まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:javascript

CSS だけで画像やブロック要素にぼかしを入れることができます。説明の前に、実際に試せるウェブページを作って公開したので、こちらを御覧ください:
https://dotnsf.github.io/blur_change/

アクセスすると以下のような画面が表示されます。これはある画像がかなり強めにぼかされて表示されています。この時点では「なんとなく人間?」くらいはわかるかもしれませんが、性別や表情、姿勢など、どのような画像が表示されているのか、まだわかりませんよね:
2020090701


画面下にスライダーバーがあり、これでぼかしのレベルを調整できます。最初はスライダーの一番右(最大ぼかし)に設定されていて、これを左に移動させることでぼかしを少なくすることができます:
2020090702


だんだん元の絵が見えてきます:
2020090703


スライダーを一番左まで移動させるとぼかしはゼロになり、元の絵が表示されます:
2020090704


なお元の絵はいらすとや様の「ブレザーとネクタイの女子学生のイラスト」を使わせていただきました:



このようなぼかしを実現するには、CSS で対象要素(今回の場合は <img> 要素)に以下のようなスタイルを指定します:
#img{
  -ms-filter: blur(100px);
  filter: blur(100px);
}

この blur 属性の指定でぼかしを実現しています。上例では blur(100px); という指定をしていますが、この 100 の部分の数字が大きいほど強いぼかしが入り、0 だとぼかしもゼロになって元の画像のままで表示されます。

上述のサンプルページでは、スライダーバーの動きに従ってスタイル指定を書き換えることで動的にぼかしのレベルが変わるような JavaScript を実装しています。具体的には jQuery を併用して以下のような HTML および JavaScript を実装しました:
<script>
$(function(){
  var t = $('#img')[0];
  t.style['-ms-filter'] = 'blur(100px)';
  t.style['filter'] = 'blur(100px)';
});

function changeBlur(){
  var b = $('#rng').val();
  var t = $('#img')[0];
  t.style['-ms-filter'] = 'blur(' + b + 'px)';
  t.style['filter'] = 'blur(' + b + 'px)';
}
</script>
</head>
<body>

<div class="container">
  <img id="img" src="https://1.bp.blogspot.com/-anFajTcy3CM/XxU0nhH2UyI/AAAAAAABaOA/Fovyifhdjvs8HRvHhNZrOWXEDcTN1_E5gCNcBGAsYHQ/s450/school_blazer_girl_necktie.png" width="80%"/>
  <br/>
  <input id="rng" type="range" value="100" min="0" max="100" step="5" oninput="changeBlur()" width="100%"/>
</div>

この例ではスライダーバーの値に合わせてぼかしのレベルを変えていますが、他に setTimeout を使ったり、クリックイベントハンドラを使うなどして少しずつぼかしを薄くする、といった使い方ができると思っています。


なお、JavaScript で動的にスタイルを書き換える手法については以前のブログエントリで解説しているので、こちらも参照ください:
JavaScript でスタイルを動的に書き換える






ウェブページ内の特定要素の見た目を JavaScript で動的に変更する方法を調べました。

一般的にウェブページ内の要素の見た目はスタイルシートで管理されます。例えばこのような感じ:
<head>
<style>
#container1{
  background-color: #fcc;
  height: 100px;
}
</style>
</head>
<body>

<div class="container" id="container1">
</div>

</body>

この時点では #container1 要素はピンク(#ffcccc)で塗りつぶされて表示されます:
2020082601


この部分の「背景色を動的に(JavaScript で)別の色に変えたい」場合、いくつかの方法が考えられます。一般的には背景色が指定された class を複数用意し、id ではなく class 指定で背景色を与えた上で、JavaScript で指定 class を切り替える(jQuery であれば removeClass + addClass)方法です。 ただこの方法は「事前に class を定義しておく」必要があります。切り替える瞬間の情報や属性値を参照して背景色を決めるとか、ランダム要素を使って背景色を決めるなど、事前に定義する内容が定まらないような場合では使えません。このような場合も含めて #container1 要素に定義された内容そのものを変更する(つまりスタイル定義内容そのものを動的に変更する)にはどのようにすればよいかを調べました。以下、jQuery を併用した場合で説明します。

