2016年のコード書き初めで新しいマンホール関連ウェブサービスを作ったので早速公開します。


まず、今回作成したサービスの元ネタアイデアはこの1枚の写真でした:
2016010107
 ↑下水道広報プラットフォームの中山様 元ネタはこちら


この写真自体は、昨年11月に行われた「第7回マンホールナイト」の中で撮影したものです。マンホールを型どった「ミニ顔はめ」を用意し、これと一緒に記念写真を撮ってもらおう、というものでした。これによって誰でも大津市の下水道マスコット「ホール・まん蔵」のような姿に変身することができます:



これ、なかなか面白いアイデアだと思い、もっとどこでも手軽に楽しめないだろうかと考えていました。そのアイデアと、AlchemyAPI が提供する写真の顔認識 API 機能を使い、任意の顔写真画像にマンホールをはめ込んだ合成画像を作るサービスを作れないかと考えたものが、今回実装した誰でもマンホールになれる「マンホライザー(Manholizer)」です:

http://manholizer.mybluemix.net/
2016010101


このマンホライザーは最初の画面で、顔が写っている写真の URL を指定します。例えばこの画像で試してみます:
http://codezine.jp/static/images/article/8900/8900_001.jpg

 ↑翔泳社様の、昨年の夏サミのセッションレポートで使っていただいた画像です


こんな感じで URL 欄に画像の URL を(コピペなどで)指定してください:
2016010102


で Submit すると、指定した画像から顔の位置や、その人の性別・年齢を推測して、マンホール画像の大きさを調整して合成する、というサービスです。女性と判断した場合はピンクの、男性と判断した場合は青いマンホールが合成されます:
2016010103
 ↑ちゃんと顔の位置が認識できてます。また青マンホールなので男性と認識されています。


なお、マンホール上部にはその人の推測年齢帯も表示されるようになっています:
2016010104
 ↑この画像では 18~24 歳と認識された模様です。ありがとうございます(笑)


もちろん1枚の画像に複数人が写っていても構いません。その場合はそれぞれの顔にマンホールを合わせて合成します:


http://uzukin-news.com/wp/wp-content/uploads/2014/09/AKB48-11-HD-Wallpaper.jpg
2016010105

 ↑この画像は、こうなりました↓

2016010106


誰でもホール・まん蔵のようになれる写真合成サービス「マンホライザー」、IBM Bluemix 上で絶賛稼働中です!
http://manholizer.mybluemix.net/