まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

先日の IBM XCITE イベントの中で、IBM BlueMix のアプリケーション開発コンテストの開催が発表されています:
IBM BlueMix Challenge
2014052501



このブログでも何度か触れてきましたが、IBM BlueMix は、いわば「IBM 版 CloudFoundry」です。IBM の提供するクラウド上に CloudFoundry 環境が構築されており、現在は無料ベータ版という扱いで誰でも利用することができるようになっています。素の CloudFoundry と異なるのは IBM ソフトウェア製品も利用可能なサービスとして統合されているので、BlueMix 上で Java アプリケーションサーバーや DB2 を始めとするデータベースサーバーなども利用できるようになっている点です。BlueMix 上で稼働する IBM 製品については原則的に IBM からの製品サポートが提供され、それ以外のものについても一部はサードパーティからの製品サポートが提供される、という形態になっています。

この BlueMix 環境上でアプリケーションを開発/構築するというコンテストです。なお、コードそのものの良し悪しだけで判断されるわけではなく、用意されたサービスをどのように組み合わせて、どのようなイノベーションを実現するか、という総合的な判断に基づくコンテストのようです。

気になる商品は Mac Book Pro やルンバといった、デベロッパー(やその家族)が喜びそうなものが用意されています。実際にはこれらの中でも上位機種が準備されているとの噂も・・・


参加する場合、6月30日までにそのための登録申請を行う必要があります。アプリケーションそのものは申請の段階で開発されている必要はなく、アプリケーションの提出期限は8月12日となっているようです。


注目の PaaS 環境である Cloud Foundry のアプリケーションを開発するいい勉強の機会にもなるし、あわよくば Mac Book Pro も手に入れるチャンスです。普通にアプリを開発できれば BlueMix(Cloud Foundry)対応はさほどハードルが高いとは思わないので、多くの開発者にチャンスがあると思います。


「興味はあるけど、まだあまりよく BluxMix(Cloud Foundry) 分からないんだよなあ・・・」という方は、拙作ですが、以下の僕のブログエントリがお役に立てれば幸いです:

- BlueMix を使う
- BlueMix のダッシュボードとデータベースサービスを使う
- BlueMix 上で PHP アプリを動かす
- BlueMix を使ってみて
- BlueMix で Twilio を使う
- BlueMix 向けに(Java)アプリを開発するといいことはあるか?
- BlueMix 向け Twilio アプリのサンプル
- BlueMix 開発コンテストが開催されるらしい
- BlueMix のデータストア比較
- BlueMix の cf コマンド
- BlueMix 上の DB2 をハック
- MySQL が 3306 番以外のポートで動いている時の WordPress 設定
- モバイル向けdeveloperWorks ページを作ってみた





 

UNIX/Linux 系 OS 用の仮想端末マネージャーである screen コマンド。以前に紹介した tmux に似てるけど、screen は多くのケースで標準導入されているので、ビルドとかなしにそのまま使えることが多いです。

というわけで、概要と使い方のメモ:

【screen コマンドとは?】
- 1つのターミナル上で、仮想的に複数の端末を同時にオープンして作業するツール。
- 仮想端末が開かれた状態を保ったままターミナルをログアウトできる。後から再度ターミナルでログインして、screen を呼び出すことで仮想端末の状態に復帰できる。
- 1つのターミナルの画面を上下に分割して、複数の端末を同時にアクティブにして(切り替えながら)操作できる。


【screen コマンドの使い方】
screen 起動
# screen
screen 内で新しい仮想端末を開く
[ctrl]+a c
screen 内で動いている仮想端末の一覧表示
[ctrl]+a w
screen 内で動いている別の仮想端末に移動する
[ctrl]+a n または [ctrl]+a [space] 昇順移動 [ctrl]+a p または [ctrl]+a [del] 降順移動 [ctrl]+a 数字 (数字)で示される仮想端末に移動 [ctrl]+a [ctrl]+a 直前に使っていた仮想端末へ戻る
現在開いている仮想端末を閉じる(キル)
[ctrl]+a k
現在開いている仮想端末をサスペンド状態にして閉じる(デタッチ)
[ctrl]+a d
screen 内でデタッチ状態で動いている仮想端末の一覧表示
# screen -ls (ここで PID が確認できる)
screen 内でデタッチ状態で動いている仮想端末に戻る(アタッチ)
# screen -r PID
デタッチせずに screen を終了する
[ctrl]+a \
起動中の screen をバックスクロールモードにする
[ctrl]+a [
バックスクロールモードでテキストコピー
カーソルを始点に移動させて [space] または [enter] カーソルを終点に移動させて [space] または [enter]
コピーしたテキストのペースト
[ctrl]+a ]
画面を上下2分割
[ctrl]+a S
画面分割後にフォーカス画面を変更
[ctrl]+a [tab]
画面分割をやめる
[ctrl]+a Q

