まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:linuxone

不定期(要するに「ふと思い立ったタイミング」)で LinuxONE の紹介をしています。LinuxONE はメインフレームのハードウェア上で動く Linux です。そういえば LinuxONE で docker って使えるんだろうか?使えるとしたらどのあたりまで使える?? ということを確認したくなって、久しぶりに LinuxONE コミュニティクラウドの環境構築をしてみました。なお、以下の内容は 2019/05/27 時点の状況を紹介したものです。
2019052700


LinuxONE コミュニティクラウドは最大 120 日間無料で利用可能な LinuxONE の環境です。パブリックな IP アドレスが割り振られるので、インターネットから利用することもできます。FAQ も参照ください:
https://developer.ibm.com/linuxone/resources/faq/


LinuxONE コミュニティクラウドの申し込み方法は以前(2017年)のブログエントリで紹介したものとほとんど変わっていません。こちらを参照してください:
http://dotnsf.blog.jp/archives/1063515821.html

ここで記載されている情報と異なる点として、2019/05/27 現在では OS として RHEL 6.x を選択することはできなくなっています。そのため今回は RHEL 7.x を選択しました(RHEL 7.6 が導入されました)。またサーバーのスペック選択肢が廃止され、常に 2CPU + 4GB メモリ + 50 GB ディスク の環境が提供されるようになっていました。

仮想サーバーができたら IP アドレスとサーバー作成時に作ってダウンロードした鍵ファイル(*.pem)を指定して linux1 ユーザーでログインします:
2019052701


ログインできました。実際に試していただくとわかるのですが「ほぼ x86_64 版の RHEL 7.6」です。明示的にアーキテクチャを確認しないと s390x 版であることに気づかないかもしれません。

そしてこの後の docker 環境構築の手順に備えて root ユーザーに切り替えます:
$ sudo -i
#


さて、docker および docker-compose をこの LinuxONE 環境に導入していきます。手順そのものはこちらで紹介されているものをほぼそのまま使うのですが、2019/05/27 現在の環境では記載そのままの手順では途中でエラーになってしまい、導入できませんでした。エラー回避のため、少し異なる手順で導入します(異なる部分をで記載しています)。
https://github.com/IBM/Cloud-Native-Workloads-on-LinuxONE/blob/master/README-ja.md


【docker の導入】
まずインストールする docker の s390x 向けパッケージファイルをダウンロードします。RHEL 7.3 以上向けに docker 17.05 の CE(Community Edition)版が用意されているのでダウンロードします:
# wget ftp://ftp.unicamp.br/pub/linuxpatch/s390x/redhat/rhel7.3/docker-17.05.0-ce-rhel7.3-20170523.tar.gz

ダウンロードしたアーカイブファイルを展開し、バイナリを /usr/local/bin/ 以下にコピーします:
# tar -xzvf docker-17.05.0-ce-rhel7.3-20170523.tar.gz
# cp docker-17.05.0-ce-rhel7.3-20170523/docker* /usr/local/bin/

2019/05/27 時点では標準状態では /usr/local/bin にパスが通っていませんでした。このままだと docker コマンドがそのまま使えないので、パスを通しておきます:
# export PATH=$PATH:/usr/local/bin

これで docker コマンドが使えるようになったので、docker デーモンを起動します:
# docker daemon -g /local/docker/lib &


【docker-compose の導入】
続いて docker-compose もインストールします。実はこちらがドキュメント通りにいかない部分が多く、少し厄介でした。

手順としては pip を使って docker-compose をインストールします。そのため pip を先にインストールするのですが、pip をインストールするための依存ライブラリを先に導入します:
# yum install -y python-setuptools

そして pip をインストールします:
# easy_install pip

インストールした pip を使って、まず backports.ssl_match_hostname をアップグレードするのですが、このコマンドをドキュメント通りに入力すると既に導入済みの環境とのコンフリクトが起こってエラーになってしまいました。というわけで --ignore-installed オプションを付けて実行します:
# pip install backports.ssl_match_hostname --upgrade --ignore-installed

そして pip で docker-compose をインストール・・・するのですが、ここでもドキュメントのまま実行すると依存関係ライブラリが足りないというエラーになってしまいます。そのためまずは依存ライブラリを導入しておきます:
# yum install python-devel
# yum install gcc libffi-devel openssl-devel
# pip install glob2

