前2回の続きです:
IBM Bluemix にカスマムサービスを追加する(1/3)
IBM Bluemix にカスマムサービスを追加する(2/3)


前回作成した REST API を実際に IBM Bluemix のカスタムサービスとして登録し、利用するまで(正確には使用を終えてカスタムサービスから削除するところまで)の手順を紹介します。なおこの手順はコマンドラインツールである cf が必要になるので、インストールしていない場合は各自の環境にあった cf をあらかじめダウンロード&インストールしておいてください:
https://github.com/cloudfoundry/cli/releases


また、今回カスタムサービスとして登録する REST API は前回紹介した app.js が https://dotnsf-operation.mybluemix.net/ にデプロイされて動いているものとします。以下の説明でのこのホスト名部分を実際にみなさんがデプロイしたホスト名に合わせて読み替えてください:
2017021401

2017021401


まず最初に、以下で登録するカスタムサービスをバインドして動作確認するためのランタイムを用意しておきます。動作確認用のアプリケーション(後述)を PHP で用意したので、IBM Bluemix 上に PHP のランタイムを1つ作成します(以下の例では teyande-php-env という名前で作成しています)、なおこの段階ではサービスは何もバインドしないでください:
2017021402


このランタイムに以下の内容の PHP アプリケーションをプッシュします:
https://github.com/dotnsf/phpEnv


上記アプリケーション(index.php)はシンプルに「ランタイムサーバー上の全環境変数とその値を表示する」というアプリケーションです。プッシュ後にサーバーにアクセスすると以下のような画面になります。この時点ではサービスを1つもバインドしていないので、環境変数 VCAP_SERVICES の値は空オブジェクトを示す "{}" となっていることが確認できるはずです:
2017021403


ここまでで準備は完了です。では前回紹介したサービスを IBM Bluemix のカスタムサービスとして登録した上でインスタンス化し、このランタイムにバインドした上で、この環境変数がどのように変わるかを確認してみます。

コマンドプロンプトかターミナルを起動し、上記の PHP ランタイムと同じデータセンター(この場合は US-SOUTH)の自分の組織に cf コマンドでログインします:
2017021404


カスタムサービスを利用するにためには Cloud Foundry の「サービスブローカー」(カスタムカタログのように理解してください)に登録しておく必要があります。まず現在のサービスブローカー一覧を確認するため "cf service-brokers" コマンドを実行して、この時点では何も登録されていないことを確認します:
2017021301
 ↑"No service brokers found"(何も登録されていません)です


ではサービスブローカーを新規に1つ作成します。以下のパラメータを付けてコマンドを実行します:
> cf create-service-broker サービスブローカー名 認証ユーザー名 認証パスワード サービスの基本URL --space-scoped
2017021302


今回、サービスブローカー名は "dotnsf-operation" とします。認証のユーザー名とパスワードは dotnsf-operation の Catalog API などが実行される時用に指定した auth_user / auth_pass の値を指定します(詳しくは前回の記事参照)。サービスの基本 URL は今回 "https://dotnsf-operation.mybluemix.net" です。そして最後にオプションの "--space-scoped"(同一組織内のユーザーが使えるサービスとするための指定)を加えています。

コマンドが成功したことを確認し、再度 "cf service-brokers" を実行してみます。先程は結果に何も含まれていませんでしたが、今度は直前に作成したばかりの "dotnsf-operation" サービスブローカーが、指定した URL で登録されていることを確認してください:
2017021303


これで dotnsf-operation API がカスタムカタログに登録された状態になりました。ただ IBM Bluemix のウェブ UI ではカスタムカタログを表示する画面が存在していないので、この時点ではまだウェブ UI には現れませんが、cf からは同様にインスタンスを作成することができるようになっています。

というわけで、続けて cf でこのサービスをインスタンス化してみます:
> cf create-service サービスブローカー名 プラン名 サービス名

サービスブローカー名は dotnsf-operation の Catalog API(GET /v2/catalog) 内で定義したもの(今回の場合は dotnsf-operation-service)を指定します。プランも同様に Catalog API 内で定義したもの(今回は "free" と "enterprise" の2つ)の中から指定できますが、今回は "free" を指定しています。最後に IBM Bluemix 内でのサービス名として "dotnsf-operation-1" と指定しています:
2017021304


ここまでの手続きが完了すると、dotnsf-operation サービスがインスタンス化され、ウェブ UI の利用中サービス一覧の中にも表示されるようになります:
2017021301


この時点でサービスを選択し、管理タブを開くと Dashboard API で定義した内容が表示されるはずです(https で Dashboard API にアクセスできることが条件です):
2017021000


ではこのサービスを最初に作成した PHP ランタイムにバインドしてみましょう。PHP ランタイムの画面に移動し、接続タブの「既存に接続」をクリックします:
2017021302


現在利用中のサービスインスタンスの一覧が表示されます。その中に "dotnsf-operation-1" という名前のサービスが含まれているはずなので、これを選択して「接続」をクリックします。そしてこの内容をランタイムの環境変数にも反映させるため「再ステージング」します:
2017021303


改めて同ランタイムの接続タブを参照すると、"dotnsf-operation-1" サービスが追加されていることを確認できます。ここで「資格情報の表示」をクリックします:
2017021304


今回の dotnsf-service の Bind API では credentials 情報として uri だけを追加していました。そのためこのサービスインスタンスの資格情報にも uri 1つだけが credentials 情報として表示されていることが確認できるはずです:
2017021305


改めてランタイムのトップ画面にアクセス(リロード)します。今回は先程と異なり dotnsf-operation-1 サービスがバインドされているので、環境変数 VCAP_SERVICES は空オブジェクトではなく、dotnsf-operation-1 の情報が表示されているはずです。credentials 情報も先程確認したものと同じものが表示されています:
2017021306



・・・というわけで、IBM Bluemix のカスタムサービスを作成して、登録して、インスタンス化して、ランタイムとバインドして環境変数に反映させる、という一連の作業ができることを確認できました!

最後に使い終わったサービスブローカーを削除する手順を紹介しておきます。まず(同サービスブローカーを使っているランタイムからのバインドを全て解除した上で)サービス一覧画面からインスタンス化されたサービスを削除します:
2017021305


サービスが削除されるとウェブ UI からは見えなくなります。が、まだサービスブローカーには登録されているので、以下の cf コマンドでサービスブローカーからも削除します:
> cf delete-service-broker サービスブローカー名
2017021306


このコマンドが成功すると、サービスブローカー一覧からも削除されます。念のため "cf service-brokers" コマンドで確認します:
2017021307




久しぶりの超大作ブログとなり、3回に分けて紹介しましたが、IBM Bluemix のカスタムサービスを作るために実装しないといけない内容や、実装後の登録方法などを紹介できたつもりです。自分が作った REST API を IBM Bluemix に統合して使いたい場合や、公式なサードパーティ API としての登録を検討する場合に必要となる実装がどんなものかを説明しました。

今回紹介した内容はあくまで「同一組織内でのみ有効なカスタムサービス」の登録方法および手順の紹介でしたが、全 IBM Bluemix ユーザー向けに実装する場合であっても同様の API 実装は必要になります。そういったエコシステムを活性化する上での役立つ情報になれば幸いです。


(参考)
 https://www.ibm.com/blogs/bluemix/2017/01/extend-bluemix-service-broker/