まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

CentOS 環境構築備忘録シリーズ、今回は「VNC サーバー」です。

CentOS に VNC サーバーを導入して、VNC クライアントからデスクトップとして使えるようにします。X Window の導入が必要だし、runlevel=5 で動かすことになるので多少メモリ食いにはなりますが、最近の Linux デスクトップはかなり快適なので、ここまで環境が整うとサーバー側でのデスクトップを快適に使えるようにもなると思っています。

CentOS の導入後、yum で tigervnc サーバーをインストールします:
# yum install tigervnc-server

tigervnc サーバーのインストールが完了したら、引き続き VNC 関連の設定を行います。今回は 5901 番ポートに root ユーザーで接続することを前提として vncservers ファイルを編集します:
# vi /etc/sysconfig/vncservers

  :
VNCSERVERS="1:root"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768 -nolisten tcp"
  :

Tiger VNC はパスワードが必須なので、 VNC 接続用のパスワードを設定しておきます:
# vncpasswd
Password:(入力内容は画面に表示されません)
Verify: (同じパスワードを入力)

一旦 VNC サーバーを起動して、最低限必要な環境をセットアップします(次の作業で編集する xstartup の雛形もこの時に作られます):
# /etc/init.d/vncserver start

直前のコマンドで xstartup が作成されているはずなので、このファイルを編集します。環境変数 LANG を設定して、GNOME のセッションをそのまま VNC 環境でも使えるようにします:
# vi ~/.vnc/xstartup
#!/bin/sh

export LANG="ja_JP.UTF-8"(この一行を最初に挿入)
  :
  :
(最後の部分を編集)
# xterm -geometory 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" & (コメントアウト)
# twm & (コメントアウト)
gnome-session & (この一行を追加)


改めて新しい設定で VNC サーバーを再起動し、またシステム起動と同時に実行されるようにしておきます:
# /etc/init.d/vncserver restart
# chkconfig vncserver on

これでサーバー側の準備はできました。


実際にこのサーバーに別マシンのクライアント側から接続してみます。VNC Viewer などのVNC クライアントアプリケーションを起動して、VNC サーバーの IP アドレス:1 を指定して接続します(最後の :1 を忘れずに):

vnc01


パスワードを聞かれたら vncpasswd コマンドで設定したパスワードを入力します:

vnc02


正しく接続できれば、サーバー側の GNOME デスクトップが表示されます:

vnc03



 

値段が高かったこともありますが、初めて買ったパソコンは結構記憶に残っているものですよね。自分の場合は NEC PC-9801 DA でした。

普段はこれに DOS や Windows を入れて使っていたのですが、当時アスキーから発売されていた MINIX 1.5(当時は 1.2だったかも)も使っていました。初めて使う UNIX でしたが、「カーネルやユーティリティのソースコードが手元にあって、自分でコンパイルする」などはとても新鮮でした。

後に MINIX は BSD ライセンスでオープンソースとなり、その後も進化を続けていて、現在の最新バージョンは 3.2.1 になっています。 当時は(少なくとも標準では)なかった X Window や TCP/IP ドライバも付属しており、久しぶりにインストール&セットアップして遊んでみました。その導入記です:


インストール

まずは導入メディアのダウンロードです。メインページのダウンロードサイトから最新版の ISO イメージをダウンロードします:
2014021501

ダウンロードしたファイルは bz2 形式で圧縮されています。この形式に対応したアーカイブツールで解答して、640MB 程の ISO ファイルを取り出します。この ISO ファイルを元に(仮想環境であればこの ISO からブートして、実機環境であれば CD に焼くなどしてから CD ブートして)インストールを開始します。

まず起動画面です。ここは特に何もしなければ10秒後に 1 を選択したと判断されて MINIX 3 の起動に進みます。何かキーを押して止めてしまった場合も 1 を選択して MINIX 3 の起動へ進んでください:
2014021502

起動が終わるとログイン画面になります。ログインプロンプトの直前に「 root でログインして setup コマンドを実行しろ」と書かれているのでそのようにします。root でログイン(パスワードなし)して、setup と入力します。
2014021503

