IBM Bluemix(Cloud Foundry) のプラットフォームが現在持っている制約の1つが「IPアドレスによるアクセス制限」に関するものです。残念ながら現時点ではベースとなっている Cloud Foundry にこの機能がなく、IBM Bluemix でも実装されていません。

というわけで、現状この機能を実現するにはプラットフォーム側ではなくアプリケーション側で用意する必要があります。Node.js アプリケーションでこれを実現する方法の1つとして、Express-IpFilter があります:
https://www.npmjs.com/package/express-ipfilter

2017060601



名前の通りの機能です。Node.js の Express フレームワークの中で IP アドレス制限(許可/拒絶)を簡単に実現することができます。

Express-IpFIlter をインストールするには npm で以下を実行します:
$ npm install express-ipfilter
(実際には express のインストールも必要です)

例えば、以下のような Node.js + Express のシンプルなアプリケーションを例に IP アドレス制御をかける例を紹介します。まずアプリケーション(app.js)は以下のような内容のものを使います:
//. app.js

var express = require( 'express' );
var app = express();

app.use( express.static( __dirname + '/public/' ) );

app.listen( 3000 );

アプリケーションの中でスタティックディレクトリを /public/ に指定しています。そこで /public/index.html というファイルを用意し、中身を以下のようなものにします:
<html>
<head>
<title>Hello</title>
</head>
<body>
<h1>はろーわーるど</h1>
</body>
</html>

これを普通に Node.js で実行します:
$ node app

3000 番ポートを listen するように指定しているので、このポートを指定して同一マシンからウェブブラウザでアクセスすると、スタティックディレクトリに用意した index.html を見ることができます:
2017060602


ではこのアプリにアクセス制御をかけてみます。まずは '127.0.0.1' からのアクセスを拒絶するようなフィルターをかけてみます。app.js の内容を以下のように変更します(赤字部分を追加):
//. app.js

var express = require( 'express' );
var ipfilter = require( 'express-ipfilter' ).IpFilter;
var app = express();

var ips = [ '127.0.0.1' ];
app.use( ipfilter( ips ) );

app.use( express.static( __dirname + '/public/' ) );

app.listen( 3000 );

この例では ips という配列変数を用意し、その中に対象とする IP アドレスを文字列配列の形式で代入します。そして ipfilter を有効にしています。

この状態で app.js を起動し、先程と同じように同一マシンからウェブブラウザでアクセスすると以下のようになります:
2017060603


IP アドレス制御が有効になり、アクセスは拒否されました。

では今後は逆に '127.0.0.1' からのアクセスのみ許可するようなフィルタをかけてみます。app.js の内容を以下のように変更します(青字部分を追加):

//. app.js

var express = require( 'express' );
var ipfilter = require( 'express-ipfilter' ).IpFilter;
var app = express();

var ips = [ '127.0.0.1' ];
app.use( ipfilter( ips, { mode: 'allow' } ) );

app.use( express.static( __dirname + '/public/' ) );

app.listen( 3000 );

この状態で再度アプリケーションを起動し、同様にウェブブラウザでアクセスすると、今度は元のように表示されます(つまり IP Filter はデフォルトだと拒絶、'allow' モードを指定すると許可のフィルタをそれぞれ有効にします):
2017060604


これでアプリケーションレベルでの IP アドレス制限が実現できます。