まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

コンテナオーケストレーション環境である kubernetes(以下 k8s)上で PC-DOS エミュレーターである DOSBOX を動かしてみました。

なお、以下で紹介する k8s の環境としては以前にこのブログで紹介した minikube 環境を使います。minikube の(Windows 10 + WSL 向けの)環境構築手順はこちらです:
Windows 10 に minikube を導入して WSL から利用する


また k8s にデプロイする DOSBOX のイメージは Docker Hub に公開されていたこれを使うことにします:
DOSBox for Docker Server


上記ページによると、このイメージは以下2つの特徴がある模様です:
(1)起動後、5901 番ポートで VNC 接続を待ち受ける(つまり VNC 経由で DOSBOX に接続する)
(2)VNC のパスワードは環境変数 VNCPASSWORD で指定する


ではこのことを理解した上で、まずはイメージを k8s 環境へデプロイします:

環境変数 VNCPASSWORD=P@ssw0rd を指定して jgoerzen/dosbox を k8s に dosbox という名前でデプロイ
$ kubectl run dosbox --image=jgoerzen/dosbox --env=VNCPASSWORD=P@ssw0rd

kubectl run --generator=deployment/apps.v1 is DEPRECATED and will be removed in a future version. Use kubectl run --generator=run-pod/v1 or kubectl create instead.
deployment.apps/dosbox created

dosbox のポート 5901 を expose
$ kubectl expose deployment dosbox --type="NodePort" --port=5901

service/dosbox exposed

これでイメージのデプロイは完了し、利用可能になっているはずです。最後に利用するために必要な情報を確認しておきます:

IP アドレスを確認
$ kubectl cluster-info

Kubernetes master is running at https://192.168.99.100:8443
KubeDNS is running at https://192.168.99.100:8443/api/v1/namespaces/kube-system/services/kube-dns:dns/proxy

To further debug and diagnose cluster problems, use 'kubectl cluster-info dump'.


外部公開ポート番号を確認
$ kubectl get svc

NAME         TYPE        CLUSTER-IP       EXTERNAL-IP   PORT(S)          AGE
dosbox       NodePort    10.105.213.111                 5901:32286/TCP   9s
kubernetes   ClusterIP   10.96.0.1                      443/TCP          103d

上記の結果から 192.168.99.100:32286 で VNC 接続します:
2019122002


接続時にパスワードを聞かれます。デプロイ時に環境変数 VNCPASSWORD で指定した文字列(上記の場合は P@ssw0rd)を入力します:
2019122003


正しく接続できると xterm のターミナルと、DOSBOX アプリが起動した X Window が表示され、DOSBOX が利用できるようになります:
2019122001


これで DOS 環境を共有するハードルを1つ超えた、かも!


このブログは Node-RED Advent Calendar 2019 に参加しています。12/22 ぶんとしてエントリーしています。


今年 2019 年に新たな試みとして挑戦したことの1つに「ボランティアで IT 勉強会を開催する」がありました。それまでにも社内外の技術者向けコミュニティで講演したり、参加した先のイベント内でゲリラ的に活動するなどは行っていました。ただ前提として IT 技術者を対象としていたり、そういった知識を持った人を対象とすることがほとんどでした。一方で IT や AI 、プログラミングが少しずつ世の中で広まっている実感もあって、そんな乖離について疑問とまでは言いませんが、より多くの人に広める活動はできないだろうか、と考えることはありました。そんな中で女性向けコミュニティや、以下で紹介する子供向け勉強会を開催させていただく機会がありました。その活動についての報告を兼ねてブログにまとめてみました。


【IT勉強会について】
この手の IT 勉強会を開催する上で会場の確保は1つの壁になります。加えてパソコンそのものは持ってきてもらうとして、その電源やプロジェクターの確保、無線 LAN の有無、机や椅子の用意、そして会場を借りる上でのコスト、加えて集客方法や会場を利用する上での制約事項等を総合的に考慮する必要があります。以下で紹介する勉強会では 2016 年に千葉県市川市にできたシェアスペース「にわにわ」をお借りして開催しました:
2019121001


簡単に説明すると無線 LAN や電源の利用可能なレンタルスペースです。トップページを見ていただくとわかるのですが、普段から地域コミュニケーションを中心とした(IT に限らない)活動をされていて、親子向けワークショップも多く開催されています(画像はトップページより)。価格も非常にリーズナブル!:
800


