まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

「Java で使えるバーコード読み取りライブラリ」を探していました。

開発の関係で「Java から使える」ことが条件でした。また「QRコード」のライブラリは見かけるけど、いわゆる「バーコード」 のは意外と少ない。そしてバーコードを「生成する」のではなく、バーコード画像を「読み取り」たかった、という条件もあります。 加えてライセンスフリーだといいな、と。

これだけの条件で探すとほとんど選択肢はなく、唯一見つけたのが「ZXing(ゼブラクロッシング)」というライブラリでした。 ZXing は単に JavaSE で使えるというだけでなく、Android SDK からも使えます。また QR コードにも対応していたり、読み書き両方に使えたりと汎用性も高そうです。ZXing はソースファイルで提供されているので、そのビルド方法も含めた利用手順を紹介します。なお最新版(3.0)の ZXing をビルドするには JDK 1.7 以上、および Apache Maven が必要です。 

RedHat Enterprise Linux や CentOS であれば以下のコマンドで JDK1.7 をインストールできます:
# yum install java-1.7.0-openjdk-devel

Apache Maven はこんな感じ:
# cd /etc/yum.repos.d
# wget http://repos.fedorapeople.org/repos/dchen/apache-maven/epel-apache-maven.repo # yum install apache-maven

JDK 1.7 と Maven が用意できたら ZXing をビルドすることができます。まず ZXing のダウンロードページから最新のソースファイルをダウンロードして、zip ファイルを展開しておきます。

と、言いたかったのですが、4月25日現在の最新版(3.0.2-SNAPSHOT)はビルドの途中でエラーになってしまい、なんかよく分からなかったので、僕はこちらの 2.3.0 というバージョンを使いました。

展開後、いくつかのフォルダが出来上がりますが、通常の Java(SE) 環境で利用するには core と javase のライブラリが必要です。そのためこの2つのフォルダで JAR ライブラリを Maven でビルドします:
# cd core
# mvn -DskipTests -Dgpg.skip=true install
→ ./target/ に JAR ファイルができている # cd ../javase # mvn -DskipTests -Dgpg.skip=true install
 → ./target/ に JAR ファイルができている

ビルドでできあがった core-X.X.X.jar と javase-X.X.X.jar(X.X.X 部分は ZXing のバージョン)が必要なライブラリになります。これらを Java のプロジェクト内で利用できるように(例えば WEB-INF/lib/ 以下に)コピーして、これで準備完了。

実際にバーコードをデコードするサンプルも記載しておきます。これはローカルシステムの c:/tmp/sample.jpg にバーコード画像がある場合の例ですが、こんな感じ: 
  String filename = "c:/tmp/sample.jpg";
    :
  try{
    //. 画像読み込み
    BufferedImage image = ImageIO.read( new File( filename ) );
    LuminanceSource source = new BufferedImageLuminanceSource( image );
    BinaryBitmap bitmap = new BinaryBitmap( new HybridBinarizer( source ) );

    //. デコード
    Reader reader = new MultiFormatReader();
    Result result = reader.decode( bitmap );

    //. バーコードフォーマット
    BarcodeFormat format = result.getBarcodeFormat();

    //. バーコードコンテンツ(読み取り結果)
    String text = result.getText();
      :
  }catch( Exception e ){
    e.printStackTrace();
  }
    :





さて問題の認識精度ですが、 、、まあ仕方ないのかな、って感じです。画像にバーコードだけが写っている状態であればまだしも、周囲に関係ない部分が含まれていたりすると認識してくれないケースが多いです。

とはいえフリーで使えるデコードライブラリは他に選択肢がないので、贅沢は言えませんよね。
 

(↓2015/Jan/26追記)
このブログエントリに書かれている内容は最新のものではありません。ご注意ください。
また、こちらの記事も参照ください:
Bluemix 内の MySQL データベースでサイズが選択可能になった
(↑2015/Jan/26追記)


IBM BlueMix からは数多くのデータストアサービスが提供されています。RDB(リレーショナルデータベース)だけでも4つあります(青っぽい背景のが IBM 提供サービス、白背景のがオープンソースベースのコミュニティ提供サービスです):

※2014年4月23日時点の情報を元に記述しています。詳しくは各リンク先を参照ください。
サービス価格最大サイズ説明
BLUEAccelerationベータ期間は無料標準で圧縮後1GB(最大10GBまで拡張可能)サイズは圧縮後のサイズなので、実際にはこれら以上のデータを格納可能
SQLDBベータ期間は無料1GB最大接続数は2(BlueMix環境からのみ)
MySQL無料10MB最大接続数は1000
PostgreSQL無料30MB最大接続数は1000

容量10MB のデータベースって・・・ (^^;

ちなみに RDB 以外のデータストアサービスについてはこんな感じです:

サービス価格最大サイズ説明
JSON DBベータ期間は無料1GBJSON ストア型
MongoDB無料250 MBJSON ストア型
Redis無料N/A (?)KEY-VALUE ストア型
Mobile Dataベータ期間は無料(?)ローカルネイティブのように使えるモバイル向けデータストア


それなりに実用的な量のデータを格納しようとすると、IBM 提供のデータストアサービスを選ぶことになるんでしょうかね。リレーションなしと割りきって JSON 型の MongoDB を選ぶという選択もあるけど。

この表だとわかりにくい差もあると思っています。例えば MySQL や MongoDB などは管理コンソールを別途 phpMyAdmin や phpMoAdmin などで用意する必要があります(参照)。一方、BLUAcceleration や SQLDB には標準で管理コンソール機能が付属していたりします。
2014042201


ちなみに BlueMix のサービスで MySQL を立ちあげた場合、BlueMix 内のアプリケーションサーバーからしか接続できません。ただし BlueMix の外で稼働している MySQL に BlueMix のアプリケーションサーバーから接続することは(パフォーマンスに目をつぶれば)可能でした。なので意地悪く特定のポートが閉じられている、とかいうことはなさそうです。どうしても MySQL で10MB以上のデータを使いたい、ということであればデータベースだけは外部接続にする、という選択肢もありますね(遅いし、PaaS のメリットも薄くなるのでオススメしませんけど)。



・・です。

IBM 開発コンテスト「IBM BlueMix Challenge」開催


詳細は5月21日~22日開催の「IBM Software XCITE Spring 2014」で発表されるらしいので、詳しい条件や規定、基準、そして気になる賞品(笑)については後日発表を待ちましょう。

まあ、でも、BlueMix のサーバーやサービスを使って面白いアプリを作りましょう、というものだとは思います。このブログでも紹介しているように、色んなプログラミング言語を選べるし、サーバー構築は簡単だし、敷居はそんなに高くないと思ってます。また以前に CloudFoundry 環境で作ったアプリがあれば、それを持ってきちゃえば動くかも(苦笑)しれないので、そういう手もあるのかな。

このページのトップヘ