以前に紹介した SaaS 型のデータ解析サービス IBM Watson Analytics は強力な解析エンジンが安価で使えて、面白いサービスだと思っています:
2017040501



ただちょっと不便に感じたのは、データのインポート方法でした。手元に CSV などのファイルがあれば Watson Analytics 側に用意された機能でインポートできます。またデータが Box や Twitter などのクラウドに公開されたものであれば、やはり Watson Analytics に用意された機能で取り込むことができました:
2017040502


しかし現実的にはデータベースサーバーから直接取り込むことができると便利です。更に言うと、インターネットに公開されたデータベースサーバーではなく、プライベートネットワーク内にあるデータベースのデータを簡単に取り込むことができると、プライベートデータを(いちいち CSV にしてから手動インポートする必要がなくなって)便利なのですが、現在 Watson Analytics 単体にそこまでの機能は提供されていません。


しかし、単体では提供されていなくても、IBM Bluemix から提供されるいくつかの機能を組み合わせることで上記の要件は可能になります。具体的には Secure Gateway サービスと Data Connect サービスを使います。Secure Gateway でプライベートネットワークのデータベースに対してセキュアなトンネリングを貼った上で Data Connect を使い、そのプライベートデータベースと Watson Analytics との間での自動データマイグレーションが実現できます(そのマイグレーションを定期的に実行するようなスケジューリングまで含めて可能になります)。






以下に実際の手順を紹介しますが、実際にこの手順を行うにはプライベートネットワーク内のデータベースに加えて、IBM Bluemix および IBM Watson Analytics 両方のアカウントが必要です。そして IBM Bluemix では Secure Gateway と Data Connect の2つのサービスインスタンスが有効になっている必要があります。無料版にサインアップするなどして、あらかじめご用意ください。


まずプライベートネットワーク内のデータを確認しておきます。今回対象とするのはプライベートネットワーク内のデータベースサーバーで管理されている(仮想の)人事情報とします。名前(name)や年齢(age)、収入レベル(income)、容姿(looking)、血液型(blood_type)、出身地(prefecture)といった情報が格納されているものです(注 乱数で生成した偽データです)。これは認証は当然ですが、現時点ではプライベートネットワーク内からのアクセスしか許可していないものです。目的はこれらのデータを(一度 CSV ファイルにして取り出して手動アップロードしたりするのではなく)Watson Analytics で解析可能なデータとしてシステマチックにインポートすることとします:
2017040513


では実際の手順を紹介します。まずは Secure Gateway でこのプライベートネットワーク内のデータベースを IBM Bluemix 環境からアクセスできるようにします。その手順はこちらを参照してください。
SecureGateway で Bluemix とプライベートネットワークをセキュアに接続する


次に Secure Gateway で参照できるようになったプライベートデータを Data Connect のデータセットとして定義します。この手順についてはこちらを参照してください。
Data Connect サービスでデータベースをマイグレーションする


ここまで完了したら、次は Data Connect の接続先として利用できるよう、Watson Analytics を追加します。Data Connect サービスのダッシュボード画面左メニューから "Connections" を選択し、画面右上の "Create New" をクリックします:
2017040501


接続先のデータベースタイプの選択画面では "IBM Watson Analytics" を選択します:
2017040502


詳細設定画面に移動しますが、ここで設定する項目は接続名称を入力するだけです。最後に画面右上の "Create Connection" をクリックします:
2017040503


この接続情報が保存される際に IBM Watson Analytics への認証が行われます。IBM Watson Analytics を利用している IBM ID とパスワードを指定してログインしてください:
2017040504


正しく有効な ID が確認されると、Data Connect の接続情報として IBM Watson Analytics が追加されます:
2017040505


では作成した Watson Analytics にプライベートデータベースからデータをマイグレーションします。引き続き Data Connect ダッシュボードの画面左メニューから "Activities" を選び、右上の "Create New" をクリックします:
2017040506


まずマイグレーション元を指定します。あらかじめ作成してある Secure Gateway 経由の(プライベートデータベースの)データセットを選択します。選択したら画面右上の "Copy to Target" をクリックします:
2017040507


次にマイグレーション先を指定します。今回のマイグレーション先は IBM Watson Analytics なので、Connections から上記で定義した IBM Watson Analytics の接続名を選択します。このままマイグレーション実行スケジュールの指定("Schedule Activity")も可能ですが、まず1回手動で実行してみることにします。画面右上の並んだボタンから "Run" をクリックします:
2017040508


指定したとおりの(プライベートデータベースから Watson Analytics への)マイグレーション処理が実行され、アクティビティとして記録されます。なお、このアイコンから実行スケジュール(定期実行など)を編集することも可能です:
2017040509


実際にマイグレーションが行われたかどうかを確認してみます。改めて IBM Watson Analytics にログインすると、元々は存在していなかったデータセットが作られているはずです。これをクリックして、実際に解析してみます:
2017040510


解析テンプレートが表示されます。いくつかありますが、"What is the trend of looking over age by blood_type?"(血液型別に年齢と容姿にどういったトレンドがあるか?)が面白そう(笑)なので選択してみます:
2017040511


この解析用の画面に移動します。画面左側に年齢ごとの容姿の推移が血液型ごとの折れ線になって表示されます。また画面右にはこれらの分析からの発見として、「43歳の収入が一番高い」とか「年収をトータルすると AB 型が一番低い」といったインサイトも併せて表示されています(※繰り返しますが、乱数を使って生成した偽データです):
2017040503


特別何もしなくてもデータを与えるだけでここまで分析してくれる Watson Analytics もすごいのですが、その Watson Analytics に直接プライベートデータや社内データをセキュアにマイグレートしてくれる Secure Gateway や Data Connect と併せて利用することで、より便利に大事な情報を簡単に解析できるようになると感じます。