まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

2017年10月

タイトル通りですが、「『じゃじゃじゃじゃーん』をリズムに変換する Node-RED 用ノード」を作ってみました。


ほとんどの人はこの時点でどんな処理をするノードか理解ができてないと思うので、その補足です。このノードを作るきっかけになったのはこちらのまとめサイトでした:
【超能力者】知恵袋「何の曲か分かりますか?てんてててん てんてんてて」→「戦場のメリークリスマスですね」「なんで分かるんだ!?」


要するに「じゃじゃじゃじゃーん」という日本語テキスト(音階なし、正確なリズムもわからない)だけを頼りに「交響曲第5番、『運命』」のように曲を探し出すという(超)能力を持った人がいて、こりゃすげー!と。

なるほど、面白そうだ。最終的にはこれと同じことをシステム化できないかなあ、と考えているわけですが、その開発の途中で「とりあえずは日本語テキストからリズムを取り出す」仕組みを作り、そこから少々脱線して「その仕組を Node-RED のノードにしてみた」のが今回紹介するノード: node-red-contrib-dotnsf-jajajajan です:
https://www.npmjs.com/package/node-red-contrib-dotnsf-jajajajan

2017092300


利用するにはまず Node-RED 環境を(ローカルでも IBM Bluemix でも)用意し、そこからこのノードを導入します。ローカルであれば以下のコマンドでインストールできます:
$ npm install node-red-contrib-dotnsf-jajajajan

IBM Bluemix の Node-RED の場合はメニューからパレット管理機能を使ってインストールします:
2017101401


パレットの管理画面において「ノードを追加」タブを選び、検索文字列に "jajaja" などと入力すると見つかります(私のミスで複数バージョンが登録されてしまいました。最新バージョンのものを指定して「ノードを追加」してください):
2017101402


この状態で Node-RED を起動すると機能カテゴリ内に音符アイコンの "jajajajan" というノードが追加されて、キャンバス上で使えるようになります:
2017092301


このノードの挙動を確認するために以下のようなシンプルなフローを作ってみます。入力カテゴリの inject ノードと、出力カテゴリの debug ノード、そしてこの jajajajan ノードを配置し、以下のように配線します:
2017092302


inject ノードをダブルクリックして、Payload の種類をデフォルトの timestamp から string に変更し、その値を上記で示したような日本語のリズムテキストにします。以下の例ではまさに『運命』の有名な部分である「じゃじゃじゃじゃーん、ララララーン」としています(「じゃ」でも「ラ」でも同じように処理することができることを確認するため、わざと別の表現にしています)。ここで指定したテキストが msg.payload として jajajajan ノードに渡されて処理されます。入力し終わったら「終了」ボタン:
2017092303


これでフローの準備はできました。動作を確認するため「デプロイ」します:
2017092304


デプロイできたら、画面右ペインを "debug" タブに切り替えたことを確認してから、inject ノードの左にあるボタン部分をクリックします。クリックしたタイミングで指定したテキスト(今回の例では「じゃじゃじゃじゃーん、ララララーン」)が msg.payload として jajajajan ノードに渡されます。
2017092305


クリックすると、不定のタイミングで debug タブに文字が表示されてゆくことが確認できます。このタイミングに関してはネットワーク依存があることと、Node.js 上で動く Node-RED が非同期処理を行うことから必ずしも厳密なタイミングではないのですが、なんとなく「じゃ」「じゃ」「じゃ」「じゃーん」「ラ」「ラ」「ラ」「ラーン」のリズムで1行ずつ表示されている(はず)です:
2017092306


出力されている内容を詳しく見てみると、"8" とか "2" とか数字が表示されています。実はこれは音符の長さを表していて、"8" は「8分音符」、"2" は「半音符(2分音符)」を意味して、その長さに合わせて debug 出力も制御されています。現在の仕様では "8" では 0.5 秒後、"2" では 2 秒後に次の音符が表示されるようにしています(なので "8" の次はすぐに表示されますが、"2" の次が表示されるまでには少し時間がかかります)。結果的になんとなく「じゃ」「じゃ」「じゃ」「じゃーん」「ラ」「ラ」「ラ」「ラーン」というリズムに合わせて1行ずつ表示されているように見える・・・のではないかと思っています(苦笑):
2017092307


試しに『メヌエット』の出だし部分である「タンタタタタタンタンタン」で試すとこんな感じです。最初の「タン」が4分音符で、そこから8分音符が4回続いて・・・というリズムで解釈されていることがわかります:
2017092308


