IBM Watson Summit 2017 開催記念作品!


自分だけではないと思いますが、可愛らしいフリー素材を数多く公開していただいている「いらすとや」http://www.irasutoya.com/)さんには、大変お世話になっております。



僕の場合はプレゼンテーション内のイラストに多く使わせていただいています。中にはいらすとやさんの素材だけでサイトや資料を作ってしまう職人さんもいらっしゃるようです。

ある程度「いらすとや」を使っていて感じたことは「目的の素材をうまく見つけるのが難しい」ということです。「昔こんな感じのイラストを見た記憶があるんだけど、どのカテゴリーだったっけな?」とか、「この人が使ってるこのイラストと同じものを使いたい」とか、自分の記憶が曖昧だったり、これというキーワードが思いつかない時に目的のイラストをうまく検索できないことがたまにあるのでした。


で、その解決策になるかどうかわかりませんが、興味半分でこんなサイトを作ってみました:
「いらすとや検索」



↑見た通りのサイトです。「なんとなく」覚えているイラストをなんとなく描いて、search して、そのイラストに似た「いらすとや」画像を探す、というものです。PCであればマウスで、スマホの場合はタップで描きます。検索結果は最大100件表示され、その中に含まれていれば目的のページに(クリックで)移動できる、というものです:
2017042501

    ↓

2017042502


例えばこの↑例、「鳩」で検索すればすぐに見つかりますが、「鳥」で検索するとなかなか候補が出てきません。「鳩のイラスト」とまで認識できていればテキスト検索でも探せるのですが、そこまでハッキリを覚えていないようなケースでも「たしかこんな感じの・・・」というイラストが描ければ検索できるようになっています(たぶんw)。


今のところ描くイラストは黒線一本のみで描く必要があります。描き直しに消しゴムなどはなく、reset する必要があります。編集機能にはまだ制約が多いですが、シンプルさを重要視しました(ということにします)!
2017042503



なお、このサイトはコグニティブエンジンである IBM WatsonVisual Recognition(画像認識) API を使って、あらかじめ学習させたイラストからの類似画像を人工知能のテクノロジーを使って検索する、という仕組みで実装しています。いらすとや内の全ページをクロールする方法が分からなかったので、現在は「リクエスト」ラベルから辿れる画像を対象にしています。仕組みはシンプルですが、実はそこそこなテクノロジーが裏に潜んでいたりします。


・・・まあ、ネタにどうぞ(笑)。
 

また、このアプリを作る上で、以下の2つの情報を参考にしました。HTML5 の Canvas にマウス移動(とスマホのタッチ)で線を描画するワザと、特にスマホのタッチで描画をする際に画面のスクロールを強制的に止めるワザです:

JavaScript でマウス座標を取得し、Canvas上に線を描画