まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

携帯キャリア契約をなくして MVNO のデータ通信一本でいく、と考えながら(その予行演習のつもりで)11月の1ヶ月を過ごしてきましたが、結論としては MNP でメイン回線をソフトバンクから au に変更することにしました。

まず最初に、もともとの野望であった MVNO データ通信回線だけでいく、というプランそのものは間違いではなかったと思っています。通話は IP 電話、SMS は SIM のオプションかまたは LINE  で代用、この考え方自体はリーズナブルだし、いずれこの流れになっていくと今でも思っています。

が、何よりも想定外だったのはデータ通信の品質そのものが悪すぎた、ということ。MVNO はドコモの回線を使っているわけですが、「噂には聞いていたけど、ドコモ LTE 回線がここまで酷いとは・・・ (--; 」って感じ。事実上「LTE をオフにするのが正解」と考えざるを得ないほど不安定だったと思っています。かといって 3G 通信になっても、どう考えてもソフトバンクよりも遅くて・・・ まあ自分の生活範囲内だけでの判断結果ですが、こういうのってキャリア毎の契約を持ってないと比較できないから、1キャリア契約だと分からないんだろうなあ・・・と感じました。まあ MVNO 回線の品質 = ドコモの回線品質、とはいえないのかもしれませんが、ちょっとドコモに対する見方が変わった1ヶ月でした。

結局、この MVNO 品質の問題もあり、パケット通信前提の IP 電話は気が付くと接続エラーになっていたり、切断した回線がアンテナを探し回ることによる電力消費が想定していた以上だったことで電池が持たなかったり、という副作用も出てきました。 まあデータ通信契約だけでも理論上はいけるけど、それを現状の MVNO 回線の品質に頼るには無理があった、という結論になりました。残念ですが、今後もう少し通信品質が向上した頃に改めて検討することにします。ドコモさん、期待してます。


そして、11月までメイン回線で使っていたソフトバンク(3G)を12月 MNP で au(LTE) に切り替えました。ちょうど更新月であったこと、MNP による各種メリットを受けられること、スマートバリューの条件を満たしていること、更に不人気機種(苦笑)の iPhone5C がいい条件で売られている一方、iPhone5C でも au のプラチナバンドを使えることなどから総合的に判断しました。
photo

もともと MVNO で月2GB上限の契約をするつもりだったので、au LTE の月7GB上限(超えた場合は 128kbps)は充分すぎる条件です。

さて充電ケーブル買ってこよっと。

 

先日の、不正請求と思われる Google Wallet での決済に関する続報です。
過去のエントリはこちらこちら

Google Wallet チームからメールが届きました。内容は「銀行やカードの会社から chargeback(返金)してもらえ」というもの。つまり不正利用された分が請求されることが確定したらしいとのこと。 実際にカード会社のオンライン明細を確認すると確かに記録されていました。ふーん・・・「Google 側に問題はなかったのか?」と、なんとなく釈然としない所もあったけど、とりあえずはカード会社に電話連絡、と。

今回の不正請求で自分が購入したことになっている、と明細に記録されていたのは "Clash of Clans" などのゲームを制作・販売している SuperCell というゲーム会社の製品でした。1つ謎だったのはどこかにいる犯人は何を狙っていたのか、ということです。仮に情報をハックできていたとしても、僕のクレジットカードを使って購入したら商品は僕の元に届くわけで、それで一体何の狙いがあったのか謎でした。なお以前のブログエントリで僕が購入したことになっている商品が "Gems" だと記載しましたが、これもゲームの名前だったことがわかっています。

とりあえずカード会社経由で請求分をキャンセルするか、あるいは返金するような手続きを取っていただけることになりました。が、その会話の中で分かったのですが、「この SuperCell という会社からの不正請求報告が最近増えている」のだそうです。それは聞き捨てならんな・・・

というわけで「Google Supercell 請求」あたりでググってみると・・・、確かに同様の Supercell 絡みの被害報告がたくさん見つかります。全て Google Play 絡み、ということはカードの情報そのものが流出したというよりも、Google のアカウントがハックされたと考えるべき??

