(も)マンホールマップに有効に投稿された全画像の大半が昨年も激しく一位を争った minamu4545 様と 42ER03 様の2名のユーザーによって提供されたものでした。今年も感謝の限りでございます。 m(__)m

今年も昨年を上回るレベルでの激しい1位争いの結果、昨年惜しくも2位だった 42ER03 様が今年1年間で 355 枚もの蓋画像を投稿いただき1位となりました!2016 年の王座に一年ぶりに返り咲きました。「ほぼ1日1枚」でした、ありがとうございます。 

そして今年もハイレベルな一騎打ちを演出いただいた minamu4545 様、ありがとうございました。来年もお二人の争いになるのか、はたまた新星が現れるのか? 楽しみにしたいです。

ちなみに私自身は今年は4位でした。毎年少しずつ順位が下がっていたのですが、久しぶりに順位上昇でした。今年は出張が多かったからなあ・・・、しみじみ


2018 新人賞

今年マンホールマップに投稿された蓋の中で、もっともアクセス数の多かった蓋画像はこちらでした:

市区町村投稿者画像
千葉県流山市minamu4545



千葉県流山市「流山おおたかの森」駅にも象徴される TX(つくばエクスプレス)とオオタカ、そしてツツジがデザインされた新しいデザインの蓋です。私個人も大学時代に流山市に住んでいたのですが、当時は TX がまだ走ってなくて、流山の新しい風景がデザインされた蓋といえます。2018年1月にマンホールマップ投稿いただいたこの蓋写真が1年間を通じてもっとも多くのアクセス回数を記録する新人蓋となりました。minamu4545 さま、2年連続の新人賞おめでとうございます!


2018 総合ランキングベスト10

いよいよ 2018 年マンホールマップ年間アクセス数ランキングを発表する時がやってまいりました。総合ランキング1位となる MVM(Most Variable Manhole) の座はどの蓋に!?


まずは 10 ~ 4 位です。といいたい所ですが、僅差の11位の蓋をどうしても紹介したく、独断で今年はトップ11を紹介させていただきます。というわけで第11位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
11 - 静岡県静岡市morimo_t


↑マンホーラーの枠を超えて話題になった静岡県静岡市の「ちびまる子ちゃんマンホール」(morimo_t 様提供)。さくらももこ先生がこのマンホールのためにデザインし、残念ながらその設置の直前に亡くなられたことで設置の中止も検討されたというものです。今月からマンホールカードの配布も始まり、9月にデビュー(=設置)したとは思えないアクセス数が記録された一枚でした。改めて、謹んでさくらももこ先生のご冥福をお祈り申し上げると共に、素敵なマンホールデザインを残していただいたことに感謝申し上げます。


では改めてトップ10を。第9位が同数で2点あったので、第9位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
92北海道岩見沢市yanapong


↑同着の9位、1つ目は昨年2位の北海道岩見沢市(旧栗沢町)、yanapong 様提供の「リスのクリちゃん」マンホールでした。昨年まで3年連続トップ3という快挙を達成した超ロングセラー蓋です。今年9位になったことで、4年連続トップ10入りという、これも前例のない大記録を打ち立てました。


もう1つの第9位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
9 - 埼玉県坂戸市minamu4545


↑2つ目の同着9位は埼玉県坂戸市、minamu4545 様提供の「さかつるちゃん」マンホールでした。さかつるちゃんは坂戸鶴ヶ島水道企業団のマスコットキャラクターで「みんなのところにおいしい水を運ぶ水の天使」なのだそうです。このマンホールもマンホールカード化されています。


第8位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
8 - 神奈川県愛甲郡愛川町minamu4545


↑8位はこれも minamu4545 様投稿作品、神奈川県愛川町の、中津川、鮎、ツツジ、そしてカエデが描かれたデザイン蓋。デザイン的にもコントラストが美しい1枚です。なおこのマンホールもマンホールカード化されています。


そして6位も同着でした。1つ目の第6位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
6 - 静岡県熱海市minamu4545


なんとこれも minamu4545 様提供、静岡県熱海市の「金色夜叉」貫一・お宮の有名なシーンと、なぜかバックに上がる花火をまとめてデザインした一枚でした。今だとDV事案になる可能性もあるシーンですが、そんな時代背景的な要素も含めて表現されています。なおこれもマンホールカード化されています。マンホールカード勢、強いな・・・・


もう1つの第6位!


