最近のクラウド環境では、初期状態で SSH(22) のみファイアウォールを通す設定になっているケースが一般的です。HTTP(80) を通したい場合は別途設定が必要ですが、SSH だけは無条件に使える設定になっている、という意味です。まあ HTTP サーバーを導入するにしても SSH が使えると便利ですよね。

この SSH サーバーの動作ポート番号を 22 番から別の番号へ変更したい場合の設定は /etc/ssh/sshd_config を変更します:
#Port=22
となっている箇所のコメントを外して、例えば
Port=10022
のように変更します。これで再起動すると SSH(SFTP) は 10022 番ポートで稼働します。