まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:ibm

ベータ2が公開されたばかりの IBM Notes(以下「ノーツ」)V10 の、個人的に待望だった新機能「LotusScript で HTTP リクエスト」を早速試してみました。


1989 年(平成元年!)にバージョン1がリリースされたノーツはメールやインターネットの標準機能を取り込みながら進化してきました。特徴の1つでもあるマクロ言語の機能も簡易的な@関数式から VBA 互換の LotusScript 、Java 、そして JavaScript と時代に即して対応範囲を広げてきました。

ただ、ここ数年のカスタマイズの中で不便に感じることも出てきました。それが(この下で紹介する新機能でもある)HTTP リクエスト機能です。各種 REST API などと連携しようとすると HTTP リクエストを実行して、その結果を受け取って・・という一連の処理が必要になります。

ノーツで HTTP リクエストを実行できなかったわけではありません。ノーツは JVM を内蔵しており、Java で(エージェントと呼ばれる)マクロを記述して実行することができます。この方法を使うことで(つまり Java のネットワーク機能を使うことで)HTTP リクエストを実行することはこれまでも可能でした。

一方で制限事項もありました。ノーツの Java エージェントはバックエンド機能として提供されており、そのフロントエンド機能は提供されていませんでした。具体的にいうと「編集中の(未保存の)画面の Subject フィールドの値を取り出して、その値をパラメータとして HTTP リクエストを実行」といった処理をしようとすると、青字部分は Java を使えばいいのですが、赤字の部分の処理は Java からは実行できないのでした。これを実現するために例えば LotusScript のフロントエンド機能を使って赤字部分の処理を実行し、そこで取り出した値を(ファイル渡しなどの)何らかの方法でバックエンドの Java に渡して処理させる、という連携が必要でした。なので、技術的に不可能でなかったのですが、2つの言語記述による処理を連携させる必要があり、ちと面倒だったのでした。

今回リリースされた V10 ベータ2の新機能「LotusScript から HTTP リクエスト」はこの制約を取り除くことができると思っています。具体的にはフロントエンドの LotusScript で編集中の値を取り出して、そのままバックエンドの LotusScript で HTTP リクエストを実行することができるようになる、というものです。全てが LotusScript の1処理で完結することになり、自然に実装することができるようになると期待していました。その機能を使ってみたので以下で紹介します:



まずはノーツ V10 をインストールします、about 画面はこんな感じです:
20180821


で、肝心の HTTP リクエストは・・・どうやって使うんだろ?? (^^; ベータ版だからなのか、全くドキュメントが見つかりません。。。

それっぽいキーワードでぐぐって、唯一なんとか見つけたのがこの PDF ・・・
http://collabsphere.org/ug/collabsphere2018.nsf/0/789F066AA1414139862582A900620D93/$File/CollabSphere2018%20-%20Elementary.pdf

2018082105
 ↑NotesSession から createHttpRequest() して・・・ってこと?

これ、どこまで信用できる情報かわからないし、情報は充分ではないけれど、今はこれを信じて使ってみることにします。まずは超シンプルに僕が IBM Cloud 上に作った「リアルタイム外為情報」 API をそのまま HTTP GET で呼んでみることにします:
2018082105
 ↑HTTP GET されたら、こんな JSON を返すだけの API


上記 PDF の内容に従って、NotesSession のインスタンスから createHTTPRequest() して NotesHTTPRequest のセッションを生成し、URL を指定して HTTP GET 、その結果を MsgBox でそのまま出力、という内容です。なお PDF に記述されていた Use "class.RemoteHTTP" という宣言をするとエラーになってしまうため使っていません:
2018082103

Sub Click(Source As Button)
  Dim session As New NotesSession
  Dim http As NotesHTTPRequest
	
  url = "http://fx.mybluemix.net/"
	
  Set http = session.CreateHTTPRequest()
  response = http.Get( url )
  Msgbox response
End Sub

