小型コンピュータのラズベリーパイ、一般的には Raspbian OS で使われることが多いと思っています(自分も特別な理由がなければ Raspbian OS か、または Raspbian の派生 OS で使います)。

が、Raspbian OS って 32bit OS なんですよね。ラズベリーパイ自体は 64bit CPU である arm64 を搭載していることを考えると、「せっかくなので 64bit で使いたい」ともなるわけです。

ラズベリーパイ上で動く 64bit OS はいくつかあるようです。ただリストを見ると「64bit 機能の一部が動かない」という注釈もあったりして、全てが期待通りの挙動をするかというと、そうでもなさそう・・・

というわけで、ラズベリーパイに 64bit Linux である openSUSE を導入する方法を紹介します。といっても導入だけなら Raspbian OS と特別に違うことはなく、どこからイメージをダウンロードするか、程度の違いですけどね。


ラズベリーパイ向けの openSUSE イメージをダウンロードするには、SuSE のラズベリーパイ用ページを参照します:
2019040202


下にスクロールすると、ダウンロードイメージへのリンクが現れます。いくつか種類がありますが、Tumbleweed(開発版)か Leap(安定版)を選び、デスクトップの種類を選択してイメージをダウンロードします。ちなみに僕は Tumbleweed の E20 image を選びました:
2019040201


後は Raspbian OS と同様でダウンロードしたイメージを展開し、(DDWin などのツールを使って)MicroSD カードに書き込み、そのカードをラズベリーパイに差し込んで起動します。

デフォルトのままであれば ID: root, PW: linux でログインできます:
shot-2019-04-02_23-08-13