まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:javascript

ブラウザ内で動作するウェブアプリケーションの中で「別ウィンドウで画面を開く」という操作をしたい場合に大きく以下の2つの方法があります:
(1)target="_blank" 属性のついた <a> タグをクリック/タップする
(2)JavaScript の window.open 関数を実行する


より一般的な方法は(1)だと思っています。リンク時に使う <a> タグに target="_blank" という属性を含めておくことで常に新しいブラウザウィンドウを(ブラウザによっては別タブを)開いて、その新ウィンドウの中でリンク先ページが表示されるというものです。比較的簡単に実装できる方法です。

※ <a> タグの target 属性は本来は「ウィンドウを指定して開く」機能です。例えば <a target="abc" ..> というタグをクリックすると abc という名前のウィンドウを探して(存在していない場合は新ウィンドウを作って abc という名前で管理して) abc ウィンドウの中で目的先のリンクを開きます。再度同じ <a> タグをクリックすると、(ユーザーが消していない限り)既に abc ウィンドウは存在しているのでその abc ウィンドウの中で目的のリンクが再び開く、という動作をします。 ただし taget="_blank" という指定があった場合のみ例外的に「常に新しいウィンドウを開く」という挙動になります。


一方の(2)は「 JavaScript の処理の一環として新しいウィンドウを指定した属性と URL で開く」という関数を使って実現する方法です。利用者から見た挙動はあまり変わらないのですが、内部的には「ポップアップ」という扱いになり、違いは多くあります:
・ウィンドウサイズが指定できる(わざと小さいウィンドウで開く、といったこともできる)
・スクロールバーやメニュー、アドレスバーの有無などを指定できる
・タブブラウザであっても新しいウィンドウを作って開く
・JavaScript だけで実現できる(ライブラリ化できる)

例えば SDK などの機能をライブラリとして提供する側の立場で新しいウィンドウで何かを表示する、という機能を実現しようとすると、前述の <a> タグを使う方法は(利用者がわざわざ指定どおりの <a> タグを記述しないとできないため)逆に不便だったりします。一方で JavaScript だけでできるこの方法であれば SDK の一部としてその機能を実装しておき、その機能ごと JavaScript ライブラリを提供すればよいので利用者の負担を軽くすることができます(結果的にサポートの負担も減ると思われます)。

といった違いがあって、実装の違いにも現れることになります。


さて、この後者の方法は「ポップアップ」として扱われると書きましたが、このポップアップは特に iOS の Safari ブラウザでは扱いが面倒なものの1つです。具体的にはポップアップ機能自体がデフォルトでオフになっており動きません(つまり上述の window.open で別ウィンドウを開こうとしても開きません)。ここまでは他のブラウザでも同様なのですが、他ブラウザの場合はポップアップをしなかった旨を画面に通知して(そこで利用者は気づくことになって)ポップアップを許可することができ、次回以降の window.open 実行時にポップアップウィンドウが表示できるようになります。しかし iOS の Safari ブラウザではポップアップをしなかったことをユーザーに通知することもないため、ユーザーからすると「何も起こらなかった」ようにしか見えない(エラーメッセージが表示されるわけでもないため、許可すればよいと気づくこともない)のでした。


iOS Safari でポップアップが開くようにするには、あらかじめ Safari アプリケーションの設定でポップアップを許可する(ポップアップブロックを無効にする)必要があります。以下その手順の紹介をします:


iOS Safari でポップアップブロックの設定を変更するには「設定」-「Safari」を選択し、「ポップアップブロック」と書かれた設定項目を探します。過去に一度も変更したことがなければ下図のように「ポップアップブロックは有効(= window.open では新しいウィンドウは開かない)」になっているはずです:
2020031601


ポップアップウィンドウを表示するよう変更したい場合は、この設定を下図のように OFF に切り替えます。設定はこれだけです:
2020031602


この状態で再度 Safari を使って window.open が実行される状態を作ると、まず以下のような確認ウィンドウが表示されます。ここで「許可」をタップすると初めて window.open が実行されて新しいウィンドウが開いて処理を続けることができるようになります:
2020031603