と、またこんなくっだらないノードを作ってしまった。。どうしても使ってみたいという変わった人がいたら使ってください。ちなみにソースコードはこちらです(日本語処理の部分はかなりハードコードに依存しているので、他の言語用に移植するのが難しいかも・・):
https://github.com/dotnsf/node-red-contrib-dotnsf-jajajajan


脱線した話を元に戻すと、このノードで実現している仕組みを使ってテキストをリズムに変えて、取り出したリズムの情報をあらかじめ楽譜を元にリズムだけを取り出した楽曲のデータベースから曖昧検索して近いものを探す、という方法で冒頭で紹介したような超能力者みたいな仕組みをシステム化できないか、と考えています。こちらも諦めているわけではなく、ある程度は動くようになっている(楽譜そのものと、楽譜から主旋律を探す仕組みに苦戦している)ので、人前に出せるようになったら公開するかもしれません。まあ、そうそう簡単なものではないと分かっている上に自分が音楽や楽器が得意ではないので、まだ躓いてすらいない落とし穴が待っているかもしれませんが・・・

複数の楽器向けに書かれている楽譜から主旋律(というのかな?人間がよく知ってるパート)を探す方法を知っている人がいたら教えていただけるとうれしいです。

Ubuntu (や CentOS/RedHat Enterprise Linux)をデスクトップとして使っている人はあまり多くないかもしれませんが、自分はその1人です。知る人ぞ知る GPD Pocket も Ubuntu モデルを購入しました。

個人的には最近の Linux デスクトップは非常に便利だと思ってますが、ただ使っていて「あれ??」と思うことが無いわけでもありません。例えば今回紹介するのは MPEG4 動画の再生なんですが、そのコーデックは標準で充分にインストールされているわけではないので、そのままでは再生できないことがあります。その Ubuntu 環境での導入方法を調べたのでメモ目的も兼ねてブログにします。


まず、MPEG4 AAC コーデックなどの拡張メディア機能を Ubuntu に導入するには ubuntu-restricted-extras というパッケージをあらかじめ導入しておく必要があります。以下のコマンドで導入します:
$ sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras

その後、必要なメディアパッケージを導入します。今回の MPEG4 であれば以下のコマンドでインストールします:
$ sudo apt-get install libav-tools ffmpeg


これで MPEG4 AAC や H.264 デコーダーが導入されて、Ubuntu デスクトップからも再生可能になります。





これらの記事の続きです(シリーズとしては今回が最終回です):
Cloudant の便利な API (1) : バルクインサート
Cloudant の便利な API (2) : View Design Document
Cloudant の便利な API (3) : List Design Document

DBaaS である IBM Cloudant の便利で特徴的な API を紹介しています。前回までは Design Document の1つである View Design Document と List Design Document を紹介して、データベース内の特定の条件を満たすドキュメントデータだけを「ビュー」としてまとめ、かつそのビューの UI も格納ドキュメントの一部として定義する、という内容を紹介しました(47都道府県のドキュメントデータから海なし県だけを取り出して HTML の UI で表示する、というところまでを作りました):
2017100602

↑ https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea/_list/nosea/nosea にアクセスした結果(username は Cloudant インスタンスに接続するための username です)

最終回である今回は、この一覧からクリックした各ドキュメントも HTML で表示するための Show Design Document と、その API を紹介します。

前回のおさらいとして、このビューで表示される各ドキュメントをクリックすると、以下の URL に移動します(現時点ではエラーになります):
https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea/_show/nosea/(doc.id)

これは doc.id で示される id 値を持つドキュメントデータを nosea という Show Design Document の設計内容を使って表示する際の URL です(そして現時点では nosea という Show Design Document を定義していないためエラーになります)。

ではこの nosea Show Design Document を定義します。前回までに紹介した View Design Document と List Design Document を含む JSON の内容に赤字部分を加えて以下のようなドキュメント(nosea_show.json)を作ります:
{
 "language": "javascript",
 "views": {
  "nosea": {
   "map": "function(doc){ if( doc.code && [9,10,11,19,20,21,25,29].indexOf(doc.code) > -1 ){ emit( doc._id, {code:doc.code,prefecture:doc.prefecture,capital:doc.capital,lat:doc.lat,lng:doc.lng} ); } }"
  }
 },
 "lists": {
  "nosea": "function( head, row ){ start( { 'headers': { 'content-type': 'text/html' } } ); send( '<ul>' ); var row; while( row = getRow() ){  var url = '../../_show/nosea/';  send( ' <li><a href=\"' + url + row.id + '\">' + row.value.prefecture + '(' + row.value.capital + ')</a></li>' ); } send( '</ul>' );}"
 },
 "shows": {
  "nosea": "(function( doc, req ){ if( doc ){  var str = '<h2>' + doc.prefecture + '</h2><h3>' + doc.capital + '</h3><hr/>緯度: ' + doc.lat + '<br/>経度: ' + doc.lng;  return str; }else{  return 'empty'; }})"
 }
}

