まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:apache

Apache HTTP サーバーのリダイレクト機能を使って、ウェブアプリケーションに○ニータイマー的な機能を実装してみました。

※最近は「○ニータイマー」と言われても知らないエンジニアも増えてるんだろうなあ。。
(注 ○ニータイマーとは? 参考 - Wikipedia



【やりたいこと】
普通に動いているアプリケーションに対して、ある日時以降は自動的にエラーページへ転送する


【作るもの】
既存のウェブアプリケーション(/xonytimer/ 以下)に対して、以下のようなファイル構成を追加します:
|- xonytimer/ (目的のアプリケーション)
|   |- index.html
|   |-    :
|
|- error.html (エラーページ)
|- .htaccess (リダイレクト設定用)

/xonytimer/ 以下に目的のウェブアプリケーションが展開されているものとします(現在普通に動いているものとします)。で、ある特定の日時以降になったら /xonytimer/ 以下へのアクセスは全て /error.html に転送するよう .htaccess に設定します。

error.html の内容は適当にこんな感じにしました:
<html>
<head>
<title>Error</title>
</head>
<body>
<h1>○ニータイマー発動。。。</h1>
</body>
</html>

肝心の転送設定は以下のような内容にします。これを .htaccess に追加(または新規作成)します:
RewriteEngine On

RewriteCond %{TIME} >20170403033000
RewriteRule ^xonytimer/(.*) /error.html [R=302,L]
 ↑注 RewriteCond の ">" と "20170403033000" との間にスペースを入れてはいけません

↑の場合、システム時間が 2017年04月03日 03時30分01秒以降となる時間以降に /xonytimer/ 以下にアクセスがあった場合は /error.html に転送する、という内容にしています。日時はあくまでサーバー側のシステム時間なので、日本時間なのかそうでないのかはシステムに依存します。設定されているタイムゾーンに併せて指定する必要がある点に注意してください。

この設定であれば 2017/04/03 03:30:00 までに /xonytimer/ 以下にアクセスした場合は普通に使えます:
2017040301


が、上記時刻以降に /xonytimer/ 以下にアクセスすると転送設定が有効になり、/error.html に強制転送されます(/xonytimer/ 以下へはアクセスできなくなります):
2017040302


簡単なリライトルールだけで設定できました。


【こんなもん何に使うのか?】

実際に使うのは、この逆のケースが多いと思っています。例えば .htaccess に記述する内容を以下のようにします:
RewriteEngine On

RewriteCond %{TIME} <20170410000000
RewriteRule ^newapplication/(.*) /underconstruction.html [R=302,L]
  ↑RewriteCond の不等号が逆向きになっている点に注意


この指定であれば、2017/04/10 00:00:00 までの間に /newapplication/ 以下にアクセスがあった場合、そのリクエストは /underconstruction.html (準備中、みたいなページを想定)に転送され、2017/04/10 00:00:00 を過ぎると /newapplication/ 以下はアクセス可能になります。

新しいアプリケーションや(申し込みサイトなど)期日を決めた一時アプリケーションを運用する場合に、URL だけは事前にお知らせてしておくとして、実際の運用は指定期日になったらアクセスを許すがそれまでは URL を知っていてもアクセスさせない、という場合に便利な転送設定となります。


Java で(Web)アプリケーションから REST API を実行する時など、HTTP のクライアント機能を java.net.* から作るのは面倒です。現実的にはなんらかのライブラリを使うことになると思います。

そんな場合によく使われるのが Apache HTTP Client だと思ってます。2017/Mar/16 現在の最新バージョンは 4.5.3 でした。モジュールはこちらからダウンロードできます:
https://hc.apache.org/downloads.cgi