改めて pip で docker-compose をインストールします。ここでもドキュメントそのままの指定だとエラーになってしまうので、バージョン 1.13.0 を明示してインストールします:
# pip install docker-compose==1.13.0

これで docker および docker-compose が LinuxONE 環境にインストールできました:
# docker -v
Docker version 17.05.0-ce, build 89658be

# docker-compose -v
docker-compose version 1.13.0, build 1719ceb

2019052702


【WordPress の導入】
では導入した docker と docker-compose を使ってコンテンツ管理システムである WordPress を導入してみます。

テキストエディタ(vi とか)を使うなどして、docker-compose.yml というファイルを以下の内容で作成して保存します:
version: '2'

services:

  wordpress:
    image: s390x/wordpress
    ports:
      - 80:80
    environment:
      WORDPRESS_DB_PASSWORD: example

  mysql:
    image: brunswickheads/mariadb-5.5-s390x
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: example

このファイルは docker-compose 向けの定義ファイルで wordpress と mysql という2つのコンテナ環境を定義しています。wordpress は PHP, Apache HTTPD, および WordPress が含まれる s390x 向けのイメージで 80 番ポートで HTTP リクエストを待ち受けます。また mysql は MySQL(正確には mariaDB)が含まれる s390x 向けイメージです。これら2つのイメージから2コンテナ環境を作り出して WordPress として挙動するようにしています。

では、docker-compose と、この docker-compose.yml ファイルを使って docker コンテナを起動します:
# docker-compose up -d

(必要に応じて)イメージをダウンロードし、イメージからコンテナが作られて起動します。プロンプトが戻ってきたら、docker ps コマンドを実行して wordpress と mariadb の2つのコンテナが起動していることを確認します:
# docker ps
CONTAINER ID        IMAGE                              COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                NAMES
65af9dfa6ee9        s390x/wordpress                    "docker-entrypoint..."   3 hours ago         Up 3 hours          0.0.0.0:80->80/tcp   dockers_wordpress_1
3eb78f3ef1c1        brunswickheads/mariadb-5.5-s390x   "/docker-entrypoin..."   3 hours ago         Up 3 hours          3306/tcp             dockers_mysql_1

起動が確認できたらウェブブラウザから(LinuxONE 環境の) IP アドレスを指定してアクセスします(http://xxx.xxx.xxx.xxx/)。以下のような WordPress の環境設定画面になれば成功です:
2019052801


言語やユーザーID、パスワードなどの設定が完了すると管理画面にログインできるようになりました:
2019052802


この時点でユーザーページにもアクセス可能です:
2019052803


とりあえずメインフレーム上の Linux に docker & docker-compose 環境を構築して WordPress を導入することができました!


IBM LinuxONE(メインフレーム版 Linux)に IBM Domino をインストールすることに挑戦してみました:2017012200


いくつか前提を紹介します。まず LinuxONE の環境は IBM LinuxONE コミュニティクラウド上の RHEL 6.x のサーバーインスタンスを使うことにします(最大 120 日間無料で使えます)。また IBM Domino を導入する際にはその環境に X Window のデスクトップ GUI が必要です。これらの環境を用意するまでの手順はこちらを参照ください:
IBM LinuxONE コミュニティクラウド上で X Window のデスクトップ環境を構築する


次に IBM Domino ですが、これは無料で入手できるものではありません。IBM Domino のサブスクリプション契約をお持ちで、インストールモジュールをダウンロードする権利をお持ちの人のみが入手可能なものです。

(訂正)
IBM Domino は IBM 無料トライアルダウンロードプログラムに含まれており、IBM LinuxONE 向けのエディションもこの対象でした:
https://www.ibm.com/developerworks/downloads/ls/lsds/

2017012302


IBM ID をお持ちか作成いただくことで、こちらからトライアル版をダウンロードしてご利用いただくことも可能です:
2017012301



(有効なサブスクリプション契約をお持ちの場合は、)"Linux for z System" 向けの IBM Domino の最新版をダウンロードしてください。ちなみに 2017/Jan/22 時点では V9.0 英語版がパーツ番号 CIBM5EN で検索することで見つけることができるはずです。ファイル名は DOMINO_9.0_64BIT_LIN_ZS_EN.tar でした。このファイルを入手済みであるとして、以下を紹介します。

