IBM Bluemix からも提供されている IBM の DBaaS サービスである dashDB に Node.js からアクセスする方法を紹介します。実際には dashDB だけでなく、DB2 のサービスやオンプレミスデータベースへも同様に応用できますが、今回は Bluemix 上の DB2/dashDB 関連サービスを例に紹介します:
2017063002


dashDB は行指向/列指向型のテーブルをどちらも作成することができるリレーショナル・データベースのサービスですが、そのデータベースシステムとしての実体は IBM DB2 です。というわけで、このライブラリを使ってアクセスします:
https://www.npmjs.com/package/ibm_db

2017063001


まず以下のコマンドを実行して ibm_db をインストールします(このコマンドだけで DB2 ODBC Driver ごとインストールされます):
$ npm install ibm_db


そして以下のようなコードを用意して dashDB にアクセスします:

(settings.js)
exports.db_host = 'dashdb-entry-yp-XXXXXXXX.services.dal.bluemix.net';
exports.db_port = 50000;
exports.db_name = 'BLUDB';
exports.db_username = 'dashNNNN';
exports.db_password = 'PASSWORD';

(sample.js)
var ibm_db = require( 'ibm_db' );
var settings = require( './settings' );

var db_str = "DATABASE=" + settings.db_name
  + ";HOSTNAME=" + settings.db_host
  + ";UID=" + settings.db_username
  + ";PWD=" + settings.db_password
  + ";PORT=" + settings.db_port
  + ";PROTOCOL=TCPIP";
var sql = "select OBJECTID, NAME from SAMPLES.GEO_CUSTOMER limit 10";

ibm_db.open( db_str, function( err, conn ){
  if( err ) return console.log( err );

  conn.query( sql, function( err, data ){
    if( err ) console.log( err );
    else console.log( data );

    conn.close( function(){
      console.log( 'done.' );
    });
  });
});

settings.js の中身はユーザー名やパスワードといった dashDB に接続するためのサービス資格情報です。IBM Bluemix の画面から取得できる値を使って、実際の値で書き換えて使ってください:

2017063003


アプリケーションの実体は sample.js です。今回の例ではシンプルに接続して、サンプルデータとして GEO_CUSTOMER テーブルから OBJECTID と NAME の値を 10 件だけ取得する、という SQL (青字部分)を実行しました。また settings.js で定義した情報を取り出して接続文字列(赤字部分)を生成しています。

node コマンドで sample.js を実行して、以下のような結果が表示されれば成功です:
$ node sample.js
[ { OBJECTID: 1322, NAME: 'Kami Labarbera' },
  { OBJECTID: 1323, NAME: 'Johnathon Tunney' },
     :
  { OBJECTID: 1587, NAME: 'Althea Alcazar' } ]
done.