前回、LAMP 環境を構築した IBM LinuxONE サーバーを使って、PHP のメジャーな MVC フレームワークの1つであるCakePHP の環境を整えてみます:
IBM LinuxONE コミュニティクラウド上で LAMP 環境を作る


まず CakePHP を動かす場合の PHP 設定を行います。/etc/php.ini を適宜変更するのですが、最低限やっておかないといけないのが、タイムゾーンの設定です。/etc/php.ini を編集して、以下の設定を加えます([Date] カテゴリ内でコメントアウトされている Date.timezone の設定からコメントを外し、"Asia/Tokyo" に設定して保存します:
$ sudo vi /etc/php.ini

  :
  :
[Date]
Date.timezone = "Asia/Tokyo"
  :
  :

また CakePHP では PHPUnit というモジュールを使うことになるので、これもインストールしておきます。前回の LAMP 環境構築時に pear もインストールしているので、pear を使って PHPUnit を導入します:
$ sudo pear install pear/PHPUnit

次に MySQL の設定を行います。まずは文字コードの設定を変更して、デフォルトで UTF-8 を使えるようにします:
$ sudo vi /etc/my.cnf

[mysqld]
character-set-server=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8



今回は CakePHP 専用のデータベース(cakedb)を新たに作成し、その中に商品情報を格納するマスターテーブル(items)と、商品カテゴリを格納するマスターテーブル(categories)を定義することにします:
$ mysql -u root -p

mysql> create database cakedb default character set utf8;
mysql> use cakedb
mysql> create table items( id int primary key auto_increment, name varchar(50), category_id int, created datetime default null, modified datetime default null );
mysql> create table categories( id int primary key auto_increment, name varchar(50), created datetime default null, modified datetime default null );
mysql> quit

1つのデータベースと、2つのテーブルを作りました。必要に応じてこれらにアクセスできるユーザーなどを追加しましょう。

これら2つのマスターテーブルを操作できるような環境を CakePHP で作ることにしましょう。ここは必須ではありませんが、データベースを操作する上では phpMyAdmin があると便利です。IBM LinuxONE コミュニティクラウドのサーバーに phpMyAdmin 環境を導入する場合の手順はこちらの記事を参考にしてください:
IBM LinuxONE コミュニティクラウド上に phpMyAdmin を導入する


ではいよいよメインディッシュの CakePHP 環境を構築します。PHP 5.3 でも動くよう、CakePHP のバージョンは 2.x を使うことにします。またこれも Apache HTTPD のドキュメントルートがデフォルトのままの /var/www/html であるとして作業を紹介します:
$ https://github.com/cakephp/cakephp/archive/2.9.4.zip
$ sudo /bin/bash
# cd /var/www/html
# unzip ~linux1/2.9.4.zip
# mv cakephp-2.9.4 cakephp
# chmod 777 -R cakephp/app/tmp
# chmod 755 cakephp/lib/Cake/Console/cake
# cd cakephp/app/Config
# vi core.php

  :
  :
/**
 * A random string used in security hashing methods.
 */
        Configure::write('Security.salt', 'ABCDabcd1234');

/**
 * A random numeric string (digits only) used to encrypt/decrypt strings.
 */
        Configure::write('Security.cipherSeed', '1234567890');
  :
  :

最後の cakephp/app/Config/core.php の編集作業では 'Security.salt' の値と、'Security.cipherSeed' の値はデフォルトの(既知の)値のままだと危ないのでランダムな値に書き換えました。

続けて(カレントディレクトリが cake/app/Config/ の状態で)、更にデータベースの設定ファイルを用意して、自分の環境に合わせた設定を行います:
# cp database.php.default database.php
# vi database.php

  :
  :
class DATABASE_CONFIG {

        public $default = array(
                'datasource' => 'Database/Mysql',
                'persistent' => false,
                'host' => 'localhost',
                'login' => 'root',
                'password' => 'P@ssw0rd',
                'database' => 'cakedb',
                'prefix' => '',
                //'encoding' => 'utf8',
        );
  :
  :

↑具体的にはユーザー名(login)、パスワード(password)、データベース(database)の値を書き換えます。


CakePHP 自体はここまでの設定で動くはずです。必要に応じて DebugKit などの便利なプラグインを cakephp/app/Plugin/ 以下に追加で導入してください。DebugKit の導入に関してはこちらを参照ください:
https://github.com/cakephp/debug_kit/tree/2.2


ブラウザで http://(IPアドレス)/cakephp/ にアクセスすると、CakePHP のホーム画面が表示されます。緑と黄色のバーが並んでいる状態であれば、少なくとも設定は間違っていないことになります。下図では DebugKit まで導入して、全て緑になっている状態です:
2017010603