LinuxONE に限らないのですが、Linux 版の IBM Domino は導入前に root ではない実行時のユーザーおよびそのグループを OS 内に作成しておく必要があります。以下、notes グループの notes ユーザーによって実行する前提として、これらのグループとユーザーを作成しておきます:
# groupadd notes
# useradd notes -g notes

ユーザーを作成したら、ダウンロードしたインストールモジュールファイルを展開し、zlinux64/domino フォルダ内のインストーラー(install)をコマンドラインから実行してインストール作業を行います:
# cd /data
# ls
DOMINO_9.0_64BIT_LIN_ZS_EN.tar

# tar xvf DOMINO_9.0_64BIT_LIN_ZS_EN.tar

# cd zlinux64/domino

# ./install

インストーラーを実行すると、次のようなインストール画面に切り替わります。ここから次へは TAB、変更時はスペース+変更内容+Enter で、必要に応じてオプションを編集しながらインストーラーの作業を進めます:

2017012002


LinuxONE で利用する場合、唯一意識すべきはインストール先のディスクだと思われます。比較的メインディスクに空きがない状態で導入するには /data 以下を指定して導入するようにします。以下の例はデータディレクトリをデフォルトの /local/notesdata から /data/local/notesdata に変更している様子です:
2017012003


最終確認画面が表示されています。問題なければ TAB キーでインストールが開始されます:
2017012004


インストールが完了しても、IBM Domino の場合はセットアップを行わないと動きません。というわけでセットアップに移りますが、その前に1つ作業があります。 xhost の設定をしておかないとセットアップ時に利用する GUI のウィンドウが開かないのです。

またここからは X Window システムのデスクトップ GUI 環境が必要になります。というわけでまずは VNC クライアントを使ってこのサーバーのデスクトップを開いてターミナルを起動し、この xhost コマンドで notes ユーザーの画面でインストーラーウィンドウが開くようにしておきます:
# xhost +local:notes

そのまま続けて notes ユーザーに su し( root ユーザーでは server は起動しません)、ノーツデータディレクトリがカレントディレクトリになっている状態から server を実行します。これ実はサーバーの起動手順と同じですが、最初の一回はセットアップモードでの起動が行われます:
# su - notes

$ cd /data/local/notesdata
$ /opt/ibm/domino/bin/server

すると GUI に Domino セットアップのフラッシュスクリーンが表示され・・・
2017012005


しばらくすると、見慣れた Domino サーバーセットアップの画面に遷移します。ここからはいつもの(Windows とかの)セットアップと同じです:
2017012006


セットアップが完了し、再度 server コマンドを実行すると、今度は Domino サーバーがコンソール内で起動し、Domino サーバーとして利用可能になります:
zdomino


IBM Domino は有料のソフトウェア製品であり、この製品(特に IBM z Systems 版)を無料で入手する方法は限られてしまいますが、その手段をお持ちの方であればのインストールモジュールを入手する方法がちと面倒ではありますが、IBM Domino はメインフレーム上のパブリッククラウド Linux に導入して使うまでの環境は(IBM LinuxONE コミュニティクラウドを使うことで)無料で用意できることになります。

試験的な利用も含め、パブリッククラウド上で IBM Domino の環境を作って動かしてみたい、という方は是非一度お試しください。

IBM LinuxONE(メインフレーム版 Linux)の挑戦シリーズです。今回は RHEL6.x のインスタンス上に X Window のデスクトップ環境を導入してみます。加えてこのデスクトップ環境にリモートアクセスできるよう VNC サーバーも合わせて導入します:
2017012201


まず前提条件として LinuxONE の環境が必要になりますが、今回は「無料で最大 120 日間クラウド上の LinuxONE インスタンスが使える」という IBM LinuxONE コミュニティクラウドの環境を使って RHEL 6.x のサーバーを作り、その上に今回の環境構築を行うことにします。そこまでの環境構築手順についてはこちらを参照ください:
IBM LinuxONE コミュニティクラウドを使う(2017年1月版)


さて、LinuxONE と言っても RHEL(RedHat Enterprise Linux) であることには変わりありません。ということは普通は以下のコマンドで X Window のデスクトップ環境が導入できることをご存知の人も少なくないと思います:
# yum groupinstall "Desktop"