例えば #container1 で定義されるエリアをクリックしたら背景色をランダムに変える、という場合であれば以下のような JavaScript で実現できます:
<script>
$(function(){
  $('#container1').on( 'click', function( e ){
    //. #container1 のスタイルシート定義を動的に変える。具体的には背景色を変更する
    var bgs = [ '#fcc', '#cfc', '#ccf', '#cff', '#fcf', '#ffc', '#ccc' ];
    var bg = bgs[Math.floor( Math.random() * bgs.length )];
    var t = $('#container1')[0];
    t.style['background-color'] = bg;
  });
});
</script>

スタイルシートの内容を変更したい要素をセレクターを指定して取り出し、その取得結果(配列)の最初の要素を取り出します。そして取り出した要素の style 属性がスタイルシートの内容なのでここを JavaScript で上書きするよう記述します(上例では t.style 内の 'background-color' 属性をランダムに上書きしています)。この方法であれば class を使うことなく、切り替えることもなく、スタイルシート定義を書き換えることで見た目の変更を実現できます。


実際に動くサンプルを用意しました:
https://dotnsf.github.io/dynamic-css/


上記 URL にアクセスすると以下のような画面が表示されます。画面上部に高さ 100px でピンク色の矩形が表示されています:
2020082602


この矩形部分をクリック(タップ)すると、7種類の中からランダムに選ばれた背景色に切り替わります:
2020082603


JavaScript でスタイルシートの内容を動的に書き換える方法のサンプルでした。class を事前に用意して指定し直す、というロジックが使えない場合でも実現可能な方法です。


Google Fit は Google のヘルスケア関連プラットフォームと、その SDK を提供しています:
https://developers.google.com/fit/

2020062600


Google Fit SDK は Android 標準アプリである Google Fit を操作するものです。簡単に言えば「Android の歩数カウント情報を取得する」ための SDK といえます。

この SDK の1つがブラウザ用の JavaScript で提供されており、ウェブアプリケーションに組み込んで使うことが可能です。データを取得するまでを実際に作ってみたので、その準備手順を含めてまとめてみました。


【Google APIs Console へのプロジェクト登録】
この Google Fit SDK を使う上で最初に必要な作業は Google APIs Console へプロジェクトを登録して Client ID を取得することです(SDK は Client ID を指定して動かすことになります)。
https://console.developers.google.com/flows/enableapi?apiid=fitness&pli=1

Fitness API を使うことになるアプリケーションプロジェクトとして、既存のプロジェクトを流用するか新たにプロジェクトを作成します。そして「使用する API」は「Fitness API」を選択し、「使用する場所」は「ウェブサーバー」を選択、更に「アクセスするデータの種類」は「ユーザーデータ」を選択します。最後に「必要な認証情報」をクリックして、クライアント ID を取得します:
2020062601


次の画面で OAuth 認証用のドメイン登録をします。「承認済みの JavaScript 生成元」と「承認済みのリダイレクト URI」に以下のアプリを動かす URI を指定します。ローカルで動作確認する場合であれば両方に "http://localhost:8080" を追加して保存します※:
2020062602

※以下で紹介するサンプルを https://localhost:8080/ という URL にアクセスして参照する場合の設定です。異なるホスト名やポート番号を使う場合は適宜変更してください。

これで Google APIs Console 側の準備は完了です。



【サンプルアプリケーションで動作確認】
動作確認用の Node.js 向けサンプルアプリケーションを以下に公開しておきました。Node.js がインストール済みの環境であれば実際に動かして動作を確認することが可能です:
https://github.com/dotnsf/google_fit


zip をダウンロードして展開するか、git clone して、自分の PC 内にプロジェクトファイルを展開します。実質的に public/index.html ファイルを 8080 番ポートで公開するだけの Node.js アプリケーションです。

実際に動作させる前に、public/index.html ファイルをテキストエディタで開き、8行目の client_id 変数の文字列値(初期値は 'your_client_id' )を上記で取得したクライアント ID の文字列値に書き換えて保存します:
2020062609