実行したら・・・  動いた!!
2018082104


ついに LotusScript だけで HTTP GET Request が動いた瞬間です。わーい、結果は HTTP レスポンスヘッダを含むテキストになってるわけね、ふむふむ。。

あ、よく見るとリクエスト先 URL のプロトコルが "https" ではなく、"http" になっていたので、もう一度 "https" にしてやり直し:
2018082101

Sub Click(Source As Button)
  Dim session As New NotesSession
  Dim http As NotesHTTPRequest
	
  url = "https://fx.mybluemix.net/"
	
  Set http = session.CreateHTTPRequest()
  response = http.Get( url )
  Msgbox response
End Sub


・・・したらエラー(苦笑):
2018082102


なんだ、このエラーは (^^; ベータ版だからなのだろうか?それとも回避手順がある?? あと HTTP GET はいいんだけど、HTTP POST がよくわかりません。http.Post( url, content ) らしいんだけど、content をどう書けばいいんだろ??それから認証が必要な場合は・・・


まだ情報不足もあって調べられることに限界がありますが、一方で LotusScript のみで REST API が実行できそうだ、という感触も得ることができました。これでドキュメントが揃ってくればノーツからの Watson API 連携ももっと楽にできるようになるかな。。


久しぶりに The Weather Company API を使ってみました。なお以下で紹介するサンプルのソースコードはこちらで公開しています:
https://github.com/dotnsf/twc_api

2018081400


使い方は Node.js が導入されているシステムに git clone(またはダウンロード&展開)して、npm install して、node app.js します。成功すると "server starting on XXXX ..." というメッセージが表示されます(この XXXX が動的に決まるポート番号です。以下の例では 6039 番):
$ npm install
$ node app.js
server starting on 6039 ...

ウェブブラウザで上記のポート番号を指定してサンプルアプリケーションに接続します。成功すると東京周辺の(OpenStreetMap の)地図が表示されます:
2018081401


2018/08/14 時点では、このサンプルアプリケーションで3つの The Weather Company API を試すことができ、それぞれ画面上部にある3つのボタンで実行可能です:
2018081402


一番左の "alertsByCoundryCode" ボタンは GET /v1/country/{countrycode}/alerts.json を countrycode = "US" で実行します。つまり "US"(アメリカ合衆国)で現在発生している天候に関する警報の一覧を取得します:
https://twcservice.mybluemix.net/rest-api/#!/Weather_Alerts/v1ccalertheadln


このサンプルアプリケーションでは上位30個の警報を取り出して、その発生位置にマーカーを置き、各警報の内容を参照できるようにしています:
2018081403
(↑この API は以前には存在してなかったような・・・)


真ん中の "currentConditions" ボタンをクリックすると、そのタイミングで地図の中心にある地点を座標を使って GET /v1/geocode/{latitute}/{longitude}/observations.json を実行します。地図の中心にある地点の現在の天候の様子を取得して表示するので、最初に地図をある程度スクロール(マウスドラッグでスクロールします)してから実行し、このサンプルアプリケーションではその情報の一部を表示します:
2018081404


一番右の "historicalData" ボタンをクリックすると、そのタイミングで地図の中心にある地点を座標を使って GET /v1/geocode/{latitute}/{longitude}/observations/timeseries.json を実行します。地図の中心にある地点の過去 24 時間の天候の移り変わりの様子を取得します。このサンプルアプリケーションでは過去 24 時間の気温の移り変わりを表示するようにしています:
2018081405


実装方法など、詳しくは Github 上のソースコードと、The Weather Company API の API Reference を参照ください。

BMXUG(IBM Cloud ユーザー会)の勉強会がきっかけで知り合いになる機会のあった MonAmie さんが今月出版した SF 小説、「H -アッシュ- 仮想通貨BLOODとAIになった歌姫」を読了しました:



近未来である西暦 2025 年、ブロックチェーンと AI の技術が普及した東京を舞台としています。この作品最大の特徴の1つ(と思っている)血液と交換可能な仮想通貨 "BLOOD" を巡るストーリーです。ここでは世の中のいたるところに AI が活用されていて、またそのセキュリティシステムにも話が及び、ひとりの IT エンジニアとして読んでいても興味深い内容でした。