順位昨年順位市区町村投稿者画像
6 - 大阪府吹田市dotnsf


↑もう1つの6位は、、、ごめんなさい。僕の投稿作品でした。大阪市吹田市の吹田スタジアム近くに設置された suitable city マンホールの1つで、ここを本拠地とする GAMBA 大阪のマスコット「ガンバボーイ」と、吹田市のイメージキャラクター「すいたん」がデザインされています。これもマンホールカード対象です。

吹田市はこの蓋ともう2つの観光名所をテーマにしたデザインマンホール3種を今年公開しました。その中の1つがこれなのですが、実は結構探すのが難しい場所にありました。ネタバレありで詳しく知りたい方はこちらも参照ください:
吹田市のデザインマンホール3種を探索(ネタバレあり)


第5位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
5 - 静岡県沼津市minamu4545


↑5位は静岡県沼津市、富士山と愛鷹山をバックに松とハマユウが描かれたマンホールカード蓋です。なおこれも minamu4545 さんの提供作品です。この作品は 2018 年9月に提供いただいたもので、今回ランキング入りした蓋の中では比較的短期間で多くのアクセス数を稼いだことになります。



第4位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
4 - 東京都港区dotnsf


↑4位は、、、ごめんなさい。またも僕の投稿作品でした。2年前になぜか1位になった東京都港区の知り合いの家の近くで撮影したエバタインバート蓋。なぜここにアクセスが集まるのか、2年経っても全くわかりません。 (^^;


2018 年のアクセス数ランキング、ここまで minamu4545 様の提供のデザイン蓋が席巻しています。マンホールカードの広まりもあって、カラフルなデザイン蓋がマンホールマップでも人気を博している様子がわかりますね。


この流れはベスト3にも続くのか? ドキドキの第3位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
31静岡県静岡市minamu4545


↑3位は昨年1位と新人賞を同時受賞した minamu4545 様投稿の静岡県静岡市「かけつけ消防3部隊カワセミーズ」の消火栓蓋でした。2年連続のベスト3入り、つまり2年間に渡って人気が継続した蓋ということになります。

実はここまでの結果を見てもわかるのですが、今年のアクセスランキングは新人蓋(今年投稿された蓋)が上位を席巻しています。そんな人気の入れ替わりの激しい中でのこの結果は素晴らしいです。



第2位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
2 - 静岡県島田市minamu4545


↑2位は静岡県島田市の大井川蓮台越をテーマにデザインしたマンホールでした。この作品も minamu4545 様に提供いただいた作品です。

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とも詠まれた難所・大井川の川越えの様子が富士山を背景にしてデザインされています。ドリフやダチョウ倶楽部だとこの後の展開が容易に想像できますね(笑)。


では 2018 年マンホールマップ年間アクセス数ランキング・第1位となった MVM(Most Variable Manhole) は!?

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓


順位昨年順位市区町村投稿者画像
1 - 千葉県流山市minamu4545


↑1位 MVM は新人賞にも輝いた minamu4545 様提供の千葉県流山市、「流山おおたかの森」マンホールでした。2年連続の新人賞&MVM 同時受賞となりました。おめでとうございます。




ここ数年はマンホールカードの影響もあって、新しいデザイン蓋の人気が高いようです。今年のランキングにもその結果が表れています。そしてそれ故に、長い期間人気を維持し続けるマンホールがいかに貴重で素晴らしいかを改めて考えさせられる結果になりました。



そして、今年のランキングで無視できないのは minamu4545 さんの存在です。投稿数ランキングでは惜しくも2位でしたが、新人賞とトップ10内の7つ、そしてトップ3の全てを独占する形になりました。もちろんここまでの独占率を記録したことは過去にもありません。 現在のマンホールマップ人気蓋の多くをプロデュースしていただいております。本当に頭が下がります。