この会場をお借りし、今年は5月に開催したのを皮切りに計5回のIT勉強会を行いました。「IT勉強会」と銘打ってますが、基本的には IBM Cloud を使った勉強会という位置づけで、IBM Cloud コミュニティのメンバーにお手伝いをいただいています。なお(*)印がついているものは Node-RED を使ったハンズオンです:
日付タイトル内容
5/19【子連れも】BMXUG市川IT勉強会「LINEでお絵描きメッセージを送ってみよう♪」【学生も歓迎】LINE LIFF を使ったお絵描きスタンプを作る
7/13【こどもも】BMXUG市川IT勉強会「テトリスを作ってスマホで振って遊ぼう!」【おとなも】(*)IBM Watson IoT サービスを使ってゲームをリモートコントロール
8/24【こどもも】BMXUG市川IT勉強会 AI先生と外国語で会話しよう!【おとなも】IBM Watson Translator, Speech to Text, Text to Speech を使って外国語会話レッスンアプリを作る
10/19BMXUG市川IT勉強会「レースゲームを作って、鈴鹿サーキットを走ってみよう!」(*)OpenStreetMap と IBM Watson IoT サービスを使った地図ゲーム、二人協力プレイ可
12/7BMXUG 市川IT勉強会番外編 【おとなも】『スクラッチ』でゲームを作ろう!【こどもも】スクラッチを使ったおにごっこゲーム開発(コピペ一切なし)


つまり今年は5回の勉強会を開催して、そのうち2回で Node-RED を使いました。また全てのタイトルに【おとなも】【こどもも】と含まれているように、対象者の前提は設けていません。もともとこの会場で行われるイベントは両親がお子さんと一緒に参加されたり、お年寄りの方が参加されたりすることが多かったこともあって、その一環で参加していただけたら・・という思いもありました。結果的に「普段キーボード入力を使う機会が少ない(コピペして、すらそのままでは通じない)」ようなお子さんや大人の方に多く参加いただけたと思っています。この点では当初の目的がある程度達成できたと感じています。


なお勉強会ではないのですが、7/13 開催の内容については 7/18 に開催された Node-RED Con Tokyo 2019 の中でもレポートする形で紹介しています:
IBM Watson IoT を用いた遠隔ゲームコントローラーと Node-RED による簡易カスタマイズによる実現(*)


※個人的にはこれら以外でも IT 関連のボランティア活動は行っていましたが、このブログでは上記イベントに限ったレポートとさせていただきます。


【勉強会で大変だったこと】
大変だったこと、というか大変なこと。結論を最初に言うと「時間との戦い」です。

参加者は「お子さんと、その親」が大半でした。ここでの「お子さん」とは、下は小学校低学年から、上は高校生がいたかなあ・・・中学生はいました、といった感じ。おそらくスマホは僕以上に使いこなせるのでしょうが、PC を普段から使っているわけではありません。ブラインドタッチなど以ての外、「コピペ」が「Ctrl+C して Ctrl+V」と理解できるわけでもありません。「選んで、右クリックして、コピーして、・・・」と教える必要があるレベルです。PC 操作には普段の勉強会やハンズオンとは比較にならないほどの時間を要します。

加えて、全ての勉強会がハンズオン形式となっていて最終的にアプリを1つ作りあげる(!)のですが、だいたい2時間弱で作れるものを用意する必要があります。時間をかければ細かい説明もできるし、作ったものを自分の好みに合わせて改良できたりもするんですが、一方で時間が長くなって「途中で飽きられちゃう」と勉強会としては致命傷です。もうPCの前に戻ってきてくれなくなります(苦笑)。コツとしては最初にアプリのデモを見せて(つまり完成形を見せて)、ある程度興味を持ってもらって、「頑張ればあのゲームができる!」と思わせて(笑)、なんとか集中力を2時間キープしてもらう、加えて神様に祈るw! そして目的のアプリを最短コースで作り上げる!! という持久走のような2時間になります(あ、でも苦痛ではなく楽しいですw)。