なお、ここで書かれた手順を実行しておくと、先日のブログエントリで紹介した LIFF の新機能を実装したアプリケーションを iOS の Safari からも実行することができるようになります(つまりポップアップを有効にしないと LIFF の shareTargetPicker が動かないようです):
http://dotnsf.blog.jp/archives/1077179113.html


このブログエントリの続きです:
Chart.js のクリックイベントハンドラ


JavaScript で各種グラフを便利・簡単につくれる Chart.js のカスタマイズとして、アイテムをクリックした時のイベントをハンドリングする方法を上記で紹介しました。今回はその応用として「クリックしたアイテムがどれかわかるように視覚化する」カスタマイズです。

具体例としてはこういう感じを想定しています。たとえば普通に棒グラフが描かれているとします:
2019110401


この左から2番目の棒をクリックしようとしているものとします。画面上ではマウスホバーまでしているので、左から2番目の棒の上にツールチップが表示されています:
2019110402


そしてこの左から2番目の棒をクリックした時に「ここがクリックされた」ことを明示することが目的です。下の例では左から2番目の棒のエリアを赤枠で囲って強調されるようにしています:
2019110403


具体的なコード例は以下になります。どの棒がクリックされたか、については click イベントハンドリングを行っていますが、そのあたりの詳細は前回のエントリを参照してください:
<html>
<head>
<meta charset="utf8"/>
<script type="text/javascript" src="//code.jquery.com/jquery-3.2.1.min.js"></script>
<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Chart.js/2.2.1/Chart.min.js"></script>

<script>
$(function(){
  var data_labels = [ 0, 1, 2, 3, 4 ];
  var data = [ 1, 2, 4, 3, 0 ];

  var ctx1 = document.getElementById( 'myChart1' );
  var graph1 = {
    type: 'bar',
    data: {
      labels: data_labels,
      datasets: [{
        label: 'A',
        borderWidth: 1,
        backgroundColor: "#14c759",
        borderColor: "#14c759",
        data: data
      }]
    },
    options: {
      title: {
        display: true,
        text: 'クリックイベントハンドリング例',
        padding: 3
      },
      scales: {
        xAxes: [{
          categoryPercentage: 0.4
        }],
        yAxes: [{
          display: true,
          scaleLabel: {
            display: true,
            labelString: ''
          }
        }]
      },
      tooltips: {
        mode: 'label'
      }
    }
  };
  var myChart1 = new Chart( ctx1, graph1 );

  //. クリックイベント
  ctx1.addEventListener( 'click', function( event ){
    var item = myChart1.getElementAtEvent( event );
    if( item.length == 0 ){
      return;
    }
    item = item[0];

    var idx = item._index;        //. 左から何番目のアイテムがクリックされたか?
    var ctx = item._chart.ctx;    //. クリックされたアイテムのチャート描画部分のコンテキスト

//. ctx に対して、idx 番目のアイテムがある箇所を強調表示する。
//. 以下の例では idx 番目のアイテムがあるエリアを赤枠で囲って強調している

//. 描画する矩形の開始地点座標と、矩形の幅・高さを求める var x_right = item._xScale.chart.chartArea.right; var x_left = item._xScale.chart.chartArea.left; var x_width = ( x_right - x_left ) / data_labels.length; var y_height = item._yScale.height; var y_top = item._yScale.top; var draw_x0 = x_width * idx;
//. strokeRect 関数で対象エリアに矩形を描画する ctx.lineWidth = 5; ctx.strokeStyle = 'red'; ctx.strokeRect( draw_x0 + x_left, y_top, x_width, y_height );
}); }); </script> </head> <body> <div class="container"> <canvas id="myChart1" style="position:relative; width:800; height:200"></canvas> </div> </body> </html>

簡単に解説すると、クリックしたアイテムを item 変数に入れた後に item._chart.ctx を参照して(チャートが描画される Canvas の)コンテキスト変数を取得する、というのがミソです。これが取得できてしまえば、後はここに Canvas の機能や関数を使って自由に描画すればいいわけで、上の例では矩形を指定して色を付けるようにしています。



最近の PDF ファイルはテキスト情報が含まれています。そのため PDF 内をテキスト検索することができるようになっています:

このテキスト部分だけを機械的に抜き出す、というのが今回紹介するテーマです。具体的には Node.js を使って PDF からテキスト情報を抜き出すプログラムを実装してみました。

Node.js の場合、PDF を扱うことのできるライブラリがいくつか存在していますが、今回はこれを使いました。日本語を含むテキストであっても正しく取り出すことができそうでした:
pdf-parse

2019101201


また今回はこの公開 PDF からテキストを取り出してみます:
Kubernetesの基礎

2019101202


後述のコードでは対象 PDF ファイル名を指定して実行できるようにしています。そのため、上記リンク先から同 PDF (h2-takara-3.pdf)をダウンロードしておいてください。これ以外の PDF を使って試すこともできますが、その場合もあらかじめダウンロードしておいてください。

そして具体的なコード(pdf-sample.js)は以下のようになります:
//. pdf-sample.js
var fs = require( 'fs' ),
    pdf = require( 'pdf-parse' );

if( process.argv.length > 1 ){
  var filename = process.argv[2];
  var buf = fs.readFileSync( filename );
  pdf( buf ).then( function( data ){
    var text = data.text;
    console.log( text );
  }).catch( function( err ){
    console.log( err );
  });
}else{
  console.log( 'Usage: $ node pdf-sample ' );
}

pdf-parse を使っている部分を赤字にしました。エラー処理含めてこれだけです。

では実際に実行してみます。まず実行前の準備として pdf-parse ライブラリをインストールしておきます:
$ npm install pdf-parse


そして、対象 PDF ファイル名をパラメータ指定して node コマンドで実行します。例えばプログラムコード(pdf-sample.js)と同じフォルダに PDF ファイル(h2-takara-3.pdf)を保存した場合であれば、以下のように指定して実行します:
$ node pdf-sample ./h2-takara-3.pdf

正しく実行されると、以下のようにテキスト抽出結果がコンソール画面に表示されます:
$ node pdf-sample ./h2-takara-3.pdf


Kubernetesの基礎
InternetWeek 2018
2018年11月28日
日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド事業本部 高良真穂

発音/略称/Logo
綴りKubernetes
発音
koo-ber-net-ees
略称K8s
Kubernetes
12345678
クーベネティスのロゴ

K8sは一言で何ができる?
K8sは、コンテナのアプリ運用のためのOSS
1.コンテナの組み合わせ利用
2.スケールアウト
3.ロールアウト&ロールバック
4.永続ストレージ利用
5.自己修復(可用性)
6.クラスタの分割利用
7.監視&ログ分析

      :
 (中略) : © IBM Corporation 27 Kubernetesを 広めて勢力図を 変えるぞ 参道して シェアを取りに 行くぞ! 複合環境でも 便利♪ 豊富な資金力で 独走を維持するぞ ロックインから 解放だ! チャンス♪ K8sでクラウド・レースの展開に 変化があるかもしれない まとめ •Kubernetesはコンテナの運用基盤 •オンプレ&クラウドで共通のオペレーションで運用できる •必要なインフラ機能が提供され、高効率な運用を実現 •主要クラウドベンダー、ソフトウェア企業が賛同 Kubernetes ハンズオンへ

日本語含めて正しくテキストが抽出できました。

 

むかーしから存在している技術なのですが、イメージマップという便利な機能があります(最近あまり使われなくなったという印象もあります)。これは HTML ページ内の画像内にクリッカブルな領域を複数定義し、いずれかの領域がクリックされたら何らかの処理を行う、というものです。クリックされる領域によって処理内容(このページにジャンプするとか、この JavaScript 関数を実行するとか、・・)を変えることができる、というものです。

例えばこんな感じで実現します。いらすとやさんの『ホワイト企業~ブラック企業のイラスト』を例に紹介します:



このイラスト画像は横650ピクセル、縦137ピクセルです。その中にホワイト企業~ブラック企業が5段階のイラストで表示されています。

画像の左上の座標を ( 0, 0 ) とすると、このうち一番左の企業は、そのビルの矩形部分は左上が ( 37, 13 ) から右下 ( 100, 127 ) という矩形でできています。いま、このビルの矩形部分がクリックされたら "white" というメッセージを表示するようにしてみます:
2019100701


