IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に LAMP 環境のサーバーを作り、そのデータベースを管理するための phpMyAdmin を導入します。LAMP 環境を作るまでの手順は以下を参照してください:


LAMP 環境が出来てしまえば phpMyAdmin は普通に導入できるのでは・・・ と考える人がいるかもしれません。ほぼ正解ですが一点だけ注意点があります。

2017/Jan/06 時点では、IBM LinuxONE コミュニティクラウドの RHEL 6.x で提供されている PHP のバージョンは 5.3.3 です。一方で phpMyAdmin の最新バージョンは 4.6.5.2 ですが、こちらは PHP 5.5 以上を動作環境としています。つまり現時点の LinuxONE 環境では phpMyAdmin 最新バージョンの動作条件を満たすことができないのでした。

というわけで、PHP 5.3.3 でも動作できるバージョンの phpMyAdmin 4.0.x を用意する必要があります。この一点だけが注意点なのでした。


では改めて、こちらの手順を参考に IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に作った仮想サーバーに SSH でログインします:
2017010403


では phpMyAdmin 4.0.x(2017/Jan/06 時点の最新版は 4.0.10.18)を導入します。Apache HTTP サーバーのドキュメントルートはデフォルトの /var/www/html であると仮定して、以下を実行します:
$ wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.0.10.18/phpMyAdmin-4.0.10.18-all-languages.zip
$ sudo /bin/bash
# cd /var/www/html
# unzip ~linux1/phpMyAdmin-4.0.10.18-all-languages.zip
# mv phpMyAdmin-4.0.10.18-all-languages phpMyAdmin
# exit

これで http://(IPアドレス)/phpMyAdmin/ にアクセスすれば phpMyAdmin にアクセスできます。必要に応じて認証をつけた上で運用してください:
2017010602