ラズベリーパイへの Go 言語インストール、普通にリポジトリから $ sudo apt-get install go でインストールできるかと思っていたら出来なかったので手順を調べました:
go


2021/04/07 現在ではラズベリーパイに Go 言語をインストールするには最新版バイナリ(のアーカイブ)をダウンロードして展開するのがてっとり早そうでした。

まずはこのページで Go 言語の最新バージョンを確認します:
https://golang.org/dl/

2021040701


2021/04/07 時点での最新版安定(stable)バージョンは 1.16.3 のようでした。以下、このバージョンをインストールする前提で説明を続けます。

ラズベリーパイのターミナルから、ラズパイアーキテクチャ(armv6l)向け最新バイナリをダウンロードして、/usr/local 以下に展開します:
$ wget https://golang.org/dl/go1.16.3.linux-armv6l.tar.gz

$ sudo tar -C /usr/local -xzf go1.16.3.linux-armv6l.tar.gz

これで /usr/local/go フォルダ以下に Go 言語がコピーされました。実際の go コマンドは /usr/local/go/bin/go に存在している状態です。

このままだとパスが通っていなくて不便なので、パスを通します。~/.bashrc ファイルをテキストエディタで開いて、最終行に以下を追加して保存します:
export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

保存後、 $ source ~/.bashrc を実行するか、ターミナルを一度終了して開き直すと設定が有効になります。go version コマンドを実行して、以下のような結果が表示されればインストール成功です:
$ go version
go version go1.16.3 linux/arm