まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

タグ:ai

BMXUG(IBM Cloud ユーザー会)の勉強会がきっかけで知り合いになる機会のあった MonAmie さんが今月出版した SF 小説、「H -アッシュ- 仮想通貨BLOODとAIになった歌姫」を読了しました:



近未来である西暦 2025 年、ブロックチェーンと AI の技術が普及した東京を舞台としています。この作品最大の特徴の1つ(と思っている)血液と交換可能な仮想通貨 "BLOOD" を巡るストーリーです。ここでは世の中のいたるところに AI が活用されていて、またそのセキュリティシステムにも話が及び、ひとりの IT エンジニアとして読んでいても興味深い内容でした。

感想として、まず何よりもこれを伝えたいのですが、血液という(現代の日本では法律でお金との交換が禁じられているものの)非常に高価なアイテムを電子的に取引する、というブロックチェーンのユースケースが非常にユニークであり、かつ技術的には実現が不可能と思えるほどでもなく、いろいろな意味で興味深い仕組みが描かれていました。「そうか、血液が扱えるなら○○だって・・・」とブロックチェーンの応用アイデアを刺激される内容でした。

次にこの小説の中では「ブロックチェーン」、「人工知能」、「セキュリティ」という IT の中でも比較的ホットな3つの分野がテーマとして描かれています。この3つの分野全てに精通したエンジニアの存在だけでも珍しいのではないかと思っていますが、(フィクションとはいえ)それらの近未来ユースケースと考えると IT の読み物としても先進的で面白いと感じる人が多くいるのではないかと思いました。

また西暦 2025 年の東京という舞台から見た、現在である西暦 2018 年がブロックチェーンや仮想通貨の黎明期として描かれていて(どこかで聞いたような流出事件が過去事例になっていたりして)、タイムリーな話題が物語の中で自然に取り込まれて紹介されていました。この点も面白く読み進められた理由だったと感じています。気の早い話かもしれませんが、次回作を読んでみたいと思いました。


ブロックチェーンに携わる機会のあるエンジニアや、ブロックチェーンで新しいビジネスを興そうと考えている人にとっては興味深い近未来のユースケースとしても是非読んでいただきたいと感じた一冊でした。


ゆるキャラを画像で検索するサービスを作って公開してみました:
http://yuru.mybluemix.net/

まず最初に、自分はある程度ゆるキャラに詳しいと思っています。積極的な興味というよりは、マンホールに詳しくなっていると、最近はそのマンホールのデザインにゆるキャラが使われることが珍しくなくなってきたので、自然と(?)ゆるキャラにも詳しくなってしまうのでした。。
2017011500
 

さて、ゆるキャラに限らないのですが、イマドキ何かを調べようとした時にはまず『ググる』のが定番です。ただ、それは調べるためのキーワードが分かっている場合です。ゆるキャラの場合、名前が分かっていれば名前でググれば確実ですし、名前が分からなくても出身地とかが分かれば「ゆるキャラ 東京都」などで検索すればいくつか候補が見つかるのでそこから調べる方法もあります。

しかし問題は名前も出身地も分からず、検索するためのキーワードがない場合です。例えば目の前に着ぐるみそのゆるキャラ本体がいて、写真は撮れるんだけど、そのゆるキャラがなんという名前で、どこのゆるキャラで、どんな特徴を持っているのか、、、といった情報を調べる具体的な方法がなかったように感じていました。

といった背景もあり、「画像からゆるキャラを調べる」ことができるようなウェブサービスを作ってみた、という経緯です。いわゆる「類似画像検索」を行うため、コグニティブエンジンである IBM WatsonVisual Recognition API を使って実装してみました:
http://yuru.mybluemix.net/


使い方はシンプルで、ウェブサイトをPCかスマホのブラウザで開き、ファイル選択ボタンを押して、ローカルシステムやフォトライブラリ等から目的の画像を選択するだけです:
2017011501


PC の場合に限り、目的の画像ファイルを画面上部のこの辺りにドラッグ&ドロップしても構いません:
2017011502


例えばこの画像のゆるキャラを調べてみることにしました。まあ有名なヒトなので答はわかっているのですが、ちょっとトリッキーなアイテムも写っていて普段と違う画像になっているので、いいサンプルかな、と:
く