セットアップを実行するとつらつらとメッセージが出てきます。こんなことが書かれています:
 1) ブランクスクリーンになったら CTRL+F3 で "Software Scrolling" を選ぶ
 2) 間違えた場合は CTRL+C で作業を中断して、最初からやり直す
 3) [y] のように書かれているときは Enter キーで y が選択されたことになる
 4) コロン(:) が表示されているときは Enter キーで先にすすむ
というわけで、まずは Enter キーで先に進みます:
2014021504

Step 1: まずはキーボードの種類を指定します。日本語キーボードであれば japanese と入力します:
2014021505

Step 2: は何もすることがなく飛ばされ、Step 3: パーティショニングの指定。ここは設定しても構いませんが、特に事情がなければそのまま Enter で automatic とします:
2014021506

Substep 3.1: MINIX をインストールするハードディスクを選択します。ハードディスクが1つしかないような状況であれば(大抵がそうでしょうけど)、Enter キーで 0 番目を選択します:
2014021507

Substep 3.2: 選択した領域をそのまま使うか、と聞かれているので Enter で [0] を選択
2014021508

Substep 3.3: この設定でいいか、と聞かれているので yes と入力します:
2014021509

Step 4: は再インストールではないので何もせず先に進み、Step 5: ホームディレクトリのサイズをMBで指定します。例えば 4GB にする場合は 4096 と入力します。"OK?" と聞かれるのでそのまま Enter で先に進みます:
2014021510

 Step 6: ディスクのブロックサイズの指定。デフォルトの 4KB のままで問題ないのでそのまま Enter :
2014021511

Step 7: ファイルのコピーが進みます。しばらく待ちます・・・:
2014021512


Step 8: イーサネットワークカードのチップを選択します。自動検知されたカードには * マークがついています。* がついていればそのまま Enter 、ついてなければ該当チップを選択(あるいは 0 のネットワークなしを選択)します:
2014021513

ネットワークの設定方法を指定します。DHCP であればそのまま Enter キーを:
2014021514

プロンプトが戻ってセットアップ完了です。変更を反映させるため、一度
# shutdown -r now 
と入力して、再起動します。
2014021515

ネットワークが有効になった状態で再起動完了。これでインストール作業は一応完了です:
2014021516


セットアップ

インストールは完了して、一応このままでも使いはじめることはできますが、セットアップして使いやすくしましょう。

まずは root でログインし、デフォルトで設定されていないパスワードを設定しておきます:
# passwd

次にパッケージ管理機能(pkgin)を使ってモジュールを最新状態に更新しておきます:
# pkgin update 
と入力してパッケージ管理DBを最新状態に更新しておきます:
2014021517

とりあえず ssh を入れてみましょう。
# pkgin install openssh

Proceed(「進めますか」)? と聞かれるので y を入力してインストールします。インストールが完了すると ssh コマンドや sftp コマンドなどが使えるようになります:
2014021518


同様にして vim をインストールしてみます。vi よりはやはり vim のほうが便利かな、と:
# pkgin install vim


次は X Window をインストールしてみます。これも pkgin コマンドでインストールできますが、今回はダウンロードサイズが大きいこともあり、かなり時間がかかります。インストールが完了するまでひたすら待ちます:
# pkgin install x11

2014021519


インストールが完了したら xdm コマンドで X Window を起動します:
# xdm
X Window のログイン画面が出るのでここでユーザー ID(root) とパスワードを入力してログインします:
2014021520



デフォルト状態の X Window が起動します。おお、懐かしい twm ! ついに MINIX もここまできたか:
2014021521


最後に X Window の設定を変更してみましょう。root のホームディレクトリ以下に .xinitrc という名前のファイルを、以下の内容で作成します:
xterm -geometry 80x24+1+345 -sb &
xeyes &
xclock -geometry 100x100+200+10 & xsetroot -solid lightskyblue & twm
このファイルを作成した後に MINIX を再起動して root でログインし、今度はコマンドラインから startx コマンドを実行して X Window を起動してみます:
# startx
すると先程 .xinitrc で設定した内容でウィンドウマネージャーが起動し、背景色も変わり、懐かしい xeyes や xclock が起動した状態でスタートするようになるはずです:
2014021522


xeyes キターッ! 懐かしすぎる!!

