まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

Google の IaaS である Compute Engine が GA を迎えて、正式に公開されました。私自身もこれまで Google AppEngine を気軽に使ったりはしていましたが、データストアの特殊性などもあって本格的に使うのは色々難しかったというのが感想でした。そんな中で標準的な IaaS である Compute Engine が追加投入されたことになります。現状、パブリックな IaaS のクラウドは Amazon EC2 がかなり先行している印象ですが、後発の Google がどこまで勢力を伸ばしてくるのか、そしてどんなサービスを提供してくるのか、楽しみではあります。

とはいえ、この Compute Engine を使う上での壁もありました。無料枠のある AppEngine と異なり、まずベータの段階であっても利用する場合はあくまで有償でした。また t1.micro という最小構成であれば1年間無料で使うこともできる Amazon EC2 に対して、Compute Engine は同クラスの f1-micro インスタンスでも有料利用しかできません。気軽にテスト目的で使ってみようかな、という場合でも料金が発生するので、最初のとっかかりを越えての利用が少しハードル高めに設定されている、という印象でした。

が、そんな中で一般公開を迎えた記念なのか、テコ入れ策と考えていいのか、Compute Engine でも魅力的なキャンペーン「スターターパック」が始まりました:
https://cloud.google.com/developers/starterpack/

申し込み後の内容について審査を受けることが条件になりますが、認められた場合に最大6ヶ月間の利用期間において Compute Engine で$1000分と、 AppEngine で$1000分、計$2000分の利用枠がもらえる、というものです。AppEngine は制約付きで無料利用も可能でしたが、その制約なしの利用が6ヶ月間で $1000 分できる、というもの。Compute Engine はそもそも無料で試すことができなかったのですが、これも6ヶ月で $1000 までは利用が認められることになります。$1000 って約10万円なので、フルに使ったら超お得!!

このスターターパックに申し込むには、まず上記サイト内の "Apply Now" ボタンをクリックします。直後の入力画面で "Promo Code" と呼ばれるコードが必須入力になりますが、ここは fuy-in と入力します。
gcp

Promo Code 以外は普通の入力項目です。名前やメールアドレス、これまでの利用歴などを入力し、最後に今回の利用目的を記述します。まあここが唯一のアピールポイントだと思うので、有料枠を使ってどんなアプリを作るつもりとか、ビジネスにどう関わる使い方をするのか、といったことを記載します。最後に「送信」ボタンで申し込み完了。後はこの申込が認められるかどうか、ひたすら待ちます。。。

で、運良く認められると、次のステップに進むためのメールが届きます。 ここでは Google のクラウドを有料で使うための設定をして、プロジェクトを作り、・・・ という作業が待っているのですが、まあそれは来てのお楽しみ、ということで。

よかったらみなさんも是非試してみてください。

僕は運良く申請が認められました。それまでは「使うとしたら $0.02/H の f1-micro インスタンスで Compute Engine を使ってみようかなあ」と考えていたのですが、6ヶ月で $1000 使っていいと言われたら $0.104/H の standard-1 を使わせていただきます(笑)。計算上、これを使いっぱなしでも月に約 $75 なので1台なら全然余裕。クラスタでも組んでみようかなあ。
 

Google Wallet の不正利用が報告された件の続報です。
ただ、今回のエントリは不正利用とは直接あまり関係ないかも・・・

とりあえず、ここまでの状況をまとめるとこんな感じ:
- 僕が登録している Google Wallet から、利用の確認メールが届いた
- 内容は Google Play でゲーム関連商品をクレジットカードで購入した、というもの
- 身に覚えのないもので不正利用と思われる
- 利用内容を確認してググると、同様の不正利用と思われる報告がウェブで多く見つかる
- ウェブで見つかる情報では、どの報告も Google Play 経由で同じ会社のアイテムを購入している(自分のケースも同様)
- この不正利用報告と Google Play が常にセットになっている。そのため、クレジットカード情報そのものが流出したとは考えにくい(カード情報が流出したのであれば、他の目的でも不正利用されているだろうが、今のところそういった報告が見つけられない。常に Google Play から Google Wallet 経由での利用)
- つまり Google アカウントが流出した(Google アカウントに不正ログインした上で Google アカウントに登録されているクレジットカードで購入した)と考えるのが自然
- だから今回の件に関してはクレジットカード会社は被害者(だと思っている)


と、そんなわけもあって「今回は大変でしたね~」ってテンションで改めてクレジットカード会社に状況の説明をした上で返金の相談。で、その返答が以下:
- クレジットカードを新しく作り直してほしい。作り直して、その新しいカードを Google に登録しないと返金には応じない
- 今の Google アカウントは止めて、新しい別のアカウントに作り直してほしい ←は?

クレジットカード会社は俺と同様に被害者だと思っていたが、お前らは俺が加害者だと思っているのか!? と錯覚するようなこの返答。ついでに言うと、何度電話しても「家族やお子さんが使った可能性もあるから・・・」と釘を刺される。俺は独り者で子供もいないと何度言えば分かってもらえるのだ?

もう一度説明する。今回は Google アカウントがハックまたは流出しての不正利用の可能性が高いわけで、仮にこの推測が正しかった場合はクレジットカードを更新しても、Google アカウントが再度ハックされたら更新したカードが使われてしまうだけのこと。この忙しい時期にいちいちカードを作り直して、今のカードで登録している公共料金やら支払いのアカウントを全部新しいものに更新しなおして、その上でもう一回不正利用されないとわからんのか? そう説明した所の返答は「可能性はゼロじゃない」。じゃカードを更新したら再発の可能性がゼロになるとでも!?