勉強会で扱うハンズオンのコンテンツはベースとなるものがあったりなかったりですが、ベースがあってもこの勉強会向けの改良を行っています。理由は「そのままでは理解できない」と思われる内容があったり、キーボード入力が多すぎて着いてこれないと思われたからです。基本プログラミングなので、プログラミングの入力は必要なのですが、その内容が多すぎると集中力が途切れてしまう懸念があります。かと言ってコピペのオンパレードだと「いま自分は何をコピペしてるのか」「そもそもこれはどの部分を作っているのか」がわからず惰性の作業になってしまう(要するに勉強会にならない)恐れもあります。一方で「ある程度プログラミングっぽいことが体験できるようにしたい」とか「苦労するから完成すると嬉しい」というユーザー体験的な観点からはやっぱりプログラミングが体験できるようにもしたくて・・・ このあたりのバランスが非常に難しいのでした。実際、今も改良を続けながらコンテンツを準備しています。

コンテンツのアイデア出しやコンテンツ作りにも時間は必要だし、2時間で一通りの解説と動作確認ができるように仕上げないといけないし、毎回が色んな意味で時間との戦いになっています。


【Node-RED を使った感想】
上述のように、5回の勉強会のうち2回で Node-RED を使ったハンズオン開発を行いました。ちなみに他の2回は Node.js (のコードを github からコピーして使用)、1回は Scratch を使いました。また Node-RED を使う場合も HTML ページを記述するテンプレートノードの内容についてだけは(時間の都合もあって)コピー&ペーストで逃げました。今にして思えば Node.js の2回は Node-RED で作れるようにしておけばよかったと感じています。

プログラミング教育のハンズオンで Node-RED を使う場合のメリットは、なんといっても「少しずつ作りながら&動かしながら進めていける」ことだと思っています。ノードの説明をして、それらを組み合わせて1つのフローを作っては、作ったフローを実際に動かして動作を確認する、これを繰り返すことで機能単位で少しずつ動作を確認しながら作ろうとしているものが完成体に近づいていく様子を体験できるようになります。この「少しずつ完成に近づいていく」のがプログラミングの醍醐味であり、楽しい部分でもあると思っています。

また Node.js を使う場合と比較すると、「コマンドプロンプトやターミナルからコマンドを実行する」に相当する作業がなく、開発作業に集中できるという点も大きなメリットであると感じています。プログラミングといいつつ、最終的にサーバー上で動かすため各種 Linux コマンドを使わずに進めていくのは困難なのですが、Node-RED だとそのあたりはよく作られていて Node-RED の画面内だけでアプリを開発し、サーバー上にデプロイすることまでができます。Windows / Mac の環境依存になる部分も少ないため、教える側としては非常に楽になる、といった、副作用的な効果もありました。特に今回のように教わる側の知識があまり高くない場合では大きなメリットのあるハンズオン環境といえると思います。

似たような GUI プログラミング環境として Scratch もあります。こちらははじめからウェブサービスとして提供されている点と、画面を確認しながら作れるという点で視覚的に非常にわかりやすい環境といえます。一方で外部とのデータやりとりについてはどうしても弱い点があるようにも思えます(逆にそういうやりとりが必要なければ気にすることもないと思ってます)。この外部とのデータのやりとりについては Node-RED が得意としている分野でもあるので、このあたりが今後の使い分けの基準にもなっていくんだろうなあ、と感じています。


【今後の話】
今年の5回の勉強会を経て、比較的 IT 知識のない人(普段、ワードやエクセルさえ使う機会のないレベルの人)向けの学習環境としての Node-RED の優位性を改めて感じることができました。一応、この活動は来年以降も続けるつもりでいて、2月初旬に予定している年明け一回目のコンテンツでも使う想定をしています。

ただし、来年は「Node-RED を使う前提でコンテンツを考える」のではなく、「参加者が興味を持ちそうな(エンターテイメント性のある)コンテンツを作って」&「それを Node-RED で実現できるように改良する」という準備をしていこうと思っています。ぶっちゃけ手間がかかるといえばかかるのですが、この準備自体が自分の勉強にもなるし、そういうことが実現できる Node-RED のポテンシャルの高さを証明することにもなるのではないか、と思っています。



毎年恒例のマンホールマップ年間アクセスランキングを発表します。2019 年にマンホールマップでもっとも人気のあったマンホール蓋をベスト10形式で紹介します。また今年新たに投稿された蓋の中で最も人気があった「新人賞」と、今年最も多くの蓋画像を投稿いただいた方「最多投稿賞」を紹介します。


