IBM IoT Foundation が無料提供している Quickstart MQTT ブローカーを使ったアプリのサンプルを紹介します。今回紹介するのは IBM Bluemix各サービスの中で止まっているサービスがあったらそれを知らせる、という機能を Node-RED で作成するような内容にします。

このアプリを作成する上で必要なサービスの稼働状況確認は estado (エスタド)を使って調べます:
http://estado.ng.bluemix.net/  
(※この URL は北米データセンターのサービス状況確認用です。英国データセンター用は URL 内文字列の ng の代わりに eu-gb を指定してください)

2015092001


estado は Bluemix ランタイムやサービスの単位での稼働状況を教えてくれるサービスサイトです。問題なく稼働しているランタイム/サービスについては "up" と表示されますが、稼働が止まってたり、なんらかの障害を抱えていると判断されたサービスに関しては赤背景で "down" と表示されます。
2015092002


Bluemix の各機能の稼動状態は上記 URL にアクセスすることで確認することはできます。ただそれでは「上記サイトを見に行った人が稼働状況を確認できる」というだけです。情報そのものは便利なのですが、稼働ステータスをもっとインタラクティブにプッシュしたり、ユーザーフレンドリーな形で提供することを考えてみましょう。

具体的にはこのようなシステムを作ります。この図の緑の丸で描かれた「Java アプリ」部分を実装します:
2015092004


この Java(スタンドアロン)アプリケーションは定期的(この例では1分に1度)に北米データセンターの estado に HTTP GET リクエストを出して Bluemix サービスの稼動状態を確認します。確認した結果、停止中のサービスの一覧を IBM IoT Foundation の Quickstart MQTT ブローカー(quickstart.messaging.internetofthings.ibmcloud.com:1883)へランダムに生成した deviceId を指定して JSON でパブリッシュする、というものです。この時の deviceId はアプリケーション起動時に動的に作成し、コンソールへ出力します。英国データセンター用に作り変えたり、実行感覚を変更したい場合はソースコードの該当箇所を適宜変更してください。
 

estado を参照した結果は Quickstart MQTT ブローカーに格納されるので、パブリッシュ時と同じ deviceId を指定すれば MQTT サブスクライバーを使って取り出せます。特に IBM Bluemix 上の IoT Starter や NodeRED Starter ビルドパックからプロジェクトを作成した場合であれば、IBM IoT Input ノードを使えばこの deviceId だけで簡単にメッセージを取り出すことができるので、その結果をデバッグタブに出力したり、メールで通知したり、といった管理機能が簡単に実現できます。この辺りは Bluemix で NodeRED を使ったことがある方であれば、あまり難しくないと思っています。この辺りの詳しい説明はこちらのエントリを参照ください:
Bluemix の Node-RED サービスで IoT アプリを作る(1/2)


では話を Java アプリケーションの実装に戻します。今回は MQTT のオープンソース Java ライブラリである Paho と、Jakarta CommonsHTTP Client V3 を使ったサンプルを作成してみました。ソースコードのコンパイルや実行時には Paho の Java ライブラリ V3 の最新版(org.eclipse.paho.client.mqttv3-X.X.X.jar)が必要です。こちらからダウンロードしてください:
https://www.eclipse.org/paho/clients/java/


また HTTP Client の JAR ファイルも必要です。別途ダウンロードしておいてください。

なお、今回作成した Java アプリのソースコードは github で公開しました。必要であればこちらからダウンロードしておいてください:


公開したソースコードの内容は以下の様なものです:
import java.util.Calendar;
import java.util.TimeZone;

import org.apache.commons.httpclient.HttpClient;
import org.apache.commons.httpclient.methods.GetMethod;
import org.eclipse.paho.client.mqttv3.IMqttDeliveryToken;
import org.eclipse.paho.client.mqttv3.MqttCallback;
import org.eclipse.paho.client.mqttv3.MqttClient;
import org.eclipse.paho.client.mqttv3.MqttConnectOptions;
import org.eclipse.paho.client.mqttv3.MqttDeliveryToken;
import org.eclipse.paho.client.mqttv3.MqttException;
import org.eclipse.paho.client.mqttv3.MqttMessage;
import org.eclipse.paho.client.mqttv3.MqttTopic;

public class EstadoQuickstart implements MqttCallback {
  MqttClient myClient;
  MqttConnectOptions connOpt;

  static final String BROKER_URL = "tcp://quickstart.messaging.internetofthings.ibmcloud.com:1883"; //. IBM IoT Quickstart MQTT ブローカー	
  static final String dc = "ng"; //. 監視対象データセンター

  static String deviceId = "net.bluemix." + dc + ".estado.mqtt.publish.";
  static int interval = 60;

  @Override
  public void connectionLost(Throwable t) {
  }

  @Override
  public void deliveryComplete(IMqttDeliveryToken token) {
  }

  @Override
  public void messageArrived(String topic, MqttMessage message) throws Exception {
    // TODO Auto-generated method stub
    System.out.println("-------------------------------------------------");
    System.out.println("| Topic:" + topic);
    System.out.println("| Message: " + new String(message.getPayload()));
    System.out.println("-------------------------------------------------");
  }

  public static void main(String[] args) {
    try{
      if( args.length >; 0 ){
        interval = Integer.parseInt( args[0] );
      }

//. ランダムな deviceId の生成 String hex = "0123456789abcdef"; for( int i = 0; i < 8; i ++ ){ char c = hex.charAt( ( int )( Math.floor( Math.random() * 16 ) ) ); deviceId += c; } }catch( Exception e ){ } EstadoQuickstart eq = new EstadoQuickstart(); eq.runClient(); } public void runClient() { // TODO Auto-generated method stub String clientID = "d:quickstart:MyDevice:" + deviceId; System.out.println( "deviceId=" + deviceId ); connOpt = new MqttConnectOptions(); connOpt.setCleanSession( true ); connOpt.setKeepAliveInterval( 30 ); // Connect to Broker try{ myClient = new MqttClient( BROKER_URL, clientID ); myClient.setCallback( this ); myClient.connect( connOpt ); }catch( MqttException e ){ e.printStackTrace(); System.exit( -1 ); } String myTopic = "iot-2/evt/estado_" + dc + "/fmt/json"; //. MQTT トピック文字列を生成 MqttTopic topic = myClient.getTopic( myTopic ); while( true ){ try{
//. 日付文字列の生成 Calendar c = Calendar.getInstance(); TimeZone tz = TimeZone.getTimeZone( "Asia/Tokyo" ); c.setTimeZone( tz );; int y = c.get( Calendar.YEAR ); int m = c.get( Calendar.MONTH ) + 1; int d = c.get( Calendar.DAY_OF_MONTH ); int h = c.get( Calendar.HOUR_OF_DAY ); int n = c.get( Calendar.MINUTE ); int s = c.get( Calendar.SECOND ); String dt = y + "/" + ( m < 10 ? "0" : "" ) + m + "/" + ( d < 10 ? "0" : "" ) + d + "T" + ( h < 10 ? "0" : "" ) + h + ":" + ( n < 10 ? "0" : "" ) + n + ":" + ( s < 10 ? "0" : "" ) + s + "+09:00";
//. estado の HTML を取得 String out = ""; HttpClient client = new HttpClient(); GetMethod get = new GetMethod( "http://estado." + dc + ".bluemix.net/" ); int sc = client.executeMethod( get ); String html = get.getResponseBodyAsString();