2017031501


上記サイトの HttpClient カテゴリから 4.5.3.zip と書かれたリンクをクリックすると 4.5.3 のバイナリが zip アーカイブとして取得できます(ファイル名は httpcomponents-client-4.5.3-bin.zip)。ダウンロードした zip ファイルを展開し、lib フォルダから jar ファイル群を取り出します(今回のサンプルで最低限必要なのは以下の6ファイルです):
  • commons-codec-1.4.jar
  • commons-logging-1.2.jar
  • httpclient-4.5.3.jar
  • httpclient-cache-4.5.3.jar
  • httpcore-4.4.6.jar
  • httpmime-4.5.3.jar

Eclipse 等で Java のウェブアプリケーションプロジェクトを作成し、lib フォルダ(Webcontent/WEB-INF/lib など)に上記作業で取り出した jar ファイル群をまとめてコピーしておきます。これで準備完了:
2017031502


では実際にこれらのモジュールを使って HTTP アクセスを実現するプログラムを書いて実行してみます。今回はスタンドアロンに HTTP GET を実行する、こんなプログラムにしてみます:
import org.apache.http.HttpEntity;
import org.apache.http.client.methods.CloseableHttpResponse;
import org.apache.http.client.methods.HttpGet;
import org.apache.http.impl.client.CloseableHttpClient;
import org.apache.http.impl.client.HttpClients;
import org.apache.http.util.EntityUtils;

public class HttpClient1 {
  public static void main(String[] args) {
    // TODO Auto-generated method stub
    String url = "https://www.ibm.com/developerworks/jp/"; //. HTTP GET する URL

    try{
      CloseableHttpClient client = HttpClients.createDefault();
      HttpGet get = new HttpGet( url );
      CloseableHttpResponse response = client.execute( get );
      int sc = response.getStatusLine().getStatusCode(); //. 200 の想定
      HttpEntity entity = response.getEntity();
      String html = EntityUtils.toString( entity, "UTF-8" );
      System.out.println( html ); //. 取得結果をコンソールへ
      client.close();
    }catch( Exception e ){
      e.printStackTrace();
    }
  }
}

指定した URL(上記の場合は https://www.ibm.com/developerworks/jp/")に HTTP でアクセスして、GET した結果をコンソールに出力する、というものです。この内容を記述したファイル(HttpClient1.java)を Eclipse から実行します:
2017031503


で、指定した URL  の HTML が取得できることを確認します。HTTP GET は呼び出すだけなのでシンプルですね:
2017031504


アクセス先として HTML のようなテキストではなく、画像のようなバイナリデータの場合は以下のように byte 配列として結果を取得します(HTTP リクエストヘッダを設定する例も加えています):
import org.apache.http.HttpEntity;
import org.apache.http.client.methods.CloseableHttpResponse;
import org.apache.http.client.methods.HttpGet;
import org.apache.http.impl.client.CloseableHttpClient;
import org.apache.http.impl.client.HttpClients;
import org.apache.http.util.EntityUtils;

public class HttpClient2 {
  public static void main(String[] args) {
    // TODO Auto-generated method stub
    String url = "https://dw1.s81c.com/developerworks/i/f-ii-ibmbluemix.png"; //. HTTP GET する URL

    try{
      CloseableHttpClient client = HttpClients.createDefault();
      HttpGet get = new HttpGet( url );
      get.addHeader( "User-Agent", "MyBot/1.0" );  //. HTTP リクエストヘッダの設定
      CloseableHttpResponse response = client.execute( get );
      int sc = response.getStatusLine().getStatusCode(); //. 200 の想定
      HttpEntity entity = response.getEntity();
      byte[] img = EntityUtils.toByteArray( entity );
      System.out.println( "" + img.length ); //. 取得結果をコンソールへ
      client.close();
    }catch( Exception e ){
      e.printStackTrace();
    }
  }
}

