こんなのを作ってみました。これ自体がそのまま直接役立つとは思ってませんが、cron などのスケジュールジョブと合わせて使うことで時系列データを簡単に入手できるので、「生の解析用サンプルデータを用意する」のが比較的容易にできちゃうと思っています。

文字通りの「為替取得 REST API」です。エンドポイント URL はこちらです:
http://fx.mybluemix.net/


REST API なので、何らかの(機械的な)HTTP クライアントからアクセスされることを想定しています。とりあえずデータ・フォーマットを確認する目的で、ウェブブラウザでアクセスしてみると、このような JSON テキストが得られるはずです:
2021061501


JSON テキストを整形するとこんな感じの内容です:
{
 "status":true,
 "result":{
  "datetime":"2021-06-16 14:48:27+0",
  "rate":{
   "USDJPY":109.961,
   "EURJPY":133.339,
   "EURUSD":1.21255,
   "AUDJPY":84.707,
   "GBPJPY":155.129,
   "NZDJPY":78.49,
   "CADJPY":90.334,
   "CHFJPY":122.216,
   "HKDJPY":14.158,
   "GBPUSD":1.4107,
   "USDCHF":0.89958,
   "ZARJPY":7.99,
   "AUDUSD":0.77031,
   "NZDUSD":0.71376,
   "EURAUD":1.57405,
   "TRYJPY":12.872,
   "CNHJPY":17.186,
   "NOKJPY":13.116,
   "SEKJPY":13.137,
   "MXNJPY":5.465
  }
 }
}

status が API の実行結果(true/false)で、成功した場合は result がその結果です。result.datetime が取得したタイミングの GMT 日時です( API を実行した瞬間の日時になっているはずです)。そして result.rate 内にそのタイミングでの(リアルタイムの)各通貨ペアの為替情報が格納されています。例えば上の例では result.rate.USDJPY = 109.961 となっていますが、これはこのタイミングで「1米ドル(USD)=109.961日本円(JPY)」だったことを表しています。同様にして result.rate.EURJPY = 133.339 なので「1ユーロ(EUR)=133.339日本円(JPY)」です。他の通貨表記についてはこのあたりを参照してください:
https://www.gaitame.com/gaitame/gaika/gaika_index.html


このように上記 URL に GET リクエストを発行するだけでリアルタイムな為替情報 20 ペア分が取得できるものです。後はこれを1分おきとか1時間おきに取得して、その結果を RDB なり、JSON DB なりに格納する、という処理を1~10日くらい動かしっぱなしにしておけば、それなりにまとまったデータが取得できるはずです。一応数値は本物の為替情報で、深く考えなくてもただ GET リクエストを実行すれば結果が取得できるので、解析元となるデータを集める上では比較的便利かな、と思っています。

これはあくまで一例ですが、Node-RED のインジェクションノードを定期実行する設定にした上でこんな感じのフローを作るだけで定期的な為替情報を集めて DB に格納するまでが(簡単に)できちゃいます:
2021061502


後はここで集めたデータを使って解析学習時のデータにするもよし、予測機能を作るもよし、ご自由にお使いください。