この画像を選択するか、画面内にドラッグ&ドロップすると画面が暗転して検索が始まります:
2017011503


暗転から戻ると、検索結果として候補キャラが画面下部に表示されているはずです。最大で100件表示されます:
2017011504


今回の画像の場合、下の方にそれっぽいのが見つかりました:
2017011505


該当する結果の画像をクリックすると、そのゆるキャラの情報がポップアップします。ご存知「くまモン」でした。なお PC であればマウスオーバーでも表示されます:
2017011506


まだまだ学習量が充分ではなく、第一候補となることはまだ珍しいとか、(着ぐるみの写真ではなく)絵の場合には精度が落ちるとか、横から写した画像に弱いとか、背景画像に左右されることが多いとか、まだまだ問題はありますが、一応動くものが作れたと思ってます。

実際の用途としてはある程度いけるかな、と思ってます。もちろん精度高く検索できることが理想ですが、上記で書いたように「名前が分かれば色々調べる方法はあるんだけど、肝心の名前が出てこない」のを解決するツールとして考えると、検索結果の候補の中に含まれていれば、それはそれでオッケーかな、と。


なお、今回のサービスは Visual Recognition の中では現時点でベータ版の /v3/collections/ で始まる API を使って開発しています。今後の仕様変更などがあった場合にサービスがどうなるか何とも言えませんが、なるべく対応させていく予定です。合わせてもう少し学習データの量を増やして検索精度を上げられないか、がんばってみます。


「人工知能が進化したら、人間の仕事がなくなる!?」とか「人工知能が人間の仕事を奪う!?」とか言われているのをたまに目にします:
http://nikkan-spa.jp/907607 

個人的意見ですが、遅かれ早かれ&多かれ少なかれ、そういうことは出てくるんだろうなあ、、と思ってます。「絵画や小説など、芸術性/創造性の高い分野ではまだまだ」とも言われてますし、自分もその通りだとも思いますが、「まだまだ」ということは「いずれ・・・」という可能性を秘めているわけでもあります。

その一方で「人工知能が踏み込むことのできない分野もある」と思っています。人工知能がどれだけ発達しても、人間に追いつかないであろう分野があるとしたら、それは何だろう??と・・・


自分なりの答を1つ出すとしたら、それは「本能」だと思ってます。ニューラルネットワークやディープラーニングは「学習」させることで知能を得ます。この精度が高ければ高いほど、人間の脳に近づき、場合によっては人間を超えてしまうこともあると思っています。ただ、裏を返すとこの「学習」が人工知能の精度を高めているわけなので、何も学習させる前の人工知能はただの箱というか、「入力しても反応しないソフトウェア」でしかありません。

一方で人間には、何も教えていないのに既に体が知識を持っていたりします。特に生死に関わるようなもので、意志を伝えるために声や音を出すとか、身の危険を感じた時に自然に防御するとか、暑い時に汗をかいて体を冷やすとか、目の前にものが現れた時に(目を守ろうとして)目をつぶるとか、水中で呼吸を確保するために手足をバタバタさせるとか、、、DNA のレベルで学習済みというのか、動物や赤ちゃんが取る行動が近いといえるかもしれません。

もちろんこのような本能に近い行動をするようにコンピュータに学習させることはできると思いますが、「人はこれらのことを学習していなくてもわかっている、本能的に行動できる」という点が大きな違い、という意味です。


その意味で「人工知能が進化しても、自分の仕事を失わないようにするには?」を考えると、「仕事に本能に近い要素を取り入れること」と「自分の本能を磨き続ける」ことだと思ってます。例えば自分の場合であれば、お客様やイベントで製品の説明をする際に「どういう紹介の仕方をすれば驚いてくれるだろうか? 何を見せれば感動するだろうか?」といった、相手の本能を揺さぶるような観点を取り入れることを心がける、とか、頭や体を動かし続けて、自分の本能がサビつかないようにするとか、かなあ。



このページのトップヘ