これでサンプルアプリケーションを動作させる準備ができました。以下のコマンドを実行してアプリケーションを稼働状態にします:
$ cd google_fit

$ npm install

$ node app


稼働状態になったアプリケーションは 8080 番ポートでリクエストを待ち受けています。ウェブブラウザで http://localhost:8080/ にアクセスしてみます。正しく動作していると最初に OAuth 認証が実行されるので、Android スマホで利用しているものと同じ Google アカウントでログインします:
2020062604


Google アカウントを選択してログインし、正しく処理が実行されると(このコードでは)2019/03/01 以降の歩数記録を取得します。何種類かの dataSource ごとの記録が表示されるはずです:
2020062608


どれか1つの dataSource をクリックすると、その dataSource に関して更に詳しく日時やその時の歩数が表示されます:
2020062609


↑自分は Android をメインスマホにしていないため、歩数が少ない・・・



実際に使っているコードは OAuth 認証のための authorize 関数と、そのコールバック先で実行している dataSource 一覧のフェッチ、そして各 dataSource ごとの歩数カウントのためのデータセットのフェッチです。JavaScript 自体はかなりシンプルになっていると感じました。



(参考)
https://qiita.com/feb19/items/383848119ba1bdfe5110


人気のテキストエディタである Visual Studio Code(以下 "VSCode")の機能を独自に拡張するプラグインの開発に挑戦してみました。以下で紹介するプラグインの開発は主にこのページにかかれている内容を参照し、参考にさせていただきました。ありがとうございます:
Visual Studio Codeの拡張機能を一通り触って自分用に公開するまで


作った拡張機能は MOTD(Manhole of this day) といいます:
https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=dotnsf.manholeofthisday

2020062305


機能は名前そのままですが、拙作マンホールマップの機能の1つである「今日のマンホール」を VSCode 内に表示する、というマンホーラー向けのものです。

VSCode にこのプラグインをインストールするには左ペインから「拡張機能」を選ぶか、Ctrl + Shift + X を押して拡張機能画面に移動し、検索バーに "manholeofthisday" と入力します("manholeof" あたりまで入力すると、検索候補が一つになります)。そして「インストール」と書かれた箇所をクリックしてインストールします:
2020062301


インストール後、実際に MOTD 機能を利用する場合は Ctrl + Shift + P でコマンドパレットを開き、このパレットに "MOTD" と入力してコマンドを検索し、最後に見つかった MOTD 部分をクリックします:
2020062302


MOTD コマンドを実行した日(月&日)のマンホールがマンホールマップの「本日のマンホール」に記録されて存在していた場合は VSCode 内の新しいタブが一つ追加され、その中で「本日のマンホール」画像と説明が表示されます。なおこの機能の実現には Webview API を使っています:
2020062303


画像部分をクリックすると、ブラウザで該当マンホールのマンホールマップ内ページが開き、より詳しい情報を参照することができる、というものです:
2020062304



この MOTD プラグインのソースコードはこちらで公開しています。開発言語として TypeScript を選ぶこともできましたが、今回は JavaScript で開発しました。この手軽さもハードル低くていいですね:
https://github.com/dotnsf/manholeofthisday

 

このエントリの続きです:
Leaflet.js の UI で画像を表示する(1)


地図操作ライブラリの Leaflet.js の応用で、地図以外のオブジェクトを Leaflet の UI で表示する方法を紹介しています。前回は imageOverlay を使って画像を表示しましたが、今回は canvasOverlay を使ってキャンバス(HTML5 の <canvas>)を操作する方法を紹介します。比較の意味も含めて、表示内容そのものは前回同様に画像としますが、画像を画像のまま表示するのではなく、画像をキャンバスに描画した上で、更にキャンバスに描画を加える、という内容を紹介します。必要に応じて前回の内容も参照しながら見てください。

なお今回も表示対象画像は「いらすとや」「家にいるアマビエ」の画像とします:
amabie_stay_home


また前回紹介した内容は Leaflet.js の標準機能だけで実現しましたが、今回はアドイン機能である L.CanvasLayer を併用して実現します。以下のサイトからあらかじめ L.CanvasLayer.js をダウンロードしておいてください:
https://raw.githubusercontent.com/Sumbera/gLayers.Leaflet/master/L.CanvasLayer.js


