とにかく色々突っ込んでブラックホール化していた自宅のストレージ内を調べていたら、2000~2003 年頃に自分が作っていたアプリケーションソースコードを見つけました!
2017103100


その中に、今でもある程度動くものがありました。当時は github とかなかった(よね?)ので普通に自宅内で管理してたのですが、改めて公開することにしました:
https://github.com/dotnsf/dtopo


以下でその使い方を紹介しますが、まず前提条件として IBM Notes の環境が必要です(というか、公開しているのはノーツ用のアプリケーションです)。またアプリケーションは Eclipse 上で実行するつもりで作られているので、Eclipse が導入されている必要があります。これらはあらかじめインストールされているものとして以下を紹介します。


このアプリケーションはノーツ環境を設定するドミノディレクトリ内のメールルーティング情報および複製ルール情報を元に各サーバー間の関係を視覚化するものです。基本的にはこれらの情報が記述されたドミノディレクトリファイル(サーバーの names.nsf)があれば動かすことができます。試しに今回はこのようなサーバー接続文書情報を持ったドミノディレクトリ(dev/names.nsf)が手元にあるものとして、この内容を視覚化するケースを紹介します:
2017103101
(クリックすると拡大します)


まず上記 github の URL からプロジェクトをダウンロード&展開するか、git clone します。そしてそのプロジェクトを Eclipse のプロジェクトとして開きます。またこのプロジェクトの JRE は Notes にインストールされている Java に切り替える必要があります(詳しくはこちら)。加えてこのプロジェクトに外部 JAR ファイルとしてノーツフォルダ内にある Notes.jar および websvc.jar を追加設定する必要があります:
2017103102


次にプロジェクト内の dtopo.ini をテキストエディタで開きます。そして用意したドミノディレクトリファイルのファイルパスを n: で始まる行に指定してください(以下の例ではドミノデータディレクトリ以下の dev\names.nsf ファイルを指定しています)。ic, nic, cic はアイコン画像ファイルを指定しています。特に変更する必要はありません:
2017103103


そして同プロジェクトソース内の me.juge.dtopo.dtopo.java ファイルを右クリックし、"Run As ..." -> "Java Application" を選んで実行します:
2017103104


実行すると2つのウィンドウフレームが起動します。指定したドミノディレクトリファイルから読み取ったメールルーティング情報と複製ルール情報が別々のウィンドウフレームで表示されています:
2017103105
(↑図は複製ルール(フレーム上部のタイトルに注目))


この図の矢印の視点および終点付近はドラッグ&ドロップで位置を初期位置から調整することができます。またウィンドウフレーム自体のサイズも変更することができます。例えば今回の例では以下のようになりました(上:複製ルール、下:メールルーティング):
2017103101


2017103102


ソースコードは・・・さすがに当時の自分のスキル不足もあって決して見やすいとは思えません(苦笑)。ただ GUI アプリなのでマウスイベントに対するハンドリングを各所でしています。肝となるドミノディレクトリから複製/ルーティング情報を取り出すのは dtopo.java の 555 行目あたりからになります。ノスタルジックな意味合いもあって当時の汚いコードを残したままにしているのですが、興味のある方はこの辺りを参考にしてください(そういえば当時はノーツには  Mac クライアントも Linux クライアントもなかったので、これらの環境で動くかどうかは未検証です):
           :
           :
        Session s = Session.newInstance();
        String dbpath;
        String sserv, dserv, reptype, enabled, tasks;
        Vector sservs;
        String sdom, ddom;

        dbpath = nab;
        if( base.length() > 0 ){
          dbpath = base + "\\" + dbpath;
        }
        Database db = s.getDatabase( server, dbpath );
        if( !db.isOpen() ){
        	db.open();
        }

        //. 接続文書を検索する
        DocumentCollection docs = db.search( "Type = \"Connection\"" );
        for( int dcnt = 0; dcnt < docs.getCount(); dcnt ++ ){
            Document doc = docs.getNthDocument( dcnt + 1 );
           :
           :


ノーツデータを扱う Java アプリケーションの開発を考えている人の参考になれば嬉しいです。


ところで、このアプリケーションを作ったのは(ファイルのタイムスタンプによると)2002 年頃で、ギリギリ Java がクライアントアプリケーション開発にも使われていた頃です(標準の awt に加えて、swing や swt といった GUI のライブラリが出はじめていた頃でした。ちなみに今回紹介しているツールは awt で作っています)。アプリケーションだけでなくフレームワークにも時代を感じさせるものがありますが、その頃のノーツ R5 向けに作ったアプリケーションが 15 年以上の時を経て最新のノーツ9(のドミノディレクトリ)でもちゃんと動くという点がノーツらしいし、まさに Java らしい "Write once, Run anywhere!" だと感じました。

そういえばオラクル資本になってから、あまり "Write once, Run anywhere." って耳にしなくなりましたね。。。