//. HTML 内部を見て、サービスのステータスを確認 int x = html.indexOf( "<table" ); while( x >; -1 ){ int td1 = html.indexOf( "<td>;", x + 1 ); int td2 = html.indexOf( "</td>;", td1 + 4 ); int td3 = html.indexOf( "<td>;", td2 + 1 ); int td4 = html.indexOf( "</td>;", td3 + 4 ); if( td1 >; -1 && td2 >; -1 && td3 >; -1 && td4 >; -1 ){ String name = html.substring( td1 + 4, td2 ); String svalue = html.substring( td3 + 4, td4 ); if( svalue.equals( "down" ) ){ //. 止まっているサービスを探す String line = "\"" + name + "\""; //. 止まっているサービスの配列を返す if( out.length() >; 0 ){ line = "," + line; } out += line; } x = td4; } x = html.indexOf( "<tr ", x + 1 ); } out = "{\"datetime\":\"" + dt + "\",\"error_services\":[" + out + "]}"; //. MQTT Publish int pubQoS = 0; MqttMessage message = new MqttMessage( out.getBytes() ); message.setQos( pubQoS ); message.setRetained( false ); // Publish the message MqttDeliveryToken token = null; try{ // publish message to broker token = topic.publish( message ); // Wait until the message has been delivered to the broker token.waitForCompletion(); Thread.sleep( 1000 ); //. パブリッシュ後、とりあえず1秒待つ }catch( Exception e ){ e.printStackTrace(); } //. 次の実行タイミングを待つ Calendar c0 = Calendar.getInstance(); int s0 = ( c0.get( Calendar.SECOND ) % interval ); int w = 1000 * ( interval - s0 ); Thread.sleep( w ); }catch( Exception e ){ } } } }



Paho の Java ライブラリとソースコード(EstadoQuickstart.java)をダウンロードしてコンパイル&実行します。実行が成功すると、コンソール画面には次のように Quickstart MQTT ブローカーにパブリッシュした際の deviceId が表示されます。そして Ctrl+C などで終了するまでの間は(デフォルト状態であれば)60秒おきに estado をチェックしてその結果をパブリッシュする、という処理を繰り返します:
2015092101
 

IBM Bluemix のユーザーであれば、この結果を簡単に取り出すことができます。Bluemix 上に IoT Foundation Starter または NodeRED Starter のボイラープレートアプリケーションを作成して NodeRED 環境にアクセスします。そして IBM IoT Input ノードを1つ作成して、ノードの属性値に "Quickstart" と DeviceId に上述の Java アプリ実行時にコンソールに表示された deviceId 値と同じものを指定します:
2015092102


そしてとりあえず debug ノードを追加して IBM IoT ノードと線で結んでデプロイするだけで、このノードに60秒おきに停止している Bluemix サービスの情報が送られてくるようになります。
2015092003


このサンプルでは以下のような JSON フォーマットでメッセージを取得します。後はこのメッセージを Node-RED 側でハンドリングしてメールで通知したり、データベースに格納する、といった処理を実装することになります:
{
 "datetime": "2015/09/19T22:53:00+09:00",
 "error_services": [
  "account-usage", "meteringbackgroundprocess", "meteringdatabase", "runtime-usage-calculator", "dotnet", "alchemy_api [Free]", ・・・(止まっているサービス名の配列)・・・
 ] 
}



というわけで、後はこの Java アプリをどこかのクラウド上か、または(24時間電源ONが保証できる)ローカル環境で稼働させておけば、MQTT にステータスを送り続けてくれる環境が出来上がるので、このような Node-RED アプリを作って動かすことも可能になる、ということになります。

MQTT はデバイスを意識して作成された軽量なプロトコルですが、必ずしもデバイスでしか使えない、というものでもありません。今回のようなサーバーの死活情報を扱ってはいけない、というものではないし、現に某有名ソーシャルサイトのメッセージング機能で使われていたりもします。何をパブリッシュして、どこからサブスクライブするか、そしてサブスクライブした情報をどう扱うか(Node-RED はここが簡単にできる、というサービスです)、が重要だと思っています。みなさんも色んなアイデアを是非形にしてみてください。同様のアルゴリズムが実装できれば Java 以外の言語でも実現できると思っていますので、興味のある方は是非移植にも挑戦してみてください。