感想として、まず何よりもこれを伝えたいのですが、血液という(現代の日本では法律でお金との交換が禁じられているものの)非常に高価なアイテムを電子的に取引する、というブロックチェーンのユースケースが非常にユニークであり、かつ技術的には実現が不可能と思えるほどでもなく、いろいろな意味で興味深い仕組みが描かれていました。「そうか、血液が扱えるなら○○だって・・・」とブロックチェーンの応用アイデアを刺激される内容でした。

次にこの小説の中では「ブロックチェーン」、「人工知能」、「セキュリティ」という IT の中でも比較的ホットな3つの分野がテーマとして描かれています。この3つの分野全てに精通したエンジニアの存在だけでも珍しいのではないかと思っていますが、(フィクションとはいえ)それらの近未来ユースケースと考えると IT の読み物としても先進的で面白いと感じる人が多くいるのではないかと思いました。

また西暦 2025 年の東京という舞台から見た、現在である西暦 2018 年がブロックチェーンや仮想通貨の黎明期として描かれていて(どこかで聞いたような流出事件が過去事例になっていたりして)、タイムリーな話題が物語の中で自然に取り込まれて紹介されていました。この点も面白く読み進められた理由だったと感じています。気の早い話かもしれませんが、次回作を読んでみたいと思いました。


ブロックチェーンに携わる機会のあるエンジニアや、ブロックチェーンで新しいビジネスを興そうと考えている人にとっては興味深い近未来のユースケースとしても是非読んでいただきたいと感じた一冊でした。


以前に express-ipfilter ライブラリを使って、Node.js アプリの IP アドレスフィルタリングを行うサンプルを紹介しました:
http://dotnsf.blog.jp/archives/1066182158.html

↑ここで紹介したサンプルは一応動くものですが、アプリケーションを IBM Cloud の Cloud Foundry アプリとしてデプロイすると( IP アドレスフィルタリングが)正しく動かないことがわかりました。原因は Cloud Foundry 内のルーティングで x-forwarded-for ヘッダの情報が変わってしまい、正しい IP アドレスを取得できなくなってしまうようでした。

IBM Cloud の Cloud Foundry 環境でもこの IP アドレスフィルタリングを有効にするには、フィルタリングを行う前に Express() の use メソッドを使って、
app.use( 'trust proxy', true );

を呼び出してからフィルタリングを行う必要があります。

(解説)
http://expressjs.com/ja/api.html



 

IBM ワトソン対応の CMS である BlueCMS を公開しました。IBM Cloud を使ったセットアップ手順はこちらをご覧ください:
ワトソン対応の IBM Cloud 向き CMS "BlueCMS" を公開しました(セットアップ手順)


今回は初期セットアップ後の、実際の使い方を紹介します。


コンテンツタイトル等

初期セットアップの中で管理者権限を持った最初のユーザーを作っているので、このユーザーの ID とパスワードでログインします:
2018071001


管理コンソール画面が表示されます。管理コンソールにはコンテンツタイトルなどコンテンツ全体に関係する設定項目に続き、現在までに登録されている文書の一覧テーブルと、添付ファイルの一覧テーブルが表示されますが、ログインユーザーが管理者権限を持っている場合はコンテンツの設定項目の下にユーザー一覧テーブルも表示されます:
2018071101
(↑上からコンテンツ設定、ユーザー一覧)

2018071102
(↑上から文書一覧、添付ファイル一覧)

コンテンツ設定は以下のようになっています:
2018071103


これらは OGP(Open Graph Protocol) と言われる設定項目になっており、有名どころでは facebook で BlueCMS のトップページや各記事を共有した場合に表示される内容を定義します。

また title と desc は BlueCMS トップ画面の jumbotron の中で表示される内容でもあります。自分のブログのタイトルとその説明を記述するようにしてください。url はブログの URL、image_url は OGP イメージ画像の URL を指定します(指定していない場合は無視します)。