同様にして、5つのビルそれぞれにクリッカブルな矩形部分を定義し、それぞれがクリックされた時に以下のようなメッセージが表示されるようにしてみます:
ビル番号(左から何番目のビル)矩形範囲クリックされた時のメッセージ
1 ( 37, 13 ) - ( 100, 127 ) white
2 ( 165, 13 ) - ( 227, 127 ) lightgray
3 ( 291, 13 ) - ( 355, 127 ) gray
4 ( 481, 13 ) - ( 483, 127 ) darkgray
5 ( 546, 13 ) - ( 610, 127 ) black


これをイメージマップで実現すると、 HTML の該当箇所は以下のようになります:
<body>
  <div class="container">
    <img src="https://1.bp.blogspot.com/-BmJohMucVBI/XYhOV_VMQmI/AAAAAAABVHA/sZF8lMjPedUWSkxBwUGZXmVri2OFKEZ4gCNcBGAsYHQ/s650/company_white_black_kigyou_5dankai.png" border="0" usemap="#image_map"/><br/>
    <map name="image_map">
      <area shape="rect" coords="37,13,100,127" href="javascript:alert( 'white' )"/>
      <area shape="rect" coords="165,13,227,127" href="javascript:alert( 'rightgray' )"/>
      <area shape="rect" coords="291,13,355,127" href="javascript:alert( 'gray' )"/>
      <area shape="rect" coords="418,13,483,127" href="javascript:alert( 'darkgray' )"/>
      <area shape="rect" coords="546,13,610,127" href="javascript:alert( 'black' )"/>
    </map>
  </div>
</body>

<img> タグの usemap 属性でイメージマップの名称を定義します。そして <map> タグを使って、対象(name 属性で指定)の <img> のクリッカブル領域と、クリックされた時のハンドラを href 属性に定義します。上記例ではハンドラを javascript 関数の実行にしていますが、普通に URL を記述すればリンクを作成することもできます。

これで各ビルをクリックした時に、(左から順に)"white", "lightgray", "gray", "darkgray", "black" というメッセージが表示されるようになります。元は1枚の画像でしたが、クリッカブルな領域を5箇所定義することができ、それぞれのクリックハンドラを個別に設定することもできました:

(左から2番めのビルをクリックした時の様子)
2019100703


ここまでが普通のイメージマップです。このイメージマップ、非常に便利な反面で「レスポンシブ対応が難しい」という難点がありました。要はクリッカブルな矩形領域をピクセル絶対値で指定しているため、画像がそのまま表示された場合はいいのですが、レスポンシブ対応などで画面サイズに合わせて拡大縮小されて画面いっぱいに表示された場合、縮尺が変更になってしまい、絶対値で指定していたイメージマップの定義がおかしくなってしまうのでした。

具体的に同じコードをスマホのシミュレーターで確認した結果、下の赤点線部が "lightgray" のクリッカブル矩形部分となっていて、本来の位置からズレていました。これをどうにかしたい、というのが今回のテーマです:
2019100702


色々と調べましたが、答としては jQuery RWD Image Maps という jQuery プラグインを使うことで解決できました:
2019100700



以下に具体的な対応手順を紹介します。

まず HTML 内でレスポンシブのための宣言をしておきます。例えば以下のようなコードが既に含まれているものと仮定します:
  :
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1"/>
  :


次に jQuery と jQuery RWD Image Maps をロードします。以下の例では CDN からそれぞれをロードしています(jQuery RWD Image Maps の方を後にロードする必要があります):
  :
<script src="https://code.jquery.com/jquery-2.2.4.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jQuery-rwdImageMaps/1.6/jquery.rwdImageMaps.min.js"></script>
  :

CSS で画像サイズの調整を行います。この例ではイメージマップを用いる画像の横幅を 100% に、高さは自動調整するように指定しています:
  :
<style>
img[usemap]{
  max-width: 100%;
  height: auto;
}
</style>
  :

そして最後に JavaScript で該当部分に RWD Image Maps を適用します:
  :
<script>
$(function(){
  $('img[usemap]').rwdImageMaps();
});
</script>
  :

