サーバーサイド JavaScript サーバーである StrongLoop をローカル環境に作成(&実行)する手順を以前に紹介しました:
CentOS に StrongLoop をインストールする
上記記事では、データストア先として標準のメモリ DB を使う前提で手順を紹介していますが、実際には外部のリレーショナル DB を使いたいケースも多いと思っています。というわけで、データストアに MySQL を使う場合の手順を紹介します。

まずは上記リンク先を参照して、StrongLoop のインストールと、StrongLoop アプリケーションの作成(上記リンク先ページだと slc loopback コマンドで myapp アプリを作るところ)までを実行しておいてください。以下、アプリケーションの名前は myapp として、myapp ディレクトリが出来ている前提で以下を紹介します。違うアプリケーション名で作成した場合は適宜読み替えてください:



また、このアプリケーションのデータストア先となる MySQL データベース、および接続情報は以下のようになっているものと仮定します:
属性
MySQL サーバー名(HOSTNAME)
MySQL ポート番号3306
データベース名(DBNAME)
ユーザー名(USERNAME)
パスワード(PASSWORD)


ではこのアプリケーションのデータストア先が上記の MySQL データベースになるようカスタマイズを開始します。まずは LoopBack MySQL コネクタをインストールします:
# cd myapp
# npm install --save loopback-connector-mysql

LoopBack MySQL コネクタのインストールができたら、LoopBack としてのデータソースを作成します。ここでは "mydb" という名前でデータソースを作成しています。データソース名の指定ではデフォルトの mydb のまま、コネクタタイプの指定ではカーソルを MySQL に合わせて選択します:
# slc loopback:datasource mydb
  :
  :
? Enter the data-source name: mydb
? Select the connector for mydb: MySQL (supported by StrongLoop)

今の手順でデータソースファイル(server/datasource.json)が生成されています。このファイルを編集して、目的のリモート MySQL データベースに接続するよう上記の接続情報を指定します(青字部分を追加します):
# vi server/datasource.json


{
  "db": {
    "name": "db",
    "connector": "memory"
  },
  "mydb": {
    "host": "(HOSTNAME)",
    "port": 3306,
    "database": "(DBNAME)",
    "user": "(USERNAME)",
    "password": "(PASSWORD)",
    "name": "mydb",
    "connector": "mysql"
  }
}

ここまでくれば後は前回と同様です。API で CRUD を行うモデルとして、以下の様な item モデルを定義しましょう:
列名列型必須条件
namestringYES
codestringYES
pricenumber 


モデルの名称は item、データソースは先程定義した(MySQL 上の)mydb、PersistedModel で REST API の公開対象とします。また Common model を指定します:
# slc loopback:model item
  :
  :
? Enter the model name: item
? Select the data-source to attach item to: mydb (mysql)
? Select model's base class PersistedModel
? Expose item via the REST API? Yes
? Custom plural form (used to build REST URL):
? Common model or server only? common
Let's add some item properties now.

続けて3つのフィールドの名前、型、必須条件をそれぞれ指定していきます。最後に名前指定の所でそのまま Enter を押すとモデルの定義も終了です:
  :
  :

Enter an empty property name when done.
? Property name: name
(!) generator#invoke() is deprecated. Use generator#composeWith() - see http://yeoman.io/authoring/composability.html
   invoke   loopback:property
? Property type: string
? Required? Yes

Let's add another item property.
Enter an empty property name when done.
? Property name: code
(!) generator#invoke() is deprecated. Use generator#composeWith() - see http://yeoman.io/authoring/composability.html
   invoke   loopback:property
? Property type: string
? Required? Yes

Let's add another item property.
Enter an empty property name when done.
? Property name: price
(!) generator#invoke() is deprecated. Use generator#composeWith() - see http://yeoman.io/authoring/composability.html
   invoke   loopback:property
? Property type: number
? Required? No

Let's add another item property.
Enter an empty property name when done.
? Property name: (ここでそのまま Enter で終了)


最後にこのモデルを DB スキーマとして登録しましょう。MySQL にコマンドラインでログインし、以下のような create table コマンドを実行して item テーブルを作ります:
> create table item( id int primary key auto_increment, name text, code text, price integer );

これで動く状態ができました。実際に動かしてみましょう:
# node .

で、ウェブブラウザを起動して、この開発環境の 3000 番ポートの /explorer パスにアクセスしてみます:
2015121802


作成した myapp アプリケーションの中で、定義した item モデルの CRUD API が公開されています!


実際にデータを作成してみましょう。item モデルを展開後の /items の POST メソッドを開き、data フィールドに以下の内容を入力して "Try it out!" ボタンをクリックしてみます:
2015121803

{
  "name": "コーラ",
  "code": "AA001",
  "price": 1000
}

実行結果が以下のようになっていれば POST コマンドは成功して、テーブルに1レコードが追加されたことになります:
2015121901


ちなみにこの段階で /items の GET コマンドを実行すると、今作成したデータが返されるはずです。
2015121902


念のため、MySQL サーバーにログインして item テーブルの中身を確認すると、このコマンドで POST したレコードが作られているはずです。リモートの MySQL と連携する StrongLoop 環境が作れたことになります:
> select * from item;
+----+-----------+-------+-------+
| id | name      | code  | price |
+----+-----------+-------+-------+
|  2 | コーラ    | AA001 |  1000 |
+----+-----------+-------+-------+
1 row in set (0.18 sec)

なお、この状態を cf コマンドで IBM Bluemix 上の Node.js ランタイムにプッシュすると、そっくりそのまま Bluemix 環境で動かすことも可能です:
2015121903


以上、StrongLoop と MySQL との連携方法の説明、および Bluemix 環境への移行方法の紹介でした。