一方、HTTP POST の場合も同様ですが、GET の時との違いとしてポストデータを送信する必要もあります。以下はテキスト情報とファイルのアップロードを同時に(Multipart で)送信する場合の例です:
import java.io.File;
import java.io.FileInputStream;

import org.apache.http.HttpEntity;
import org.apache.http.client.methods.CloseableHttpResponse;
import org.apache.http.client.methods.HttpPost;
import org.apache.http.entity.ContentType;
import org.apache.http.entity.mime.MultipartEntityBuilder;
import org.apache.http.impl.client.CloseableHttpClient;
import org.apache.http.impl.client.HttpClients;
import org.apache.http.util.EntityUtils;

public class HttpClient3 {
  public static void main(String[] args) {
    // TODO Auto-generated method stub
    String url = "https://xxx.com/posturl"; //. HTTP POST する URL

    try{
      CloseableHttpClient client = HttpClients.createDefault();
      HttpPost post = new HttpPost( url );

//. 文字情報2つとファイル1つをポスト MultipartEntityBuilder builder = MultipartEntityBuilder.create(); builder.addTextBody( "name", "K.Kimura", ContentType.TEXT_PLAIN ); builder.addTextBody( "email", "dotnsf@jp.ibm.com", ContentType.TEXT_PLAIN ); File f = new File( "./logo.png" ); builder.addBinaryBody( "image_file", new FileInputStream( f ), ContentType.APPLICATION_OCTET_STREAM, f.getName() ); HttpEntity multipart = builder.build(); post.setEntity( multipart ); CloseableHttpResponse response = client.execute( post ); int sc = response.getStatusLine().getStatusCode(); //. 200 の想定 HttpEntity entity = response.getEntity(); String html = EntityUtils.toString( entity, "UTF-8" ); System.out.println( html ); //. 取得結果をコンソールへ client.close(); }catch( Exception e ){ e.printStackTrace(); } } }

PUT や DELETE の場合も同様に。

この記事の続きです:


IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に作った仮想サーバーにいわゆる "LAMP"(=Linux + Apache HTTPD + MySQL + PHP) 環境を構築してみます。まずは上記記事を参考に仮想サーバーを作り、SSH でリモートログインします:
2017010403


ミドルウェアの導入作業を伴うため、ルート権限を持ったユーザーにスイッチしておきます:
$ sudo /bin/bash
#


LAMP 環境に必要なミドルウェアや言語環境をまとめて導入します(赤字はコメント):
# yum install httpd -y (Apache HTTP サーバー)
# yum install mysql-server mysql -y (MySQL)
# yum install php php-mbstring php-mysql php-gd php-pear php-xml php-devel -y (PHP)

また以下は LAMP 環境構築においては必須ではありませんが、使うことも多いというか、あると便利だと思うので必要に応じて導入しておいてください:
# yum install screen -y (screen)
# yum install git -y (git)
# yum install java-1.8.0-ibm-devel -y (JDK 1.8)

ミドルウェアを起動する前にファイアウォールの設定を行います。デフォルトの LinuxONE では iptables によるファイアウォールが有効になっており、このままでは http(s) によるアクセスができません。今回の環境では iptables を無効にしておきましょう:
# /etc/init.d/iptables stop
# chkconfig iptables off

あらためて各ミドルウェアを起動し、また自動起動設定をしておきます:
# /etc/init.d/httpd start
# /etc/init.d/httpd mysqld
# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on
# exit
$

この時点で Apache HTTP サーバーが動いています。iptables の解除が成功していれば http://(IPアドレス)/ にアクセスすることができるようになっているはずです:
2017010601


さて、MySQL に関しては root のパスワードを設定しておきましょう。この例では P@ssw0rd というパスワードにしていますが、ここは必要に応じて変えてください:
$ mysql -u root

mysql> set password for root@localhost=PASSWORD('P@ssw0rd');
mysql> exit

これで LinuxONE 上でも LAMP の環境が作れました! ちなみに PHP のバージョンは 5.3.3 が導入できます:
$ php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Dec 15 2015 04:50:47)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies

Apache Derby(或いは "Cloudscape")という RDB をご存知でしょうか?
derby-logo-web


最近は SQLite や HTML5 のローカルデータストアの台頭であまり名前を聞かなくなりましたが、Pure Java で記述された軽量の RDB です。元々は Cloudscape Inc. によって開発されましたが、Informix Software を経て IBM 製品として扱われていた時代もあります。その影響もあってか "DB2 互換 SQL" に対応し、DB2 の SQL が動く軽量の Java RDB という立ち位置でした。軽量であるが故に組み込み系のアプリケーション内で使われることが多いようです。歴史的には 2004 年に IBM から Apache 財団へソースコードが寄贈され、現在の Apache Derby という名称のプロジェクトになりました。また Oracle JDK 1.6 以降に(オプションとして)組み込まれている JavaDB の実装はこの Apache Derby です。

私自身は "Cloudscape" と呼ばれていた頃に使ったことがありました。今回、久しぶりに Apache Derby を使ってみました。

JDK のオプションに組み込まれているとはいえ、せっかくなので最新版を使ってみることにしました。まずは Apache Derby のダウンロードページから最新バージョン(2016/Oct/07 時点では 10.12.1.1)のリンクをクリックします:
2016100601


最新版のアーカイブファイル:db-derby-(バージョン番号)-bin.zip をクリックしてダウンロードします:
2016100602


ダウンロードした zip ファイルを展開し、lib フォルダ内の必要な JAR ファイルを取り出します。今回は本体である derby.jar と、日本語ロケールが含まれた derbyLocale_ja_JP.jar の2ファイルを取り出します:
2016100603


この2ファイルを Java の開発環境から使えるようにします。J2SE/EE プロジェクトであれば、WebContent/WEB-INF/lib 以下にコピーするなどして、コンパイル/実行時に参照できるようにしておきます:
2016100604


試しに以下のような index.jsp ファイルを用意してみました:
<%@ page contentType="text/html;charset=UTF-8" language="java" %>
<%@ page import="java.util.*" %>
<%@ page import="java.io.*" %>
<%@ page import="java.sql.*" %>
<%@ page import="me.juge.derby.*" %>
<%
  request.setCharacterEncoding("utf-8");
%>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3c.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:v="urn:schemas-microsoft-com:vml">
<head>
<title>Derby JDBC Sample</title>
</head>
<body>

<table border="1">
<tr><th>ID</th><th>NAME</th><th>PRICE</th></tr>
<%
final String driverName = org.apache.derby.jdbc.EmbeddedDriver.class.getCanonicalName();
final String dbName = "derbydb";
final String connURL = "jdbc:derby:" + dbName + ";create=true";  //. DBが存在していない場合は作成するオプション

try{
  Class.forName( driverName );
  Connection conn = null;

  try{
    conn = DriverManager.getConnection( connURL );
  }catch( Exception e ){
  }

  if( conn != null ){
    ResultSet rs = null;
    //. 初期化
    try{
      //. 試しに items テーブルにアクセス
      Statement s0 = conn.createStatement();
      rs = s0.executeQuery( "select count(*) from items" );
    }catch( SQLException e ){
      //e.printStackTrace();

      String state = e.getSQLState();
      if( state.equals( "42X05" ) ){
        //. テーブルが存在しない
        try{
          Statement s1 = conn.createStatement();
          s1.execute( "create table items("
            + " id int generated always as identity primary key"  //. この辺りが DB2 互換 SQL
            + ", name varchar(100)"
            + ", price int"
            + " )");

          PreparedStatement s2 = conn.prepareStatement( "insert into items( name, price ) values( ?, ? )" );
          s2.setString( 1, "シャンプー" );
          s2.setInt( 2, 1000 );
          s2.execute();

          PreparedStatement s3 = conn.prepareStatement( "insert into items( name, price ) values( ?, ? )" );
          s3.setString( 1, "石鹸" );
          s3.setInt( 2, 500 );
          s3.execute();
        }catch( Exception e1 ){
        }
      }else if( state.equals( "42X14" ) || state.equals( "42821" ) ){
        //. テーブル定義が不正