これでスマホでおなじページにアクセスした時でもイメージマップの矩形部分がズレることなく利用できるようになりました:
2019100704




ふと思い立って「モールモール」というパズルゲームを作ってみました。ただし「ゲーム内で使う画像はいらすとや様から入手できるものに限る」という制約を自分に課してみました。つまりいらすとや様から提供されている画像のみを、そのまま(書き足したり、一部だけ切り取ったりせずに)使ってゲームを作る、という条件にしてみました。

「モールモール」はもともと 1985 年に当時のビクター音楽産業(現JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)から MSX 向けにリリースされた、主人公のモグラを操作するパズルゲームでした。その後、他機種への移植や続編のリリースなどもされましたが、シンプルなルールや操作性もあってか、当時の素人プログラマー達が自分の所有していた機種に勝手に移植して雑誌で発表されていることも珍しくありませんでした。

※雑誌にプログラムコードが数ページに渡って記載されていたり、「ソノシート」と呼ばれる片面レコードにプログラム情報が記載されて付録になっていたりした時代がありました。。

実は自分もその一人 σ(^^) です。僕はパソコンの所有が大学4年生になってからと比較的遅かったのですが、高校生の頃にポケットコンピュータ(当時の通称は「ポケコン」)と呼ばれる、コンピュータというよりもプログラミング機能付き電卓を持っていました。その中の1つがシャープの PC-1350 で、当時では画期的な縦4行表示とグラフィック機能を備えており、BASIC によるプログラミングもできるものでした。この「縦複数行表示」が当時のポケコンでは珍しく、広い画面を使って「モールモール」をはじめとするゲームを勝手に移植して遊んでいたのでした。その意味で今でも思い入れあるゲームの1つです。

この「モールモール」、キャラクターとして必要な画像は6種類(ドア、はしご、土、石、イモ、主人公)と比較的少なく、また基本操作も(パズルをギブアップする時などは例外ですが)上下左右の移動のみなので矢印キーだけで実現できます。敵という概念もないので考えている間にやられてしまったり、敵を撃つ必要もありません。リソース的にも非力なポケコンにピッタリのゲームでした(笑)。

で、今回のゲーム制作にあたり、いらすとや様から以下6個の画像を使わせていただいております:

ドア =いろいろな状態のドアのイラスト



はしご =木のはしごのイラスト



 =デジタルデータ風の背景素材(緑)



 =石垣のイラスト(背景素材)



イモ =スネークフルーツのイラスト



主人公 =もぐらのイラスト



これらの画像に手を加えず、そのまま使っています。モールモールでは「土」がなぜか緑色なのですが、デジタルデータ風背景画像が遠くからみるとそれっぽく見えるのが大発見でした(苦笑)。また「イモ」の画像は数種類あったのですが、一番イモっぽく見えたのが「スネークフルーツ」だったのも新発見でした。 (^^;


で、作ってみました。github リポジトリはこちらです:
https://github.com/dotnsf/molemole


リポジトリには画像は含まれていません。必要な画像はすべて動的にいらすとや様から直接ダウンロードして使っています:
2019071801


実質 index.html ファイルだけなので GitHub Pages でも公開しました。PC ブラウザでこちらのリンク先から遊ぶことができます:
https://dotnsf.github.io/molemole/

2019071701


簡単なルールなどは README.md に記載しているので、上記ページを参照ください。簡単に言うと「すべてのイモを取ってからドアまで行けばクリア」です。ただ重力を意識する必要があることと、落ちてくる石をうまく使わないとクリアできない面があったりします。

例えば上図は第0ステージですが、この面は普通にイモを取りに行って、そのままドアまで向かえばゴールです。よほど捻くれた取り方をしない限りは詰むことはないと思います。

でも第1ステージはこうなります:
2019071703


この面の場合、何も考えずにイモを取りに行ってしまう↓と・・・、ドアにたどり着く術がなくなってしまいます。こうなると "retry" ボタンでリセットするしかありません。石をうまく誘導しながらイモを取る必要があります:
2019071704

 
先に進むともう少し複雑なステージも待っています:
2019071702


README.md にステージ追加のカスタマイズ方法も乗せているので、興味ある人はダウンロード後に自分でステージを考えて追加して遊んでみてください。



このページのトップヘ