ダウンロードできたら以下のような HTML を用意します:
<script src="./L.CanvasLayer.js"></script>

<div id="demoMap"></div>

<script>
//. 空の地図を OpenStreetMap データで表示
map = L.map('demoMap', { dragging: true, zoomControl: true, minZoom: -5, maxZoom: 5, crs: L.CRS.Simple, preferCanvas: true } );

//. 表示する画像のパスとサイズ
var image = {
  url: './3600x3600.png',
  width: 3600,
  height: 3600
};

//. 画像領域を地図に設定
var imageBounds = L.latLngBounds([
  map.unproject( [ 0, image.height ] ),
  map.unproject( [ image.width, 0 ] )
]);
map.fitBounds( imageBounds );
map.setMaxBounds( imageBounds.pad( 0.5 ) );

//. 画像をオーバーレイで設定
L.imageOverlay( image.url, imageBounds ).addTo( map );

//. キャンバスレイヤーを設定
L.canvasLayer().delegate( this ).addTo( map );
      
//. キャンバスの再描画イベントハンドラ
function onDrawLayer( info ) {
  var canvas = info.canvas;
  var ctx = canvas.getContext( '2d' );

  var colors = [
    "rgba(0,0,0,0.2)",
    "rgba(255,0,0,0.2)"
  ];
  var points = [
    [ -1000, 2000 ],
    [ -2000, 2250 ]
  ];

  ctx.clearRect( 0, 0, canvas.width, canvas.height );

  //. ズームレベルに合わせて arc の描画半径を調整
  var zoom = map.getZoom();
  var r = 30 * Math.pow( 2, zoom );

  for( var i = 0; i < points.length; i++ ){
    var point = points[i];
    if( info.bounds.contains( [ point[0], point[1] ] ) ){
      var p = info.layer._map.latLngToContainerPoint( [ point[0], point[1] ] );
      ctx.beginPath();
      ctx.fillStyle = colors[i];
      ctx.arc( p.x, p.y, r, 0, Math.PI * 2 );
      ctx.fill();
      ctx.closePath();
    }
  }
}
</script>



まず L.CanvasLayer.js を読み込みます。そして L.imageOverlay を使って画像(3600x3600.png)をロードするのですが、ここまでは前回紹介したものと同様です。

その後で L.canvasLayer() でキャンバスをレイヤーとして扱います。これでキャンバスの再描画イベントハンドラである onDrawLayer() をカスタマイズすることで画像に更にグラフィックをカスタマイズすることが可能になります。

このコードが実際に動いているワーキングデモページはこちらです:
https://dotnsf.github.io/leaflet_overlay2/


上記 URL をブラウザで開くと、前回同様「家にいるアマビエ」の画像が Leaflet の UI で表示されます:
2020050401


左上のズームコントローラーやスマホのピンチイン/アウト操作で画像が拡大縮小されます。実は前回と少しだけ違う点があることに気付く方はいらっしゃるでしょうか?:
2020050402


よく見ると窓とアマビエの右目尻に丸いオブジェクトが描画されています。これはゴミではなく、画像が表示されている Canvas の上にグラフィックコンテキストを使って(JavaScript で)描画されたものです:
2020050403


画面を更に拡大/縮小しても、ズームレベルに合わせて表示されます:
2020050404


この部分は上記コードの OnDrawLayer 関数内で処理されています。キャンバスが再描画されるタイミングで呼び出されますが、パラメータ(info)の info.canvas で表示されている <canvas> 要素を取得することができます。なので後は info.canvas.getContext( '2d' ) でグラフィックコンテキストを取得した後にここなどを参照して描画すると上述のように元の画像の上に更にグラフィックを追加した上で Leaflet の UI で表示できるようになる、というものです。


<canvas> をある程度使ったことがあると、この方法が使えるのは本当に便利です。自由に描画したキャンバスを Leaflet.js の UI で表示できるようになるため、使いみちが広がります。

このページのトップヘ