まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

ソフトウェアの種類の1つに「アバンダンウェア(abandonware)」と呼ばれるものがあります。abandon = 「捨てる、諦める」という意味ですが、聞いたことあるでしょうか?

Wikipedia によると、その定義は「著作権者が既に販売をやめたりサポートしていないソフトウェア、あるいは様々な理由により、誰が著作権者であるか不明なソフトウェア」とされています。

定義を簡単にするため、ここでは以下のような古いソフト全般を指しているものとします。
・もともとは商用ソフトウェアとして(著作権が明示的になった状態で)売られていて、
・現在は販売もサポートも終了している(場合によっては販売元会社そのものがなくなっている)ソフトウェアで、
・現在の著作権の扱いについて、特に明確になっていないもの※

※販売元会社が「このソフトウェアの著作権を放棄する」或いは「著作権は保持する」等の意思を明確にしている場合は当然その内容に従うのですが、それらがないまま(会社が無くなったり、サポートも終了したりして)誰に問い合わせればよいかわからなくなった状態のもの、という括りで考えてください。

で、そんなアバンダンウェアの著作権について調べてみました。まず結論として「アバンダンウェアにも著作権は存在します」。より正確には「アバンダンウェアに対する扱いが法的に明確になっていない以上は、通常の著作権と同じ扱いになる」のです。で、そのような点が明確になっている法律を持った国が存在していないため、たとえ持ち主となる会社が消滅していても著作権は残っている、ということになります。また特に何の規約もない以上は原則がそのまま適用されることになるのでその期間は「公表から50年間」になると思います(この辺り、違っていたら詳しい方に指摘していただけると嬉しいです)。 現実問題として、そのようなソフトウェアの著作権を無視するような行為があった時に誰かに訴えられるのか? という問題はありますが、それはまた別問題です。訴える人がいないから著作権は存在しない、という判断にはなりません。

というわけで、むかーしの古いソフトであっても、これを他人に譲渡したからといってそんな損失はないだろう、というようなソフトであっても、売って利益を得るではなく単に譲渡するだけであっても、勝手にコピーしたり譲渡したりする行為は著作権違反になります。


で、ここからが本題です。
そのような行為が著作権違反になることはわかりました。わかった上で「なんとかならないだろうか?」と言いたいのです。

もちろん積極的に著作権違反を推奨する意図はありません。そのような行為によって損害を被る人や企業があるとしたらやめるべきです(その場合はサポートを続けてよ、と言いたいけど)。あと一部には「オープンソース化してコミュニティに任せるべき」という声もありますが、私自身はそこまで主張するつもりもありません。

その一方で、今では入手できなくなったソフトウェア資産をなんとかして残したいという思いもあります。私個人が所有している PC-DOS や MS-DOS、OS/2 といった現在では入手が困難なオペレーティングシステムから始まって、それらの上で動作する商用/非商用アプリケーションやツール、ゲームなどの環境があります。一部は仮想ディスクにサルベージして、仮想環境内で動いていますが、一部はハードウェアを含めた実環境もあります。正直個人でこれを持ち続けることに不安と疑問を感じつつも、上記の理由から相手が個人だろうが団体だろうが販売元であろうが「譲渡したくてもできない」というジレンマを抱えています。


法的にも「そのケースでも絶対にNG」という明記がされているわけではなく、「何も書かれてないから著作権の原則を適用」という判断に基づくものなので、もう少し現実的な判断にならないものかなあ、と思ったのでした。

#ま、平たく言えば「寛大に、大目に見ていただけませんかね?」ということです、はい・・・





ブログネタ
2013年を振り返って一番印象に残った出来事は何ですか? に参加中!
ライブドアブログがこのテーマでブログを募集しているようなので乗っかります。

自分にとっては変化の大きな1年になりました。

8月に、転籍を含めて20年近くお世話になった前の職場を自分の意志で退職し、ご縁のあった今の会社に転職しました。以前とは全く異なる環境に移ったため、それまで身につけていたスキルや知識そのものは直接役に立たないことが多く、戸惑うことも多いのですが、その一方で以前から自分がやりたかったことをやらせていただく機会を提供していただいています。また新しい職場での周囲は年下ばかりで、とても新鮮でバイタリティに溢れ、モノ覚えがいいというか、モノ忘れが激しくないというか・・・で、影響を受けることも多いです。 忙しいながらも充実しています。

年の後半はこの環境の変化もあって、自分のフィットネス維持に時間が取れなくなったことは反省点です。とりあえず長年通ったフィットネスクラブを退会して、少し厳し目の所と契約して前金を多めに払っておきました。これで逃げ場はありません(笑)。自称「ダビデ像のようなカラダ」を今後も維持できるよう、来年も引き続きがんばります。



少し早いですが、来年の豊富も。

年の後半は以前の職場でお付き合いのあった方に引き続きお世話になる機会も多くありました。本当に有難いことで、とても感謝しています。

でも好意に甘え続けるのもよくないと思っています。自分のやりたいことをやりたくて外に飛び出したのですから、好意というぬるま湯に浸かり続けることなく、もっと自分を出していける年にしたいと思っています(そういうウェブサービスを作ろうとしている、とこの場で表明しておきます)。




 
 

これの続き。ほんの少しずつだけど進展がありました。
1回目2回目3回目4回目

前回は約半月前12/08 のエントリでした。状況を簡単におさらいしておくとこんな感じ:
・Google Wallet から見に覚えのない請求があり、登録しているクレジットカードから引き落とされた
・調べた結果、同様の現象が数多く報告されている
・原因はクレジットカードそのものがハックされたのではなく、Googleアカウントが流出した可能性が高い
・Google アカウントのパスワードを変えるなど、セキュリティは強化済み。その後同様の請求はない

で、前回のエントリではクレジットカード会社が「これから返金手続きをしてみます」って所でした。


進展というか、その後クレジットカード会社から連絡があり、「問題のあったクレジットカードを停止しないと返金要請は受け付けない、と◯ISAが言っている」とのことでした。今度は V◯SA を持ちだしてきたか、って感じ。自分の印象ではこの担当者(だけの問題じゃないかもしれないけど)は Google にせよ、◯ISA にせよ、相手から言われたことを交渉なしにそのまま俺に伝言してくる人、って感じ。こいつをすっ飛ばして俺が交渉するわけにはいかんのか?前にも書いたが流出元は Google の可能性が高いので、カードを変えてもセキュリティが強化されるわけじゃないのに・・・ まあとにかく◯ISA はそういうことらしい。 わかった、次からはお前の所じゃないクレジットカード会社で作った JCB をメインカードとすることにする。 ついでに、実は自分はその会社の株主だったのだが、その株を売って縁を切る決心もついた。今までどーもありがとよっと。

長年使ってきたカードをメインから外すのは手続きが色々面倒だけど、まあ「潮時」なんだろう。で、やっと返金要請をしてもらうことに。ここまで1ヶ月半、なんでこんなにかかるわけ。。。

なんか、もともとはブログエントリのタイトルにもあるように「Google Wallet の不正利用」に関する報告エントリだった。当初は Google もわけわからない対応だったけど、英語で本部チームと連絡を取るようになってからは、すごく真摯に対応してくれた。その一方で「GMail のアカウントを変えろ」とか言ってくるクレジットカード会社の対応は・・・でいつの間にかクレジットカード会社の悪口ばかりになってしまったw そのせいか、俺のアカウントを流出させたと思われる Google の方が好印象を残す、という皮肉な結果になりつつある。


希望的観測では次回のこのエントリで「返金されました」報告をしたいところ。何ヶ月先になるか分からないけどね。




このページのトップヘ