IBM Cloud からはオープンソースのブロックチェーン基盤である Hyperledger Fabric をベースとしたマネージドなブロックチェーン環境が提供されています。この 3/21 からは Starter Membership Plan という、名前の通りに小規模向けの比較的安価なプランも提供されるようになりました。2018/03/25 時点ではベータ版で、通常プランと比較していくつかの制約はありますが、無料で利用できます。早速使ってみました。今回のブログエントリではサービスを選択して利用可能にする所までの手順を紹介します。あくまでベータ版であり、今後の仕様変更等により以下の内容は正しい情報ではなくなる可能性もあります。以下の内容は 2018/03/25 時点での情報であることをご了承ください。


また、以下で紹介する IBM Cloud から提供されているブロックチェーンサービスは、IBM Cloud の無料アカウント版であるライトプランからは利用できません(2018/03/25 時点)。以下で紹介する Starter Membership Plan のベータ版は無料ですが、ライトプランのアカウントからはサービスを選択することはできません。実際に試す場合はクレジットカードを登録するなどしてスタンダードプラン等に移行してからご利用ください。


IBM Cloud にログインしてからカタログを表示し、ブロックチェーンカテゴリーを選択すると、対象サービスが "Blockchain" だけに絞り込まれます。これを選択します:
2018032401


次の画面でリージョンやプランを選択します。今回紹介する Starter Membership Plan は 2018/03/25 時点では米国南部リージョンからのみ提供されています。そのためロケーションを選択する箇所で「米国南部」を選ぶようにしてください:
2018032402


画面を下にスクロールすると利用プランの選択画面になります。上記で米国南部リージョンを選択しているとここが選択肢になっていて、Starter Membership Plan か Enterprise Membership Plan が選べるようになっているはずです(米国南部以外のリージョンだと有料の Enterprise Membership Plan のみ)。ここで Starter Membership Plan を選択して「作成」ボタンをクリックします:
2018032403


なお上図にも書かれているように Starter Membership Plan の場合、以下のような制約事項があります。シングルピア環境なので多数決をとるようなスマートコントラクトを実装することはできませんが、アプリケーションとしての実装はほぼ変わらないものを動かすことが可能になります:
・組織は2つまで
・各組織ごとに1ピアまで


サービスが作成されるとダッシュボード内のサービス一覧内にブロックチェーンサービスが表示されるようになります:
2018032404


作成したブロックチェーンサービスを選択するとブロックチェーンサービスの概要が表示されます(この辺りはプランによる違いはないと思われます)。ここから実際にブロックチェーンを操作したり管理するためのダッシュボードを開いてみます。「管理」タブの「起動」ボタンをクリックします:
2018032405


すると別ウィンドウでブロックチェーン環境のダッシュボードが表示されます。下画面ではトランザクションの順番を決定するオーダラーや、CA(認証局)、そしてピアとなるサーバー環境が動いている様子が確認できます:
2018032406


これまで自分で Hyperledger Fabric 環境を構築しようとすると、サーバー環境を用意した上でこれらの各種サーバーを自分で作って運用する必要がありました。そこまでの構築作業とサーバーとしての運用部分を IBM Cloud に任せて、実際のアプリケーション開発・実行やユーザー登録といった実務に集中できる環境として提供されていることが分かります。ブロックチェーンに興味のある方は是非今のうちに色々使ってみてはいかがでしょうか?

なお、今回は IBM Cloud 上にサービスを作る作業までを紹介しました。次回以降でこのサービスにビジネスネットワークアプリケーションをデプロイして動かせるようになるまでの手順を紹介する予定です。