赤字部分が Show Desgin Document に相当する部分です。この中では同ファイル内の上位部分で定義された nosea ビューからクリックされた各ドキュメントが表示する際に実行される処理が記載されています。上記例では理解しやすさを優先して、ドキュメントの各属性(県名、県庁所在地名、緯度、経度)を単純に HTML で表示する内容にしています。

なお、この内容と同じファイル(nosea_show.json)をこちらからダウンロードできるよう用意しました:
https://raw.githubusercontent.com/dotnsf/samples/master/nosea_show.json


前回同様に、この JSON ファイルを指定して Design Document を更新します。まずは API で現在の Design Document を確認し、現在のリビジョンを確認します:
$ curl -u "username:password" -XGET "https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea"

{"_id":"_design/nosea","_rev":"YYYY..YYYY","language":"javascript", ... }

この例の場合の YYYY..YYYY 部分("_rev" の値)が現在のリビジョン ID なので、この値をダウンロードした nesea_show.json ファイルに追加します:
{
 "_rev": "YYYY..YYYY",
 "language": "javascript",
 "views": {
  "nosea": {
   "map": "function(doc){ if( doc.code && [9,10,11,19,20,21,25,29].indexOf(doc.code) > -1 ){ emit( doc._id, {code:doc.code,prefecture:doc.prefecture,capital:doc.capital,lat:doc.lat,lng:doc.lng} ); } }"
  }
 },
 "lists": {
  "nosea": "function( head, row ){ start( { 'headers': { 'content-type': 'text/html' } } ); send( '<ul>' ); var row; while( row = getRow() ){  var url = '../../_show/nosea/';  send( ' <li><a href=\"' + url + row.id + '\">' + row.value.prefecture + '(' + row.value.capital + ')</a></li>' ); } send( '</ul>' );}"
 },
 "shows": {
  "nosea": "(function( doc, req ){ if( doc ){  var str = '<h2>' + doc.prefecture + '</h2><h3>' + doc.capital + '</h3><hr/>緯度: ' + doc.lat + '<br/>経度: ' + doc.lng;  return str; }else{  return 'empty'; }})"
 }
}

これで更新用の nosea_show.json ファイルが完成しました。改めてこのファイルを指定して Design Document を更新します:
$ curl -u "username:password" -XPUT -H "Content-Type: application/json" "https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea" -d@nosea_show.json

{"ok":true, "id":_design/nosea", "rev":"ZZZZ..ZZZZ"}

これで Design Document が更新されました。改めてウェブブラウザで https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea/_list/nosea/nosea にアクセスすると、List Design Document で定義された内容に従って nosea ビューが表示されます(ここまでは前回と同様):
2017100602


そしていずれかのドキュメント(県名)をクリックすると、そのドキュメントデータが Show Design Document に定義された内容で表示されます。これで一覧から詳細情報まで表示するアプリケーションとして繋がりました!:
2017100604


先程は Design Document の理解のため比較的シンプルな Show Design Document を使いましたが、少し UI にも凝ったバージョンも用意しました:
https://raw.githubusercontent.com/dotnsf/samples/master/nosea_show2.json

こちらの JSON ファイルをダウンロードして、上記同様にリビジョン ID を調べて追加し、API で PUT すると、少しだけ凝った UI で海なし県の一覧と詳細画面を確認することができます(View Design Document は変更せずに、List Design Document と Show Design Document を変更したものです)。

nosea_show2.json を PUT した場合、ビューはテーブル形式で表示されます。県名または県庁所在地名がクリック可能になっています:
2017100605


クリックすると OpenStreetMap API を使って、その県庁所在地周辺の地図が表示されます。海なし県の海までの遠さを視覚的にも確認できる UI にしました(笑):
2017100606



