まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:ide

マルチプラットフォーム対応の Python IDE である Rodeo を CentOS/RHEL にインストールする手順を紹介します:
https://www.yhat.com/products/rodeo

2017021300


といっても手順として特別なことはなく、リポジトリを追加して yum でインストールするだけです:
$ sudo wget http://rodeo-rpm.yhat.com/rodeo-rpm.repo -P /etc/yum.repos.d/
$ sudo yum install rodeo

インストール後、アプリケーションメニューの「その他」から起動できます:
2017021301


はい起動しました。簡単ですね~(※CentOS/RHEL 7 の場合)
rodeo_centos6


機械学習や数値解析に便利なライブラリが充実している Python をより便利に使うための Python IDE も充実してきてるんですね。。


なお、上でわざと(※CentOS/RHEL 7 の場合)と強調しているのには意味があります。ご覧のように上記のスクリーンショットは CentOS 6 上で動いている Rodeo の画像なのですが、この環境を作るのは一筋縄ではいかなかった、という背景があります(このスクリーンショットを撮るまでの作業が、まあ大変でした・・・)。別の機会に詳しく書くかもしれませんが、とりあえず Rodeo は CentOS/RHEL 7.x 上で動かすのが無難、と付け加えておきます。


Android の開発環境、多くの人は Windows か MacOS X 上で構築すると思いますが、天邪鬼なので Linux(CentOS) で構築してみました。ちょっとコツが必要だったので、その備忘録です:

【環境】
OS: CentOS 6.6(64bit)
  (yum で X Window System, Desktop, JDK 1.7, firefox 導入済み) 
Eclipse: Eclipse LUNA(4.4.1)
  IDE for Java Developers を http://www.eclipse.org/ からダウンロード 

↑普通に CentOS 上で Eclipse + Java の開発環境を用意します。ここから先を説明します。


まずは Android SDK Manager をダウンロードして用意します:
http://developer.android.com/sdk/

↑ここから "SDK Tools Only" と書かれた箇所の Linux 用 Package の最新版をダウンロードします。ここでは android-sdk-r24.0.2-linux.tgz というファイルを /tmp にダウンロードしたと仮定します。

これを展開します:
# cd /usr/local/src
# tar xzvf /tmp/android-sdk-r24.0.2-linux.tgz

Path に tools ディレクトリを追加します:
# vi /etc/bashrc
  :
  :
export PATH=${PATH}:/usr/local/src/android-sdk-linux/tools
(↑この一行を最後に追加して保存)

Eclipse にプラグインを追加します。Eclipse を起動し、メニューから Help - Install New Software を選択して、"http://dl.google.com/android/eclipse/" を追加して、全ツールをインストールします。


全ツールインストール後に Eclipse の再起動が促され、再起動すると Android SDK コンポーネントのインストールが促されます:
2015012701


"Open Preferences" をクリックするとプリファレンスが開きます。ここで Android の SDK Location 上記フォルダを指定して、Apply をクリックします。
2015012702


ここで SDK Manager 経由でのビルドツールのインストールが促されます。"Open SDK Manager" をクリックします:
2015012703


Android SDK Manager が開きます:
2015012704


利用可能な項目のうち、ビルド対象にするバージョンを選択し、チェックを入れてインストールします。この辺りは下記の参考サイトを参照ください。


で、ここからが今回自分で体験して分かった内容です。実はこれだけだと Eclipse 内でエミュレーターの起動ができませんでした。adb や ddms の起動もできません。

僕の場合はライブラリが足りないことが原因でした。以下を実行して解決しました:
# yum install ld-linux.so.2
# yum install libstdc++.so.6
# yum install libz.so.1

2015012705



(参考)http://android.keicode.com/devenv/install-sdk-linux.php


 

このページのトップヘ