挙句の果てに「カードを新しく作れない理由は何ですか?」とか聞いてくる。いやいや、このカードを使って支払っている各種料金の登録の更新まで含めて全部まとめてそちらでやってくれるならお任せしますよ。それが数多くて面倒だから(加えて上記のように、それは無駄な作業の可能性が高いから)やりたくないんです。

あと Google アカウントを作り直せとはどういうこと? 単に GMail で使っているだけでなく、デベロッパープログラムの ID としても使っているので API 利用やクラウドプラットフォーム利用に直結しているこのアカウントを止めたら運用中のサービスにも影響する。 まあそんなことまでは考えずに「念のため、そうなる可能性もありますからね」というつもりで言ってきたんだろうけど、でもクレジットカード会社から Google アカウントを作り直せと言われるのは筋の違う話だろが。 でもこの上記2点に応じない限りは Google に返金要請はしない、と明確に釘を刺された・・・ 何かあった時の責任が取れない、と言いたいんだろうけど、なんだこの高コスト体質!? このカードはクレジットカード会社側から「ゴールドカードを作りませんか?」と申し出てもらったほどそれなりに使っていたつもりだったけど、もしカードを切り替えることになるとしたら他所を選ばせてもらいますね。


とりあえずこいつらが違う世界の住人だとわかった。もういい。(俺的には流出元だと思ってるんだけど、そんな気配を消して)Google さんに英語で直談判。Google アカウントはパスワードとか更新したんだけど、作り直さないとだめ? あとカードは新しいものに登録し直さないと返金しないの?

そして Google さんの返答:
(1) Google アカウントはパスワードを変更した方がいい。使い続けるのはオッケー。
(2) カードは更新した方がいい

(1) は想定通り(そして変更済み)、そりゃそうだ。 でも (2) ・・・ 聞いた俺がバカなのか・・・ orz
Google さん、それってカード情報ごと流出した可能性を否定しないわけね・・・

とりあえずカードを変えろと言われても平日ヒマじゃないので週末しか動けない。ついでに言うと、ここまで来るのですら自分で英語で Google Wallet チームに直談判した上での結果。こう言っちゃなんだけど、英語話せない人はカード会社の言うとおりにするしかないわけで、改めて Google に情報預けすぎたな、と感じるキッカケになりました。

#ま、これとは別の件で Google 関連の幸運な出来事があったので、仮に返金されなくても「プラマイゼロ」くらいに考えてます。詳細はまたいずれ。


ということもあったので、今回は「自分が正しいと思っている主張を通す」ことに決めました。改めてクレジットカード会社に連絡。返金のためにこちらが筋の通らないそっちの都合のために折れる理由はない、Google アカウントはパスワードを変えたがアカウントそのものを新しいものにする理由はない、カードは今のを使い続ける、これで返金手続きを進めてくれ、と。 このあたりが頑固になってきたのは歳取ってきた証拠だな(笑)。

・・・で、結果でるのは「3ヶ月から半年後」だそうです。どこまで高コストな構造なんだ、ここは・・・ まあ、これでしばらくは嫌な気分になるこの話題に触れなくて済むので精神的に楽です。








 

携帯キャリア契約をなくして MVNO のデータ通信一本でいく、と考えながら(その予行演習のつもりで)11月の1ヶ月を過ごしてきましたが、結論としては MNP でメイン回線をソフトバンクから au に変更することにしました。

まず最初に、もともとの野望であった MVNO データ通信回線だけでいく、というプランそのものは間違いではなかったと思っています。通話は IP 電話、SMS は SIM のオプションかまたは LINE  で代用、この考え方自体はリーズナブルだし、いずれこの流れになっていくと今でも思っています。

が、何よりも想定外だったのはデータ通信の品質そのものが悪すぎた、ということ。MVNO はドコモの回線を使っているわけですが、「噂には聞いていたけど、ドコモ LTE 回線がここまで酷いとは・・・ (--; 」って感じ。事実上「LTE をオフにするのが正解」と考えざるを得ないほど不安定だったと思っています。かといって 3G 通信になっても、どう考えてもソフトバンクよりも遅くて・・・ まあ自分の生活範囲内だけでの判断結果ですが、こういうのってキャリア毎の契約を持ってないと比較できないから、1キャリア契約だと分からないんだろうなあ・・・と感じました。まあ MVNO 回線の品質 = ドコモの回線品質、とはいえないのかもしれませんが、ちょっとドコモに対する見方が変わった1ヶ月でした。

結局、この MVNO 品質の問題もあり、パケット通信前提の IP 電話は気が付くと接続エラーになっていたり、切断した回線がアンテナを探し回ることによる電力消費が想定していた以上だったことで電池が持たなかったり、という副作用も出てきました。 まあデータ通信契約だけでも理論上はいけるけど、それを現状の MVNO 回線の品質に頼るには無理があった、という結論になりました。残念ですが、今後もう少し通信品質が向上した頃に改めて検討することにします。ドコモさん、期待してます。


そして、11月までメイン回線で使っていたソフトバンク(3G)を12月 MNP で au(LTE) に切り替えました。ちょうど更新月であったこと、MNP による各種メリットを受けられること、スマートバリューの条件を満たしていること、更に不人気機種(苦笑)の iPhone5C がいい条件で売られている一方、iPhone5C でも au のプラチナバンドを使えることなどから総合的に判断しました。
photo

もともと MVNO で月2GB上限の契約をするつもりだったので、au LTE の月7GB上限(超えた場合は 128kbps)は充分すぎる条件です。

さて充電ケーブル買ってこよっと。

 

このページのトップヘ