4回に渡って IBM Cloudant の特徴的な Design Document とその API を中心に紹介してきました。以前にも触れましたが、IBM Cloudant のベースとなった CouchDB は IBM Notes/Domino と似た生まれであり、その設計思想などにも似た部分が多くあると感じています。私自身がノーツ大好きということもあってそんな Cloudant の特徴的な機能をまとめて紹介してみました。


これらの記事の続きです:
Cloudant の便利な API (1) : バルクインサート
Cloudant の便利な API (2) : View Design Document


DBaaS である IBM Cloudant の便利で特徴的な API を紹介しています。前回は Design Document の1つである View Design Document とその API を紹介して、データベース内の特定の条件を満たすドキュメントデータだけを「ビュー」としてまとめる方法を紹介しました。

今回紹介するのはやはり Design Document の1つで、「ビューの見た目を定義する」List Design Document です。前回の「ビュー」がドキュメント集合の条件を定義していたのに対して、今回の「リスト」は「ビューの見た目」を定義します。


一般的にデータベースを使ったウェブアプリケーションを作る場合、データベースサーバーにデータを格納した上で、そのデータを読み/書き/更新/検索して画面に表示する部分はアプリケーションサーバーに実装されることが多いです。しかし(HTTP をベースとした) REST API で動かす Cloudant は、その HTTP 部分を更に活用してデータの見た目に関わる部分までを定義・実装することができます。特に今回紹介する List Design Document ではデータの集合体であるビューの見た目を実装して格納します。個別の文書の見た目を実装する Show Design Document については次回紹介する予定です。


※余談ですが、この「見た目を定義する情報がドキュメントの一部として格納される」という点も「ノーツのビューやフォーム」に近い考え方や設計だと思っています。

このリスト(List)も Design Document の1つなので、ビューと同様に設計文書を用意します。前回紹介した View Design Document の JSON の内容に赤字部分を加えて以下のようなドキュメント(nosea_list.json)を作ります:

{
 "language": "javascript",
 "views": {
  "nosea": {
   "map": "function(doc){ if( 

doc.code && [9,10,11,19,20,21,25,29].indexOf(doc.code) > -1 ){ emit( doc._id, 

{code:doc.code,prefecture:doc.prefecture,capital:doc.capital} ); } }"
  }
 },
 "lists": {
  "nosea": "function( head, row ){ 

start( { 'headers': { 'content-type': 'text/html' } } ); send( '<ul>' ); var row; while( row = getRow() ){  var url = 

'../../_show/nosea/';  send( ' <li><a href=\"' + url + row.id + '\">' + row.value.prefecture + '(' + row.value.capital + ')

</a></li>' ); } send( '</ul>' );}"
 }
}

赤字部分が List Desgin Document に相当する部分です。この中では同ファイル内の上位部分で定義された nosea ビューを表示する際に実行される処理が記載されています。

なお、この内容と同じファイル(nosea_list.json)をこちらからダウンロードできるよう用意しました:
https://raw.githubusercontent.com/dotnsf/samples/master/nosea_list.json


赤字部分について簡単に内容を紹介すると、まず HTTP レスポンスヘッダとして 'Content-Type: text/html' を指定し、全体が HTML として返されるよう宣言しています。次に <ul> と </ul> の間が while でループ処理され、このビューに含まれる各文書(doc)の値を row として取り出します。そして
  <li><a href="../../_show/nosea/(doc.id)">県名(県庁所在地名)</a></li>
という <li> 要素を動的に作って <ul> と </ul> の間に挿入し、最後に全体を返しています。 要するに nosea ビューに含まれる海無し県の一覧を <ul> タグを使ってリスト表示している、というものです。

この JSON ファイルを指定して API を実行すれば List Design Document が作成される、、、のですが、もう1つだけ準備が必要です。今回作成する Design Document は前回作成した Design Document を上書きして保存する必要があります。そのため単にこのままのファイルを指定して API を実行しても(同一 ID への新規作成コマンドと解釈され)コンフリクトを起こしてしまい、更新できません。Cloudant の既存ドキュメントを更新する場合は既存ドキュメントのリビジョン ID を明示して実行する必要があるのでした。

というわけで、まずは API で現在の Design Document を確認し、現在のリビジョンを確認します。前回同様、コマンド内の username, password はそれぞれ Cloudant インスタンスに接続するための username, password で、実行結果を青字で表しています(以下同様):
$ curl -u "username:password" -XGET "https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea"

