このブログエントリの続きです。

SD カードアダプタの皮を被った Linux、CLF-WF01。なぜか標準で telnetd (と ftpd も)が動いていて、パスワード無しで telnet 接続ができることを発見しました。今回はこいつのカスタマイズに挑戦します。

で、そのカスタマイズ方法ですが、実はこの CLF-WF01 のカーネルやユーティリティは最小限に削られているようで、標準状態では vi すら導入されていません。なので telnet で接続しても、そのままカスタマイズに挑むのはちょっと無理があるのでした。

でもここでは先人の知恵を拝借することにしました。実はこの CLF-WF01 で使われているファームウェア(に相当するもの)を解析している方がいらっしゃるようで、とりあえず「とんすけ」様のビルド成果を使わせていただきます: m(__)m
『Flucard でプログラムとかCGIとか』

上記リンク先から deploy_20120420.zip をダウンロード&展開し、出てきた DCIM/122_TREK フォルダを、CLF-WF01 で使うマイクロ SD カードの DCIM フォルダにまるごとコピーします(マイクロ SD カード内に DCIM/122_TREK フォルダができるようにします)。また展開後の直下ディレクトリにある autorun.sh をマイクロ SD カードのルート直下にコピーします。コピーは FTP で行ってもいいですし、マイクロ SD カードのみを取り出して PC に接続し、直接書き込んでも構いません。これで準備はOK。

簡単に解説すると、DCIM/122_TREK 内にこの CLF-WF01 用の vi 等を含めた各種バイナリが用意されており、足りない機能を補充しています。またマイクロ SD カード直下に autorun.sh というファイルがあると、Linux 起動直後に読み込まれて、その中に記述された命令が実行される、という特徴があることが分かっています。この特性を利用して、CLF-WF01 のパスの通ったディレクトリから DCIM/122_TREK 内のバイナリにシンボリックリンクを貼り、命令が直接実行できるように準備しています。またデフォルトでは無効になっていた sshd も起動するようにしています(デフォルトのままアクセスする場合は ID:root , PW:admin)。

この状態で改めて CLF-WF01 の Linux を起動し、PC から無線 LAN で接続してみます。今回は sshd を有効にしているので SSH クライアントからアクセスしてみます(ユーザーID : root, パスワード : admin autorun.sh で変更することも可能です)。
2014012610

おー!ssh クライアントからもアクセスできました。しかも上図のように、このモジュールを使うと PHP 5.3.10 も初めから使える状態になっていて、かなり便利です。

また、/www/cgi-bin/ フォルダ内には CGI 用のプログラムがサンプルでいくつか用意されています。これらのプログラムは CGI 経由でウェブブラウザから利用することもできます。自分で CGI など作る場合はここに入れておけばいいわけね:
2014012611

個人的にはここまでの環境ができれば充分すぎる感じ。とんすけ様、便利なツールの提供ありがとうございます!