昨夜(2022/04/15 午前零時ごろ)、Oracle Cloud からメールがあり、利用しているサーバーインスタンスのパブリック IP アドレスに関する障害(?)があった、とのことでした:
2022041500


ツイッターでも同様のメールを受け取った人がいるようで、どうやら自分のインスタンスだけの問題ではなさそうでした:
2022041501


というわけで、Oracle Cloud でインスタンスを使っている人は念のため一度自分のインスタンスが無事かどうか確認してみることをオススメします。現象としてはインスタンスのパブリック IP アドレスが使えなくなっている、というものなので、SSH などを経由した外部からのアクセスができなくなっています。Oracle Cloud のダッシュボードにログインして、アタッチされたパブリック IP アドレスが見えているかどうかを確認するのがよいと思いました。自分のように使えなくなっている場合は、サーバーインスタンスの Public IP address 欄が表示されなくなっています:
2022041501


その場合の対応方法(パブリック IP アドレスを再設定する方法)もメールで案内されていましたが、残念ながら全て英語でした。わかりにくい人もいると思うので、以下に自分が行った対処をスクリーンショットと併せて紹介します。

まず上記画面(Oracle Cloud ダッシュボードにログインして、サーバーインスタンスを選択した画面)を下までスクロールして、"Attached VNICs" を選択します:
2022041502


設定されている仮想 NIC の一覧が表示されます(普通は1つ)。対象の NIC の名前部分を選択します:
2022041503


インスタンスの仮想 NIC の情報が表示されます:
2022041504


この画面をまた下までスクロールして、"IPv4 Addresses" を選択します:
2022041505


(パブリック IP アドレスが消えてしまった)IP v4 アドレスの一覧が表示されます(ここも普通は1つ)。表の一番右のメニューボタン(縦に点3つ)から "Edit" を選択します:
2022041506


パブリック IP が "No public IP" になっているので、ここを "Ephemeral public IP" に選択し直します。またオプションでその下のフィールドにパブリック IP アドレスの名前をつけることができます。最後に "Update" ボタンを押して保存します:
2022041507


元の画面に戻り、新しいパブリック IP アドレスが付与されていることを確認します:
2022041508


これで新しい IP アドレスで SSH などから外部接続できるように元通りになりました。

同じように困っている方の手助けになれば。