{"_id":"_design/nosea","_rev":"XXXX..XXXX","language":"javascript","views":{"nosea":{"map":"function(doc){ if( doc.code && [9,10,11,19,20,21,25,29].indexOf(doc.code) > -1 ){ emit( doc._id, {code:doc.code,prefecture:doc.prefecture,capital:doc.capital} ); } }"}}}

この例の場合の XXXX..XXXX 部分("_rev" の値)が現在のリビジョンIDです。nosea_list.json をテキストエディタで開いて、この値を使って以下のように書き換えます:
{
 "_rev": "xxxx..xxxx",
"language": "javascript", "views": { "nosea": { "map": "function(doc){ if( doc.code && [9,10,11,19,20,21,25,29].indexOf(doc.code) > -1 ){ emit( doc._id, {code:doc.code,prefecture:doc.prefecture,capital:doc.capital} ); } }" } }, "lists": { "nosea": "function( head, row ){ start( { 'headers': { 'content-type': 'text/html' } } ); send( '<ul>' ); var row; while( row = getRow() ){ var url = '../../_show/nosea/'; send( ' <li><a href=\"' + url + row.id + '\">' + row.value.prefecture + '(' + row.value.capital + ') </a></li>' ); } send( '</ul>' );}" } }

これで更新用の nosea_list.json ファイルが完成しました。改めてこのファイルを指定して Design Document を更新します:
$ curl -u "username:password" -XPUT -H "Content-Type: application/json" "https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea" -d@nosea_list.json

{"ok":true, "id":_design/nosea", "rev":"YYYY..YYYY"}

これで Design Document が更新されました。この時点でダッシュボードの nosea ビューを確認すると・・・一見、何も変わっていないようにみえます:
2017100601


しかしウェブブラウザで https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea/_list/nosea/nosea にアクセスすると、List Design Document で定義された内容に従って nosea ビューが表示されます。結果としてこのような画面が表示されます:
2017100602


これが Cloudant(CouchDB) の特徴ともいえる Design Document の機能です。通常であれば別途アプリケーションサーバーを用意した上で UI やロジックを実現するのですが、Cloudant の場合は Design Document を使うことで Cloudant の REST API(HTTP) の機能を使って UI を実現することができるようになるのでした。 ただ上のUIはシンプルすぎるので実用段階ではもう少しちゃんとしたほうがいいとは思います(苦笑)。

なお、この結果表示されている画面の各海なし都道府県へのリンクをクリックすると、以下のようなエラーになります:
2017100603


これはビューの UI とリンクまでは作成したのですが、各ドキュメントの内容(UI)を表示する Design Document についてはまだ作成していないために(リンク先が見当たらずに)エラーとなっているのでした。というわけで、次回は各ドキュメントの UI を定義する Show Design Document とその API について紹介し、各ドキュメントの内容まで表示できるようなアプリケーションを完成させる予定です。



こちらの続きです:
Cloudant の便利な API (1) : バルクインサート


NoSQL な DBaaS である IBM Cloudant の便利で特徴的な API を紹介しています。前回は1回の POST API 呼び出しでまとめて複数のドキュメントデータを登録するバルクインサート機能を紹介しました。この登録したドキュメントデータを使って、今回からは Cloudant のユニークな API を紹介すると共に、このドキュメントデータを使った参照アプリケーションを作っていきます。

今回紹介する便利な API は View Design Document API です。Cloudant には Design Document と呼ばれる特殊なドキュメントを格納することができます。一般的なドキュメントはいわば「データとしてのドキュメント」であるのに対し、Design Document は「設計情報としてのドキュメント」です。特に今回紹介する View Design Document は複数のドキュメントの集合である「ビュー」の定義情報を保持するドキュメントです。具体的にはどのような条件を満たすドキュメントがビューに含まれるのか、その条件を満たすドキュメントのどの要素をビューに格納するのか、、といった情報を保持する、(ドキュメントデータとは異なる)特殊なドキュメントです。

なお、Cloudant の Design Document に関する API のリファレンスはこちらを参照ください:
https://docs.cloudant.com/design_documents.html


では前回作った47都道府県ドキュメントデータに View Design Document を使ってビューを作ってみます。今回はこの47ドキュメントから、いわゆる「海無し県(=栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、奈良県)」だけを抜き出して集めた nosea ビューを定義してみます。

まず海無し県は上述の8県です。海無し県に含まれる条件は各ドキュメントデータ(doc)の code (都道府県コード)の値が「9か、10か、11か、19か、20か、21か、25か、29のいずれかであれば海無し県」ということになります。これを JavaScript で表現すると、以下のようになります:
if( doc.code && [9,10,11,19,20,21,25,29].indexOf( doc.code ) > -1 ){
    //. doc.code が存在していて、かつその値が [9,10,11,19,20,21,25,29] のいずれかであった場合、
        :
}