      }else{
        //. その他の想定外の例外

      }
    }finally{
      if( rs != null ) rs.close();
    }

    //. レコード表示
    try{
      rs = conn.createStatement().executeQuery( "select * from items" );
      while( rs.next() ){
        int id = rs.getInt( 1 );
        String name = rs.getString( 2 );
        int price = rs.getInt( 3 );
%>
<tr><td><%= id %></td><td><%= name %></td><td><%= price %></td></tr>
<%
      }
    }catch( SQLException e ){
    }finally{
      if( rs != null ) rs.close();
    }
  }
}catch( Exception e ){
  e.printStackTrace();
}
 %>
</table>
</body>
</html>

コードそのものは一般的な JDBC プログラミングです。DB を開く際に目的の DB が存在していない場合はその場で作成するようなオプション("create=true")を付与しています。また items というテーブルのレコード数を取得して、エラーが出るようであればテーブルが存在していないと判断し、新規に items テーブルを定義して作成し、2つほどデータを insert するようにしています。 最終的には items テーブル内の全レコードを画面に出力する、という内容にしています。


このプロジェクトを実行して、index.jsp にブラウザでアクセスすると以下のような表形式で2つのレコード内容が確認できます:
2016100701

まあ普通に RDB として使うこともできますが、組み込み系以外であればフットプリントの小ささからローカルレプリカ DB として利用する、というケースも考えられます。特にサーバー側が DB2 だったりすると SQL 互換が便利に使えたりしますね。

久しぶりに Cloudscape を使ってみました。相変わらずですが( Java が動いている前提はありますが)JAR ファイル置くだけで使える RDB は便利ですね。



今まで Tomcat を使う場合は使い慣れた(理由はそれだけじゃないけど) Tomcat6 を使っていました。試しに Tomcat7 を導入する機会があったので、その導入手順を紹介します。環境はいつもの CentOS 6 です。


まずは Java/JDK 環境が必要です。今回は OpenJava JDK 1.7 を導入することにしました:
# yum install java-1.7.0-openjdk-devel

さて Tomcat7 です。実は CentOS 6 の標準リポジトリには Tomcat7 は含まれていません。標準で含まれているのは Tomcat6 ですが、yum でインストールする場合は
# yum install tomcat6

のように、わざわざ「6」を指定して導入する必要があります。この辺りの導入手順の詳細はこちらを参照してください:
CentOS に Apache Tomcat を導入する

さて Tomcat7 です。Tomcat6 は「6」を指定する必要がありました。Tomcat7 も「7」を指定する必要があるかというと、これがありません(笑)。コマンドとしては
# yum install tomcat

で導入されるのですが、普通にそのまま実行しても「見つからない」というエラーになるだけだと思います。Tomcat7 を yum でインストールするには事前に EPEL リポジトリの登録が必要です。つまり、まずはこのコマンドを実行します:
# rpm -Uvh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

その後に yum で install です。tomcat-admin-webapps パッケージを指定して、管理コンソール画面ごとインストールします:
# yum install tomcat tomcat-admin-webapps

管理コンソール画面にアクセスするための設定を追加します。/etc/tomcat/tomcat-users.xml をテキストエディタで編集し、以下の3行を追加します:
<role rolename="admin-gui"/>
<role rolename="manager-gui"/>
<user username="admin" password="P@ssw0rd" roles="admin-gui,manager-gui"/>
   ↑この例だとユーザー名: admin、パスワード: P@ssw0rd でアクセスするユーザーを作成


インストール後は "tomcat" というサービス名で起動したり、再起動したり、自動実行指定ができます:
# /etc/init.d/tomcat start
# chkconfig tomcat on

管理コンソール画面ごとインストールした場合は、http://(IPアドレス:8080)/manager/html で管理画面にアクセスできます。Basic 認証でユーザー名とパスワード(上記設定の場合であれば admin と P@ssw0rd)を指定してログインできます:
2015122801


CentOS6 で Tomcat7 を使う場合は EPEL リポジトリの登録、が肝です。


このページのトップヘ