【実際の使い方】
一度実行すると、処理完了まで1日程度かかるコマンド(# php test.php)があるとします。
これをサーバー上で実行して、一度デタッチして(バックグラウンドで処理を続けて)からサーバーとの接続を切断し、翌日サーバーに再度ログインして結果を確認する。
(ssh や telnet でサーバーにログイン)

# screen screen 実行(この時点で仮想端末0が実行される)

[ctrl]+a c 新しい仮想端末1を作成して移動

# php test.php 処理実行開始・・・・

[ctrl]+a d 処理実行中の仮想端末をデタッチ(この時に screen からも抜ける)

# screen -ls デタッチした処理の PID を確認( XXXX だったとする)

# exit (サーバーからログアウト)

  :
  :
  :

(翌日、再度 ssh や telnet でサーバーにログイン)

# screen -r XXXX 前日デタッチした仮想端末をアタッチ

(処理が完了していたらそのまま続きの作業を行う。まだ完了してなかったら再びデタッチして完了を待つ)







高速な HTTP サーバーである Nginx を使って cakePHP を利用する場合の設定をまとめました。注意点としてはリライトの扱いとファイルパーミッションです:


前提として cakePHP は(Apache HTTPd で使う前提の内容でいいので)設定ができているものとします。cakePHP の導入先は /var/www/html/cakephp/ であると仮定します。Apache HTTPd は導入しないか、サービスを止めておきます。cakePHP の導入手順についてはこちらを参照ください:
cakePHP を CentOS にインストールする


また PHP-FPM や Nginx の導入自体はできているものとします。これらの手順はこちらを参照ください:
CentOS に Nginx をインストールして PHP を使う


では Nginx を cakePHP の環境に合わせて設定していきます。まずは /etc/nginx/conf.d/default.conf を以下の内容に変更します(特に赤字部分は各自の環境に合わせて編集するよう、注意してください):
server {
    listen       80;
    server_name  localhost;
 
    root   /var/www/html/cakephp/app/webroot;
    index  index.php index.html;
 
    #charset koi8-r;
    #access_log  /var/log/nginx/log/host.access.log  main;
 
    location / {
        try_files $uri $uri?$args $uri/ /index.php?$uri&$args /index.php?$args;
    }
 
    #error_page  404              /404.html;
 
    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }
 
    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    proxy_pass   http://127.0.0.1;
    #}
 
    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    location ~ \.php$ {
        try_files       $uri =404;
        fastcgi_pass    127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index   index.php;
        fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        include         fastcgi_params;
    }
 
    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    #    deny  all;
    #}
}

※追記1
index 節に index.html を追加。webroot/sub/index.html に /sub/ でアクセスできるようにするため

※追記2
try_files 節に /index.php?$args を追加。/controller/view?key=value を正しくハンドルできるようにするため



次に cakePHP 内の app/tmp フォルダに(Apache HTTPd ではなく) nginx が書き込めるような権限を与えます:
# chown -R nginx.nginx /var/www/html/cakephp/app/tmp
# chmod -R 700 /var/www/html/cakephp/app/tmp

また、/etc/php.ini に以下の内容を加えて、セッションデータを保存するディレクトリを設定しておきます:
session.save_path = "/var/lib/php/session"

これで Nginx を起動して、ブラウザで http://(サーバー名)/ にアクセスすると Nginx 環境下で動いている cakePHP のホーム画面が表示されるはずです:
# /etc/init.d/nginx start (Nginx サービス起動)
# chkconfig nginx on (自動起動設定)

2014051701




心なしか速くなった・・・のかな?



このページのトップヘ