IBM Bluemix のイベント駆動型ランタイムである OpenWhisk 環境をコマンドラインから利用する際に必要な wsk をラズベリーパイに導入してみました。なお最初に SSL でログインするか、ターミナルを開くなどして、ラズベリーパイのコマンドライン操作ができる状態にしておく必要があります。


まずは Python のパッケージ管理ツールである pip を導入します:
$ sudo curl -kL https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py | python

そして pip を使って wsk コマンドを導入します:
$ sudo pip install --upgrade https://new-console.ng.bluemix.net/openwhisk/cli/download

wsk コマンドの設定を行います。ここで実行するコマンドは OpenWhisk 画面の②で表示されているコマンドをコピー&ペーストする形で実行してください:

2016080401

$ wsk property set --apihost openwhisk.ng.bluemix.net --auth ********* --namespace "dotnsf@jp.ibm.com_dev"

導入した wsk コマンドが正しく動くことを確認します。以下のコマンドを入力して、青字のような結果が返ってくることを確認してください:
$ wsk action invoke /whisk.system/samples/echo -p message hello --blocking --result
{
    "message": "hello"
}

導入できました!これでまたラズパイ環境が捗ります。