また犯人の狙いも少し分かった気がします。この Clash of Clans というゲームはいわゆる「アイテム課金」型のゲームで、リアルマネーを払うことでゲームを有利にすすめるためのアイテムが購入できます。つまり僕のカードを使って購入したものは物理的なアイテムではなく、ネットゲーム内で使える課金アイテムの購入に充てられた可能性があります。それなら住所が僕のものになっていても(犯人は既にアイテムを入手しているでしょうから)不思議ではありません。ちょっと納得できた気がします。

と、日本でも多く報告されている類似事例や、Google Play で扱っているゲームの課金アイテムの購入に充てられた可能性を考えた場合、やはりクレジットカード情報が流出したというよりは、Google アカウントがハックされたか、Google アカウントが流出し、そこから Google Play にログインして、Google アカウントに紐付けられたクレジットカードを使って、課金アイテムなど配達不要のものを購入した、という可能性を考える方が筋も通って現実的な気がしています。

一応念のため今のクレジットカードは解約して新しいカードを発行して、Google アカウントに紐づくクレジットカード情報も新しいものに更新すれば大丈夫かな・・・と思っていたのですが、よく考えたら何が怖いって、もし上記の推測が正しく Google アカウントそのものがハックされている場合(または流出していた場合)、アカウントに新しく発行したクレジットカードを紐付けても、その直後からすぐに使われてしまう可能性がある、ということです。 これを自力で予防するにはアカウントにカードを紐付けないようにするしかないんですが、でも AppEngine とか各種 API とか、有料か無料かはともかくクレジットカードを登録しないと使えない Google サービスもあったりするので、そこがまた悩ましいというか・・・

とりあえず Google アカウントのパスワードはより複雑なものに更新しておきました。単純ですが、アカウントがハックされていたのだとしたら、これも有効な対策になりえるので。


 

前回のエントリの続きです。
日本語では対応してもらえなさそうだったので英語で攻めてみました。英語が苦手な人の役に立てばと、自分の場合の対処手順を紹介します:

なんとなくですが今回の対応が正解っぽかったです。Google Wallet のヘルプページから「問題のトラブルシューティング」 - 「払い戻しと覚えのない請求」を選択。「オンライン購入」をクリックしてから、ステップ4の「こちら」と書かれたリンクをクリック。すると「お客様の言語ではサポートを提供していない」と書かれたページに移動します。意を決して "English" をクリック。

gw01

するとこんな英語の払い戻しフォームが表示されるので内容を埋めていきます。英語が苦手な人のために簡単な意訳を赤字で併記しておきます:

gw02


名前と苗字、メールアドレスは問題ないとします。問題の取引のあった日、時刻、額、決済相手、そしてオーダー番号は Google からの取引を知らせるメールに記載されているので、その内容を入力します。日は日本式の YYYY/MM/DD フォーマットではなく MM/DD/YYYY フォーマットで指定します。

キャンセルの理由欄では近い理由を選択しますが、「身に覚えのない取引」だとしたら一番上の "I don' recognize this charge" を選択します。またその下の説明欄にはその他の補足(私の場合はその前に行った 日本の Google Play チームとの咬み合わないやり取りの内容を記述しました)を入力します。また添付ファイルには該当の取引が表示されている Google Wallet 画面のスクリーンショットを取って添付しました。最後にチェックを入れて "Submit" ボタンで送信、以上です。

今回は担当外ではなかったらしく(苦笑)、数時間後に英語でメールが送られてきました。自分が受け取った内容では「まだ詳しく調査している」との内容で、まだどうなるか分からないのですが、そんな「調査中」であるという事実を知らせてもらうまでに3日を要してしまいました。

でもとりあえずこちらの意図が伝わったことは確認できたと思います、「担当外です」って言われるよりは数倍安心。


自分のタイムラインでも他の知り合いに同様の不正利用請求があったらしく、もしかすると大規模なトラブルがあったのかもしれません。将来も含めてそんな人の参考になれば。


 
 

このページのトップヘ