ということは LinuxONE でも同じコマンドを実行するだけでよいのでは・・・と思うかもしれませんが、残念ながら LinuxONE の RHEL6.x では yum は動きますが、グループ情報が登録されておらず、"groupinstall" コマンドが使えない模様でした(赤字および青字が yum groupinstall コマンド実行後の出力結果です):
# yum groupinstall "Desktop"
Loaded plugins: product-id, refresh-packagekit, search-disabled-repos, security,
              : subscription-manager
This system is not registered to Red Hat Subscription Management. You can use subscription-manager to register.
Setting up Group Process
RHEL67                                                   | 3.0 kB     00:00
rhel67optional                                           | 2.9 kB     00:00
rhel67supp                                               | 2.9 kB     00:00
Warning: Group Desktop does not exist.
Error: No packages in any requested group available to install or update

ではどうするか? 要は「groupinstall がコマンドが使えないなら、install コマンドを使えばいいじゃない」というわけで、yum groupinstall コマンドで実行されるのと同じコマンドを yum install コマンドで実行してしまいましょう。この件について詳しくはこちらのブログエントリで紹介しているので、興味がある方はこちらも参照ください:
yum の groupinstall でインストールされるパッケージを確認する


具体的には以下のコマンドを実行して、"Desktop" グループに含まれるはずの個別パッケージをまとめてインストールするよう指定します:
# yum install NetworkManager NetworkManager-gnome alsa-plugins-pulseaudio at-spi control-center dbus gdm gdm-user-switch-applet gnome-panel gnome-power-manager gnome-screensaver gnome-session gnome-terminal gvfs-archive gvfs-fuse gvfs-smb metacity nautilus notification-daemon polkit-gnome xdg-user-dirs-gtk yelp control-center-extra eog gdm-plugin-fingerprint gnome-applets gnome-media gnome-packagekit gnome-vfs2-smb gok openssh-askpass orca pulseaudio-module-gconf pulseaudio-module-x11 vino

ついでというわけではないのですが、X Window のデスクトップを導入しても、ネットワーク越しにデスクトップが利用できないと意味がありません。というわけで RHEL6.x で使える VNC サーバーとして TigerVNC を導入することにします:
# yum install tigervnc-server

なお、TigerVNC の導入そのもの(インストール後の設定方法含む)について、こちらで詳しく紹介しているので一度参照ください:
CentOS に VNC サーバーを導入する


TigerVNC サーバー導入&設定後に再起動し、VNC ビューワで IP アドレスとポート番号を指定してアクセスすると、LinuxONE に導入された X Window のデスクトップ環境にアクセスできます:
2017012202


これで LinuxONE をデスクトップとして使ったり、GUI 必須のアプリケーションが利用できるようになりますね。
 

IBM LinuxONE(メインフレーム版 Linux)挑戦シリーズ。今回は IBM Bluemix でも使う cf コマンドラインツールの導入に挑戦します:
2017012000


cf ツールは IBM のクラウド環境である IBM Bluemix や、同製品がベースとしているオープンソース PaaS 環境である CloudFoundry をコマンドラインから操作するためのツールです。手元で作成したソースコードやアプリケーションファイル一式を Bluemix/CloudFoundry のランタイムにデプロイする時などに使うコマンドラインアプリケーションで、これがあれば Bluemix や CloudFoundry の管理操作が可能になるものです。主なプラットフォーム(Windows, Linux, MacOS)向けのツールはこちらから最新版の実行バイナリがダウンロードできるようになっています:
https://github.com/cloudfoundry/cli/releases

2017012001


ここでバイナリが提供されている Linux は x86(_64) アーキテクチャの Linux です。他の Linux に関しては公式からは提供されていませんが、パッケージマネージャーから簡単に導入できるようになっているものもあったりします(例:ラズベリーパイの RaspbianOS)。

残念ながら s390x(IBM LinuxONE)プラットフォーム向けのバイナリは提供されていない模様です。ただ cf ツール自体もオープンソース製品なので、ソースを入手して自分でビルドできる可能性もあります。というわけで挑戦してみた様子を以下に紹介します。 前提として IBM LinuxONE は IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に RHEL 6.x で用意しているものとします(1インスタンスが最大 120 日間無料で利用できます):
IBM LinuxONE コミュニティクラウドを使う(2017年1月版)


