まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

スタバとか、デニーズとか、マクドナルドとか、最近は(特定のキャリアと契約している前提なしで一定時間使える)無料の公衆無線 LAN が使える場所が増えてきました。

これらを使う場合、まずは無線 LAN をその SSID で普通に接続します。この時点で無線 LAN としては接続できて(IP アドレスが取得できて)いますが、まだインターネットを自由に使える状態ではありません:
2018072203


この状態でウェブブラウザを開くと、「ネットワークのログインページ」を開くボタンが表示されたり、ブラウザの種類によってはどこかのページを開こうとした際にログインページにリダイレクトされて、もう1段階の認証を行うことになります:
2018072200


スタバであればこんな感じのログインページが表示され、ここから処理を進めてインターネットに接続します(場合によってはメールアドレスやパスワードを登録する必要があるかもしれません):
2018072204



この仕組を使う中で気付いたことがあります。自分は主に2種類のノート PC を持ち歩いていて、うち1台ではこの公衆無線 LAN を問題なく使えるのですが、もう1台では「ネットワークのログインページ」へ移動するためのボタンが表示されず、かといって、そのままインターネットを使おうとしても使えない、という現象が発生するのでした:
2018072201


この現象は起こったり起こらなかったり・・・ではなく、問題ない PC では発生せず、問題のある PC では 100% 再現しました。要は「PC の設定の違い」が原因と思われる挙動の違いでした。その原因と対処法を調べたので、その備忘録を兼ねた報告です。

この現象が発生する原因が1つだけとは限らないのですが、自分のケースでの原因は「DNS 設定」でした。問題なく接続できる(ログインページが表示される)方の PC では DNS サーバーのアドレスを自動取得する設定になっていました:
2018072202


一方、接続できない方の PC ではこの部分が特定の DNS サーバーを使うよう指定されていました。具体的には 1.1.1.1 や 8.8.8.8 などの名前解決が早いことで定評のある公衆 DNS サーバーのアドレスを指定していました。自宅や会社で使うぶんにはこの設定でも問題なかったのですが、今回紹介しているような公衆無線 LAN ではこれらの IP アドレスへの接続が(ログインページを経由して認証する前には)許可されていないらしく、ゲートウェイのファイアウォールを超えることができず、結果として名前解決ができずに接続ができない、という状況になっているようでした。

したがって、この場合であれば DNS サーバーを上記のように「自動的に取得」するように設定し直します。すると、再度ウェブブラウザを起動した際にログインページへのリダイレクトボタンが表示されて、改めて認証ページを経由することでインターネットが利用できるようになりました。

1.1.1.1 や 8.8.8.8 にこんな落とし穴があったとは・・・

 

業務の中でワードドキュメント(.docx)でレポートを書く必要がありました。

個人的にワードはあまり得意ではありません。フリーレイアウトで書きにくいし、読みやすいとも思えないし(こっちはワードでよこせと言ってくる側の責任だけど)、もう少しましなツールはいくらでもあるし、、、 僕自身はどうしても.doc/.docx 形式のファイルを開かなければならない時にだけ(ファイルをダブルクリックした結果として)ワードを使っていて、自分からワードで書くことはほとんどないのでした。

でも年に一度くらい、今回のように「ワード」指定でドキュメントを請求されることがあります。そんな時に便利かも、と思えるツール pandoc に出会ったので、その紹介をします。

pandocドキュメントのフォーマット変換ツールです。マークダウンをはじめとするテキストドキュメントを別の各種フォーマットに変換してくれます。この pandoc がマークダウン(.md) -> ワードドキュメント(.docx) の変換に対応していることを知り、早速使ってみました。


インストール

pandoc は多くのシステムの一般的な方法で導入できます。Ubuntu であれば apt-get コマンドを実行します:
$ sudo apt-get install pandoc

他システムの場合は適当にググって調べてください。


使い方

シンプルな使い方は以下のように(出力ファイルフォーマットを拡張子で指定して)実行します:
$ pandoc xxx.md -o xxx.docx  (マークダウン方式の xxx.md を、ワード形式である xxx.docx に変換)

試しに先日のブログを書いた際に作成した Github のリポジトリREADME.md をこのツールでワード変換してみました:
$ pandoc README.md -o README.docx

結果、こんな感じ↓のマークダウンファイルが・・・
2018071801

2018071802

↓こんな感じのワードファイルに変換されてました:
2018071803

2018071804


テーブルとかもちゃんと再現されてますね。細かく変換スタイルを指定することも可能なようですが、ワードのためにそこまで時間を使いたくないあまりこだわるわけではないので、これで充分。


しばらくはマークダウンで編集して、マークダウンでレビューとかもして、最後の最後にワードに変換して仕上げ、みたいな感じで使うことになりそうです。

 

テキスト中心のシンプルなプレゼンテーションを作って公開する場合の選択肢の1つとして GitPitch がいいかなあ、と最近思うようになりました:
2018071700


GitPitch は以下の特徴を持った、プレゼンテーション公開の仕組みです:
- マークダウン記法を使って記述・作成する
- Github.com のアカウントを持っていれば、簡単に公開できる(GitLab なども対応しているらしいが未確認)

具体的には Github のリポジトリ内の特定ファイルに特定ルール(ほぼマークダウン)でプレゼン内容を記述するだけ、です。その内容を Github を通してプレゼンテーション化して公開します。

具体的には、公開したいプレゼンテーションを PITCHME.md というファイル名で、マークダウン記法で記述します。スライドとスライドの間には以下のどちらかのページセパレータを挿入します:
(1) --- (現在のスライドの右に新しいスライドを作成する場合)
(2) +++ (現在のスライドの下に新しいスライドを作成する場合)

試しにこんな内容の PITCHME.md を作ってみました:
I love you.

+++

愛してます。

---

Je t'aime.

+++

我爱你。

---

사랑해.

+++

أحبك.

この PITCHME.md ファイルが含まれるリポジトリを Github で公開します:
https://github.com/dotnsf/gitpitch


準備はこれだけ、後は https://gitpitch.com/(ユーザー名)/(リポジトリ名) にアクセスすると、スライド化された PITCHME.md の内容が参照できます:
https://gitpitch.com/dotnsf/gitpitch


(最初のスライドページ)
2018071701

(↓を選ぶと、2番目のスライドページ)
2018071702

(→を選ぶか、または最初のスライドページで→を選ぶと3番目のスライドページ)
2018071703


なお、このプレゼンテーション参照中に、矢印キー以外に以下のショートカットキーを利用することができます:
キー効果
HOME最初のスライド
END最後のスライド
N次のスライド
スペースNと同じ
H左矢印と同じ
J下矢印と同じ
K上矢印と同じ
L右矢印と同じ
Mメニュー
Fフルスクリーン
ESCフルスクリーン解除
Oスライド一覧
B画面ブラックアウトの ON/OFF トグル
Sスピーカーノート
?ショートカットキーのヘルプ



パワーポイントのように、図やチャートに凝ったプレゼンを作るには向いてませんが、逆にテキスト中心の内容であればマークダウンで簡単に装飾テキストも作れるし、Github アカウントさえあれば普通にリポジトリを公開するだけでプレゼンテーションを公開できるという点が便利だと思っています。


このページのトップヘ