(この記事は IBM Cloud アドベントカレンダー 2018 に参加しています。2日目の記事です)

先日、以下のブログエントリを公開しました。本エントリはその技術的な補足と、試験的な意味も含めてアプリ URL を一般公開する内容になっています。
お絵かき LIFF アプリを作ってみた

2018112200


技術的な説明の前に、まずは一度使ってみていただきたく、このアプリを(一時的に?)公開することにしました。少し面倒ではありますが、以下の手順で実行できるようにしたので、まずは一度使ってみてください。

①スマホに LINE アプリをインストール(お絵かきアプリは PC 版 LINE からは使えません)

②LINE を開いて誰かとのメッセージ画面(グループ LINE 可)の中に以下の文字を入力してリンクメッセージとして送信する(この作業だけは PC の LINE アプリから行ってもよい)
line://app/1624220123-mbERyVgb

2018120101


③スマホの LINE 画面内から②で送信したリンクメッセージをタップ
2018120102


④LINE 内でお絵かきアプリが起動します。ペンの色と太さを変えながら指でお絵かきします。
2018120103


⑤間違えたら reset か、一度終了してから再度リンクメッセージをタップしてやり直し。
2018120104



⑥描き終わったら post でお絵かきが画像として LINE にメッセージ送信されます(右上の×を押してアプリを終了する)
2018120105


・・・というものです。LINE はスタンプ文化が有名ですが、スタンプを持っていなくてもその場でお絵かきして送るとか、他には地図を書いて送るとか、いろいろな使い方が考えられると思っています。現状、上記のリンクを LINE のメッセージとして一度送っておく必要があり、そのリンクをタップした時に起動する、という使い方になってしまいます。技術的に興味がある人もない人も是非お試しいただきたいと思っています。


以下、このアプリの技術的な解説になります。

このアプリは LINE の新しい開発フレームワークである LIFF(LIne Front-end Framework) を使って開発しています:
https://developers.line.biz/ja/docs/liff/overview/


LIFF は LINE 内で動作するウェブアプリケーションのプラットフォームです。「LINE 内で動作する」という点と「ウェブアプリケーション」であることがキーワードです。上記のように LINE 内で特定リンクをタップすることで起動し、その中身は HTML5 と JavaScript で記述されたウェブアプリケーションです。LIFF の詳しい仕様等は上記の開発者向けページを参照いただきたいのですが、要するにパブリックインターネット上に HTML5 ベースのウェブアプリを作って、そこを参照するような LINE リンクを作っておくことで LINE アプリ内でその HTML5 ページを起動することができます。また LIFF SDK の JavaScript API を使うことで、その HTML5 アプリの情報を起動元である LINE 側に(メッセージとして)送信することも可能です。

今回作ったアプリの場合は HTML5 の Canvas を使ってお絵かきアプリを作成し、その中に描かれた絵を動的に画像に変換して、画像を貼り付ける形でメッセージを送ったことにしています。その結果、HTML5 Canvas 内に描かれた絵を LINE 上で画像添付したかのように送信させることを実現しています。

この仕組の HTML5 ウェブアプリケーション部分と、画像添付部分を IBM Cloud 上の Node.js ランタイムと IBM Cloudant を使って実現しています。HTML5 Canvas 内に描いた画像を動的に PNG 画像へ変換し、Node.js ランタイム上の REST API を使って取得し、(LIFF の場合、画像はオリジナル以外にサムネイルが必要なので)サムネイル画像を生成して IBM Cloudant データベース内に添付ファイルとして保存します:

2018120106


画像が添付できたら、今度はその画像を外部から参照できる URL を用意します。具体的には Node.js ランタイム内に Cloudant 内に格納した画像ファイルを参照できるような URL(REST API) を用意します。そして HTML5 内の LIFF SDK を使って、画像ファイルの URL をメッセージとして送信して、添付画像を付与したメッセージ送信と同じ処理を行います。これでお絵かきで作成した画像が添付されたかのような振る舞いを実現できます:
2018120107


という形で現在は実現しています。 つまり現在はこのアプリを使って作成した画像は IBM Cloudant 内に保存されるように実装されています。現在の運用環境では、このデータベースの容量にも制約があるので、しばらくはデータベースをリセットしながら運用することになります。もしうまく送信できない場合は僕がデータベースのメンテナンスを忘れていて、容量オーバーになっている可能性があることをお伝えしておきます(気付いたタイミングでリセットするようにします)。

また、この公開アプリのソースコードはこちらで(MIT ライセンスで)公開しています。IBM Cloud を使う前提で記述されたコードですが、自分なりに改良したい人がいればうまく活用してください:
https://github.com/dotnsf/line_liff_doodle


これまで LINE の API といえば Messaging API で、bot のようなバックエンド側を操作するアプリを作るには有用だったのですが、やっとフロントエンド側を操作できる API(というかフレームワーク)が出てきてくれました。公開ページ上で HTML5 アプリを置いて運用することになるので、実質的にクラウドを活用する形態が多くなると思います。そんな時に IBM Cloud の上記構成程度であれば無料のライトアカウントでも運用できるので、公開したソースコードを是非色んな人に使ってみたり改良してみてほしいです。