Android アプリケーションを開発するための統合環境 Android Studio を CentOS に導入する手順を紹介します。なお、Android Studio は GUI を使うので、CentOS に X Window System などのデスクトップ環境を導入し、かつ VNC などを使って(ターミナル画面ではなく)デスクトップ画面にアクセスできるような環境が構築できているものとします:
2016011701


まず Android Studio を利用するための前提として、1.7 以上の JDK が導入されている必要があります。推奨環境は Oracle Java のようですが、OpenJava(OpenJDK) でも動くようです。というわけで OpenJDK の 1.7.0 以上を導入します(以下の例では 1.8.0 を導入しています):
# yum install java-1.8.0-openjdk-devel

環境によっては 1.7 未満の Java が導入されていて、かつそちらがデフォルトに設定されてしまっている場合もあります。その場合は alternatives コマンドでデフォルトを 1.7 以上に変更しておきます:
# alternatives --config java

3 プログラムがあり 'java' を提供します。

  選択       コマンド
-----------------------------------------------
*+ 1           /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk.x86_64/bin/java
   2           /usr/lib/jvm/jre-1.5.0-gcj/bin/java
   3           /usr/lib/jvm/jre-1.8.0-openjdk.x86_64/bin/java


例えばですが、↑この例では 1.6, 1.5, 1.8 の3つのバージョンが導入されていますが、1.8 を使いたい場合は 3 を選択してシステム上のデフォルト Java バージョンを変更します。


JDK の準備ができたら Android Studio をダウンロードしてインストールします。このダウンロードページ内の、(画面上部の "SDK Tools Only" ではなく)下の方にある "All Android Studio Packages" から、Linux Platform 用の最新版モジュールをダウンロードします。この図の例では android-studio-ide-141.2456560-linux.zip というファイルを CentOS 環境内にダウンロードします:
2016011702


CentOS 側ではダウンロードしたファイルを適当なフォルダ(↓の例では /opt/AndroidStudio)内に展開します:
# mkdir /opt/AndroidStudio
# cd /opt/AndroidStudio
# wget https://dl.google.com/dl/android/studio/ide-zips/1.5.1.0/android-studio-ide-141.2456560-linux.zip
# unzip android-studio-ide-141.2456560-linux.zip
# rm android-studio-ide-141.2456560-linux.zip

ここからはデスクトップ環境を使ってセットアップを行います。CentOS のデスクトップ環境にログインして、先程展開した中の android-studio/bin/studio.sh を実行して、セットアップウィザードを起動します:
# cd /opt/AndroidStudio
# ./android-studio/bin/studio.sh

セットアップウィザードの最初に過去の同環境を引き継ぐかどうかを聞かれます。全くの新規で引き継ぐデータがない場合は "I do not have a previous version of Studio or I do not want to import my settings" を選択して "OK" をクリックします:
2016011701


Android Studio が起動します:
2016011702


最初の起動時にセットアップウィザードが実行されます。"Next" をクリックします:
2016011703


セットアップタイプを選択する画面では "Standard" を選択します:
2016011704


セットアップ内容の確認画面です。問題なければ "Next" をクリックします:
2016011705


最終確認画面です。このまま "Finish" をクリックするとセットアップが開始され、しばらく待ちます:
2016011706


セットアップが完了すると、そのまま Android Studio の起動画面に移行します:
2016011707


以前に試した時よりも設定内容が少なく、洗練された印象です。