集計のルールとしては 2019/01/01 から 2019/12/20 までの集計期間における、PC およびスマホのブラウザから単独ページとしてのアクセス数を集計しています。ページビューとしての集計なので、例えば同じページの画面をリロードした場合は1回とだけカウントされます。

なお、過去5回の結果はこちらを参照ください:


2019 最多投稿賞

まず今年は集計期間中に 1006 枚ものマンホール画像が投稿されました(有効投稿のみ)。この集計を取り始めた 2014 年以降では最多で、初の年間 1000 枚投稿を達成しました!マンホールブームは確実に来てます!! 改めて投稿に協力いただいた皆様、ありがとうございました。

そして今年マンホールマップに最も多くの画像を投稿いただいたユーザーに与えられる賞、それが最多投稿賞です。今年もマンホールマップに有効に投稿された全画像の大半が昨年も激しく一位を争った 
minamu4545 様と 42ER03 様の2名のユーザーによって提供されたものでした。今年も感謝の限りでございます。 m(__)m

今年も昨年を上回るレベルでの激しい1位争いの結果、 42ER03 様が今年1年間で 354 枚もの蓋画像を投稿いただき、2年連続での1位となりました!おめでとうございます!!

そして今年もハイレベルな一騎打ちを演出いただき、惜しくも僅差で2位となった minamu4545 様、ありがとうございました。来年もお二人の争いになるのか、はたまた新星が現れるのか? 楽しみにしたいです。

ちなみに私自身は今年は5位でした。自分自身も含めて上位陣の投稿総数という意味では僅かな減少が見られますが、それでも総投稿数が上昇しているという事実も有り、つまるところユーザーの裾野が広がり、全体的な底上げができつつあるように感じられました。2020 年のマンホールは上昇確実銘柄と期待できます!(※投資は自己判断でお願いします)



2019 総合ランキングベスト10

いよいよ 2019 年マンホールマップ年間アクセス数ランキングを発表する時がやってまいりました。総合ランキング1位となる MVM(Most Variable Manhole) の座はどの蓋に!?


まずは 10 ~ 4 位です。

実は今年の10位が大激戦でした。2票差の中に5つの候補がひしめく大激戦を制して神10入りを果たした今年の第10位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
10 - 埼玉県比企郡滑川町iamokura_2


埼玉県滑川町の地名が大きく書かれた地味蓋、マンホールナイト実行委員の新人でもある iamokura_2 さんによる今年5月の投稿でした。iamokura_2 さんのこういう独特な着眼点が僕大好きです!


続いて9位ではなく、8位は同数だったので1つ目の第8位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
8 - 静岡県島田市minamu4545


静岡県島田市島田大祭を描いたカラー蓋、この年間統計ではおなじみ minamu4545 さんによる 2018年10月の投稿作品です。最近多くなったカラフルな蓋作品です。


もう1つの第8位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
8 - 東京都江東区morimo_t

東京都江東区、というかお台場のガンダムと無理やりコラボした morimo_t さんの作品です。2012 年6月の投稿作品です。蓋というよりもガンダム人気で上位に来たような気がしていますw


第7位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
7 - 東京都中央区dotnsf

東京都中央区日本橋のたもとにある日本国道路元標の疑似蓋が第7位でした。東海道の起点としての印なんですが、お江戸日本橋のシンボルにもなっています。ちなみに投稿者は dotnsf つまり僕です σ(^^; 。投稿は 2011 年8月でした。


第6位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
6 - 岡山県倉敷市eRP1pgRkR6B4mSu

岡山県倉敷市ジーンズストリートに飾られたジーンズ地の蓋です。 eRP1pgRkR6B4mSu さんによる 2017 年4月の投稿作品でした。ジーンズ地でジーンズストリート周辺地図を描いた蓋になっています。


第5位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
5 - 静岡県静岡市SakiYumeno

静岡県静岡市、登呂遺跡のイメージキャラクターである『トロベー』が描かれたカラー蓋です。 SakiYumeno さんによる 2019 年 2 月の投稿作品でした。今回のランクイン蓋の中では珍しいキャラクター蓋でした。


第4位!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
4 - 静岡県富士市meaculpax3

日本以外でも話題になった、静岡県富士市かぐや姫マンホールです。meaculpax3 さんによる 2011 年 6 月の投稿作品です。 この年間アクセス数ランキングではこのようなメジャーな蓋が上位に来ない、という謎の伝統(?)があったのですが、この有名な蓋が年間アクセス数で4位になったというのはやはりマンホールブームの裾野の広がりを感じさせる結果にもつながります。


昨年・一昨年とマンホールカード勢による新作マンホールが上位を席巻したベスト10でしたが、今年はここまで新作蓋が比較的苦戦している印象を受けます。昔ながらのマンホールが見直されつつあるというのは(そっち好みの)マニアとしては嬉しい限りですが、このあとのベスト3ではどうなるのでしょう!?