またオープンソースツールである cf コマンドは、Go 言語で記述されています。というわけでビルドには Go 言語の環境が必要になります。IBM LinuxONE で Go 言語を使えるようにするための手順は以下を参照ください(最後の環境変数 GOPATH と PATH の設定までを行う必要があります):
IBM LinuxONE コミュニティクラウド上で Go 言語を動かす


早速ソースコードを入手してビルドを、、、の前に1つ準備が必要です。ドキュメントにかかれている手順を IBM LinuxONE 環境でそのまま実行しても途中でエラーになってしまいました。試行錯誤の結果、これを回避するために事前にパスの通ったディレクトリに "s390x-linux-gnu-gcc" という名前で gcc が使えるようにしておく必要がありそうでした。というわけで(この例では /usr/local/bin/ 以下に)シンボリックシンクを作っておきます:
# ln -s /usr/bin/gcc /usr/local/bin/s390x-linux-gnu-gcc

改めて、まずはソースコードを入手しましょう。go コマンドを使って以下のコマンドを実行します:
# go get code.cloudfoundry.org/cli

コマンドが成功すると、$GOPATH/src/code.cloudfoundry.org/cli 以下に cf ツールのソースコードが展開されます。このディレクトリに移動して bin/build コマンドを実行してビルドします:
# cd $GOPATH/src/code.cloudfoundry.org/cli
# bin/build

ビルドが成功すると、cf コマンドが $GOPATH/src/code.cloudfoundry.org/cli/out/ 以下に作成されます。このコマンドにパスを通すか、パスの通ったディレクトリ(以下の例では /usr/local/bin)以下にシンボリックリンクを張って実行できるようにすれば準備完了です:
# ln -s /usr/local/go/src/code.cloudfoundry.org/cli/out/cf /usr/local/bin/cf

これで cf ツールがコマンドラインから実行できるようになりました(青字は出力結果):
# cf -v
cf version 6.23.1+d752ec1.2017-01-19


LinuxONE については、自分も最初は「メインフレーム上の Linux で、普段使っているプログラミング言語やツール、サーバー類がどこまで使えるんだろう?」と半信半疑だったのですが、いざ使ってみると x86_64 アーキテクチャと比べてもほとんど変わらずに使えるということが分かってきました。事実 cf ツールが動くと分かった今、IBM Bluemix の、オープンソース系のアプリケーション開発やテストをこれ単体で行えるだけの環境はほぼ揃っているように感じます。


なお、今回紹介した手順は(基本的には)以下のドキュメントを参考にしています:
https://github.com/cloudfoundry/cli/blob/master/.github/CONTRIBUTING.md

 

IBM LinuxONE(メインフレーム上の Linux)ネタシリーズ、今回は Go 言語を動かしてみます。
http://golang-jp.org/


前提として、IBM LinuxONE の環境が必要になります。今回は 120 日間無料で使える IBM LinuxONE コミュニティクラウド上の RHEL 6.x 環境を使うことにします。この IBM LinuxONE コミュニティクラウドの導入方法についてはこちらを参照してください:

さて、s390x 向けの Go 言語をどうやってインストールするかというと・・・ なんとグーグルから同環境を含めた各種プラットフォーム向けのバイナリが主要バージョン毎に提供されているのでした:
https://storage.googleapis.com/golang/

Windows や Linux, OS X 向けはもちろん、ARM デバイス向けのバイナリも提供されています。そしてメインフレーム Linux である s390x アーキテクチャのバイナリも提供されていることが分かります:
2017012001


2017/Jan/20 現在、正式リリースされている中では 1.7.4 が Go 言語の最新バージョンだったので、これをダウンロードして利用することにします:
# cd /tmp
# wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.7.4.linux-s390x.tar.gz
# tar -C /usr/local -xzf go1.7.4.linux-s390x.tar.gz

上記のコマンドで /usr/local/go 以下に Go を展開しました。環境変数 GOPATH と合わせて PATH を設定しておきます:
# vi /etc/bashrc

    :
(最後に以下の2行を追加して保存) : export GOPATH=/usr/local/go/ export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

改めてログインし直し(或いは source /etc/bashrc を実行し)、Go 言語のバージョンを確認してみます(青字が出力結果):
# go version
go version go1.7.4 linux/s390x

正しくインストールできたと同時に、s390x 環境で Go 言語を導入できたことが確認できました。

このページのトップヘ