自分が MINIX を使っていた頃は、Mini-X とかいうツールを使って、なんとか X Window が動くようになったとかならないとか・・・という噂を聞いたことがあったくらいでした。今では X Window までこんな簡単に導入できちゃうんですね。

ただ自分はこの twm というウィンドウマネージャーがあまり得意でなくて(苦笑)・・ まあ軽くていいんでしょうけど、ちょっと慣れない感じ。別のに変更できないかな。あと日本語化についてもちゃんと調べてみたいです。


 

社内で使っていた古いサイボウズ、これを「最新版にすればモバイルからも使える」と聞いて、嫌々やってみたらやっぱり大変だった、という顛末記です。最初に書いておくとサイボウズを dis るつもりはなく、どちらかと iPhone の問題というかなんというか・・・

まずは環境情報。
現在使っているのは詳しい事情がよくわからない(苦笑)クラウドサーバー上にインストールされたサイボウズ Office 6 です。

※僕の入社前の話ですが、面倒を見ていた関連会社のサポート担当者が辞めちゃったらしいです・・・ なのでサーバーアプリケーションとしてのサイボウズとしては動き続けているけど、そのサーバーへのアクセス方法とか誰もわからない(苦笑)。

こいつを捨て、新たに自社ネットワーク内に専用サーバーを1つ作ってサイボウズ Office 10 環境を構築、データも既存環境からインポート&エクスポートする、というもの。クラウド→オンプレという時代を逆行ユニークな移行事例でございます。

まあ、今の環境を継続して使う選択肢もあったんですが、「サイボウズを最新版にすればモバイルアクセスができるらしい」と誰かが聞いて、「やってみよう!」ということになった模様です。加えて「クラウドはやっぱり高い」という結論になったらしく(これは正解だと思う)、自社ネットワーク内に作った上で外部からのアクセス環境も用意しよう、ということになりました。 ただ、こういうのは言い出しっぺがやるべきだと思うんですけど・・・ (--;


ちなみにモバイルアクセスについては Office 8 以降での標準機能のようで「サイボウズ KUNAI」という無料アプリを Google Play ストアや App Store からダウンロードして対象サーバーへの接続をセットアップするだけ、とのことでした:
2014021402


移行プランはシンプルです。物理的に異なるサーバーに移行すること、移行元サーバーのOSにアクセスする術がない(苦笑)のでサイボウズのデータインポート/エクスポート機能に依存するしかないことからこんな感じ:
(1) 新サーバー構築
(2) 旧サーバーから既存データを CSV エクスポート
(3) (2) のデータを新サーバーにインポート



実環境を構築する前に一度試してみたい、というわけで6カ月間お試し版の Linux 用モジュールをダウンロードして試してみました。実はインストール作業中にもちょこちょこ Undocumented なエラーメッセージに悩まされましたが、なんとか解決。どこにも書いてないけど「Linux 版をインストールする時はあらかじめ ld-linux.so.2 ライブラリを入れておくこと」が肝っぽいです。

で、なんとかインストールができて、データのエクスポート&インポートも無事完了。PC でのログインまではできる状態になりました:
2014021401


後は iPhone に KUNAI をインストールするだけで、この環境にモバイルアクセスできる、はず、、、だったのですが、ここで全く想定外の事態が発生!

KUNAI の設定項目としてサーバーの URL とユーザー名&パスワードを指定するのですが、ユーザー名というのは上図の「名前」です。これまで PC からの利用しか想定していなかったこともあり、ログインユーザー名は「漢字の名前」をそのまま使っていました(それをセレクトボックスから選択するだけ)。 KUNAI ではこれをテキストとして入力する必要があるのですが、よく見ると僕の名前の名字と名前の間に全角スペースが使われています。

詳しい方はこの時点で「想定外の事態」の内容に気付いたかもしれませんね。。 そう、iPhone は全角スペースを入力できないのです。つまりユーザー名を指定できない! メールなどで全角スペースを含むものを送って、そこから全角スペースをコピペしてメモ帳に残しておくとか、無理やり辞書登録するとか、回避策のような方法はあるんですが、一般ユーザーへのガイドとしては無理があります。


この事態は既存データのユーザー名に全角スペースを使っていたことと、そのデータをエクスポート&インポートしてユーザー登録したことによる制限事項のような感じになってしまいました。 これが新規導入であれば「ユーザー名に全角文字を使う方も悪い」とも思いますが、これまでは特に支障なく使っていた環境でもあります。加えて、これはどちらかというと全角スペースを入力できない iPhone 側の問題と言えなくもないような・・・


いや、それにしてもまさか、こんなことで躓くとは・・・


このページのトップヘ