どきどきのベスト3の発表です。第3位!!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
3 - 香川県小豆郡小豆島町42ER03

香川県小豆郡小豆島町空気弁蓋。最多投稿賞にも輝いた 42ER03 さんによる作品です。マンホールマップへの投稿は 2019 年 6 月と記録されていますが、投稿メッセージに「平成28年12月撮影」とあるので、3年前の撮影画像ということになりますね。

マンホールマップ年間統計ではおなじみのセリフなんですが、「なんでこの蓋がそんなに人気あるの?」が謎の第3位となりました(笑)。


第2位!!

順位昨年順位市区町村投稿者画像
2 - 埼玉県入間郡毛呂山町Nikki_papa

埼玉県入間郡毛呂山(もろやま)町のカエル(ケロ?)が描かれたデザインマンホールが第2位でした。 Nikki_papa さんによる 2011 年7月の投稿作品でした。菊、山吹、つつじという地元の名物が描かれたデザイン・マンホールらしい蓋が第2位となりました。



ここまで古参マンホール勢と静岡県勢が大健闘している 2019 年マンホールマップ年間アクセス数ランキングの上位争い。では 2019 年マンホールマップ年間アクセス数ランキング・第1位となった MVM(Most Variable Manhole) は!?

第1位!!!

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓




順位昨年順位市区町村投稿者画像
1 - 静岡県富士市minamu4545


1位のマンホール画像は 2019 年の3月に minamu4545 さんによって投稿された静岡県富士市岳南排水路の蓋画像でした。

中央にこの地方が全国トップシェアを誇る加工品であるトイレットペーパーとその工場、下方に駿河湾とその名物である桜エビ&シラス、そして上方には世界遺産・富士山が描かれています。情報をいっぱい詰め込んだ、ある意味でデザインマンホールらしいデザインマンホールが今年の MVM に輝きました。

なお、この画像は今年投稿されたものでもあるため 2019 年新人賞蓋でもあります。 minamu4545 さんはなんと3年連続で新人賞と MVM の同時受賞を達成しました!快挙だと思います、あらためておめでとうございます。


今年はこれまでの新人蓋が上位を席巻するような流れが一変し、以前に投稿された蓋のあらためて慈しむ流れが発生した結果となりました。一方で今年のベスト10画像には昨年のベスト10画像が1つも含まれないという結果となりました。 ただそのような新しい流れの中でも牙城を崩さずに MVM を死守しただけでなく、唯一人ベスト 10 に2枚の蓋を送り込んだ minamu4545 さんの強さ(=行動力?)を確認した 2019 年となりました。



そして最後にマンホールマップ開発者&運営者としての自分からのメッセージです。今年は天災による停電の影響に加え、マンホールマップ自体のメジャーバージョンアップやその後の調整作業などもあって、サービス全体としては比較的不安定な運営となった1年だったと思っています。ご不便をおかけして失礼しました。

一方で調整後の12月になってからは比較的安定した運用ができていると思っています。また新機能であるブロックチェーン連携によって投稿画像の著作権を保護する、という(地味にwすごい)先進技術によって、利用いただくみなさんが安心して使えるサービスをこれからも提供できればと思っています。

加えて、実はマンホールマップの運用開始から約10年が経過しましたが大きな変化がありました。マンホールマップにはいわゆる「いいね!」に相当する「ナイスマンホ!」機能があり、利用者による人気ランキング投票が実現できていましたが、この10年の間、人気1位はほぼ不動で石川県のこの蓋となっていました:


が、今年はついにこの1位に変化があり、12月21日時点で渋谷のこの蓋が同率1位となっています。1位に変化があったのは10年間で初です:



さて来年の今頃、この人気投票はどのような順位になっているのでしょうか? その結果も楽しみにしつつ、来年以降も引き続きマンホールマップを宜しくおねがいします。

このページのトップヘ