「起動中の Amazon EC2 のインスタンスが消える!?」というオカルトな現象に2度ほど遭遇しました。

1度目はオペレーションミスか勘違いかと思ったんですが、2度あるとさすがに勘違いでは済まなくなります。

まあサーバーとしては実稼働中ではなかった(実はこれがクセモノだった、実稼働中ならもっと早く真相に気づけたかも)ので、深刻な状態にはならなかったのですが、この現象の正体を突き止めるべく調べてみました。


この怪現象はこんな感じ。Amazon EC2 にログインして、サーバーインスタンスを起動して使っていました(画面は管理コンソールです)。
2014010807


が、ある時に同じ管理コンソールを見てみると動いていたはずのインスタンスが消えています! まじかっ!?
2014010808


何がなんだかよく分からないけど、消えてしまったものはもう存在しないんだよね? それなら再度構成しないといけないのでインスタンスを作リ直して・・・ なんてやってました。

このインスタンスは本稼働前の準備段階のインスタンスだったので実際にユーザーがアクセスしたりしていたわけではないのです。その意味では「ああ本番前でよかった」と問題にはならなかったのですが、、 すごいオチが隠れてました。 みなさん、分かります?



以下、真相です。

まずサーバーインスタンスは消えたわけではなく、ちゃんとずっと動いていました。なので本来は作り直す必要もありませんでした。

ではなぜ管理コンソールから消えていたのか?

これは単に異なるリージョンを見ていた、ということでした。

上記図を再度見直してみます。最初のインスタンス稼働中の管理コンソール画面ではリージョンは US East(N.Virginia) に設定されていました。つまりこのサーバーはバージニア州のデータセンター内で動いていた、ということです。
2014010801

次にサーバーが消えたように見えた管理コンソール画面のリージョンは US West(Oregon) になっています。つまりこちらはオレゴン州のデータセンターを参照していて、そこでは(作ってないから当たり前ですが)何も動いていない、ということでした。
2014010804


そっかー。なんだ、リージョンが切り替わったのに気付かなかっただけか。 めでたし、めでたし。


・・・ところでいつリージョンが切り替わったんだ?俺は何もしてないぞ。 
管理コンソール見るたびにリージョンなんか意識してないし、こんなことが頻繁に起こってたら、いつか本当にやらかす可能性があるぞ。

で、このリージョン切り替わりの謎をずっと探っていたのですが、最近になってやっと分かりました。結論としては
 ・AWS のリージョン情報がブラウザのクッキーに残っていて、
 ・AWS アカウントを複数持っていて、適宜切り替えて使っていた
のが原因でした。

まず AWS のリージョン情報(らしきもの)はブラウザのクッキーに残っていました。console.aws.amazon.com のクッキーとして3つの(それぞれの用途はわかりませんが) "us-west-2" リージョンが記録されていることを確認しています。
2014010805


次に自分は業務用と個人用と、2つの AWS アカウントを持っています。同じPCの同じブラウザで、ログインユーザーを切り替えて使っています。

たとえば、まず業務用アカウントを使ってログインしているとします。この時は US-East リージョンにあるインスタンスを使っています。
2014010801


この状態でいったんログアウトします。リージョン情報はクッキーに残っているので、次回ログイン時のデフォルトリージョンは US-East になるはずです(なので同じ業務用アカウントでログインした時はこの続きの管理コンソール画面が表示されるはずです)。

ここで個人用アカウントに切り替えてログインします。リージョン情報がクッキーに残っていて、どうやらユーザーごとの制御はしていないようなので個人用アカウントでも US-East リージョンで管理コンソールが表示されます。
2014010802

この状態から新しくサーバーインスタンスをリージョン指定なしで作り、それが US-West リージョンで作成された場合(或いは US-East 以外のリージョンを指定して作成した場合)、当然ですがインスタンスは US-East リージョンではなく、US-West リージョン内に作成されます。そしてこのタイミングで管理コンソールのリージョンも US-West に切り替わります。実際にインスタンスを作成しなくても、このようなオペレーションが行われたと仮定して(手動で) US-West リージョンに切り替えておくと、この後の現象を再現できます。
2014010803

この状態で個人用アカウントはログアウトし、再度業務用アカウントでログインし直します。するとクッキーに残ったリージョンは US-West なので、業務用アカウントでは前回のログアウト直前まで US-East で作業していたにも関わらず、US-West の画面になります。リージョンが異なるので当然ですがそこには直前の画面にあった稼働中のサーバーインスタンスはありません(見えません)。 これが「消えていた」ように見えたわけです。
2014010804

これが世にも恐ろしい「Amazon EC2 のインスタンスが消えた!」現象の原因だったように推測しています。

AWS アカウントを複数持っている人は少ないのか、利用者はリージョンを固定して使っているのか、ググってもこの現象が発生している、という情報を見つけることができませんでした。

上のはあくまで推測にすぎないのですが、現にクッキーの状態も推測にあっていたので、あながち間違ってないのかな、と思ってます。