IBM Bluemix からは(Swift 互換の)Object Storage サービスが提供されています:
2016051701


このオブジェクトストレージのサービスインスタンスは他の(外部の)システムにマウントして使うことができます。その一例として、Linux(CentOS) から CloudFuse を使ってマウントする方法を紹介します(2016/May/17 時点での情報です)。

まずは Bluemix にログインし、Object Storage サービスを1つ作成するために、カタログのサービス一覧から "Object Storage" を選択します(現在は「ストレージ」カテゴリ内にありました):
2016051702


Object Storage サービスに関する説明が紹介されるので内容を確認してください:
2016051701


このタイミングで利用する Object Storage サービスの料金プランを選択する必要があります。無料プランでは 5GB まで、標準プランでは使用量の上限はなく 1GB あたりで 4.2 円と、アウトバウンド転送 1GB につき 9.45 円がかかります。好きな方を選んでインスタンスを「作成」します:
2016051703


Object Storage サービスが作成できたらダッシュボードからそのサービスインスタンスを選択します:
2016051704


Object Storage サービスの画面が表示されたら、左ペインで「サービス資格情報」を選択します。すると右ペインにサービス資格情報として、JSON フォーマットのテキストが表示されます:
2016051705


おそらく以下のようなフォーマットのテキスト情報になっているはずです。このうち青字で記述した auth_url, userId, password の内容が後で必要になるのでメモしておきます:
{
  "credentials": {
    "auth_url": "https://identity.open.softlayer.com",
    "project": "object_storage_XXXXXXXX_XXXX_XXXX_XXXX_XXXXXXXXXXXX",
    "projectId": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "region": "dallas",
    "userId": "(userId)",
    "username": "Admin_xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "password": "(password)",
    "domainId": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "domainName": "NNNNNN"
  }
}


Object Storage のインスタンスは用意できました。ではこれを Linux のファイルシステムとして(リモート)マウントしてみましょう。

マウント元になる Linux システムを用意します。今回は CentOS 6(64bit) で試しました。また Object Storage をマウントするためのツールとして CloudFuse を用いました。CentOS 上に CloudFuse を導入する手順は以前のブログで紹介したことがあるのでこちらを参照ください:
SoftLayer の Object Storage をサーバーインスタンスにマウントする

CloudFuse が準備できたら、ログインユーザーのホームディレクトリ直下に以下の3行の内容で .cloudfuse というテキストファイルを作成します(赤字はコメント):
username=(userId)  # 上記の userId の値
api_key=(password) # 上記の password の値
authurl=https://identity.open.softlayer.com/v3/  # 上記の auth_url の値に '/v3/' を追加

これで準備完了です。実際に Object Storage をマウントする前に、df コマンドで現在のファイルシステム状況を確認しておきましょう:
# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_centos-lv_root
                      8.3G  3.5G  4.5G  44% /
tmpfs                 499M  144K  499M   1% /dev/shm
/dev/vda1             477M  152M  301M  34% /boot

では以下のコマンドを実行して、Bluemix の Object Storage を(この例では /mnt 以下に)マウントしてみます:
# cloudfuse /mnt

正しくマウントできているか、再度 df コマンドで確認します。ちゃんと /mnt 以下にマウントできているようです。この状態になれば Object Storage の中身を /mnt ディレクトリ以下と見なして直接読み書きすることが可能になります:
# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_centos-lv_root
                      8.3G  3.5G  4.5G  44% /
tmpfs                 499M  144K  499M   1% /dev/shm
/dev/vda1             477M  152M  301M  34% /boot
cloudfuse             8.0T  7.5M  8.0T   1% /mnt

マウント状態を解除するには umount コマンドを実行します:
# umount /mnt

Bluemix の Object Storage の有用な使いみちが実現できそうです。なお、Object Storage サービスに関してはこちらのドキュメントも参照ください:
https://console.ng.bluemix.net/docs/services/ObjectStorage/index.html