最後に開発者&運用者としての自分から。今年はマンホールマップサーバーが例年になく不安定であったと自覚しています。実はこのブログエントリを書く直前の 2018/12/21 にもサーバーダウンがありました。色々な事情(その多くはコストですが)からパブリッククラウドではなく自宅サーバーで運用しております。OS が落ちなければリモートメンテナンスできる環境は整えてあるのですが、今年はそのリモートメンテができなくなるケースが何度かありました。サーバー機、といっても普通のノートPCですが、の老朽化からディスクメディアが壊れ、冷却ファンが壊れ、これまでもだましだまし使ってきましたが、今年はその影響をユーザーの皆さんにかけてしまうことが多かったと反省しています。年末に新しい機材へ入れ替えを行い、少し安定することを期待していますが、そろそろパブリッククラウドへの本格的な移行も検討する時期かもしれない、と思い始めていたりします。 

一方で、今回の「新しい機材への入れ替え」は比較的スムーズに進んだと自負しております。自分のように自宅ネットワークを構築してサービスを運用する想定での工夫をしてきたつもりですが、今回のトラブル対応の中でやっとその成果を見せることができました(苦笑)。この辺りについては実績もできたことだし、近い内にまたブログで紹介できればと思っています。



では、来年以降もマンホールマップを宜しくお願いします。



2018年11月3日(土・祝)に第10回マンホールナイトが開催されます。また同日に会場で投票が行われるマンホール写真コンテストの応募作品の募集が開始されました。

第10回マンホールナイト併設写真コンテスト作品募集

mn10keyvisual


今回は第10回記念大会ということもあり、例年に増してレアなグッズが賞品として用意されているとかいないとか・・・ そんな写真コンテストへの応募方法をご紹介します。

今回、応募はメールで行う必要があります。応募作品画像を添付して、photo@manholenight.info へ送付ください。またその際に本文内に以下の情報を記載してください:
・作品タイトル
・作者名(ペンネーム・ハンドルネーム可)


加えて、当日会場に来られない方の場合は、副賞を送付する必要が生じる可能性があるため、以下の情報も合わせて記載ください:
・住所
・お名前(こちらは本名)
・電話番号


青字は必須、橙字は会場不参加予定の方のみ


(メール例)
2018090501

(添付画像例)
funabashi_sapporo



なお、例年のコンテストでは写真につけるタイトルが受賞の鍵となっている傾向があります。どんな作品にどんなタイトルをつけて応募するのがよいのか、昨年の受賞作も参考にしながら「これぞ!」という応募作品タイトルをつけてご応募ください。

応募締切は9月30日(日)10月14日(日)必着。応募資格はなく(プロ・アマ問わず)、応募そのものに料金はかかりません。お一人何点応募しても構いません(ただし似た画像だと得票が割れて不利になる可能性あり)。詳しくは公式応募ページを参照ください。


多くの皆様のご応募をお待ちしております。合わせて第10回マンホールナイトのチケットも絶賛発売中です!今年の文化の日はマンホール文化を嗜みましょう!!



大阪府吹田市が市内の観光名所をテーマにしたデザインマンホール3種を作成し、先日公開されました:
吹田市がデザインマンホール蓋3種類 楽しみながら探して

この3種は「三色彩道の紅葉」、「ガンバ大阪」、そして「大阪モノレール」をテーマにしたもので、設置場所についてはヒントだけが公開されていました。ちょうど万博公園の「太陽の塔」の内部公開を見に行くタイミングと重なったので、この3つを探してきました。そしてそれぞれマンホールマップに投稿したので、以下は結果的に場所のネタバレを含む内容になっています(苦笑)。

















まず1つ目、「三色彩道の紅葉」


これは阪急千里線「北千里」駅からテーマになっている「三色彩道」に向かって歩いた途中の保育園の近くで見つけました。
http://manholemap.juge.me/page.jsp?id=5607739796554497828



2つ目、「ガンバ大阪」、ガンバのマスコットであるガンバボーイと、吹田市のイメージキャラクター「すいたん」がサッカーで共演しているマンホールです:



これは当然パナソニック吹田スタジアム・・・かと思いきや、結構難問でした。結論として最寄り駅は大阪モノレール公園東口駅で、ここから吹田スタジアムに向かって南下し、中国自動車道をくぐった直後の植え込みの中に設置されていました。↑の写真を見ると周囲が植え込みっぽくなっていることがわかると思います。

http://manholemap.juge.me/page.jsp?id=6283324744500361540



そして3つ目、「大阪モノレール」



こちらは大阪モノレール万博記念公園駅から東のららぽーとに向かって歩きます。そしてららぽーとに入るのではなく、万博記念公園に向かう橋も渡らず、ららぽーとの北側にある、モノレールと並行して伸びる側道(自転車の駐輪場? ちょっとわかりにくい)に入ります。そして入ってすぐの所に設置されていました。発見難易度はこれが一番難しかったと思います。

http://manholemap.juge.me/page.jsp?id=1433437503660013763


ちなみに、2番目のガンバマンホールに万博記念公園駅から向かう場合、この3番目のマンホールが設置されている側道をそのまま東に向かって歩き続けることで最短距離で移動できます(ららぽーとに入ったり、ぐるっと廻って吹田スタジアム経由で向かおうとすると手間取ることになります)。



なお、これら3種すべてのマンホールに suitable city という文字が表記されています。この "suitable city" を直訳すると「適度な市」とか「ちょうどいい市」みたいな感じだと思いますが、同時に suita(吹田)という部分が強調されていて、ダジャレマンホールになっています。こんなオチを隠し含めるあたりは大阪の意地なんでしょうかね。。。


吹田を訪ねる予定があり、これらのマンホールを探したいけど、滞在時間の関係などでどうしても効率よく周りたい、という方は参考にしてください。 (^^;


2017年のマンホール界(?)は、マンホールサミットマンホールナイトといった、定番となったイベントだけでなく、各種メディアでの紹介やグッズの発売など、例年以上に盛り上がった・・・いや盛り下がった感があります(マンホールだけに)。

そんなマンホールの盛り下がりの様子をウェブマーケティング的に、具体的にはグーグルトレンドツイッターを使って1年間の経緯を調べてみました。なんとなく「グーグルトレンドの使い方」みたいな内容になっています(苦笑)が、まあ専門分野ではないということでご容赦ください:


まずは単純に「マンホール」が検索された回数の推移をグーグルトレンドで調べたみたらこんな感じでした:
2017122401


年末の山は 12/3 の週で、これはまさに「マツコの知らない世界」でマンホールが取り上げられたタイミングと一致しています。テレビメディアの影響の大きさを改めて感じますねー。

で、問題はその時をも上回る 4/30 週のトレンドスパイクです。このタイミングはマンホールサミットやマンホールナイトではないし、韓国ドラマ「マンホール」の放映にもまだ早い時期です。ではこのタイミングで「マンホール」が多く検索された理由は一体・・・

というわけで、この期間を更に詳しく調べてみました。5/3 にスパイクがあるのか・・・
2017122402


そして、この期間の関連キーワードを見ると「マンホール カード」となっていました:
2017122403


マンホールカードの発表や配布のタイミングではなかったはずなのですが、マンホールカードの検索回数が急上昇した日だったようです。「マンホール」と「マンホールカード」の検索トレンドを調べてもほぼ一致しているように見えます・・・:
2017122404


改めて5月3日周辺の「マンホール」または「マンホールカード」が検索された記録をツイッターなどで調べて(※)、、、やっと原因がわかりました! この日、フジテレビの「情報プレゼンター とくダネ!」で市川市のマンホールカードが配布された様子が特集された放送されたいたようです:
「情報プレゼンター とくダネ!」 2017年5月3日(水)放送内容


そしてその結果が上記の検索スパイク、となったようでした。朝の情報番組、恐るべし!


※ちなみに、ツイッターで期間を指定して検索するには、公式ページの検索ボックス内に
since:2017-04-30 until:2017-05-07 マンホールカード
のように指定して検索すると実現できます。ちなみに上記例は 2017-04-30 ~ 2017-05-06 内に「マンホールカード」がツイートされた様子を検索しています。since の日付は指定日を含み、until の日付は指定日を含まないようです。


とりあえず、こんな感じでグーグルトレンドツイッターの検索機能を使って簡単にキーワードの検索トレンドを調べることができます。年の瀬にちょっとしたウェブマーケティングの勉強も兼ねて、皆さんが興味ある物事や、出来事、イベントなどの1年間のトレンドとその背景を調べてみてはいかがでしょう?

このページのトップヘ