この条件を満たしたドキュメントデータの各値を nosea ビューに含める、という処理の場合に指定するデータは以下のような内容になります:
{
  "language": "javascript",
  "views": {
    "nosea": {
      "map": "function( doc ){ if( doc.code && [9,10,11,19,20,21,25,29].indexOf( doc.code ) > -1 ){ emit( doc._id, {code:doc.code,prefecture:doc.prefecture,capital:doc.capital} ); } }"
    }
  }
}

JSON 内の views.nosea(ビュー名).map に、このビューへのマッピングの関数を記述します。function のパラメータである doc がデータベース内の各ドキュメントを示しており、全ドキュメントがこの関数によってマッピングされ、条件を満たしたものだけがビューに含まれるよう定義されています。

関数内で使われている emit() 関数は第一パラメータがキー、第二パラメータがデータの値となります。第二パラメータに全データを含める必要はなく、今回は code, prefecture, capital という3つのデータだけを取り出して表示するようにアプリ化するので、これらの値だけを含めるようにしました。なお、上記の定義ファイル nosea_view.json はこちらからダウンロード可能です:
https://raw.githubusercontent.com/dotnsf/samples/master/nosea_view.json


ではこの(ダウンロードした)nosea_view.json と View Design Document API を使って、実際に海無し県ビューを作ってみましょう。前回同様に、nosea_view.json を保存したディレクトリで以下のコマンドを実行します(青字は実行結果、成功した時の例です):
$ curl -u "username:password" -XPUT "https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea" -H "Content-Type: application/json" -d @nosea_view.json

{"ok":true, "id":"_design/nosea", "rev":"XXXX..XXXX"}

前回作成した mydb データベースの中に nosea という名前のビューを、nosea_view.json で定義された内容で作成する、という API を実行しています。username および password は Cloudant に接続するためのユーザー名およびパスワードです。詳しくは前回の記事を参照してください。

このコマンドを実行後、改めてダッシュボードの画面をリロードすると、まずドキュメントデータそのものが1つ増えて 47 データから 48 データになっていることが分かります。つまりこのコマンドでデータベース内のドキュメントが1つ追加されたことが分かります(追加されたドキュメントの id は:"_design/nosea" です):
2017100504
2017100504


また mydb データベースに nosea という Design Document が追加されていることがわかります:
2017100501


nosea を更に展開し、Views の中にある nosea を選択すると、この nosea ビューで選別されたドキュメントデータが一覧できます。想定通りの8つの海無し県が並んでいれば成功です:
2017100502


value の部分が途中で切れてみれなくなっている場合は、その部分にマウスカーソルを置いてみると value の結果がオーバーレイして表示されます。JSON ファイルで指定した通りに3つの値が取得できていることが確認できます:
2017100503


なお、ビューの一覧結果は API からも参照できます:
$ curl -u "username:password" -XGET "https://username.cloudant.com/mydb/_design/nosea/_view/nosea"

{"total_rows":8, "offset":0, "rows":[
 { "id": "aaaa..aaaa", "key": "aaaa..aaaa", "value": { "code":9, "prefecture":"栃木県", "capital": "宇都宮市" } },
 { "id": "bbbb..bbbb", "key": "bbbb..bbbb", "value": { "code":10, "prefecture":"群馬県", "capital": "前橋市" } },
    :
 { "id": "cccc..cccc", "key": "cccc..cccc", "value": { "code":29, "prefecture":"奈良県", "capital": "奈良市" } }
]}


今回は Cloudant の View Design Document を使うことで特定条件を満たすドキュメントデータだけを選別してビューにする例を紹介しました。このようなドキュメント集合体の定義が1つのドキュメントデータとしてデータベース内に格納される、という所が Cloudant のユニークな点であると同時に、その集合体が「ビュー」と呼ばれている点などがなんとなくノーツっぽい※ところもあって、個人的には親和性を感じます。

※ちなみに Cloudant のベースとなっている CouchDB を開発した Damien Katz さんは元 Lotus のエンジニアです。
https://www.linkedin.com/in/damienkatz/


なお、次回は今回紹介した View Design Document を使って定義したビューを「どのような UI で見せるか」という情報を定義するための List Design Document を紹介する予定です。

このページのトップヘ