なお、現時点(2018/Jul/12)では個別ページの OGP を設定する機能がなく、個別ページをシェアするとトップページと同じ OGP が表示されます(リンク先の URL だけは個別ページになります)。この辺りは今後の機能拡張で対応したいと思っています。


ユーザー追加/管理

管理者権限を持ったユーザーはユーザー一覧テーブルで登録済みユーザーの一覧を確認したり、編集したり、削除したり、新規にユーザーを追加することができます:
2018071104


新規作成は一番下の編集行の各フィールドに入力して "update"、既存ユーザーの変更は右にある "edit" をクリックすると編集行に値がコピーされるので、ここで変更して "update"、ユーザーの削除は右にある "delete" をクリックします。

なおユーザー編集時には role の値に注意してください。この値が 0 のユーザーは管理者、1 のユーザーは編集者として扱われます。name は画面表示用の名称で、email はメールアドレスですが、これらは現時点では特に利用していません。


文書追加/管理

管理コンソールには現在までに登録されている文書の一覧も表示されます:
2018071105


新規作成は一番下の編集行の各フィールドに入力して "update"、既存文書の変更は右にある "edit" をクリックすると編集行に値がコピーされるので、ここで変更して "update"、文書の削除は右にある "delete" をクリックします。

なお文書の status は 1 のものが公開、0 のものは非公開(ドラフト)となります。body は nicEdit を使ったリッチテキスト編集が可能です。category はカテゴリー文字列を直接指定して入力します(category と body の値は IBM ワトソン連携時に利用する値となります)。

body の入力が狭い nicEdit を使っている点が不便であると理解しています。この辺りも今後も機能拡張の対象と考えています。


添付ファイル追加/管理

管理コンソールには現在までに登録されている添付の一覧も表示されます:
2018071106


添付ファイルの新規作成はファイルを選択後、一番下の編集行の name フィールドに入力して "update"、添付ファイルの削除は右にある "delete" をクリックします。添付ファイルには編集機能はありません。


ワトソン連携

セットアップ時に IBM ワトソンの NLC(Natural Language Classifier) 連携も含めて行っている場合は、BlueCMS 内のコンテンツを NLC に学習させたり、学習結果を使って問い合わせを行うことができます:
2018071107


文書一覧の下に NLC 関連のボタンが3つあります。それぞれ以下のように使います:

- "update NLC" : 現在までに BlueCMS に格納された全文書を NLC のトレーニングデータとして学習を初期化&再学習します。学習時には各文書の body 値と category 値だけを取り出して、body 値の内容を category 値として学習します。これを全ての文書に対して行います。

- "NLC status" : 上記学習命令を発生した後の、ワトソンのトレーニングステータスを確認します。この実行結果が "Available" となれば学習準備は完了していて、後述の "classify" で問い合わせが可能になります。一方、実行結果が "Training" であればまだ学習中なので、いましばらくお待ち下さい。

- "classify" : 学習が済んだ後に問い合わせを実行します。具体的には編集行の body に何か文章を入力した後にこのボタンをクリックすると、上述で学習させたコーパスに対してこの body 内容を問い合わせ、「今までの学習データから、どのカテゴリーがふさわしいか」の結果を取得し、category フィールドを更新します。いわば「ワトソンがその内容に相応しいカテゴリーを自動的に決めてくれる」機能です。


現時点での制限事項等

このブログエントリを編集している 2018/Jul/12 時点での BlueCMS の機能と使い方を紹介しました。上述のように CMS として足りない機能や使いにくい部分も多くあり、ワードプレスなどと比較するとまだまだだと思っています。

一方で新しくスクラッチで開発したからこそできた挑戦的な機能もあります。特に標準で IBM ワトソンと連動する機能については BlueCMS の特徴の1つだと思っています。

自分でも少しずつ使っていきながら感じた機能を拡張させていく予定ですが、もしお試し程度でも使ってみていただける場合は、感想や希望を伝えていただければと思っています。


このページのトップヘ